ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

トップページ > >

こんにちは、ヒデカズです。

副業の1つとして、「バイナリーオプション」という言葉を聞いたことはありますか?
FXや株はよく耳にしますが、「バイナリーオプション」も似たような投資です。
それなのに初耳の方も多いのではないでしょうか?

ですが「バイナリーオプション」は、今まで投資をした事がない人でも簡単に参加出来る
投資の登竜門と言われているのですよ。

そんな投資初心者でも始めやすい「バイナリーオプション」について紹介します。

binaryoption

【目次】
  1. 「バイナリーオプション」とはどんな副業か?
  2. 「バイナリーオプション」のメリット
  3. 「バイナリーオプション」のデメリットとリスク
  4. 「バイナリーオプション」が向いている人
  5. 「バイナリーオプション」が向いていない人
  6. 総合評価

1.「バイナリーオプション」とはどんな副業か?

①バイナリーオプションのルール
バイナリーオプションの舞台は外国為替です。
つまり円とかドルとかユーロといった通貨を対象にした投資です。

1ドル112円とか、1ユーロ130円といった情報は毎日ニュースで出てきますね。

例えば、現在の価格が1ドル112円だったとします
〇〇分後の値段が112円より上がっているか下がっているかを当てるのがバイナリーオプションです。

112円より上がると予測した場合はHigh(高い)を選択し、 逆に、112円より下がると予測した場合はLow(低い)を選択し、予想が当たれば勝ちとなります。

②どうやって始めるの?
「バイナリーオプション」の取り扱い業者に登録して、掛金を入れれば取引を始めることが出来ます。
掛金と言っても業者によっては1,000円から始められたりも出来るんですよ。

取引は、好きな通貨を選び、判定時間を選べば、あとは好きなタイミングで好きな金額をベットするだけです。

③どうすれば稼げるの?
例えば、通貨はドル円を選び、判定時間は10分を選び、今1ドル112円で10分後に上がっていると予想して1,000円を投資したいと思うなら、Highを選んで1,000円ベットします。
そして、10分後に112円をたとえ0.01円でも上回っていれば『勝ち』となり、多ければ2倍になって返ってきます。※倍率は業者や取引方法によって異なります。

ただし、ほんのわずかでも112円を下回るとその1,000円は没収となります。


2.「バイナリーオプション」のメリット

この様に簡単なルールの「バイナリーオプション」をやってみる事のメリットを上げてみましょう。

①短時間で簡単にできる
バイナリーオプションは「上がる」か「下がるか」の2択問題です。
なので、投資に関する詳しい知識が無くても利益を得られる可能性は十分にあります。

また、一度エントリーすれば自分が希望する判定時間まで基本ほったらかしです。
そして判定時間が来ればはっきりと結果が出ますので楽チンでわかりやすいです。

②リスクが低く、初めから限定されている
FXや株式投資に比べると「バイナリーオプション」のリスクは非常に低いと言えます。
損失と言ってもベットした金額がMAXで、含み損が膨らむなんてこともありません。
投資をスタートしたその時点で利益額と損失額が決まっているので安心して取引が出来ますね。

③初期資金が少額でもハイリターンが望める
外国為替の取引は平日なら24時間、世界中で行われています。
また取引する通貨ペアも、代表的なドル・円・ユーロ・ポンド以外にも色々あります。
つまりエントリーするタイミングは無数にあると言えます。

例えば1,000円が2倍になり、その金額がさらに倍になり、また倍になり、といった倍々ゲームも不可能ではないのです。

3.「バイナリーオプション」のデメリットとリスク

「バイナリーオプション」がどれだけ簡単であるとしても、投資であることに変わりはありませんから当然デメリットやリスクは存在します。

①勝率が50%以下では稼げない
上か下かという事は、統計的な勝てる確率は2分の1となりますね。
博打に近いといった声もあります。
つまり当てずっぽうでやってても稼げないという事です。

②短時間で結果が出ること
これはメリットでありデメリットでもあるんです。
短時間に結果が出るということは一日に何回でもできるということ。
ですから負けて損失を出してしまった場合、その分を取り戻そうとどんどんと資金をつぎ込んでしまう危険があるのです。

③勝った時の利益が2倍以下の取引もある。
実は2倍というのは、条件が厳しかったりします。
一般的には1.8倍とか1.7倍というのが多いです。
そうなると勝率が50%では絶対に利益を得る事はできませんよね?
つまり勝率50%を超える戦略がないと、利益は得られないということです。

4.「バイナリーオプション」が向いている人

①短時間しか取り組むことができない人

「バイナリーオプション」は購入した瞬間に利益あるいは損失が決まるため、長時間相場に向き合う必要がありません。
そのため、本業が忙しく長時間にわたって取り組むことができない人は向いていると言えます。

②投資資金が少ない人
業者によってはワンコインから始められることもあります。
また損失が出てしまった場合でも、損失額は決まっているので、想定外の大きな損失は出ないという特徴があります。
一方で、利益が出た場合には再投資もできるので、投資資金が少ない人でも大きく増やせる可能性があります。

③一気に結果を欲しがらない人
小資金で始められるという事は、少ない資金を様々な通貨ペアや判定時間に振り分けることもできます。
そうやって細かい利益を積み上げて地道に利益を確定できるだけの根気と我慢強さがある人も向いていると言えます。

④これからも本業を頑張る気の人
「バイナリーオプション」だけで生活をしようとすると、その精神的なプレッシャーは相当なものです。
今後も本業を頑張って、資産運用の一環でバイナリーオプションを始めるといったスタンスの方が、肩の力が抜けていて良い結果につながりやすいでしょう。


5.「バイナリーオプション」が向いていない人

ずはり!ついつい熱くなってしまう人です。

勝率100%というのは無いということは、必ず「損切り」しなくてはいけません。
バイナリーオプションは含み損が基本有りませんので、ベットした金額以上に損をすることはありません。
ですので損切りが遅れて悲惨な目にあうということはありませんが、負けを取り戻そうと熱くなって、何度も続けてお金を入れてしまうようではダメですね。

6.総合評価

ハッキリ言って丁半博打の要素は大きいです。

ですが「バイナリーオプション」で稼いでいる人がいることも事実です。
その手法についてはネットを検索すると、色々な方がそれぞれの手法を紹介されています。

勝率については、80%や90%なんて方がいますが、疑ってかかった方がいいでしょう。

実は私もバイナリーオプションを今もやっています。
様々な手法を試していますが、調子がいい時はかなり勝てますが、一旦相場と合わなくなるとたちまち連敗してしまいます。
そして違う手法を試しては同じことの繰り返しです。

結論としては、色んな手法を学び検証しつつ、いざその手法が相場と合わなくなって連敗しても慌てないだけの余裕のある資金が必要でしょう。

そうやって勝率60%くらいを目指せば少なくともトータルではプラスになりそうです。

ただ、株やFXは難しくてよくわからない、という方でも最初の取っ掛かりとしてはお手軽です。
色んな手法を試すうちに、チャートの見方や使い方・相場などを学べるからです。

ですので例え損失しても、それを授業料と捉えられる方ならバイナリーオプションは投資への入り口として抵抗なく始められるのではないでしょうか?


こんにちは、ヒデカズです。

今回は、なぜ今副業なのかについて考えてみます。

現実に、大手企業でも続々と副業解禁していますし、「専業禁止」の会社まで登場しているのです。
なぜ副業が認められつつあるのかを考えると、今の時代は副業が必要になっているのではないかと思うのです。

その理由を5つにまとめてみました。
1つお聞きしたい。あなたの給料は上がっているか?上がっているとしたら、その分豊かになっていると感じているか?

私がサラリーマンを辞めて自営業を始めたのが11年前です。
先日、サラリーマン時代からの知り合いに給料を聞いてみたのですが、ほとんど変わっていませんでした。(微々増…)
ところが、この10年の間に消費税が上がりましたね。
他にも上がったものが色々とあります。

①ここ10年で値上がりしたもの
マクドナルドや吉野家などのファーストフード、インスタントラーメン・缶ジュース・ガソリン・電気代・新聞・タバコ・ディズニーランドなどのテーマパークの入場料・年金保険料・そして消費税(5%→8%)

②サラリーマンの年収は減っている
それに対して、サラリーマンの年収はどうでしょうか?
ここに国税庁が出した平成7年から26年の民間給与実態統計調査結果があります。
heikin_suii26
見事に下がっていますねぇ。
これでは給料が少々上がったからと言っても豊かさは感じられないでしょうね。

③実質賃金指数に見る現状
物価が上がっているのに、給料が追いついていないという現状があります。
ここで厚生労働省が出した実質賃金指数の表を見てみましょう。
fee

「実質賃金」とは、現金給与総額から物価上昇分を差し引いた値です。
苦しい現実ですね。

それなのに、政府はデフレからの脱却とか物価上昇を目指すとか言っているのですから、この先ますます苦しくなるのは容易に想像がつきます。


2.子供の養育費や親の介護費用などが必要

①子供を大学まで行かせるのにかかる教育費
大学卒業までに家庭が負担する平均的な教育費は、公立の幼稚園から高校まで在学し国立大学に進学した場合が約1,000万円,それらが全て私立の場合では約2,300万円に上ります。

