こんにちは、ヒデカズです。

一度でも情報商材のプロジェクトにメールアドレスを登録すると、その後次々と新たな情報商材の告知メールが届きます。

それぞれのメールに解除リンクがあるので、メールが届くたびに解除手続きを行いますが全く減ることなく、毎日の様に新たな送信者から情報商材を紹介されます。

それもそのはずで、一度情報商材のプロジェクトにメールアドレスを登録した時点で、私のメールアドレスは情報商材の販売者の間で商品となってどんどん広まっているからです。

そうして届く新たな情報商材について、ネットでは多くの人がレビュー記事を書いています。

ところが以前の私は、どんなレビュー記事を読んでもその情報商材を購入することを止めることが出来ませんでした。

なぜなのでしょうか?

そこで、ここでは情報商材を検証するブログを検証して、私が情報商材の批判記事を見ても買うのをやめられなかった理由を明かしましょう。


【こんな検証ブログは響かなかった】
1.アフィリエイト広告がベタベタ貼ってあるブログ
2.特商法の“ある一文”を取り上げて指摘するブログ
3.批判するポイントが稼げるかどうかと無関係なブログ
internet_enjou
1. アフィリエイト広告がベタベタ貼ってあるブログ

情報商材を検証するブログは、ほとんどがその著者が稼ぐために書いています。
要するに、その情報商材を買わせないようにして、そのお金を自分が取り扱っている商品の購入に回して欲しいのです。

だからこそ必死で批判します。

たまに褒めたり購入を推奨する時は、その商材のアフィリエイトリンクを貼って自分のブログから購入してもらう様にしています。

特にブログのサイドメニューにベタベタと貼ってあるアフィリエイト広告を見ると、これ本人は使ったことあるのかなと疑います。

もちろんおススメ商品として広告を貼っていますから、その商品の記事は良い事しか書きません。

ですが、本当に実践したのなら1つのジャンルでそんなにたくさんおススメがあるでしょうか?


例えばFXで、ある1つの商材で稼げたとして、それでちゃんと稼げているのに他の商材も次々と買う必要があるのでしょうか。

もちろんいくつかの手法を身に付けておくことで、色んな場面に対応できるからという理由はあるでしょう。

だからといって5個も10個も人に薦めていると疑いを持ってしまいます。

私だったら、もし時間も資金もいくらでもあって、様々な商材を試して、例えば10個の商材全て稼ぐことが出来たとしても、人に薦めるのは多くても2つ3つでしょう。

もしくは、順位を付けたり条件を付けたりします。

それなのに、どれもおススメなんて書いた広告を貼っていると、何でもいいからとにかく買ってという雰囲気を感じます。


2.特商法の“ある一文”を取り上げて指摘するブログ

情報商材の検証ブログで決まって取り上げられるのが『特商法』です。
販売ページやプロジェクトの募集ページの一番下に「特定商取引法に基づく表記」といった文字リンクが貼ってあり、そのページを見ると販売者や連絡先などが掲載されています。

そして、そこにはほとんどの場合

“本商品に示された表現や再現性には個人差があり必ずしも利益や効果を保証したものではございません。”

と書いてあるので、これを指摘することで稼げない可能性があることを言っています。


ですがこの様な表現は、ダイエット商品やサプリメントなどにも必ず小さな文字で書いてありますよね。
それでもその商品が売れるいうことは、その商品の可能性の方に期待しているからです。

その点を情報商材の販売者もわかっているので、この様な表現を書いておいてもそれほど売り上げに影響しないですし、だからこそ検証としてこの一文を指摘してもあまり意味がないのです。


おまけに私自身が自営業をしているからこそ思うのは、この世に“再現性100%”なんてありえないと思っています。

なぜなら、100人いれば100通りのその人の状況があります。
それは、経済的に不利な人・時間的に難しい人・身体的に難しい人・気持ちの問題など様々です。

それなのに“再現性100%”とか“誰でも稼げる”なんていう情報商材は、言葉の裏に『○○○万円の資金があれば』とか『毎日○○時間作業をすれば』とか『何があっても諦めなければ』といった条件が隠されているはずなのです。

