ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

トップページ > >

ヒデカズです。

未来予知投資アプリを使って、
毎日最低3万円を確実に稼げる、
と謳う、佐藤将大氏の
スイッチプロジェクトを検証します。


1.毎日3万円稼げないカラクリとは

佐藤将大氏のスイッチプロジェクトは、
SWITCHアプリを利用して、
ブックメーカーに投資する内容になっています。

画像を見たところでは、
主にサッカーの試合に賭けるようです。

ブックメーカーでは、
1つのサッカーの試合でも、
チームの勝敗を対象にしたり、
合計点を対象にしたり、
と様々な賭けの対象があります。

ブックメーカーでは、
それぞれの賭けによって、
オッズが設定されています。

オッズとは、賭けたお金が何倍になるか、
という倍率です。

1.01倍なんていう低いオッズから、
10倍とか20倍なんていう、
高いオッズもあります。

オッズが低いほど勝ちやすく、
オッズが高いほど負けやすい、
という仕組みです。

佐藤氏のスイッチプロジェクトでは
『通知が来てから2タップするだけで
毎日最低3万円を確実に稼ぎ続けられる』
と言っています。

私はブックメーカーをやったことがありますが、
例えば1万円程度の資金で、
1日3万円の利益を上げ続けるのは不可能だと言えます。

佐藤氏に、毎日3万円を稼ぐために、
いくらの投資金をする必要があるのか?
毎回の賭けに、いくらのお金を賭けるのか?
何倍くらいのオッズに賭けるのか?
勝率はどれくらいか?証拠は?
という点を確認する必要があります。

また、通知は1日10回くらい来る、
と言っていますが、
3万円を稼ぐためには、
全部の通知に賭ける必要があるのか?
という点も確認する必要があります。

なぜなら海外サッーは、
日本時間の深夜に行われているからです。

深夜、寝ている間に通知が来ても、
2タップ出来ない可能性があります。

佐藤将大氏は、毎日最低3万円を“確実に”
稼ぎ続けられると言っていますから、
確実と言える理由を確認する必要があるのです。

2.SWITCHアプリを使用する危険性

佐藤将大氏のスイッチプロジェクトは、
視聴者にSWITCHアプリを、
すぐに利用できるようにしています。

過去の情報商材のプロジェクトにおいても、
体験版やデモ版のシステムを用意して、
いかにも稼げるように思わせておきながら、

本番環境のシステムを購入すると、
全く稼げない、という事例が多くありました。

消費者庁から注意喚起された、
というプロジェクトも実際にありました。

この記事の最後にリンクを貼っておきますので、
是非ご覧いただきたいと思います。

この様なプロジェクトでは、
デモや体験で利用できるシステムは、
販売者が作った自作である事がほとんどです。

ですので、販売者が都合よく、
画面上に表示される数字を作り出すことができます。

体験版のアプリやシステムで稼ぐ、
という内容のプロジェクトでは、
“体験版の画面上では”言ったとおりに稼げる、
というオチになっているものがほとんどです。

佐藤将大氏が、毎日最低3万円を“確実に”
稼ぎ続けられると言っているのは、
体験版のSWITCHアプリだからこそ出来る、
という可能性があります。

アプリの画面の上でいくら稼げていても、
実際に使えるお金として受け取れなければ、
全く意味がありません。

情報商材のプロジェクトには、
このように、一般常識とはかけ離れた仕掛けが、
随所に見受けられます。

デモ版で稼げる気分にさせられて、
実際に本番のシステムを購入したら、
デモ版とは全く違く結果になった、
という事例が実際に発生しています。

ですので、デモ版の結果は、
参考にしない方が良いと言えます。

3.私がブックメーカーで体験した事

佐藤将大氏のスイッチプロジェクトは、
ブックメーカーに投資する内容になっています。

私は実際に、
ブックメーカー投資の情報商材を
いくつか購入して、
1年ほど実践したことがあります。

それらの中には、
佐藤氏のスッチプロジェクトと同様に、
サッカーが賭けの対象となっていて、
LINEに通知が届いて、
通知どおりにベットする、
というものもありました。

サッカーの通知はほとんどが、
深夜の寝ている間に届きました。

昼間にLINEに通知が届くのは、
日本でJリーグの試合がある時くらいでした。

海外サッカーのシーズンに入ると、
寝ている間に何度も通知が来ます。

寝ている時に届いた通知に、
何度も起こされて、
眠い目をこすりながら、
何とかベットする事を繰り返しました。

それでも、スポーツにおいて、
『番狂わせ』なんて頻繁に起こっています。

コツコツと勝ち続けて利益を重ねていたのに、
1回の『番狂わせ』でそれまでの利益が吹き飛んだ、
なんてことはよくあることです。

実際に私もブックメーカーをやっていた時には、
何度もそんな目に合い、
その度に大きく資金を失いました。

4.未来予知投資アプリの欠陥を暴露

佐藤将大氏はスイッチプジェクトで、
未来予知投資アプリ「SWITCH」を開発した、
と言っています。

天気予報の的中率が90%以上、
という例を引き合いに出して、
データを収集して解析する事の
重要性を説明しています。

SWITCHアプリについても、
ありとあらゆるデータを
収集して解析する事が出来るからこそ、
未来予知投資が出来る、
と言っています。

ですが、気象の過去のデータと、
サッカーの過去のデータでは、
質が全く違います。

サッカーは人間が行います。

あるチームに去年いた人間が、
今年はいないなんて事はよくあります。

おまけに、同じ選手でも、
去年と今年ではレベルが変わっていたりします。

人間ですから、調子が良かったり悪かったり、
というデータでは測れない要素が、
その選手の活躍に大きく影響していたりします。

私は実際にブックメーカーをやっていたので、
試合終了間際まで勝っていたのに、
立て続けに失点して逆転負けした、
という事が何度もありました。

ブックメーカー投資の攻略法として、
オッズの数字を見ながら賭ける手法もありますが、

数字だけを見ても判断できない要素が、
現場の試合では起こっているのです。

ブックメーカーの胴元は、
その辺りも検証してオッズを調整しています。

過去のデータをあてにしたり、
その時々のオッズで判断したりしていると、
思わぬ番狂わせにやられてしまうと言えるのです。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓


【佐藤将大 スイッチプロジェクト  関連記事】

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

ヒデカズです。

1日1時間で年間1000万円以上を稼ぐ、
と謳うトレーダーKAZU氏が、
秒速BOセミナー」を行います。

“セミナー参加後、
翌日から日給1万円を稼いで頂きます。”
とまで言い切る
「秒速BOセミナー」を検証します。


1.誰でも日給1万円稼げないと言える理由

KAZU氏の「秒速BOセミナー」とは、
海外のバイナリーオプション業者の
『ハイローオーストラリア』を使って、
稼ぎ方を教えるという内容です。

“セミナー参加後、
翌日から日給1万円を稼いで頂きます。”
とまで言っていますから、

セミナーに参加しさえすれば、
翌日から毎日1万円稼げる、
と期待している人は多いと思います。

昔の私でしたら、
このような広告文を見たら、
新幹線代を出してでも、
セミナーに参加していたと思います。

ですが、KAZU氏の秒速BOセミナーは、
参加費は無料ですが、
その手法をマスターするまでには、
スキルや才能は必要だと感じています。

なぜなら、KAZU氏の手法は、
短時間の間に、連続エントリーを行います。

最初にエントリーした結果が出ていないうちに、
追加で何度もエントリーを行います。

いくらエントリーチャンスだと言われても、
数分後にどうなるかわからない不安と闘いながら、
次々と自分の大切な資金を投入するのは、
かなり強い精神力が必要だと言えます。

