ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

トップページ > >

ヒデカズです。

ネットビジネス業界に、
「パソコン1台で世界を飛び回る、
年収1億円ブロガー」
と名乗る川本真義氏がいます。

今回は、その川本真義氏の
ザ・ビリオネアプロジェクト
を検証します。


1.誰でも毎日12万円を完全保証の落とし穴

川本真義氏のザ・ビリオネアプロジェクトは、
“誰でも毎日最低12万円を確実に
受け取れることを完全保証します”
と書かれています。

「誰でも」「確実に」「完全保証」
といった言葉を素直に受け取って、
自分も必ず12万円を毎日貰える!
と期待した人は多いと思います。

ですが、ネットビジネス業界のプロジェクトでは、
一般常識が通用しないことが多くあります。

「誰でも」「確実に」「完全保証」
と謳った過去のプロジェクトに参加してから、
全く稼げないとクレームを言っても、

『努力不足の人まで、
誰でも稼げるはずがない』とか、

『たいした努力もしていないのに、
確実に稼げるわけがない』とか、

『努力している人もしていない人も、
平等に保証できるわけがない』
などといった、
言い訳のような反論をしてくることがほとんどです。

そもそも、
保証規約とか保証条件などが明示されていないのに、
「完全保証」に期待することはできないと言えます。

また、この後に詳しくお伝えしますが、
川本真義氏の過去のプロジェクトは、
他人の情報商材を紹介されて、
その他人の情報商材を使って稼ぐ、
という内容になっています。

つまり、川本氏が紹介した、
他人の情報商材で稼げなくても、

その原因は、
その情報商材に問題があったり、
販売者のせいだったり、
もしは、購入者の努力不足だったり、
という様に、
川本氏の責任にならない事がほとんどです。

「誰でも」「確実に」
毎日最低12万円を受け取れる、
と川本氏が「完全保証」しているのは、
ほとんど無意味だと言えます。

2.ビリオネアプロジェクトの欠陥を暴露

川本真義氏のザ・ビリオネアプロジェクトには、
このプロジェクト考案者は、業界では超大物の大御所で
今では数本の指に入る億万長者です。

その超大物が10年の時を経て
開始されたプロジェクトとなります。

あなたは毎日、スマホに届く通知をチェックするだけで
12万円以上が銀行口座へ振り込まれます。
と案内されています。

川本氏は確かに、ネットビジネス業界では、
超大物の大御所だと言えます。

本当に億万長者なのか、
確認はできませんが、

そんな川本氏によって、
“10年の時を経て開始されたプロジェクト”
と聞いて、凄そうだと思った人は多いと思います。

ですが、ネットビジネスで10年前のビジネスモデルは、
今では通用しないか、飽和してほとんど稼げないか、
のどちらかだと言えます。

おまけに、
作業内容は一切なし、と言っているのに、
時間は1日5分程度必要となっていて、
何の時間なのか不明です。

応募人数も先着40名となっているのに、
後から登録を促されるアプリでは、
1000名以上の登録者がいる状態になっています。

スマホに届く通知をチェックするだけで
12万円以上が銀行口座へ振り込まれる、
と言っても、いつからかはわかりません。

サイトには、
「今日から12万円をお受け取り下さい」
と書かれていますが、

川本氏が紹介してく
他人の情報商材に登録しても、
その日から12万円稼げるものは存在しません。

つまり、川本氏のビリオネアプロジェクトのサイトには、
かなり適当な(デタラメな?)表現が
いくつも使われていると言えるのです。

3.川本真義氏のプロジェクトの目的とは

川本真義氏は、これまでもプロジェクト名だけ変えて
中身は使いまわしのオファーを、
何度も何度も仕掛けてきています。

・リッチハピネスプロジェクト
・川本真義 スマホリッチプロジェクト
・100万円分配プロジェクト
・人生激変プロジェクト
・年収1億円達成プロジェクト
・億万長者最速メソッド
・スキマリッチプロジェクト
・日給10万円即金クラブ
・収入爆速プログラム

などたくさんあります。

特商法表記の住所や連絡先も
毎回変わっています。

川本氏のこれらの無料オファーでは、
結局は他人の情報商材のプロジェクトを紹介してきます。

つまり川本氏が仕掛けた無料オファーは、
川本氏が他人の情報商材を紹介して、
そのアフィリエイト報酬で稼ぐために行っている、
と言えるのです。
 
川本氏が他人の情報商材のプロジェクトを紹介して、
そこから誰かがメールアドレスやLINE登録をすると
川本氏にアフィリエイト報酬が入る仕組みです

今回のビリオネアプロジェクトでは、
日給12万円と謳っていますが、
過去には、日給8万円だったり、
10万円だったりしていす。

川本氏のプロジェクトの中身は、
他人の情報商材のプロジェクトの紹介ですから、
日給の金額に根拠は無いと言えます。

いずれにしても、「日給〇万円」を餌にして、
お金を稼ぎたい人を集めておいて、
参加者には、ずらっと並んだ他人のプロジェクトに登録させ、

その事で川本氏は、
1件数百円~数千円(中には1万円オーバー)の紹介料を得る、
というのがプロジェクトの目的と言えます。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