②子供には養育費も必要です
もちろん学校に通わせるだけが子育てではありません。
基本となる養育費がかかってきます。
これはAIU保険会社が調べた養育費の内訳です。
yoiku
合計約1640万円が必要という事ですので、国公立の学校に通わせたとしても最低2640万円が必要になります。
大学卒業までの22年間で年平均120万円です。
子供が出来たからと言って、給料が年間120万円(月10万円)増えますか?

③親の介護費用も考えないといけない
残念ながらいつまでも体も頭も元気な人間はいません。
自分の親がいつ倒れるか、入院するか、介護が必要になるか、わかりません。
ここでは介護費用について考えてみます。
・在宅介護にかかる費用は毎月平均6万9千円ということです。
両親が要介護になったら倍です。さらに夫婦の両親となるとさらに倍です。
・老人ホームになると種類によりますが、10万円~25万円がかかります。
毎月この金額を、今の給料で払えますか?


3.会社がいつ倒産するかわからない

昔はよかったけど今は…なんて言葉をよく耳にします。
自分が働いている会社がたとえどんな一流企業でも倒産の可能性がゼロではありません。
例え倒産しなくてもリストラされるかもしれません。

そして変化の激しい今の時代で、時代の変化とともに必要のない職種や会社が出てきているのです。
その様な変化についていけない会社はつぶれるしかありません。
実際、アメリカの銀行では支店で働いているのは2人だけであとはAIがやっているなんていう現実もあるのです。

「AIで無くなる仕事」で検索すると沢山出てきますよ。
あなたの仕事は、あなたの会社は大丈夫と言い切れますか?



これは私の経験上です。
ヘルニアになって1ヶ月動けなくなったり、高熱で体の力が入らなくなって仕事にならなかったりしました。
いつ事故にあうか、いつ大きな病気になるかは誰にもわかりません。
そんな時に、たとえ本業が出来なくなっても収入の柱が他にあれば困ることは少ないですよね。



日本の年金制度が近い将来崩壊するのではと不安視されています。
ここではその崩壊の理由を考えてみます。

①少子高齢化問題
ここでは国税庁からイラストを持ってきてみました。
ill11_02
2050年になれば1人の高齢者を1人のサラリーマンが養う事になります。
家族が1人増えるみたいなものですよね。
これはちょっと無理があります。

②増え続ける保険料
実は国民年金の保険料は毎年原則として、年額3360円の増額がされています。
つまり
2004年 13300円×12ヵ月=15万9600円
2017年 16900円×12ヵ月=20万2800円
となっているのです。

ここ10年ほどで、年間4万円もの負担増になっているのですよ。

③減り続ける受給額
ところが、年金受給額は毎年のように引き下げられているのです。
2004年4月の満額での受給額 79万4500円
2014年4月の満額での受給額 77万2800円
ただこの金額は40年間不足なく年金保険料を納めた場合で、実際の平均は月額5万5000円(年間66万円)程になっています。

④未納問題
将来、40年間も毎月保険料を支払っても年金がもらえるのが75歳から。
しかも、もらえたとしても満額でも月に5万円ほどしかもらえない。
そんな未来はあり得ない話ではありません。

そうして、多額の保険料を払い続けても将来貰えなくなるのでは払う意味がないと考え、
年金保険料を支払わない若者が増えているのです。
.

【まとめ】
いかがでしたでしょうか。
今のままでは暗いどころか恐ろしい未来が待っていると思いませんか。

この現状を打開することを、国や会社などの他人に求めていていいのでしょうか?
何かが起こった時にどこまで面倒を見てくれると思いますか?

今、何かやっておかなくてはいけません。
だからこそ副業をするのです。

こんにちは、ヒデカズです。

今回は、私が副業を始めた理由と、
その先にある夢や目標について書いてみます。

computer_jouhousyouzai
【目次】
  1. 副業を始めた理由
  2. 自分の夢
  3. 仕事の夢
  4. 家族の夢
  5. 夢を叶えたその先は…

1.副業を始めた理由
私の仕事は自営業です。
サラリーマンを辞めて気づいたのですが、自営業には給料日はありません。
つまり定期的な収入がないのです。
それどころか、来月の収入も確約されていません。
そんな私は一昨年、椎間板ヘルニアになって約1ヶ月寝込みました。
さらに昨年には原因不明の高熱に侵されて、2週間ほど体に力が入らない状態となりました。

