こんにちは、ヒデカズです。

今回検証するのは、北山詩織氏の「仮想通貨の鬼稼ぎプロジェクト」です。

仮想通貨ブームに乗ったプロジェクトですので、気になる方も多いと思いますが果たして内容はどうでしょうか?

【目次】
1.「勝率100%のカラクリ」を暴露!
2.「未来の的中率を100%にするカラクリ」を暴露!
 ①ジャンケンの勝率100%にできる理由
 ②勝率100%の手法 その1「いつか勝つ」
 ③勝率100%の手法 その2「ナンピン」
3. まとめ

kitayamashiori


1. 「勝率100%のカラクリ」を暴露!

北山詩織氏の「仮想通貨の鬼稼ぎプロジェクト」では“勝率100%の最新情報を毎日配信し続けます!”と書いています。

これを読むと『勝率100%という必ず稼げる情報がこれから毎日届く』と期待する人も多いと思います。

ですが、未来の確立に100%はありませんので、 “勝率100%”の情報は過去の情報です。

将来、人が死ぬ確率は100%なんて表現をする人がいますが、それはそもそも確率というものではなく必然です。

降水確率100%という表現も、降水確率95%以上なら100%と表現するからこそ、降水確率100%でも雨が降らない時もあるのです。

打率10割のバッターが、次の打席でも必ず打てるわけではありません。

つまり、北山詩織氏が『過去に勝率100%だった情報』をこれから配信するということなので、その情報で将来必ず勝てるかどうかは現時点では確認のしようがありませんね。

2017年は仮想通貨バブルと言われたくらいに、どんな仮想通貨も最終的には値上がりしました。
つまりどのような情報であっても、途中で何度も大暴落を経ても、最終的には勝ちで終わったのが2017年だったのです。


2.「未来の的中率を100%にするカラクリ」を暴露!

それでも、未来の情報であっても勝率100%と言い切る人もいます。

①ジャンケンの勝率100%にできる理由

私が過去に購入した情報商材の販売者にもそんな人がいました。
その人はセミナーでジャンケンも100%勝てると言いました。
そしてセミナー参加者とジャンケンを始めたのです。

ところが最初にいきなり負けました。
が、続けてジャンケンをやって3回か4回目くらいにやっと勝ちました。
その時に言った言葉が「ほらね勝ったでしょ」

つまり毎回勝つとは言っていない、何回かジャンケンをやればいつか必ず勝つことができるから「ジャンケンをやって僕が勝つことができる確率は100%」だと言ったのです。

私は最初意味がわかりませんでしたが、当時は「かなり強引だけど、その人の解釈の仕方でポジティブにもネガティブにも捉えられるのだな」と感心したものです。

ちなみにその人とは、ネットビジネスの世界では大物と言われている『泉忠司』という人物です。

つまり、情報商材の販売者はこのように言葉の解釈を上手に使い分けることがあるのです。


②勝率100%の手法 その1「いつか勝つ」

北山詩織氏が「仮想通貨の鬼稼ぎプロジェクト」で言う勝率100%の情報が未来の情報だとすると、どのような言葉の解釈の可能性があるでしょうか。

まず押させておいて欲しいのは、1円でも利益が一瞬でも発生すれば勝率100%になってしまうという点です。

どういうことかと言いますと、このプロジェクトの内容はたくさんある仮想通貨の中から、これから値上がりするであろう仮想通貨の情報を受け取るというものです。

情報を受け取ってから指定された仮想通貨を購入するわけですが、購入後にほんのわずか値上がりして1円でも利益が発生した時に売れば勝ちとなりますよね。
ところがたった1円の利益で利確する人なっていないでしょうから、もっと値上がりすることを期待して待ったりするのですが、そんなときに突然暴落することはよくあります。

それでも耐えて、その仮想通貨を持ち続けていつの日か値上がりするのを待ち、めでたく最初に購入した際の金額を再び上回ることが出来て、利益確定すれば勝率100%です。
ですがそうなるまで何日かかるかは予想が付きません。

2017年は仮想通貨バブルと言われたくらいに、どんな仮想通貨も最終的には値上がりしました。
それでもその間に何度も大暴落を経ています。

2018年も色々な仮想通貨が登場予定ですが、それらも含めていつかは値上がりするであろう情報を貰って、将来振り返ってみると本当に値上がりしたとしても、そうなるのがいつなのかは言っていませんので、実際にいつになったら稼げるのかという確認ができません。


②勝率100%の手法 その2「ナンピン」

実際に、私が過去に情報を受け取った仮想通貨を購入したところ、しばらくはわずかに値上がりしたのでそのまま持っていたのですが、数ヵ月で大暴落をしたという経験があります。
それでも我慢して持ち続けていればいつかは上がると言われて、逆に価格が下がった今が買い増しのチャンスと言われたことがありました。

例えば、1コイン100円の仮想通貨を1コイン買ったとします。
その後暴落して、1コイン10円に価値が下がった時に買い増しのチャンスと言われてさらに100円分のコイン(=10コイン)を買ったとしましょう。
全部で11コイン持っていて投資金額は200円ですね。

その後、1コイン20円に値が戻ったので全部売ったとすると、11コイン×20円=220円受け取りますが投資金額は200円なので差し引き20円の利益となります。

いかがでしょうか。
最初に買ったコインは結果として100円→20円と80円も暴落しているのに、買い増ししたおかげで結果的には勝つことができました。

ところが1コイン10円に暴落した際に怖くて買い増しできなかったり、追加投資する資金が無かったりすると結局は損失となるのです。

この勝ち方はFXで『ナンピン』と言われる手法で、この手法を使えば理論的にFXの勝率は100%と言われています。
ですが、相場が逆行し続ければそれだけ何度もナンピンを繰り返す必要があるので膨大な資金力が求められます。


3. まとめ

北山詩織氏の「仮想通貨の鬼稼ぎプロジェクト」にある“勝率100%の最新情報を毎日配信し続けます!”を見て、『毎日必ず利益が出る確実な情報を毎日受け取れるのだから、情報通りにやっていれば毎日利益が生まれる』と受け取る人もいると思います。

ですが、北山詩織氏は何日とか何時間とかで稼げるとは言っていませんし、稼ぐにはどれくらいの資金が必要とも言っていません。

銀行通帳の画像は載せていますが、誰の通帳かは確定できませんし、たとえ本人のものであっても、誰かに協力してもらえばこの様な取引履歴を作ることは簡単です。
おまけに偽造でないという確認もできません。

さらには、入金額は確認できても資金をいくら投資したのかの確認ができません。

ともかく、仮想通貨の投資ですのでどれだけ有力な情報があったとしても投資するための資金は必要ですし、利益が生まれるまでの期間も確定ではない点は押さえておきましょう。


副業で出来る、堅実に稼げて初心者でも成果を出しやすいビジネスを知りたい方は是非、ヒデカズまでご連絡ください。

また、副業に関する悩みや相談、気になる情報商材の検証依頼も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれませんので、お気軽にメールしてください。


【北山詩織 仮想通貨の鬼稼ぎプロジェクト 関連記事】
「仮想通貨投資」とは?副業におすすめ?


【職人おススメの参考記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
「情報商材の検証→アフィリエイト→情報商材」繰り返すな!
情報商材の批判記事を見ても私が買ってしまった理由とは?


ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp