ヒデカズです。

今回は、情報商材のプロジェクトがよく利用する、
人間が持っている5つの心理状態をご紹介します。

これらの心理テクニックには、
ネットビジネス業界で有名なある人物から、
私が過去、実際に直接聞いたものもあります。


1.お返しをしたくなる心理

優しくしてくれる人には、
優しくしたくなります。

逆に、不快なことを言ってくる人には、
言い返したくなります。

このように、
やられたことはやり返したくなる、
という心理を「返報性」といいます。

情報商材のプロジェクトが、
プレゼントを仕掛けたり、
コメントの度に何かをプレゼントするのは、

「貰ったのだから、何かしなければ」
という心理状態に誘導するめ、
と考えられます。

2.一貫していたくなる心理

世間では、
言うことがコロコロ変わる人は嫌われます。

ですので、
一度自分で決めたことを、
そう簡単に翻すわけにはいかない、
という心理が働きます。

これを「一貫性原理」と呼びます。

ある日届いた、情報商材の案内を、
ちょっと見てみようかな?
と思った人がターゲットです。

ちょっと見てみようかな、
とコミットすると、
その心の隙間を販売者は見事に突いてきます。

このツールやシステムを使うと、
楽して簡単に稼げる、
などと良いことばかり言われると
ついその気になってしまうのです。

そして一度心を許したら、
その隙間からグイグイねじ込んできます。

プロジェクト視聴者の、
一貫性の原理をつかんで離すまい、
としっかりと喰いついてくるのです。

ターゲットをしっかり捕まえて、
今度は情報商材の一貫性の原理を植え付けていくのです。

3.みんなやってるから正解と思う心理

周りの人がしているのと、
同じ行動を取りたくなる心理を
社会的証明」と言います。

情報商材のセミナーに参加すると、
何人ものターゲットを閉鎖された会場に集めます。

最初は無料で有益な情報を提供したりします。

司会者が「これ欲しい人〜!」と言うと、
開場にいる『サクラ』たちが
「ハイ!ハイ!ハイ!」と手を挙げます。

周りの人がみんな「ハイ!ハイ!ハイ!」
と手を挙げるので、
つられて手を挙げてしまう人もいす。

日本では周りに合わせないと、
白い目で見られる風潮があります。

そんな催眠商法が、
情報商材のセミナーでは、
使われていたりするのです。

4.専門家の話を盲信してしまう心理

人は、社長などの肩書を持った人や、
専門家や有名人など、
権威」のある人物の言うことを、
盲信してしまうことがあります。

情報商材の販売者たちは、
これをよく分かっていますから、
高価なブランド品などで身を飾り、
高級マンションや高級ホテルで、
動画を撮影したりします。

プロフィールでは、
会社をいくつも経営し、
大金を動かし、世界的に有名だ、
などとアピールします。

ですが、画像で見せる高級品の数々は、
借り物だったりすることもありますし、

プロフィールについては、
何の裏付けも無い事がほとんどです。

また、視聴者が理解できないような
難しい専門用語を使ってきたリもします。

販売者の見た目や、肩書を鵜呑みにし、
専門用語や難しそうな話を聞いて、、
思考停止してしまう人は、危険であると言えます。

5.数が少ないものは良いものだと感じる心理

社会では、数が少ないものは『良いもの』、
と考える傾向があります。

ただ、本当は貴重ではないものを、
あたかも希少価値が高いかのように
演出してくる手法はいたるところに見られます。

情報商材のプロジェクトでも、
この「希少性」をよく利用します。

参加人数を限定したり、
参加期限を切ったりして、
参加できる人は特別な存在である、
という様な演出を行ったりします。

私は過去、
多くの情報商材のプロジェクトに参加し、
ほとんど稼ぐ事ができませんでした。

稼ぎたい一心で、
いろんなジャンルのビジネスや投資に、
かなりのお金をつぎ込みました。

稼げるのなら、と思って、
住んでいる鹿児島から、
新幹線や飛行機を使い、
セミナーを受けに行ったことも何度もあります。

私の体験からも、
情報商材の販売者は、
今回ご紹介した5つの心理を巧みに利用している、
と言えます。

うという気持ちが先走り、
ついつい“その気”になってしまう、
というのは人間の弱い面だと感じています。

そんな弱い面がある事を自覚して、
副業探しをする必要があると思います。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。