そうでないと、その商材の購入ボタンを押してから後は、資金を全く用意せず、何も作業をせず、何も準備せず、忘れたようにボーッっとしているだけで稼げてしまうと言っているのと同じですから、明らかにそんなことはあり得ないですよね。

なので、情報商材の検証ブログで特商法に

“本商品に示された表現や再現性には個人差があり必ずしも利益や効果を保証したものではございません。”

と書いてあることを指摘して、稼げない可能性があるからやめましょうと言われても、当然でしょと思うので全く響かないのです。


3.批判するポイントが稼げるかどうかと無関係なブログ

情報商材の検証記事の中身で、その商材が稼げるかどうかと関係ないポイントを指摘するブログがありますね。

①参加者の写真を指摘する

情報商材のサイトには、よく参加者の声や感想が写真付きで掲載されていますね。

私も最初の頃は信じていたのですが、たくさんの情報商材を見てくるとそのうちに見た事がある写真が出てくるのです。

そこで写真をGoogleで画像検索すると、違う名前で全く同じ写真が使われていたりしますので、そこを指摘する検証ブログがあります。

確かに怪しいとは思いますが、そもそも稼げるかどうかとは無関係ですよね。


②会社の所在地を指摘する

特商法には販売者や会社の所在地が記載されています。

その住所を検索して、レンタルオフィスだからダメとか、画像を調べては汚いビルだとか、以前他の情報商材が使っていた住所と同じといった点を指摘する記事もあります。

これも稼げるかどうかとは関係ありませんよね。


③販売者やインタビュアーの見た目や経歴を指摘する

情報商材の販売者やインタビュアーは、過去に別の情報商材に登場していることがよくあります。

そこでその過去の情報商材で稼げたという話を聞かないから、今回も稼げないはずだといった内容を書いている記事があります。

でも知りたいのは今回調べている情報商材が稼げるかどうかであって、過去の実績の事を知りたいわけでは無いのです。

ブログの著者がその商材を実際に購入して実践して、内容をわかった上で稼げなかったと批判するなら説得力があるのですが、
ほとんどが推測であったり「稼げたという話を聞きません」といった主観的な理由を言うだけです。

例え前回の商材で稼げていなくても、また出してくるという事は稼げた人も中にはいて、今回は改善して再現性を高めた商材になっているのではと逆に期待したりもするのです


見た目を批判する人もたまにいますが、そんな事は稼げるかどうかと無関係ですね。



いかがでしょうか?
ウンウンと頷かれる人もいるのではないでしょうか。

残念ながら、ほとんどの検証ブログはこの様な内容です。

批判のための記事を読んでも、情報商材を見分ける目や騙されない力は付きませんでした。

結局は自分が良いと思って購入してしまい、後から後悔することになってしまっていたのです。



私自身も過去にたくさんの情報商材を買い、結局どれも全くと言っていいほど稼げなかった苦い経験があります。

それでも今の副業に出会ったことで、
ようやく稼げるようになり、

さらにこの様に情報商材の検証ができるようになったことで
自分が今までの情報商材で稼げなかった理由もわかり、

おかげで無駄な出費をすることも無くなりました。


副業で稼げる「本物」はちゃんとあります。


副業で出来る、堅実に稼げて初心者でも成果を出しやすいビジネスを知りたい方は、私ヒデカズまでご連絡ください。

ヒデカズの考えに共感し、信じてくださる方には、仲間としてしっかりとサポートします。


【参考記事】


【職人おススメの参考記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
「情報商材の検証→アフィリエイト→情報商材」繰り返すな!
情報商材の批判記事を見ても私が買ってしまった理由とは?
母子家庭だった私がサラリーマンを辞めて自営業を始めた理由
自営業の私がイクメンになって気付いた副業の必要性とは
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp


※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられる場合もありますので、ご確認よろしくお願いします。

また、副業に関する悩みや相談、気になる情報商材の検証依頼も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれませんので、お気軽にメールしてください。