ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

カテゴリ: 宮内としひで

こんにちは、ヒデカズです。


宮内としひで氏が仕掛けている「ジャパンビレッジプロジェクト」について、
第2話まで公開されて、具体的な内容が見えてきました。


私は前回の記事で、
宮内氏の真っ赤なウソを暴露して危険性を訴えましたが、


第2話を見て、前回検証した時よりも、
さらに危険性を感じる内容でしたので、
注意喚起としてお伝えしておきます。


【目次】
1.宮内氏が外部の人間であることの危険性
2.トークン購入の決定的な危険性を暴露
3.アンバサダー制度の危険性を暴露
4.パーネス(ペア)制度に注意すべきカラクリを暴露


1.宮内氏が外部の人間であることの危険性

宮内氏が仕掛けている「ジャパンビレッジプロジェクト」は、
仮想通貨とフィリピンの土地を結び付けた内容のもので、
土地の価値が上がれば、トークンの価値も上がると言っています。


ここでまず問題なのは、IR建設予定地とされるフィリピンの土地を、
誰が所有しているのか、そして、本当に所有しているのか、
という疑問が解消されていない点です。


土地は「ジャパンビレッジプロジェクト」が所有している、
となっていますが、


この「ジャパンビレッジプロジェクト」はどこにあるのか?
会社なのか?代表者は?連絡先は?住所は?
といった点が全く明かされていません。


宮内氏は「ジャパンビレッジプロジェクト」の、
『外部アドバイザー』であると動画の中で明言していて、
サイトにも書かれていますから、


宮内氏は「ジャパンビレッジプロジェクト」と直接の関係は無い、
という事になっています。


また、「ジャパンビレッジプロジェクト」が本当に広大な土地を所有している、
という証拠も示されていません。


動画で登場した男性が、本当に政府関係者なのか、
それともただの役者なのか、
どちらとも受け取れますから、
彼の言葉も証拠になりません。


通常、土地の所有者になったら、
その土地の所有権が確認できる公的な証拠がありますが、


「ジャパンビレッジプロジェクト」では、
私的に作られたトークンが渡されるだけです。


おそらく宮内氏が個人的に用意したトークンだと思いますが、
そんな公共性のないトークンをフィリピン政府に見せたところで、
土地の所有権の証拠として認めるはずがありません。


この点は非常に重要で、
もしお金を払ってトークンを受け取ってから、


実は「ジャパンビレッジプロジェクト」が土地を持っていなかった場合、
もしくは、土地を持っていたとしてもお金だけ集めて逃げた場合、


動画で公開した土地の自分の持ち分を、いくらフィリピン政府に訴えても、
トークンだけでは何の証拠にもなりません。


2.トークン購入の決定的な危険性を暴露

宮内氏が『外部アドバイザー』をしているという、
「ジャパンビレッジプロジェクト」について、
所在地などの情報が全く確認できない事は、
もう一つ大きな危険性があります。


それは、フィリピンの土地を手に入れるために、
トークンを購入した場合のお金の行き先がわかりません。


「ジャパンビレッジプロジェクト」にお金を払っても、
どこでどうやって預かっているのか、どのように運用しているのか、
保管しているのか、セキュリティ対策はどうなっているのか、
万が一の保証はあるのか、


といった、お金の管理や運用について、
全く不明ですから、そんな組織に大事なお金を預けるのは、
非常に危険性があると言えます。


宮内氏は最初のうちは、おそらくある程度のフォローはするでしょうが、
状況が悪くなると外部の人間だから知らない、
責任はない、と言い出す可能性があります。


トークンがせめて、仮想通貨の取引所で換金出来るなら良いのですが、
「ジャパンビレッジプロジェクト」でしか換金が出来ない場合、


たとえ土地の価格が高騰して、トークンの価値も上がったとしても、
ちゃんと換金してくれるんか、すぐに換金してくれるのか、
実績がないので信用することは難しいと言えます。


