ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

カテゴリ: 上坂 聡

ヒデカズです。


成田童夢氏がインタビュアーを行う
吉岡正志氏の「ALLIANCE(アライアンス)プロジェクト」を検証します。


【目次】
1.成田童夢氏がインタビュアーを行った商材の結末
2.完全思考停止状態で、月収100万円のカラクリ
3.「再現性100%」に隠されたカラクリを暴露


1.成田童夢氏がインタビュアーを行った商材の結末

吉岡正志氏の「ALLIANCE(アライアンス)プロジェクト」では
成田童夢氏がインタビュアーを行っていますので、
成田氏が登場しているだけで信用できる、
と思う人もいるかもしれません。


成田童夢氏は今年の2月に行われた、
上坂聡氏の「THE TIME PROJECT」でも
インタビュアーとして登場していました。


その際に私は、
3回にわたってプロジェクトの検証を行い、
かなりの危険性があることを書いてきました。


それから3ヶ月程が過ぎて、
上坂聡x成田童夢 の「THE TIME PROJECT」
は詐欺事件ともいえる深刻な状況になっています。


被害内容としては、
・送金した資産がアプリに反映されない。
・運営の応対が酷い。
・特典が送られてこない。
・コンテンツが送られてこない。
・サポートにメールをしても返信が来ない。
・サポートに電話をしても出なくなった。
・出金マニュアルが無い。
・セールスの電話がかかってくる。


といった声が寄せられています。
「THE TIME PROJECT 被害状況まとめ」より
https://hajihaji-lemon.com/bitcoin/the-time-project-current/


もちろん、皆さん返金を求めていますが、
誠実な対応は全くありません。


成田童夢氏にも批判の矛先が向けられていますが、
2018年3月8日号 の「週刊新潮」に
下記の記事があります。

「ただ所有するだけで資産が増える」と唱える、
仮想通貨関係の怪しいプロジェクトの説明動画に、
元スノボ選手の成田童夢の姿があった。

が、当の成田に聞くと、

「頼まれたから出ただけで、中身は知らない。
タレントは口に合わないラーメンでもおいしいと言うでしょう。
それと同じです」

デイリー新潮
「華原朋美」「成田童夢」も登場 仮想通貨「怪しいセミナー」にご用心 より引用
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/03120558/?all=1


と回答していました。


成田童夢氏は元オリンピック選手ではありますが、
今は1人のタレントです。


2016年12月にはテレビ番組「しくじり先生」に登場して、
自身がしくじった過去を暴露していました。


それなのに、先ほどの様な発言を平気で出来るのですから、
あまり反省していないようです。


頼まれたら、中身がどんな内容でもやる。
番組を盛り上げるためなら、
ウソをついてもいい、
視聴者をダマしてもいい、


という価値観の持ち主だと、
私は受け取りました。


2.完全思考停止状態で、月収100万円のカラクリ

吉岡正志氏の「ALLIANCE(アライアンス)プロジェクト」では、
“完全思考停止状態で最低月収100万円永久保証”
と大きく書いてあります。


これを見て、
何も努力せずに、ほったらかしで、
毎月100万円の収入が永久に保証されている、
と思う人が多いと思います。


吉岡正志氏の「ALLIANCE(アライアンス)プロジェクト」は
仮想通貨のプロジェクトですが、


ほったらかしの仮想通貨のプロジェクトと言えば、
・仮想通貨の自動売買
・ICO
・システムを使ったアービトラージ
といったものが考えらえます。


いずれにしても、投資ですので投資資金が事前に必要となります。


毎月100万円以上の収入をたたき出すには、
かなりの初期資金が必要です。


そして、どんな投資を行うのでも、
元本割れや、資金を失うリスクはあります。


リスクを全く説明しない商品やプロジェクトは、
ネットでもリアルなものであっても、
詐欺と言ってもいいほど危険なものです。


今後の動画で、しっかりとリスクを説明してくれるか、
そのリスクの中身と共に、
注意深く見ていく必要があります。


3.「再現性100%」に隠されたカラクリを暴露

吉岡正志氏の「ALLIANCE(アライアンス)プロジェクト」では、
「再現性100%」を謳っています。


過去の高額な情報商材の投資案件において、
「再現性100%」を謳った商材は多数ありましたが、
1つとして参加者全員が稼げたものはありません。


それでも詐欺事件として扱われないのは、
条件があるからです。


それが資金力です。


損失を出しても、資金を失っても、
それでもさらに投資を続けるだけの、
豊富な資金力さえあれば、
再現性100%だった、
と言われるのがほとんどのパターンです。


「再現性100%」と言われれば、
どんな人でも、どんな環境の人でも、資金力が無い人でも、
誰でも最低月収100万円が達成できる、
と思う人がほとんどだと思います。


