ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

カテゴリ: 阿部悠人

阿部悠人 氏の「新富裕層量産プロジェクト」について、
前回の記事に引き続いて検証したところ、
稼げない証拠を本人が公開しているという大失態が発覚しました。

稼げない証拠を本人が公開している大失態

阿部悠人氏は「新富裕層量産プロジェクト」で、
自分自身が稼いでいる証拠として、
確定申告書の控を公開しています。

確定申告書は国に提出するので、
偽造を行なえば犯罪になる、
と言っています。

阿部悠人氏が公開した確定申告の書類は、
「控」です。

おまけにこのままの数字で提出した証拠はありません。

偽造してから国に提出すれば、確かに犯罪ですが、
偽造してからプリントアウトして、
その後に正しい金額を入れてから国に提出すれば、
犯罪にはなりません。

疑ってばかりでは解決しないので、
阿部悠人氏が公開した確定申告書が、
国に提出ものと全く同じで偽造が無い、
とすると、とんでもない欠陥が見つかります。

阿部悠人氏は「新富裕層量産プロジェクト」の動画で、
確定申告書に記載してある、
1億6千万という金額の中に、
『新富裕層量産システム』で稼いだ金額も含まれている、
と言っています。

1億6千万の全部では無いが、
いくらかは含まれている、
という意味の発言と受け止めることができます。

ところが、
「新富裕層量産プロジェクト」はFXのトレードで利益を出す、
という内容です。

FXで得た利益は、
確定申告書の『先物取引』の項目に記載する事になっています。

阿部悠人氏が公開した確定申告書を見ると、
『先物取引』の項目は数字がありません。

つまり、FXで利益は出ていません、
と国に申告しているのです。

阿部悠人氏が公開した確定申告書が、
国に提出した内容と全く同じで、
偽造も全く無いのであれば、

『新富裕層量産システム』では、
“全く稼げません”という証拠を、
阿部氏自身が公開している事になっているのです。

※ここからは、阿部悠人氏が公開した確定申告書が、
“百歩譲って”何かの間違いであるという前提で検証します。

新富裕層量産プロジェクトで公開される実績の信用性

「新富裕層量産プロジェクト」の第2話の予告では、
阿部悠人氏が『新富裕層量産システム』の実績として、
2ヶ月間システムを動かした実績を公開するようです。

ですが、FXの自動売買システムの実力を判断する際には、
5年以上のリアルトレードの実績が必要です。

5年は長いとしても、せめてトランプ大統領が誕生したり、
北朝鮮がミサイルを打ちまくっていた、
2017年1月以降の2年間の実績くらいは、
確認しておかないと、かなりのリスクがあると言えます。

なぜなら、世界情勢が大きく動く時に、
FXの自動システムがどのような動きをするのか、
確認しておかないと、
今後思わぬ大損失を受ける可能性があるからです。

また、阿部悠人氏は「新富裕層量産プロジェクト」の第2話で、
24時間でお金が増えていく生の瞬間を公開するようですが、
勝った日のトレードだけを公開する可能性があります。

さらに阿部悠人氏は、
過去10年間運用したシミュレーションを公開しますが、
実際にトレードしたのではなく、
あくまでもシミュレーションです。

つまりバックテストです。

バックテストは「カーブフィッティング」といって、
システムを過去の相場にぴったり合うように、
過剰に最適化することができます。

過去の相場に合うようにシステムを作るので、
バックテストの成績は優秀になります。

しかし、実際の取引で使うと、
過去と未来が全く同じになることはあり得ませんので、
ほとんどバックテスト通りなることはありません。

結局、阿部悠人氏が公開する『新富裕層量産システム』は、
どれもデータが不十分だったり、信ぴょう性にかけたりと、
参考にできるような内容ではありません。

せっかく24時間録画できるのですから、
これからしばらく、24時間録画した動画を、
数日から数ヵ月にわたって公開すれば、
かなり有効な判断材料になります。

そのような証拠の見せ方をしないのであれば、
阿部悠人氏の『新富裕層量産システム』を使用することは、
かなりリスクがあると判断せざるを得ません。

阿部悠人氏がプロジェクトを仕掛ける謎とは

阿部悠人氏は「新富裕層量産プロジェクト」を始めた理由として、
・人生を充実させる仲間が欲しい
・悪徳な詐欺師から多くの方を救う
と言っています。

阿部氏は、約1万8000人が所属している
コミュニテイーを運営しているのですから、
そのメンバーに『新富裕層量産システム』
を紹介して仲間をつくれるはずです。

そうやって、
1万人以上の仲間がいれば十分すぎると思います。

コミュニテイーのメンバーから“詐欺師に騙された”、
と実際に聞いているのなら、
本当に『新富裕層量産システム』が稼げるシステムであれば、
そんなメンバーにも喜んでもらえます。