3.アンバサダー制度の危険性を暴露

宮内氏の「ジャパンビレッジプロジェクト」では、
アンバサダー制度という紹介制度を導入しています。


リトルワークという簡単な作業だけで、
月収80万円が狙える、と聞いて期待したり、
やってみたいと思っている人もいると思います。


リトルワークの内容を見ると、
・コピペ
・簡単なリサーチ作業
・20文字程度の文書作成
となっています。


ネットを使った宣伝か、メールを使った宣伝である、
と考えられます。


その中で、「ジャパンビレッジプロジェクト」を宣伝する、
といった内容も考えられます。


参加者が宣伝した内容を見てトークンが購入された場合、
購入価格の何割かが報酬として受け取れると思われます。


本当に信用できる、不明な点や疑問点や怪しい点が全くない、
健全なプロジェクトなら宣伝したくなるでしょうが、


「ジャパンビレッジプロジェクト」は残念ながら、
不明な点や疑問点や怪しい点がいくつもあります。


そんなプロジェクトを他人に宣伝して、
まるで騙してでも稼ぐ、というビジネスをやっても長続きしません。


匿名で宣伝しているうちはいいのでしょうが、
何かのきっかけで、ばれてしまうかもしれません。


そして「ジャパンビレッジプロジェクト」が、
最終的に私が不安視しているような結果になった場合、


アンバサダーは被害者でありながら、
加害者にもなってしまうのです。


4.パーネス(ペア)制度に注意すべきカラクリを暴露


「ジャパンビレッジプロジェクト」で行われている、
『パーネス制度』というペア制度の活用も危険です。
最近の情報商材のプロジェクトでよく行われる手法ですが、


私の過去の経験では、ペアになった相手は、
“サクラ”に違いないと思いっています。


ペアの相手が、盛んに動画を見たか聞いてきたり、
次回の公開日を告知してきたり、
参加すると言ってきたり、
と積極的にメッセージを送ってくる場合は、


“サクラ”ある可能性が高いと言えますから、
よく考えずに、つられてついつい、思わず参加してしまった、
という流れにならないように気を付ける必要があります。



宮内としひで氏は、なぜか動画でもサイトでも、
フルネームを言わずに、「宮内」という名字だけが明かされています。


『特定商取引に基づく表示』にはフルネームがありますが、
過去の情報商材で、名字だけでプロジェクトを進めたものなんてありませんでした。


さらに、宮内氏は自分自身を
「ジャパンビレッジプロジェクト」の外部の人間である、と言っています。


ずっとフィリピンに住んでいる、とも言っていますから、
なにか問題が起こった時には責任逃れをするつもりではないか、
という疑いを持ってしまいます。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


収入は「積み上げ式」に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
ヒデカズも実践しているような堅実なビジネスを、
地に足をつけて実践されることをおススメします。



【宮内としひで ジャパンビレッジ 関連記事】
宮内としひで ジャパンビレッジ 真っ赤な嘘が発覚!危険性を暴露します


【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
派遣のアルバイトをやってみて感じた備えることの大切さ
自営業の私が始めた副業が、本業に与えた意外な効果とは
私が考える本当の人生のリスクと副業のリスク
消費税増税! 10%どころか、さらに増税されると言える理由



【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠
情報商材の詐欺ニュース 「写真を選ぶだけ」で被害者続出のワケ



ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年経ちました!
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
確認よろしくお願いします


また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

こんにちは、ヒデカズです。


ミスター宮内こと、
宮内としひで氏が「ジャパンビレッジプロジェクト」
大々的に仕掛けてきました。


プロジェクト自体は10月25日から始まりますが、
0話を見ると、真っ赤な嘘と、
かなりの危険性を感じましたのでお伝えします。


【目次】
1.ミスター宮内の過去と評判を暴露
2.動画の真っ赤な嘘を暴露
3.プロジェクトに参加して不動産投資することの危険性
4.土地をプレゼントされるリスクとは


1.ミスター宮内の過去と評判を暴露

ジャパンビレッジプロジェクトのナビゲーターの
鈴木雄一氏は今回のプロジェクトの外部アドバイザーとして、
「ミスター宮内」という人物を紹介していました。


謎の人物っぽく演出していますが、
メールアドレスを登録するオファーページにある、
「特定商取引法について」を見ると、
運営責任者“宮内としひで”と明記されています。