KAZU氏は、秒速BOについて、
知識やスキルは一切必要なし、
としていますが、

確かに、手法を始めて学ぶのに、
知識やスルは必要ないと言えます。

ですが、手法をマスターするのには、
スキルや才能が大きく関わっている、
と言えるのです。

学ぶのとマスターするのでは、
大きな違いがあるのです。

2.勝率83%の落とし穴を暴露

KAZU氏が「秒速BOセミナー」
で伝える手法は、
勝率83%を超えると謳っています。

バイナリーオプションとは、
数分後の価格が、エントリー時の価格より、
高い(ハイ)か低い(ロー)かを当てるだけです。

勝率1/2の博打の様な投資ですが、
さらに業者の利益も考慮すると、
平均して勝率60%を超えれば、
稼げる手法と言われています。

私も長くバイナリーオプションをやってきましたが、
勝率70%とか80%を謳う手法は、
蓋を開けてみると実は、
高勝率にはカラクリがあったものです。

KAZU氏の秒速BOの高勝率については、
いつからいつまでの勝率なのか?
何をもって勝ちとするのか?
といった説明がありません。

例えば、
1年を通した1回1回の
エントリーの勝率は60%程度だけど、
ある短期間だけは勝率80%を超えていた、
というカラクリの可能性もあります。

また、KAZU氏の秒速BOの手法は
短時間に連続エントリーしますから、
その短時間に勝ち越した事を1つの勝ち、
と捉えている可能性もあり得ます。

その場合、例えば6勝5敗に終わっても、
1勝と数えるのかもしれません。

その場合は、勝ってはいますが、
利益はわずかしかありません。

KAZU氏が公開している取引履歴では、
確かに圧倒的な勝率に見えます。

ですが、他のエントリーはどうだったか?
については公開されていません。

バイナーオプションで高勝率を謳う場合は、
しっかりと過去の取引履歴を全て確認して、
どのような理由で高勝率を謳っているのか、
確認する必要があるのです。

3.投資資金5万円が必要な裏事情

KAZU氏の「秒速BOセミナー」では、
参加条件として、
『最低でも投資資金5万円を用意できる方』
と書かれています。

ハイローオーストラリアで行う
バイナリーオプションは
1000円からエントリー出来ます。

KAZU氏の秒速BOの手法は
短時間に連続エントリーしますから、
10連続エントリーをすると、
1回のチャンスに1万円を投じる、
という事になります。

例えば、
この10連続エントリーの勝率が、
80%以上あるのなら、
投じた1万円は増えます。

この場合、
5万円も用意する必要はありません。

KAZU氏が5万円を用意する様に求めているのは、
この1回の連続エントリーのチャンスに、
負け越す可能性があるから、
と言えるのです。

KAZU氏は高勝率を謳っていますが、
負けた時の損失については言っていません。

先ほどの例で、
1000円で10連続エトリーして、
全敗する可能性もあり得るのです。

5万円を用意する必要がある、
という事は、最低でも半分を失う、
という覚悟はしておくべきだと思います。

4.日給1万円保証の落し穴

過去の情報商材においても、
無料セミナーに参加すれば、
すぐに数万円とか数十万円を稼げる、
と言ってきた事が何度もありました。

私もそんなセミナーに何度か参加した経験があります。

それらのセミナーでは、
必ず高額のお金を払う必要性が出てきます。

トレーダーKAZU氏の
「秒速BOセミナー」においても、

“セミナー参加後、
翌日から日給1万円を稼いで頂きます。”
と言って無料のセミナーを開催します。

KAZU氏の秒速BOの手法を、
わずか数時間で全員がマスターする事は、
不可能だと感じています。

先ほどもお伝えしましたが、
強い精神力(メンタル、マインド)
が必要とされるからです。

たった数時間でマスターできなければ、
継続してサポートを受け続ける必要が出てきます。

また、
「すでに、ツールまで用意されています」
と書かれていますから、
ツールの購入や利用料の発生が考えられます。

とにかく、
わずか数時間の無料セミナーで、
誰でも必ず、タダで、
翌日から日給1万円を稼げる、
とは言えないのです。

サイトのキャッチコピーには、
“日給1万円が保証された”
と明記しているのに、

参加条件の注意書きには、
『投資ビジネスなので、
100%保証するものではありません。』
と矛盾したことを書いています。

また「特定商取法に基づく表示」にも、
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
と明記されています。