ヒデカズです。

私が過去に購入した情報商材で、
悪質だったと言える商材の販売者たちが、
ついに逮捕されました。


1.詐欺容疑で逮捕のプロジェクト

朝日新聞のネット記事によると、
“参加するだけで毎月10万円がもらえる”
とうたう企画「GIFTプロジェクト」への
参加費名目で現金を騙しとったとして、

大阪府警は、運営グループのリーダー格の男ら
5人を詐欺容疑で逮捕し、25日発表した。

府警は押収した資料から、
少なくとも全国の約3千人から、
参加費や運用資金の名目で
計約9億2千万円を集めたとみている。

「GIFTプロジェクト」とは、
2017年4月に加藤浩太郎氏が仕掛けた、
FX投資のプロジェクトです。

私はこのプロジェクトに、
参加費10万円を支払って参加しました。

こちらは私が録画していた、
当時の動画の1シーンです。
gift-partners

他のプロジェクトで何度か稼げなかった私は、
証拠を残すために撮っておきました。

「GIFTプロジェクト」の内容は、
加藤浩太郎氏が指定する
海外のFX口座「GLSpeedFX」に
30万円を入れて、

その自分の口座と、加藤氏の口座を
リンクさせるだけで、毎月10万円が
GIFTとして受け取れる、
というプロジェクトでした。

投資資金の30万円の作り方も、
加藤氏が教えるので、
費用は一切かからないと言っていました。

最初に10万円さえ払えば、
あとは一切お金がかからずに、
毎月10万円貰い続ける事が出来る!
と期待して、

GIFTプロジェクトが募集した、
「GIFTパートナーズ・THE・FINAL」に、
私は参加したのです。

2.GIFTプロジェクトに参加した私の結果

GIFTパートナーズに参加した私は、
投資資金の30万円が無かったので、
加藤氏から30万円の作り方を教わりました。

それは、バイナリーオプションで稼ぎ出す、
という加藤氏の手法でした。

ですが、加藤氏の手法では稼げないどころか、
資金を溶かし続けたのですぐにやめました。

そんな訳で私は30万円を、
加藤氏が指定した海外のFX口座に
すぐに入れることができませんでした。

もしかして、また騙されたのか?
という不安がありながらも、
30万円さえ用意出来れば、
毎月10万円が貰えるはずだ、
という期待感も持ち続けていました。

そうこうしているうちに、
2ヶ月程が過ぎました。

プロジェクトから2ヶ月経つので、
他の参加者の声を聞きたいと思い、
ネットを見ると大変な騒ぎになっていました。

ネットを調べると、
稼げたという話は無く、
逆に「加藤浩太郎 被害者の会」
が出来ていました。

その中には何人も、
実際に加藤氏の指定する海外のFX口座に
資金を入れて運用を始めた人もいました。

ところが、
全員がどんどん残高が減っていました。

さらに、
資金が減っていくので、
怖くなって資金を引き出そうとすると、
今度はFX会社から出金拒否されていました。

出金できないまま、加藤氏の運用は続き、
もっと資金が減っていっていました。

他の参加者の被害の声を見ると、
加藤氏が指定するFX会社に
資金を投入する事なんて出来ません。

結局私は、
プロジェクトの参加費10万円と、
バイナリーオプションを行って、
失ったお金数万円を失っただけ、
という結果になったのです。

なお、参加者の中には加藤氏から、
さらに高額のコースの商品を購入した人もいて、
そういう人たちはさらに被害が大きくなっています。

3.逮捕された5人の素顔

FNN.jpプライムオンインでは、
今回逮捕された5人の写真と、
名前を公開しています。

「GIFTプロジェクト」の中で、
大富豪であると言っていた加藤浩太郎は、
逮捕された犯行グループのひとりの、
伊藤公一容疑者が演じていました。

つまり偽名でした。

もちろん、
プロフィールも大富豪も嘘でした。

なお、
逮捕された5人のメンバーの中に、
情報商材のプロジェクトで、
何度もインタビュアーとして
登場したことがある、
小久保卓容疑者もいました。

小久保容疑者は動画のシナリオを作成していた、
ということです。

他の3人がお金の管理や、
プロジェクトの運営をしていた、
という事になっています。

4.弁護士と金融庁の注意喚起

情報商材のプロジェクトなどの、
動画を使った詐欺事件について、

詐欺問題に詳しい豊川祐行弁護士は、
「めざましテレビ」の取材に応えています。
動画サイトはいま流行っていますので、
手軽に投稿できるという意味では
こうした詐欺動画は増えていくと思います。