しかし吉岡正志氏は、
最低月収100万円を達成するのに、
必要な資金や期間、といった条件を明示していません。


たとえ何カ月かかっても、
その間に、たとえ数百万円を失っても、
資金を追加し続け、やり続ければ、
それが出来る人なら誰でも、
そのうち月収100万円は達成できるはず、


というのが、
過去にあった高額プロジェクトの
「再現性100%」のカラクリです。


実際、メールアドレスを登録する、
プロジェクトの募集ページの最下部にある、
「特定商取引法に基づく表示」を見ると、
“本商品に示された表現や再現性には個人差があり
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。”

と、しっかりと明示しています。


吉岡正志氏が言う「再現性100%」の意味と、
一般的な常識を持った視聴者が受け取る「再現性100%」の意味は、
かけ離れていると言えるのです。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


私は、その事に気付くまでに、
たくさんのお金と時間を
高額塾や高額商材の為に失ってしまいました。


最初は少ないお金でも、
地に足をつけて堅実に稼ぐことが、
遠回りに見えても、
実は、一番早いお金の稼ぎ方だったと
今は実感することができています。


荒唐無稽な億万長者よりも、
堅実で確実な収入を目指すことの方が
私にとって必要だったことがわかりました。


収入は積み上げ式に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
堅実なビジネスを、地に足をつけて実践されることをおススメします。




【インタビュアー成田童夢 関連記事】

【副業 関連記事】
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
初めて副業で30万円達成!記念に初めて種子島に旅行しました!
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
妻から「ありがとう」と言われるようになりました
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
母子家庭だった私がサラリーマンを辞めて自営業を始めた理由
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!


ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp


※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

こんにちは、ヒデカズです。


成田童夢氏がインタビュアーで話題の
上坂聡氏の「THE TIME PROJECT」の検証の続きです。


以前の記事でも書きましたが、
成田童夢氏は、情報商材業界については素人です。
インタビュアーとして肝心の質問をしていません。


【目次】
1.アプリの利用規約に書かれた危険性
2.トレンドを作れても稼げない理由
3.リップルの過去の値上がり情報の意味


1.アプリの利用規約に書かれた危険性

上坂聡氏の「THE TIME PROJECT」アプリを、
私自身も検証しようとダウンロードまで行いました。


アプリのインストールをしようとして、
表示された「利用規約」を見ると、
アプリに登録した会員情報などを、
上坂聡氏が好きに利用出来て、
公開も出来ると書いてあります。


アプリの検証をしたかったのですが、
私の個人情報を上坂聡氏に自由に利用されるのは怖いので、
規約に同意できなくて、インストールを止めました。


情報商材業界では、どこに落とし穴を仕掛けているか
気を付ける必要があるのです。


アプリの利用ができませんので、
アプリストアのレビューを参考にしようと見ましたが、
デモなのに「資金が増えた」と
喜んで高評価をしている人が多いので、
レビューや評価にサクラがいる可能性もあります。