この宮内としひで氏は、元々ebay転売などのビジネスをやっていて、
過去にセミナーも行っており、高額塾も販売しています。


過去の高額商材の情報を見ても、
今回の「ジャパンビレッジプロジェクト」と、
販売会社も同じですから、


「ミスター宮内」の正体は、
宮内としひで氏で間違いないと思われます。


その宮内としひで氏は、今年(2018年)の1月には、
「ライジングプロジェクト」という高額塾を販売していますが、


このプロジェクトは、最初から最後まで、
結局、何をするのか全く明かされないままに、
20万円という高額商材を販売しました。


購入した人からは、結局は転売のノウハウで、
全く稼げなかった、騙された、
という声が上がっています。


私もその際に、検証記事を書いていますが、
ネットの評判を見ても、要注意人物と言えます。


2.動画の真っ赤な嘘を暴露

ジャパンビレッジプロジェクトの第0話で、
ナビゲーターの鈴木雄一氏は、
ジャーナリストのレポート映像を紹介しています。


フィリピンのメディアでも注目されている、
と言っていますので、
期待している人も多いと思います。


ところが、このジャーナリストのレポート映像には、
大きな問題点と真っ赤な嘘があります。


まず、登場したジャーナリストとは、
何者なのか、本当にジャーナリストなのか、
名前も肩書きも何も紹介されていません。


どこかで適当な外国人を見つけてしゃべらせれば、
この様な動画を作ることは簡単です。


そして、フィリピンで行われたという、
カンファレンスの映像も流されましたが、
よく見ると、「Mango Coin」の文字が見えます。
※動画の45分53秒のシーンです。


この映像は、ジャパンビレッジプロジェクトの
カンファレンスではなく、
仮想通貨「マンゴーコイン」のカンファレンス
ではないか、と私は推測しました。


さらに調べると、この映像は、
フィリピンのメディアであるSMNIの
2018年7月26日のマンゴーコインについての
ニュースであることが判明しました。


実際にYouTubeで公開されていて、
見てみると、ジャパンビレッジプロジェクトの
第0話で見たシーンや人が登場しています。
https://www.youtube.com/watch?v=_fDxTJWj6y4


この時点でナビゲーターの鈴木雄一氏は嘘を言っている、
という事になりますし、


そもそも映像に宮内としひで氏が映っていませんから、
宮内としひで氏が登壇して、
ジャパンビレッジプロジェクトについて語った、
という言葉もウソである可能性が高いと言えます。


3.プロジェクトに参加して不動産投資することの危険性

宮内としひで氏のジャパンビレッジプロジェクトは、
一言で言うと、フィリピンの不動産投資です。


ナビゲーターの鈴木雄一氏が言っていて、
おそらく今後、宮内としひで氏も言うでしょうが、


今回の不動産投資は、IR事業への投資だから、
IRバブルに乗っかることが出来ると言っています。


ここで注意点を3つ挙げます。


①不動産は実在するのか?

つい先日、日本の大手住宅メーカーの積水ハウスが、
「地面師」と言われる詐欺グループから、
55億円の被害にあったばかりですが、


不動産のプロですら騙される危険性があるのが、
不動産投資てあって、


さらに海外の案件ですから、
その土地自体が実在するのか、
本当に権利が受け取れるのか、
かなり慎重になる必要があります。


しっかりと実績のある会社を通じて、
不動産投資を行うのなら良いのですが、


評判の良くない宮内としひで氏を通じて、
投資を行う事は非常にリスクが大きいと言えます。


②投資した土地は本当に値上がりするのか?