“日給1万円保証”は
信用出来ないと言えます。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

ヒデカズです。

歌舞伎町の元No.2ホストが開発した、
というFX自動売買システムの
販売プロジェクトが始まりました。

今回は、長谷川優司氏のユニコーンシステム
を検証します。


1.継続率と満足度の落とし穴

長谷川優司氏のユニコーンシステムは、
3年以上の継続使用率93.8%、
利用満足度97.1%と謳っている、
FXの自動売買システムです。

私も過去に、数年にわたって、
FXの自動売買システムを使ってきました。

私が利用した数十個の自動売買システムの中には、
無料のシステムもありましたが、
有料のものでは、50万円のシステムを購入したこともあります。

長谷川氏が言っていたような、
高勝率の自動売買システムを購入したこともあります。

それだけ、FXの自動売買システムには、
大きな魅力を感じていました。

勝っているときは、
朝起きたら資産が増えているからです。

何もしていないのに、
ほったらかしでお金が増える、
というのは快感でした。

ですが、そんな夢のような状態は、
長続きしませんでした。

ある朝起きたら、
目を疑うような現実を、
突然突きつけられたりしたのです。

寝る前の資金が、
翌朝になったら半分になっていました。

それでも私は、
勝っていた時の快感が忘れられなかったので、
稼げる自動売買システムを探す旅を始めたのです。

そんな「聖杯」探しの旅を、
約2年ほど続けていましたが、
数年前に、全ての自動売買システムの利用をやめました。

その理由は、
最初から稼げなかったり、
または、一時的には利益が出ても、
その後稼げなくなったり、
という経験を繰り返したとで、
自動売買システムの限界に気付いたからです。

実は、私のようなパターンにハマって、
「聖杯」探しの旅を始める人は多いのです。

安定的に利益を出し続ける、
自動売買システムを探し続け、
購入代金を投資資金を失い続ける、
そんな人は後を絶ちません。

長谷川優司氏のユニコーンシステムは、
3年以上の継続使用率93.8%、
利用満足度97.1%と謳っています。

本当なら私も気になりますが、
残念ながら証拠はありません。

具体的に、ユニコーンシステムを、
過去に何名が利用して、
平均どれくらいの利益を上げてきたのか?

続けている理由や、満足している理由、
そして逆に、継続をしなかった人の理由や、
不満に感じた人の理由も確認する必要があります。

それが、長谷川氏が言う継続率や、
満足度の数字の裏付けとなるからです。

2.“現実しか見せない”の罠

長谷川優司氏は、
“今回は『現実』しかお見せしません。”
と言っています。

そして、ユニコーンシステムの動画では、
世の中のFXシステム販売会社について、
悪質な販売手法を暴露しています。

高勝率を謳うシステムの罠や、
証拠として公開する取引履歴のカラクリ、
運用履歴が短いシステムの危険性、
年利の落とし穴など、
詳しく説明をしています。

さらには、
銀行口座の残高画像についても、
偽造や借りものの可能性を指摘しています。

このように、他人の批判をすることで、
いかにも自分は正しいことしか言わない、
と思わせるプロジェクトは過去にもありました。

しかし、どれだけ話の内容は正直でも、
肝心の事については触れず、
重要な話をしていなかったりしました。

例えば今回の、
ユニコーンシステムについて、
長谷川氏はバックテストを公開する、
と言っています。

ですが、バックテストより、
もっと参考にできるデータを公開できるはずです。

長谷川氏がその方法を、
知っているのか知らないのか、
確認することはできませんが、

長谷川氏は、
過去にいろんな自動売買システムを試し
と言っていましたので、
その方法を知っているはずだと思います。

そこにあえて触れずに、
バックテストの公開が最も信頼できる証拠だ、
と思わせるようなことを言っています。

バックテストの結果はもちろん現実でしょうが、
その現実は信用できるかは、
また別の問題だと言えます。

3.バックテストが信用できない理由

長谷川優司氏は、
ユニコーンシステムの実力の証拠として、
バックテストの数字を公開する、
と言っています。

バックテストとは、
あるロジック(ルール)で取引する
自動売買ツールを使い、
過去の相場でどのような結果になるか
をテストしたデータです。

バックテストは
「カーブフィッティング」といって、
システムを過去の相場にぴったり合うように、
過剰に最適化することができます。

過去の相場に合うようにシステムを作るので、
バックテストの成績は優秀になります。

しかし、実際の取引で使うと、
過去と未来が全く同じになることはあり得ませんので、
ほとんどバックテスト通りなることはありません。

長谷川氏はユニコーンシステムにいて、
「業界初の方法で、7年分の取引実績を証明!

捏造できない『バックテスト』の数字を公開し、
システムの中身を丸裸にします!

そして、
ツールの欠点も包み隠さずに告白いたします。」
と言っています。

長谷川氏が公開した画像を見て、
モザイク処理をしていないか?
肝心の部分が映らないようにしていないか?

そして、
過剰な最適化を行っていないか、
しっかりと確認する必要があります。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓

【長谷川優司 ユニコーンシステム 関連記事】


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

このページのトップヘ