動画でも言っているように、
デモなので出金出来ませんし、
所詮はデモンストレーションなので、
実際の運用とは全く関係はありません。


アプリの利用規約をよく見ると、
第19条には「利用期間」という項目があります。


そこには、
本アプリの認証後のコンテンツは、
入会してから1年後までの期間、利用できるものとします。
と書いています。


2年目も利用するには費用が新たに発生するという事です。


手元にお金が入ってきて、
本当に稼ぐことが出来ていれば継続する価値はありますが、


更新のタイミングで、
運用中だから出金が出来ないと言われて、
2年目に持ち越すことになると、
追加費用が必要となります。


もし参加を考えているのなら、
2年目以降の更新費用などの経費を
しっかりと確認しなければなりません。


全く知らない人間に、自分の大切な資金を預ける
あらゆるリスクは考えられるだけ考えて質問し、
しっかりと検討する必要があります。


個人投資家に資金を預けたら、
連絡が取れなくなったいう事件は過去に何度も起きています。


投資家からお金を集めて、1つの大きな資金としてまとめ、
運用する金融商品として投資信託があります。


投資信託は元本が保証されていませんし、
その他のリスクや発生する手数料など、
あらゆるリスクが事前に明示されています。


ところが、上坂聡氏は運用リスクについて
一切説明していません。


2.トレンドを作れても稼げない理由

上坂聡氏は仮想通貨の草コインに
資金を大量投入する事によって
上昇トレンドを作ることが出来ると言っています。


これは「仕手」と言われる手法で、
仮想通貨の市場ではよく起こっています。


上坂聡氏が言う通り、仮想通貨の中には、
1コインが1円にも満たない草コインもありますから、
資金を大量に投入すれば、確かにチャート上の価格は上がります。


上坂聡氏はその値動きを見て、
他の投資家たちが参入してくると言っていますが、
「仕手」はよくある事ですので、
投資家たちは必ず「仕手」ではないかと疑います。


要人発言や、経済情勢などの
公の理由で値上がりしていれば
投資家たちが参入してくる可能性がありますが、
「仕手」であると判断されれば、
仕掛けられた側である投資家たちは、
そのトレンドに乗ってこない可能性があります。


リップルは確かに「仕手」の影響で上がったこともありましたが、
それでも上がり続けてきたのは、
リップル自体が利用価値が認められたコインだったからです。


無名の、価値がよくわからない草コインに、
資金を大量投入して一時的な価格をあげても、
それ以上に価格が上昇しなければ、
今度はそのコインを売って、
資金を取り戻す必要があります。


自分で価格を釣り上げた草コインを売ろうとしても、
価値が認められないのに高くなった、
そんな草コインを買う人はいません。


草コインに投入した資金は、
参加者全員から集めたお金ですので、
参加者は単に「資金」を
「草コインという資産」に変えただけです。


前回のブログで書いたように、
アプリに表示されているのは
「総資産額」だけです。


私はアプリをインストールしていないので
アプリの詳しい機能については確認できませんが、


アプリを既にインストールしている方は、
前回のブログで私が指摘した内容
・出金できる現金はいくらか
・仮想通貨は何を持っているか
・持っているコインの数と日本円換算した金額
を確認できるかどうかチェックする必要があります。


3.リップルの過去の値上がり情報の意味

上坂聡氏は何度かリップルの
値上がり情報が入ってきたことを例にして、
有力情報が入ってくると言っています。


私がもし、このような値上がり情報を得て、
その情報を元に利益を稼いだとしたら、
信じて欲しいからもっと具体的に、
事細かに実績を話します。


自分が得た情報を公開し、
その情報を元にどれだけの資金をつぎ込んでリップルを購入し、
その結果リップルの価格がいくらになって、
自分がいくら価格の時に売却して、
その結果、いくら稼ぐことが出来たのか、
を話します。


それは自分がやっている仕事を信じて欲しいからです。


上坂聡氏のように動画に顔出しで登場するくらいなら、
自己顕示欲が強いはずですので、
本当に稼げたのなら、
あらゆる資料を用意して自慢するのが当然です。


ところが、上坂聡氏は具体的な実績を全く公表せずに、
何の根拠も信ぴょう性もない可能性ばかりを強調しています。


そんな上っ面の情報を元に、
大切なお金を預けることが出来るかどうか、
しっかりと冷静に検討する必要があります。


稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


私は、その事に気付くまでに、
たくさんのお金と時間を
高額塾や高額商材の為に失ってしまいました。


最初は少ないお金でも、
地に足をつけて堅実に稼ぐことが、
遠回りに見えても、
実は、一番早いお金の稼ぎ方だったと
今は実感することができています。


荒唐無稽な億万長者よりも、
堅実で確実な収入を目指すことの方が
私にとって必要だったことがわかりました。


収入は積み上げ式に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
堅実なビジネスを、地に足をつけて実践されることをおススメします。



【上坂聡×成田童夢プロジェクト 関連記事】
成田童夢よりプロの私が検証 上坂聡 THE TIME PROJECT
上坂聡×成田童夢 THE TIME PROJECT アプリで資金運用する危険性


【職人ヒデカズおススメの参考記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
「情報商材の検証→アフィリエイト→情報商材」繰り返すな!
情報商材の批判記事を見ても私が買ってしまった理由とは?
母子家庭だった私がサラリーマンを辞めて自営業を始めた理由
自営業の私がイクメンになって気付いた副業の必要性とは
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
妻から言われた「ありがとう」の理由
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果



ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp


※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

こんにちは、ヒデカズです。


成田童夢氏がインタビュアーで話題の
上坂聡氏の「THE TIME PROJECT」が第4話まで進みました。


話が進むにつれて、
期待感どころか不信感が高まっています。


それどころか危険な匂いもしています。
その理由を明かしていきます。


【目次】
1.結局明かされない本当の実績 
2.アプリに資金を預けることの危険性
3.アプリに表示されている「資産」とは


1.結局明かされない本当の実績

上坂聡氏の「THE TIME PROJECT」の第2話では、
すでにアプリを利用している人たちの声として、
どれくらい稼げているかを紹介していました。


ですが、稼いでいると言って見せたのは
全員アプリの「あなたの総資産額」だけでした。


前回の記事でも書きましたが、
実績として必要なのは、
改ざんしていない実際の取引所の履歴です。


①いつ、いくらの資金で、どの仮想通貨を買ったのか?
②その後その仮想通貨の値段はいくらになって
③いつ決済をして、結果いくらの利益が出たのか?
を確認することが出来ていません。


アプリの画面を見ると、
全員から集めた「プロジェクト総資産額」と
参加者の資金である「あなたの総資産額」
の表示があります。


第3話の上坂聡氏の説明を聞くと、
参加者から資金を集めて、
全部まとめて一緒に運用していますので、
上坂聡氏なら取引所の履歴は公開できるはずです。


自分が資金を出していると考えると、
具体的にどう取引されたか気になりますが、
動画に登場した人たちも、
誰一人として途中経過の事を話しませんでした。


2.アプリに資金を預けることの危険性

上坂聡氏はアプリを通して資金を預けるように言っています。


預けた資金がどのように運用されるか明確にしていませんし、
元本がどうなるか言っていません。


元本を保証してくれるのか、
それとも元本割れするリスクがあるのか、
について言及していません。


参加者の大切な資金を集めておいて、
どう運用するのか、
投資を行う者なら当然明らかにする必要があります。


「THE TIME PROJECT」アプリで資産運用した結果、
アプリ上では資産が増えたとしても、
出金して、自分の銀行に着金して、
それで初めて稼いだと言えます。


上坂聡氏は、いつでも出金できると言っていましたが、
いつから出金できるか、
いくらから出金できるか、
手数料はいくらか、
着金までに何日かかるか、
どこの銀行でも対応しているのか、
といった点を確認しておく必要があります。


アプリで参加者から集めた資金を
海外の口座に資金を入れている場合、
出金できる金額に制限があったり、
手数料が高額だったり、
着金するまでに何日もかかる、
といったトラブルは過去にも何度も起こっています。


全員の資金をまとめて運用しているという事は、
運用途中に自分の必要資金だけを出金する
ということが難しい可能性もあります。


預けた資金は365日24時間運用するとも言っていますので、
資金運用するにあたって、
仮想通貨のFXも行う可能性があります。


FX会社によっては、
ポジション保有中の出金が出来ないところもあります。


上坂聡氏はシステムの説明で
半年後に資金が30倍になると言っていますので、
半年間は資金を引き出せない可能性もあります。


3.アプリに表示されている「資産」とは

「THE TIME PROJECT」アプリの画面を見ると、
『プロジェクト総資産額』『あなたの総資産額』と表示されています。


総資産額であって、「総資金額」とは表示されていません。


日本の代表的な仮想通貨取引所である
bitFlyer(ビットフライヤー)にログインすると、
まず初めに個人の資産状況が表示されています。


資産ですので、内訳も表示されています。
日本円はいくらあるかが確認できますし、
ビットコインなどの仮想通貨については、
どれだけのコインを持っていて、
日本円換算すると今の相場でいくら分持っている、
という事が一目で確認できます。


「THE TIME PROJECT」アプリに表示されている金額が、
「資金」ならお金ですが、「資産」と表示されていますから、
お金以外の仮想通貨も含まれます。


アプリ上では資産が増えたとしても、
その資産の内訳がアプリで確認できないのでは、


自分がどんな仮想通貨を持っていて、
その仮想通貨にいくらの価値があって、
そして、現金はいくら持っているか、
がわからないままです。


現金がいくら存在するかわからなければ、
いくら出金できるかを把握することが出来ません。


まだまだ気になる点がありますので、
次回のブログで続きを書きます。


稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


私は、その事に気付くまでに、
たくさんのお金と時間を
高額塾や高額商材の為に失ってしまいました。


最初は少ないお金でも、
地に足をつけて堅実に稼ぐことが、
遠回りに見えても、
実は、一番早いお金の稼ぎ方だったと
今は実感することができています。


荒唐無稽な億万長者よりも、
堅実で確実な収入を目指すことの方が
私にとって必要だったことがわかりました。


収入は積み上げ式に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
堅実なビジネスを、地に足をつけて実践されることをおススメします。



【上坂聡×成田童夢プロジェクト 関連記事】
成田童夢よりプロの私が検証 上坂聡 THE TIME PROJECT
上坂聡×成田童夢 THE TIME PROJECT アプリ利用の落とし穴を暴露



【職人ヒデカズおススメの参考記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
「情報商材の検証→アフィリエイト→情報商材」繰り返すな!
情報商材の批判記事を見ても私が買ってしまった理由とは?
母子家庭だった私がサラリーマンを辞めて自営業を始めた理由
自営業の私がイクメンになって気付いた副業の必要性とは
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
妻から言われた「ありがとう」の理由
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果



ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp


※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

こんにちは、ヒデカズです。

元オリンピック日本代表の成田童夢氏がインタビュアーになった
上坂聡氏の「THE TIME PROJECT」が始まりました。

仮想通貨の情報商材になりますので、
しっかりと検証していきます。


【目次】
1. 私が成田童夢氏よりプロフェッショナルの理由
2.全く参考にならないプロジェクトの実績
3.上坂聡氏の「宣誓」に隠されたカラクリ


1. 私が成田童夢氏よりプロフェッショナルの理由

上坂聡氏の「THE TIME PROJECT」では、
元スノーボード選手であり、
元オリンピック日本代表であり、
そして今はタレントの
成田童夢氏がインタビュアーとなっています。


現在、2018平昌オリンピック開催中とあって、
成田童夢氏も解説としてテレビに登場したりしています。


数年前にもテレビ番組の
反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』
に登場して過去の失敗談を明かしてくれました。


テレビにも登場している有名人が登場すると、
それだけで安心感を持ち、
『あの人が関わっているのだから安心だし期待できる』
と思う人も多いと思います。


ですが、芸能人や著名人が、
情報商材のプロジェクトに登場する事は
珍しい事ではありません。


過去にも著名人が販売者となったり、
応援者として登場したりした情報商材はありましたが、
残念ながら稼げたという報告は受けていません。


成田童夢氏は今はタレントとして活動していますが、
情報商材の業界では素人です。


成田童夢氏が、今回の上坂聡氏のプロジェクトについて、
収益性や再現性、
デメリットやリスクなど
きちんと詳細に知らされていない場合、


甘い言葉につられて、稼げない情報商材を
次々と買っていく人が後を絶たないように、


成田童夢氏も情報商材のカラクリに気付かずに、
本当に驚いて、期待感を持って
インタビュアーとなっている可能性があります。


事実、過去の巨額詐欺事件において
芸能人がよく知らないままに広告塔になって
その影響で多数の被害者を出した、
という事が何度もありました。


私は過去に情報商材をたくさん購入してきて、
多額の制作費や宣伝費をかけてプロジェクトを行う、
情報商材では稼げなかったことを知っています。


情報商材ビジネスのカラクリや裏事情まで、
メンターに教わってきたおかげで、
情報商材プロジェクトにおいて
気を付けるべきポイントや、
確認すべきポイントがわかっています。


成田童夢氏には、私のような情報商材への経験も
スキルもありませんから、
情報商材を見る目においては、
私は彼よりプロフェッショナルと言えます。


従いまして、
例え今後のプロジェクトにおいて成田童夢氏が
どれだけ今回の上坂聡氏のプロジェクトに
可能性を感じて、薦めてきたとしても
アマチュアの意見ですので参考にはなりません。