わざわざアフィリエイト広告を仕掛けてもらったり、
動画を作成したり、サイトを作成したり、
インタビュアーの吉川将大氏を雇ったり、
という時間と多額のお金をかける必要なんてないはずです。

コミュニテイーのメンバーにも紹介できない様なシステムなのか、
それともコミュニテイーのメンバーに“いらない”、
と言われたシステムなのかと疑わざるを得ません。

阿部悠人氏の「新富裕層量産プロジェクト」は、
今までのコミュニテイーの知っているメンバーでは無く、
新たな見知らぬ赤の他人に、
資金0から1000万円を稼がせる、という内容です。

つまり、阿部悠人という見知らぬ人が、
赤の他人に1000万円をプレゼントしてくれるという、
まるで天からお金が降ってくるような内容になっています。

そんな、おとぎ話を信じていいのか、
一度冷静に判断する必要があると言えます。

海外に会社があるプロジェクトに参加する危険性

阿部悠人氏の「新富裕層量産プロジェクト」について、
最初にメールアドレスを登録するページ(LP)を見ると、
阿部氏の会社はシンガポールにあります。

実は、全国の消費生活センターには、
勧誘者が日本人であることに安心して、

契約内容やリスクを十分に認識しないままに
サービス等をインターネットで申し込み、
海外事業者と思わぬ解約トラブルとなったという苦情が寄せられています。

国民生活センターの報道発表によると、

海外事業者との契約であっても、日本で契約した消費者は、
特定商取引法上のクーリング・オフ等を主張できる場合はあります。

ですが、海外事業者の中には日本の法律は関係ないと主張し、
解約等に応じないケースも目立っています。

契約先が海外事業者の場合、
トラブル時の問い合わせ先は海外事業者となります。

事業者に連絡しても回答が外国語だったり、
日本語の対応窓口や国内の問い合わせ窓口がなかったりするため、
交渉が困難となることがあります。

また、勧誘した日本人がトラブル対応をしてくれない場合や、
連絡が取れなくなる場合も実際にあるようです。

このような可能性がある事も視野に入れて、
阿部悠人氏の「新富裕層量産プロジェクト」
を判断することも重要だと思います。

【阿部悠人 新富裕層量産プロジェクト  関連記事】

【自動売買システム 関連記事】
自動売買システムの真実③ 詐欺的な販売プロジェクト減らない理由を暴露

【参考記事】
ネットビジネスで稼ぐために知っておくべき情報商材の実態
副業の必要性を感じた私の体験
私のプライベートな日記

ヒデカズの副業 
※実践して1年6ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

阿部悠人氏の「新富裕層量産プロジェクト」について、
自動で資金0から1000万円稼げないと言える理由を暴露します。

資金0から1000万円稼げない理由を暴露

阿部悠人氏の「新富裕層量産プロジェクト」では、
『元手資金0から、自動で1000万円を手にする』
と言っています。

この言葉だけを聞いて、お金がかからずに、
ほったらかしで勝手に1000万円をもらえる、
と期待している人は多いと思います。

ですが、阿部悠人氏の「新富裕層量産プロジェクト」は、
FXという投資を行うことが内容となっています。

投資ですから必ず投資金が必要です。

投資において、0からお金が増える事はありません。

0はいくら待っても0です。

実際に、阿部氏がインタビュアーの吉川将大氏の為に用意した、
『新富裕層量産システム』には10万円の資金を入れています。

つまり、阿部悠人氏の『新富裕層量産システム』を
使うためには投資金を用意する必要があるのです。

阿部悠人氏は「新富裕層量産プロジェクト」で、
元手資金0からと言っていますが、
本当にお金が全く出せないのなら、
『新富裕層量産システム』を使う事は出来ません。

阿部悠人氏の『新富裕層量産システム』を使うために、
必要な元手資金ですが、
多くのFXの自動売買システムの推奨証拠金が10万円から、
となっています。

阿部悠人氏がインタビュアーの吉川将大氏の為に用意した、
『新富裕層量産システム』にも10万円の資金を入れていますから、
「資金0から」といいながらも、
実際には10万円以上を用意するように言われると推測します。