詐欺の中で動画は説得力がある。

売っている人の背景や学歴とか
活動が出ると見てる人が安心する。

それで買わせてしまうのも大きな要因です。

豊川弁護士は、
動画に人物が登場する場合は、
その人物をンターネット検索すること。

そしてうまい話は一度疑うことが
予防策に繋がると指摘しています。

「動画で顔が出ているから」とか、
「名前を出しているから」といった理由は、
信用できる材料にはならないと言えます。

また、FXなどの投資プロジェクトでは、
海外のFX会社に口座を開設する様に、
指示される場合が多いです。

その際には、そのFX会社について、
しっかりと調べる事が必要です。

金融庁のウェブサイトにも、
無登録の海外所在業者と取引を行う場合は、
資金の持ち逃げや資金が返還されない、
などのトラブルに容易に巻き込まれる
おそれがあり、十分ご注意ください。
と記載されています。

5.動画プロジェクトのカラクリと落とし穴

豊川弁護士が注意喚起しているように、
今後も動画で顔を出して、
名前や経歴を偽り、

稼いでいるとか、
お金持ちだとアピールして、
悪質な商材を販売する、
そんなプロジェクトが続くと考えられます。

一方、この日本では、
増税され、様々な値上がりが起こり、
年金だけでは足りない、
と騒がれています。

これらの話題で不安になっている人たちは、
騙そうとする人の格好のターゲッになります。

これからもっと、
不安材料は出てくるはずですから、
騙そうとする人たちにとっては、
さらに騙しやすくなると言えます。

今回のような逮捕があれば、
情報商材のプロジェクトも健全になるはず、
と期待する人もいるかもしれません。

ですが、
私が被害に遭った情報商材は、
他にいくつもありますが、
彼らは今もどこかで、
騙し取ったお金で優雅に暮らしているはずです。

さらに、今回の逮捕は、
私が被害に気付いてから、
2年以上が経っています。

つまり、情報商材のプロジェクトは、
なかなか逮捕まで結びつかない、
というのが現状だと言えます。

そして、動画のプロジェクトは、
今後もっと巧妙化して、
さらに被害者が増える一方だと思います。

メンタリストのDaiGo氏は、
「人は動画を1度見ただけでは信用しないが、
同じ動画(または類似の動画)を3回見ると、
その動画を信用する様になる」
という調査結果を伝えていました。

情報商材のプロジェクトでは、
「動画を最低3回見てください」
と指示する事がよくあります。

つまり、プロジェクトの指示通りに、
素直に動画を3回見ると、
多くの人は、動画の内容や、
登場している人物を信用してしまう、
と言えるのです。

仮に3回見なくても、
情報商材のプロジェクトは、
ほとんど3話以上の構成で成り立っています。

結局、動画のプロジェクトを
最終話まで見るだけで、
ほとんどの人がその内容を、
信用してしまうと言えるのです。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

ヒデカズです。

ついに消費税が10%に上がり、
副業の必要性がますます増している、
と感じます。

さて今回は、
鈴木純輝氏のインスパイア
を検証します。


1.3万円稼ぎ続ける事が出来ない落し穴

鈴木純輝氏のインスパイアとは、
FXの自動売買システムです。

鈴木氏は、インスパイアを使う事で、
毎日3万円が手に入る、
と言っています。

鈴木氏からのメッセージでは、
「元手5万円スタートで
毎日3万円が稼げる」
と書かれています。

インスパイアについては、
7日後に無料プレゼント、
となっていますから、

多くの人が、
5万円だけ用意出来れば、
すぐに3万円を稼ぎ続ける事ができる、
と期待したと思います。

ですが鈴木氏のメッセージでは、
元手5万円でスタートして、
その日から(または翌日から)
毎日3万円を稼ぎ続ける事が出来る、
とは言っていません。

つまり、インスパイアを使っても、
“いつから”毎日3万円を、
稼げるかは書いていないのです。

そもそも、毎日3万円ということは、
1ヶ月で90万円です。

ただ土日はFXのトレードが出来ないので、
平日の22日だけにしても、
66万円を月に稼ぐ計算になります。

インスパイアを使って、5万円の元手で、
月に66万円の利益を出すという事は、
月利1320%です。

投資において、月利2%ですら、
ハイリクハイリターンと言われています。
月利1320%なんて、
もはや天文学的な数字とも言えますし、
こんな月利で稼がれては、
証券会社は潰れます。

