こんにちは、ヒデカズです。

今回検証するのは、株式会社プラスワンが提供する「Bit Win」です。

「月利+42.9%達成」「年間+500%超の利益!」という言葉に魅力を感じますが、果たしてその言葉の意味は?


【目次】
1.「ビットコインの自動売買では稼げない」理由を暴露
2.「月利+42.9%達成」「年間+500%超の利益!」の言葉のカラクリ
3.「Bit Winによる驚異の実績」は参考にならない
4. まとめ


1. 「ビットコインの自動売買では稼げない」理由を暴露

株式会社プラスワンが提供する「Bit Win」はビットコインの自動売買プログラムです。
そのソフトの代金は、下記の2種類があります。

・短期~中期向け「プロビデンス」864,000円(税込)
・長期向け 「エリクサー」 2,160,000円(税込)
売り文句として「AI時代の最先端技術を完全プロ仕様にしてご自宅で再現。」と書かれています。

昔の日本では、“良いものをより安く”というコンセプトでモノづくりをしていましたが、最近では“高額でも良いものであれば買ってくれる”というスタンスに変わってきています。

ですので今回の「Bit Win」のソフトも、“良いものだから高くて当然”というメッセージが伝わってきそうな強気な価格設定をしていますね。

これを見ると『ビットコインの自動売買のプロが使っているから高いんだし、だからこそ稼げそうだ』と思う方も多いと思います。

ですが現実は、プロのトレーダーはビットコインのトレードをしていません。
2017年は仮想通貨バブルと言われるくらい、ビットコインを始めとする仮想通貨は大幅な値上がりをしました。
これを見て仮想通貨について何も知らない素人までがこぞって仮想通貨に飛びつきました。
ところがプロのトレーダーは参加していないのです。

その理由は「流動性が低い」からです。
仮想通貨の市場はまだ規模が小さいので、ちょっとした影響で相場が高騰したり暴落したりして相場が読めません。
仮想通貨の価格は、国際的な動向や、経済界の影響ある人物のコメントなどで相場が簡単に大きく変動しますので、中長期的な予想がしづらいというリスクがあります。

ですので、他人の資金を預かって運用するプロのトレーダーがそんなリスクの大きな市場には参入しないのです。

プロのトレーダーですら相場が読めないのに、自動売買システムが対応できるでしょうか?
そもそも自動売買システムのプログラムは過去のデータをもとに作成されているため、今までになかったような相場の急騰や大暴落には対応しきれません。

ビットコインは価格の乱高下を繰り返しているので、その様な相場の動きに今回の自動売買システムが対応できるのかしっかりと確認する必要があります。

ちなみに、ちなみに2017年11月はビットコインが驚異の値上がりをして、わずか1ヶ月で1.8倍になりましたが、この間に2回の30%越えの大暴落を挟んでいます。

自動売買するには最初ある程度の資金を投入しなければなりませんが、こんなに価格変動が激しい市場で大切な資金をシステム任せにするにはかなり慎重になる必要があります。


2. 「月利+42.9%達成」「年間+500%超の利益!」の言葉のカラクリ

プラスワンの「Bit Win」のサイトには、「月利+42.9%達成」「年間+500%超の利益!」という数字が出ていますので、「10万円で始めても1年間で60万円になる」と期待する人も多いと思います。

ですが、月利42.9%を達成したのがいつなのか確認できませんので、他の月の月利が不明ですし、マイナスの月もあったかもしれません。

マイナスの月にはもしかしたら投資資金を全部失っているかもしれませんから、そうすると追加資金を投入する必要があります。

とにかく、リアルな取引履歴が無いので月利42.9%の数字の根拠が確認できませんね。


先ほども挙げたように2017年11月にはビットコインが月利80%を出していますので、実はトレードせずに持っているだけで月利80%でした。

ところがトレードをしていると、その月に2回の30%越えの大暴落を挟んでいますから、勝手にシステムが損切りしているかもしれません。

ちなみに2017年12月17日の高値は230万円台だったビットコインは、5日後の22日には安値140万円台まで暴落しています。
この60%という大暴落にも耐えれたのか、履歴を見せてほしいですね。


ビットコインは、2017年のこの1年間で8万円→230万円と異常な値上がりをしましたので、どんなシステムであっても“買い”を入れておいて途中で暴落しても資金さえ追加投入し続ければ結果的には大きなプラスになった年でした。

ですが、来年以降は何とも言えません。
これからがシステムの本当の実力が試されるかもしれませんので、仮想通貨関連の自動売買システムの本当の実力を見極めるなら来年以降がよいでしょう。

ちなみに「年間+500%超の利益!」というのは「年間+500%超の利益が出た!」とは書いていませんから、42.9%×12ヶ月=514.8%という意味かも知れません。
つまり月利42.9%を毎月達成したとすれば500%を超えますよという数字だと思いますので、この数字の意味も確認しておいた方がよいでしょう。


3.「Bit Winによる驚異の実績」は参考にならない

プラスワンのBit Winでは、「Bit Winによる驚異の実績」と題してシステムのバックテストの画像を載せています。

バックテストとは、システムトレード(売買ルール)の有効性を検証する際に、過去のデータを用いて、一定期間にどの程度のパフォーマンスが得られたかをシミュレーションすることです。

バックテストの成績とその検証期間を見ることでそのシステムの良し悪しがある程度判断できます。
ですがバックテストは過去のデータですので、そのデータに合う様にシステムを調整して成績を良く見せる事は可能です。


例えこのバックテストのデータが、一切の手を加えず偽造もしていないとしても実は問題があります。

まず「モデリング品質」という項目です。
通常のバックテストでは“90%”が正常な数値ですが、今回の様に“n/a”と表示されている場合は正しくバックテストが出来ていないという事なので参考にできません。

さらに「取引種別」が全て“buy”ですので、ビットコインの値上がりを見越して“買い”の取引しかしない、もしくは“売り”ができないシステムかもしれません。

その点でも、今後のビットコインの値動きに対応できるシステムなのか疑問です。

そもそも実績を公開中というのなら、バックテストでは無くて実際に取引した取引履歴やフォワードテストを見せれば良いのですが、そういったデータは見せてくれないのでシステムの本当の実力を確認することはできませんね。


4. まとめ

投資は資金に余裕がある方ならやるべきですが、そうでない方はまずは堅実に稼げるビジネスで安定した副収入を得られるようになって、それから投資にお金を回すのが良いと思います。

副業で出来る、堅実に稼げて初心者でも成果を出しやすいビジネスを知りたい方は是非、ヒデカズまでご連絡ください。

また、副業に関する悩みや相談、気になる情報商材の検証依頼も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれませんので、お気軽にメールしてください。


【プラスワンBit Win 関連記事】
「仮想通貨投資」とは?副業におすすめ?
FXの自動売買で副業で稼ぐ方法