新富裕層量産システムを元手資金0で使うカラクリ

阿部悠人氏の「新富裕層量産プロジェクト」に参加した後で、
実際に『新富裕層量産システム』を使うには、
数万円から数十万円の資金が必要とお伝えしました。

では、本当に元手が無い人の場合なのですが、
阿部悠人氏は何らかの手段で投資金を作るための、
作業を指示する可能性が高いと推測できます。

阿部氏の著書には、メルカリを使った転売の本がありましたので、
転売を行うことで、『新富裕層量産システム』を利用するための
元手資金を稼ぐように言われるのではないか、と考えられます。

私がこう言っても、
阿部悠人氏は「新富裕層量産プロジェクト」の中で、
『元手資金0から、自動で1000万円を手にする』
と言っている。

『新富裕層量産システム』を使う事で、
“不労所得型の新富裕層にジャンプできる”
と言っている。

だから、転売などの作業が必要な稼ぎ方はさせないはずだ、
と思っている人は多いと思います。

ですが、阿部悠人氏は「新富裕層量産プロジェクト」の中で、
資金を全く入れずに『新富裕層量産システム』を使える、
とは一言も言っていません。

さらに、1000万円を手にするまでの期間も言っていません。

つまり、元手資金0から自動で、
“いつまで”に1000万円を手にするか、
という期限を言っていないのです。

過去の情報商材のプロジェクトでも、
資金不要と言っていたのに、参加して見たら、
最初は自己アフィリエイトなどをして元手資金を作るよう指示された、
という例が、実際にたくさんありました。

ですので、阿部悠人氏の「新富裕層量産プロジェクト」でも、
資金0で始めた人は、まずは転売などの作業を行って、
数ヵ月から数年かけて、
投資金を用意する必要があるかもしれません。

新富裕層量産プロジェクト実践者の証拠の疑問点

阿部悠人氏が「新富裕層量産プロジェクト」で紹介している、
『新富裕層量産システム』を利用するために必要な、
投資金を用意できる人もいれば、
用意するのが難しい人もいると思います。

どちらの人にとっても、参加前に必ず、
『新富裕層量産システム』の実力を判断する必要があります。

阿部悠人氏は、すでに『新富裕層量産システム』を使った、
59名の全員が100%稼いでいるという証拠として、
実践者のスマホの画面を公開しています。

ですが、「新富裕層量産プロジェクト」で公開された画面だけでは、
『新富裕層量産システム』の実績という証拠がありません。

他のシステムの実績なのか、
それもと手動でトレードした結果なのか、
どのようにも受け取ることができます。

さらに、「新富裕層量産プロジェクト」で公開された実績は、
1日や2日間だけという極めて短期間の実績です。

FXの自動売買システムなら、
負ける日もあれば勝つ日も必ずあります。

ですので、阿部悠人氏が公開したスマホの画像だけでは、
たまたま勝った日だけを抜き取っている、
という疑いがどうしても出てきます。

公開された前後の結果はどうだったのか、
もっと長期間の実績はどうなっているのか、
しっかりと確認する必要があります。

阿部悠人氏が詐欺師では無いとは言えない理由

阿部悠人氏は「新富裕層量産プロジェクト」で、
ネットビジネスの詐欺師の特徴を挙げています。

「本物の証拠を提出しない」
「活動している証拠を見せない」
「稼いでいる証拠を見せない」
「公開する証拠は偽物の銀行口座や報酬画面の実績を作っている」
と言っています。

そして阿部悠人氏は、
「真実の情報だけを伝えることを約束する」
「嘘や誇張した表現は使わない」
「平気で嘘をついてお金を騙し取る詐欺師たちは絶対に許せない」
と言っています。

いかにも、
自分のプロジェクト以外のほとんどは詐欺だ、
だから阿部悠人氏の「新富裕層量産プロジェクト」に参加するしかない、
と思い込ませようとしているかのようです。

そして、阿部悠人氏が言ったこれらの言葉は、
過去の情報商材のプロジェクトでほとんどの人が言っています。

その結果、それらのプロジェクトで稼げた人はほとんどいません。

詐欺師を許せない、という言葉が実は、
詐欺師の常套句だったりするのです。

そんな言葉を聞いて、救世主が現われた、
ような錯覚に陥らないように気を付ける必要があります。

今回の阿部悠人氏の「新富裕層量産プロジェクト」には、
まだまだツッコミどころがありますので、
改めて検証の続きを書きたいと思います。
ヒデカズの副業 ※実践して1年6ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


このページのトップヘ