『仕事を休む=収入が無くなる』です。

40代の私にとって、今後年を重ねるにつれてこの様な事がまた起こることは想像できました。
たまたま今は回復して仕事を出来ていますが、もし長期にわたって寝込んだりしたらどうする?
そういう不安から、別の収入源を探すことにしました。


2.自分の夢
結構ネガティブな理由から始めた副業探しですが、
収入源が増える事の意味や価値を知った時、色々な夢が出てきました。

①番目の夢「借金だらけの自分からの脱出」
本業の借金に加えて、副業に色々とチャレンジしたせいでどんどん借金が膨らんでいるので何とか借金を無くして経済的な自由を手に入れたいです。

②番目の夢「スポーツクラブに行って健康な体をつくる」
ヘルニアになったり、高熱に侵されたり、そして若干メタボ気味になったり…
子供がこれから大きくなると、運動会にも出なくてはなりません。
若いお父さんたちに負けられないので、鍛えなおしたいです。

③番目の夢「車を買い替える」
若いころは車好きで、スポーツカーにお金を費やしていました。
今は軽自動車で我慢していますが、またカッコいい車に乗りたいです(#^.^#)


3.仕事の夢
今の仕事を10年以上もやっているとさすがに違う事もやってみたくなります。

①番目にやりたい事
矛盾した夢ですが、今の仕事をやらないことが一番やりたい事です。
嫌いになったわけじゃないんですが、他の人に任せて違う色々な事業に取り組みたいですね。

②番目にやりたい事
飲食業です。
一経営者になって外食をすると、こんなことやってみたらいいのにとか思う事があります。
それをやってみたり、ここ鹿児島には無い形態の飲食業をやってみたいですね。

③番目にやりたい事
観光に関する仕事です。
魅力がいっぱいなのに、知名度が低い鹿児島を盛り上げるような仕事がしたいです。


4.家族の夢
何よりも大切な家族とは、やりたいことがたくさんあります。

①子供と海外旅行
やはり海外の空気というのは、カルチャーショックを受けます。
色んな国に行き、色んな人と話すことは子供に大きな影響を与えるでしょう。
そして、自然と視野も広くなると思います。
沢山の経験を子供にさせて、選択肢を増やすことは親の責任だと思っています。

②妻に好きな事をさせてあげる
共働きをしながらも、子育てや家事に大忙しの妻を解放してあげたいです。
やりたい仕事があればさせてあげたいし、専業主婦として趣味に没頭したいのであればなんでもさせてあげたいです。

③毎年恒例の家族キャンプ
自然の中で暮らすことは、癒しになるだけでなく生きる力もつけてくれます。
キャンプで火を起こして料理を作ったり、山の中を歩き回ったりして、子供には強い大人になって欲しいです。

④毎週末は家族で外食
これは先ほどの仕事の夢にも通じるのですが、色んな業種の外食をしたいですね。
そして家族で理想の店づくりのアイデアを出し合うのです。
これを通じて子供に経営というものを教えてみたいと思っています。

⑤ボランティア活動
日本にはこれまで様々な自然災害が起こってきました。
そのたびにボランティア活動をされる方たちがいます。
それなのに私は参加したことがありません。
近隣の県で自然災害が起こる度に、その現場に行かない自分にいつも罪悪感を感じていました。

是非、経済的な自由と時間を手に入れて、そして子供を連れてボランティアをしたいです。
きっと子供にとって、かけがえのない経験になると思います。


5.夢を叶えたその先は…

今まで書いてきた「自分の夢」「仕事の夢」「家族の夢」を叶えるころには、自分の周りの環境は時間的にも経済的にも豊かになっている事でしょう。

子供も結構大きく成長していると思います。

そして、様々なものが進化し発展し、様変わりしていることでしょう。

またその時にこの日本はどうなっているでしょうか?
世界はどうなっているでしょうか?

もちろん未来の事はわかりませんが、どうなっていようが選択肢は多い方が絶対良いです。


場合によっては海外に移住する方が正解かもしれません。

もしかしたら、核シェルターに逃げ込まなくてはならないかも知れません。

もし平和で日本も良くなっていたら、違う県に引っ越してみたりするかもしれません。


まぁどうなろうが、時間とお金がたくさんあれば、それだけ選択肢は増えると思います。


将来の不安から始めた副業ですが今となっては、夢を叶えるため、そして将来への備えの為に、絶対に成功しなくてはならない事になっています。

このページのトップヘ