IR事業が建設されると決まっている土地は、
すでにかなりの高額ですし、すでに持ち主が決まっている、
と考えられますから、


宮内としひで氏が案内する不動産は、
将来的にIRが建設されて、爆上げされるであろう、
という予測で紹介されると思われます。


ですが、それが本当に実現するかどうかは未定です。


投資した土地が、IR建設の構想から外れれば、
価値はほとんど上がらない可能性があります。


4.土地をプレゼントされるリスクとは

ジャパンビレッジプロジェクトの第0話で、
ナビゲーターの鈴木雄一氏は、
フィリピンの土地を無料でプレゼントする、
と言っています。


サイトを見ると、
“IR施設建設予定の1000円~100万円分の土地”
と明記されています。


この土地はどこにあるのか、そして今の所有者は誰なのか、
確認しておく必要があります。


宮内としひで氏の所有している土地であっても、
その土地が本当にIR施設建設予定なのかどうか、
についても確認しておく必要があります。


もし価格が爆上げするような土地でなかった場合でも、
土地を持っているだけで、日本のように固定資産税などの、
税金が毎年発生します。


それは負担だからと思って売ろうとしても、
さまざまな税金が発生します。


たとえ本当に土地をプレゼントされたとしても、
思わぬ出費が発生する可能性がありますので、
素直に喜ぶことは出来ません。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


収入は「積み上げ式」に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
ヒデカズも実践しているような堅実なビジネスを、
地に足をつけて実践されることをおススメします。



【宮内としひで ジャパンビレッジプロジェクト 関連記事】
宮内としひで RISINGプロジェクト「参加者全員、100%保証のカラクリ」を暴露!


【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
派遣のアルバイトをやってみて感じた備えることの大切さ
自営業の私が始めた副業が、本業に与えた意外な効果とは
私が考える本当の人生のリスクと副業のリスク


【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠
情報商材の詐欺ニュース 「写真を選ぶだけ」で被害者続出のワケ



ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年経ちました!
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
確認よろしくお願いします


また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

こんにちは、ヒデカズです。

昨日から急に英語の迷惑メールが増えました。
内容は全部“ビットコインでは忘れて、そのかわり違うコインを紹介します”とのこと。

メルアドのリストの売買は世界規模ですね。


さて、今回検証するのは、宮内としひで氏の「RISINGプロジェクト」です。

経歴を見るとやり手の実業家のようですが、その宮内氏のプロジェクトはどんな内容になっているのでしょうか。


【目次】
1. 「参加者全員、100%保証のカラクリ」を暴露!
2.時給1万円のカラクリを暴露!
3.コメントを書くと思わず参加したくなるカラクリを暴露!

risingproject


1. 「参加者全員、100%保証のカラクリ」を暴露!

宮内としひで氏の「RISINGプロジェクト」のタイトルには、
“参加者全員に最低時給1万円”
“最大時給100万円を100%保証する”
と書いてあります。

この2行の文章を読むと『このプロジェクトに参加すれば、全員が最低でも1時間1万円を稼ぐことを完全保証してくれている。そして、最大で時給100万円も稼ぐことができるのだ』と魅力的に思う人も多いと思います。

ですが、この2行はそれぞれ分かれています。
繋がっている文章だと思いがちですが、それぞれの文章を繋げる言葉は書いてありませんので、個別に検証する必要があるのです。

では1行目の“参加者全員に最低時給1万円”だけを見るとどうでしょうか。
『最低時給1万円を払う』とも受け取れますが、『最低時給1万円の可能性がある』とも受け取れます。
もしくは『最低時給1万円を目指す』というスローガンにも受け取ることもできます。

もちろん『保証する』とは書いていませんので、参加したからと言って無条件で全員が必ず最低でも時給1万円を貰えると受け取るのは難しいです。


次に2行目の “最大時給100万円を100%保証する” については、『全員に』とは書いていませんので条件があるかもしれません。

そもそも時給とは1時間単位で支給される給料の事ですから、その1時間の間に何をしなけらばよいのかを第1話では明かしてくれませんでした。

時給1万円受け取るためには、どのような労働をするのか、またどれくらいの資金を準備するのか、その具体的な内容や金額を今後しっかりと確認する必要があります。

それからここで100%保証すると書いてありますが、ちゃんと保証してもらうには宮内としひで氏と保証契約を結ぶ必要があります。
書面でもメールなどの電子的記録でも良いのですが、万が一最大時給100万円にならなかった場合は、そういった契約書を交わさないと法的に責任を問う事はできません。

過去のプロジェクトでもよくこの『保証』という言葉は登場しますし、実際、私が過去に購入した情報商材にも『保証』という言葉があったプロジェクトがありました。
ですが、参加後に実践して結果が出なくても、実際に利益が保証された事はありませんでした。

もしこのプロジェクトに参加されるのでしたら、どのような保証契約の内容なのかをしっかりと確認してから参加することが必要です。


2.時給1万円のカラクリを暴露!