元手5万円で鈴木氏のインスパイア
を利用しても、毎日3万円は、
すぐに稼ぐ事は出来ませんし、

いつになったら
稼げるかもわからない、
と言えます。

2.実績を参考にできない理由

鈴木純輝氏はインスパイアで
稼いだ実績として前日の取引履歴を公開しています。

動画でも公開していますから、
偽造はしていないと考えられます。

公開した画像では、
しっかり3万円以上を
1日で稼いでいます。

ですが、元手はいくらかは分かりません。

恐らく多額の投資金を
証券会社に預けている、
と考えられます。

さらに、鈴木氏が公開した実績では、
実際にインスパイアを使った、
という証拠がありません。

他のツールを使ったのかもしれませんし、
手動での取引(裁量トレード)
を行ったという可能性もあります。

実際にインスパイアを使って、
その結果を公開する手段はあります。

鈴木氏のプロフィールには、
元機関投資家、インスパイアの開発責任者、
と書かれています。

鈴木氏がそれほどの人物なのであれば、
本当にインスパイアが取引した、
と判断できる証拠を見せる事ができるはずです。

ともかく、鈴木氏が公開している実績では、
インスパイアの実力を判断することは、
出来ないと言えます。

3.インスパイアを利用するリスクとは

鈴木純輝氏がインスパイアで公開している
銀行口座の画像を見ると、

「VIRTUE TECHNOLOGY GROUP LIMITED」
から振り込みがある事が判明しています。

こちらから、
FXトレードの利益を受け取っている、
と判断できます。

VIRTUE TECHNOLOGY GROUP LIMITEDは、
海外FX業者のVirtueForex の運営会社です。

つまり、
鈴木氏のンスパイアを利用する際には、
海外FX業者のVirtueForexに
大切なお金を預ける必要があります。

ですので、お金を預ける業者が、
安全かどうか確認する必要があります。

金融庁のウェブサイトにも、
無登録の海外所在業者と取引を行う場合は、
資金の持ち逃げや資金が返還されない、
などのトラブルに容易に巻き込まれる
おそれがあり、十分ご注意ください。
と記載されています。

VirtueForexは、
海外の会社であるにも関わらず、
サイトの表示が日本語のみです。

日本語専用サイトを用意しているなら、
日本の金融商品取引業者の登録が必要ですが、
登録はありませんから違法性が考えられます。

4.VirtueForexの信用度について

鈴木純輝氏のインスパイアを使って、
利用するFX業者は、
所在地がパナマにあるVirtueForexです。

なお、運営会社である、
VIRTUE TECHNOLOGY GROUP LIMITEDは、
イギリスに法人登録をしているようです。

ともかく、海外のFX業者であるにも関わらず、
VirtueForexのサイトを見ると、
見事な日本語オンリーのサイトです。

「受賞歴」には、
・お客様満足度No.1
・リピート率83.7%
・約定スピードNo.1
と書かれています。

ですが、賞を、
どこから、いつ貰ったのか、
書かれていません。

「お客様の声」を見ると、
3名の日本人らしい人の、
VirtueForexを褒め称える
コメントが掲載されています。

1人目は、
「満員電車で揺られながら出勤~、
いまでは通勤電車はグリーン車で~」
と書かれていて、

3人目に至っては、
イニシャルがK.Tなのに、
「佐藤(仮名)と申します。」と、

どう見ても、
日本人であると判断できます。

さて、このVirtueForexのサイトには、
最下部に英語サイトへのリンクが貼ってあります。

このリンクを踏んで英語サイトに行くと、
作りはほとんど同じです。

「お客様の声」もあるのですが、
この声は、ただ単に、
先ほど紹介した日本人と考えられる
3名の声を英訳しただけです。

さすがに「グリーン車」と「佐藤」
という単語は消されています。

つまり、海外の業者なのに、
まずは日本語サイトを作って、
後から英語サイトを作った、
と判断できます。

鈴木氏のインパイアを
無料で受け取ったとしても、

利用するFX業者のVirtueForexは、
明らかに日本人をターゲットにした、
日本で無登録の、海外の業者です。

先ほどご紹介した金融庁の注意喚起を、
しっかりと受け止める必要がある、
と言えます。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓

【鈴木純輝 インスパイア(INSPIRE) 関連記事】


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

このページのトップヘ