こんにちは、ヒデカズです。

副業としてネットビジネスをする時に鉄板なのが「転売」や「せどり」です。
安く仕入れて高く売るというのですから、商売の王道ですね。

さて今回は、その「転売」や「せどり」を副業とすることについて考えてみたいと思います。

auction_happy
【目次】
  1. 「転売・せどり」とはどんな副業か?
  2. 「転売・せどり」のメリット
  3. 「転売・せどり」のデメリットとリスク
  4. 「転売・せどり」が向いている人
  5. 「転売・せどり」が向いていない人
  6. 総合評価

1.「転売・せどり」とはどんな副業か?

まず「転売」と「せどり」の違いですが、一応言葉の違いだけ解説します。

①「転売」とは
数量限定などの入手困難な商品を転売目的で購入し、ネットオークション等で高値で販売することです。
『チケット転売』」とか『限定CDの転売』とか聞きますよね。

②「せどり」とは
ジャンルは問わずに、とにかく高く売れそうなものを中古品店なので仕入れてネットなどで利益を乗せて販売する事です。

③結局は同じと考えて良いです。
という事で、どこから仕入れて利益を乗せてネットで販売するという作業は同じです。
ですので、実は「せどり」をしているのに転売しているという人も多いです。

④実はすでにあなたもやったことがあるかも?
家にある不用品をヤフオクなどのオークションで販売したり、フリーマーケットで売ったりしたことがある人も多いのではないでしょうか。
洋服とかをバーゲンなどで、たまたま安かったから買ったけど、結局一度も着ていないので売ったという人もいると思います。
あれ?転売みたいですよね。


2.「転売・せどり」のメリット

ネットビジネスの入り口としては最適そうな「転売・せどり」ですが、具体的に副業にするメリットから考えてみましょう。

①利益が事前に計算できる。
○○円で仕入れたものに利益をいくら乗せるかはあなた次第ですし、基本的にその価格で売れます。
もちろん極端な価格では売れませんが、オークションなら予定より高く売れるかもしれません。

②即金性が高くて稼ぎやすい。
販売先や購入者の支払い方法にもよりますが、早ければ即日収入が入ってきます。
資金回収が早いと次の仕入れ資金に回せるので次々と販売することが出来ます。

③リスクが少ない
これは事前リサーチが大切なのですが、ちゃんと売れるとわかってから仕入れればちゃんと収入になります。
仮に売れなくても、オークションなどで販売して在庫を無くすことも可能です。
自分が仕入れた金額以上に損失を出すことは基本的にあり得ません。

④かなりの小資金で始められる。
例えばあなたが100円で仕入れたものが、どこかで1,000円で売れるかもしれません。

⑤好きな時間に働ける
いつやるかはあなた次第です。
夜やってもいいですし、休日の午前中だけでもいいです。
休日の旅行先で面白いものを見つけて購入して、それを後日販売するなんて事もできます。


3.「転売・せどり」のデメリットとリスク

この様に初心者向きな副業に見えますが、デメリットやリスクはあるのでしょうか。

①働くのをやめると収入も止まる
商売の王道ということで、労働収入になります。
働く時間に比例して収入も増えるけど、働かないと収入は無いという事ですね。

②環境に左右されやすい
ネットだけで仕入れるのではなく実店舗で仕入れるなら、自宅周辺にある仕入れ先のお店の種類や数が少ないと不利ですね。

③在庫を抱えてしまう可能性がある。
仕入れたものが売れないなんて事は多いです。
もちろん売れそうだと思って仕入れるのですが、なかなか売れなかったり、全く売れずにタダ同然で処分する事もあり得ます。

④仕入れをしなければ収入が発生しない。
この副業はまずは仕入れをすることから始めなくてはなりません。
つまり赤字スタートです。
無在庫転売なんていう手法もありますが、初心者にはハードルが高いです。

⑤マンパワーの労力になるので大きく稼ぐことが難しい。
仕入れから販売、そして発送まで全て人の手で行います。
数が増えれば増えるほど、その労力は増えていきミスも発生しがちになります。
本業の片手間でやるには限界がありそうですね。

⑥商品を確保するスペースや備品なども必要となる。
仕入れた商品を置いておく場所が必要です。さらに梱包材などの資材も用意しなければなりません。


4.「転売・せどり」が向いている人

メリットとデメリットを見ていかがでしょうか。
やってみたいという人もいれば、やりたくない人もいるのではないでしょうか。
この「転売・せどり」を副業にするのに向いている人はこんな人です。

①素直な人
商売の王道といわれるくらい歴史のある手法ですので、稼いでいる人に素直に学べばしっかりと結果は付いてくると思います。

②地道にコツコツできる人
この仕事の内容に派手さはありません。
地味な仕事を1つ1つこなして、売れなければ売れない理由を探して対策を取ったりする必要があります。
また売れる商品のお得情報を仕入れたら、わざわざ買いに行く努力も必要です。

③買い物が好きな人
普段から買い物に行って色んな商品の売れ筋や価格動向を気にしている人なら、商品リサーチの役に立つでしょう。

④金銭管理がしっかりできる人
もしこの副業を始めて順調に売り上げが伸びれば、それだけ資金管理も複雑になり大変になってきます。
きちんと家計簿が付けれるような人がいいですね。

⑤流行に敏感な人
やはり売れる商品といえば流行に左右されますから、普段から流行を気にしていると有利です。

⑥仕入れ資金が豊富な人
小資金で始められるとは言いましたが、大きく稼ぐなら資金は多い方が有利です。

⑦人とのコミュニケーションが好き
仕入れ先のお店の店員さんと仲良くなっていると思わぬ掘り出し物を紹介されるかもしれません。
また販売した商品の購入者と良いコミュニケーションを取っておくとファンになってリピーターになってくれるかもしれません。


5.「転売・せどり」が向いていない人

①楽して稼ぎたい人
やることは地味でコツコツ型ですし、最初は全部自分でやらなければなりません。

②一気に大金を得たい人
たまに掘り出し物の売れ筋商品が見つかることもありますが、だいたい利益率は決まってきます。
つまり大きく稼ごうと思えば、どれだけ資金力があるかに左右されてしまいます。


6.総合評価

「転売・せどり」はビジネスの王道だけあって、様々な手法が溢れています。
売れる商品を探す手法やツールもたくさん出回っています。

しかしながら、結局は労働収入ですから働ける時間が少ないと収入もその程度になってしまいます。

それでも毎月数万円の小遣いが欲しくて、本業が終わってから体力が時間があるならやってみてもいいと思います。
そうして慣れていってコツをつかみ作業を効率化できれば、ある程度の収入は見込めるのではないでしょうか。

ただし、このジャンルは初心者でも始めやすいとあってライバルも多いです。

その辺の覚悟は必要でしょう。