宮内としひで氏は「RISINGプロジェクト」の中で、“最大時給100万円を手に入れる手順動画を見る”と書いておきながら、具体的な方法やビジネスモデルを明かしてくれませんでした。

投資やアフィリエイトではないという事なので、転売などの物販かもしれません。
時給というくらいなので、宮内氏の物販ビジネスの作業に何らかの関わりを持って給料を受け取るシステムなのかもしれません。

「RISINGプロジェクト」のビジネスモデルが何であるにせよ、給料=手取り ではありませんので、例え1時間働いて1万円の給料だったとしても、そこから何らかの引かれる金額が発生する可能性はあります。

それが税金だけなら良いのですが、会費や利用料、仕入れ代金などが発生しないのかどうか、つまりは手取りがいくらになるのかを確認する必要があります。


宮内としひで氏は「RISINGプロジェクト」の中で、“すべてのやり方を包み隠さずお話ししました。”と書いていますが、実際に時給1万円のやり方が分かった人はいるのでしょうか?

宮内としひで氏は7つの会社を経営する実業家ということなのですが、そうであれば言葉の重要性をわかっているはずです。
ちゃんと説明すると言っておきながら、全く内容が伝わってこない人と一緒にビジネスができるかどうか、よく考える必要がありそうです。


3.コメントを書くと思わず参加したくなるカラクリを暴露!

情報商材の販売手法であるプロダクトローンチは、商品を最初から売り込まずに時間をかけて視聴者を教育した後に売り抜く手法です。

毎回コメントを要求するのもその一環ですが、今回のコメントの質問内容は次の内容です。

“あなたが時給1万円になったとしたら月収いくら稼ぎたいですか?”


これを読んで『平日だけの20日間、1日2時間の隙間時間だけ働くとすると、それだけで月収40万円だ!』とご自分で具体的に計算して、コメント欄に月収40万円なんて書く人もいるかもしれません。

しかしながら先ほども説明したように、時給=手取りではありませんから例え時給1万円でも1日2時間の作業では月収40万円にならない可能性があります。

つまり、このようなコメントの答えを考えさせる事で、時給=手取りなのではないかという錯覚をする可能性もあるのです。


私の過去の経験から言わせてもらうと、コメントをしても全く意味がありませんでした。
よくコメントプレゼントをするプロジェクトもありますが、役に立ったプレゼントは皆無でした。

冷静な判断をするならコメントをする必要はありません。
コメントしなかったとしても損をすることはありませんし、プロジェクトの内容もちゃんと最後まで見せてくれます。

コメントはあくまでもプロダクトローンチの一環です。

人は一度決めたことをやり遂げようとする性質があります。
これを心理学では「一貫性の法則」と言いますが、コメントで具体的な数字を考えさせることで、この数字を達成させるにはこのプロジェクトに参加する必要があるのだと思ってしまうのです。


私は今、一緒に稼いでいける信頼できる仲間を募集しています。

副業で出来る、堅実に稼げて初心者でも成果を出しやすいビジネスを知りたい方は是非、ヒデカズまでご連絡ください。

また、副業に関する悩みや相談、気になる情報商材の検証依頼も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれませんので、お気軽にメールしてください。


【宮内としひで RISINGプロジェクト 関連記事】
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点

【職人おススメの参考記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
「情報商材の検証→アフィリエイト→情報商材」繰り返すな!
情報商材の批判記事を見ても私が買ってしまった理由とは?


ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

このページのトップヘ