「成田童夢氏が言ったから。」
という言い訳をしないためにも、
冷静にしっかりと自分の目で検証する必要があるのです。


2.全く参考にならないプロジェクトの実績

上坂聡氏は「THE TIME PROJECT」の実績として、
アプリ内のプロジェクト総資産額を見せています。


上坂聡氏は、仮想通貨の情報が集まってくるドバイから
仮想通貨の値上がり情報を得て稼いだと言っています。


「仮想通貨が値上がりしたから稼いだ。」
というのは『結果』ですので、
後出しジャンケンですから誰にでも言えます。


英語のメール文面を公開していますが、
後から作ることは出来ますから、
信ぴょう性は全くありません。


実績として必要なのは、
①いつどのような情報が、どこから入ってきて
②その情報を元に、いつ、いくらの資金で、どの仮想通貨を買ったのか?
③その後その仮想通貨の値段はいくらになって
④いつ決済をして、結果いくらの利益が出たのか?

という細かい情報です。


①については、現時点では具体的に明かせないかもしれませんが、
②~④については、取引所の取引履歴を見せる事によって確認できます。


今後、過去の参加者が登場したり、
プロジェクトが進んでいくにつれて、
上の①~④の実績について
明快に証拠を見せてくれるのか、
しっかりと確認する必要があります。


第1話で上坂聡氏が見せたように、
独自のアプリ上の現在の残高だけしか、
実績として公開されないのであれば、


それは第三者によるデータではありませんから、
とても信ぴょう性があるとは言えません。


3.上坂聡氏の「宣誓」に隠されたカラクリ

上坂聡氏は「THE TIME PROJECT」のページに、
「宣誓」として、
“私はあなたから1円も頂きません”
と書いています。


この様な言葉は、過去の情報商材でも何度もありました。


そのうち、結果最悪だったのは、
視聴者に魅力的なプロジェクトと思わせてから、
最後には色々と理由をつけて、
結局は参加費を集めたプロジェクトがありました。


また、先日あった泉忠司氏のノアコインプロジェクトの様に、
泉忠司氏本人にはお金を支払わないけど、
ノアコインプロジェクトにはお金を払うという
パターンもありました。


上坂聡氏は「宣誓」の中で、
・プロジェクトの参加費
・塾やスクールなど
・ツールの販売
を販売することは一切ありません。


とも書いています。


アプリの利用料や、情報を得るための費用と称して、
毎月の会費が発生する可能性はあり得ます。


上坂聡氏の「THE TIME PROJECT」の詳細については、
今後の動画で引き続き検証していきますが、


仮想通貨のこれまでにあった様な
暴騰や暴落といった現象は、
仮想通貨の市場が今はまだ小さく、
流動性が低い為に起きています。


今後、仮想通貨の市場が大きくなってきて、
参入者がどんどん増えていけば、
今までの様な、価格の大きな動きは無くなっていきますし、
「仕手」と言われるインサイダー情報も頼りに出来なくなります。


例えこれから「THE TIME PROJECT」の実績が、
信頼性のあるものが公開されて、
上坂聡氏が言う情報に、
ある程度の期待が出来るようになったとしても、
将来性は無いと言わざるを得ません。


いずれにしても、仮想通貨の投資にはリスクがあります。
ハイリスクな投資で一攫千金を狙うより、
堅実なビジネスで確実な収入を目指す事が、
将来的には必要だと思います。



最初は少ないお金でも、
地に足をつけて堅実に稼ぐことが、
遠回りに見えても、
実は、一番早いお金の稼ぎ方だったと
私は今、実感することができています。


収入は積み上げ式に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
堅実なビジネスを、地に足をつけて実践されることをおススメします。



【上坂聡×成田童夢プロジェクト 関連記事】

【職人ヒデカズおススメの参考記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
「情報商材の検証→アフィリエイト→情報商材」繰り返すな!
情報商材の批判記事を見ても私が買ってしまった理由とは?
母子家庭だった私がサラリーマンを辞めて自営業を始めた理由
自営業の私がイクメンになって気付いた副業の必要性とは
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
妻から言われた「ありがとう」の理由
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態



ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp


※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

このページのトップヘ