ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

カテゴリ: 滝川准士

こんにちは、ヒデカズです。


滝川准士氏が仕掛けている「エクスチェンジ・アンバサダー」について、
過去2回にわたって書いてきましたが、
まだまだ気になる点があります。


滝川氏は、夢をたくさん語っています。
それぞれの夢の可能性を探っていくとわかる、
突っ込み所と、その危険性を暴露します。


【目次】
1.100通貨以上の取り扱いの可能性について
2.ポイントサービスの実現性は?
3.マイニングプログラム参加のメリットは?
4.5つの取引所に上場が決まっている話の信ぴょう性


1.100通貨以上の取り扱いの可能性について

滝川准士氏は、「AIE取引所」では
100通貨以上の取り扱いを予定と言っています。


予定は未定であり、滝川氏の希望です。


それでも、世界中には千種類以上の仮想通貨があると言われていて、
その中には上場先が決まらずに困っているコインがありますから、
何でもよければ、100通貨以上の取り扱いは可能です。


また、有名なコインが含まれているとしても、
いつまでに100通貨以上にする、
とは言っていませんから、
あくまでも滝川氏の夢である可能性があるのです。


2.ポイントサービスの実現性は?

滝川准士氏は、デビットカードを発行し、
さらにポイントサービスを付けて、
Amazon、Tポイント、楽天などのポイントと、
交換ができるようにする、
さらには、担当者と話が進んでいると言っています。


まだ現実に存在しないポイントとの提携について、
これらの企業が相手にするか、
かなり疑わしい話です。


何の実態も実績もない、
今のところは“架空のポイント”ですから、
本当にこれらの企業と話ができたとしても、
「ただ夢を語っただけ」
という可能性もあります。


それでも視聴者に良い印象を持ってもらうように、
“進んでいる”
という表現を使う事はよくありますので、
実際にどの程度の進捗状況なのか、
確認していく必要があります。


3.マイニングプログラム参加のメリットは?

滝川准士氏は、仮想通貨のマイニングファームを
作ってきたと言っていますが、
本当に作ったのか?どこに作ったのか?
どれくらいの規模なのか?
といった点は解説していません。


マイニング事業は世界中で注目されている投資です。
国によっては政府が全面協力している例もあります。


ロシア政府はマイニング事情に対して助成金を出し、
本格的にマイニング事業に取り組んでいますし、


日本でも、DMM.comやGMOインターネット、
SBIホールディングスといった名だたるIT企業が、
多額の投資を行ってマイニング事業への参入を行っています。


GMOは仮想通貨マイニング事業に、
総額100億円の投資を発表しています。


そして、すでに世界最大規模のマイニング工場を持つ、
中国の企業もいます。


滝川准士氏からは、
マイニングファームの規模や、
マイニング能力について
何の説明もありませんから、
これらの国や企業とも
太刀打ちできるかが確認できません。


太刀打ちできない程度の規模のマイニングファームだとしたら、
マイニングに期待することは難しいと言えます。


4.5つの取引所に上場が決まっている話の信ぴょう性

「エクスチェンジ・アンバサダー」のサイトでは、
『AIEトークンは、すでに5つの取引所に上場が決まっている』
と、明記しています。


具体的にどこの取引所かは明かされていませんが、
それらの取引所が、AIEトークンについて、
上場を決める理由が不明確です。


「AIEトークン」について、サイトや動画で説明されているのは、

人事・教育・EC市場を始めとしたあらゆるジャンルで
注目を集めている「行動特性」のビッグデータを
AIによって集積する技術が含まれる。

という事だけです。


取引所の上場の審査基準は、取引所により異なりますが、
例えば、最大手のバイナンスでは、
下記の内容の条件が公表されています。


●良いコインの条件
・ユーザーが多い
・製品の実績がある
・よく知られたチーム

●好まないコインの条件
・大規模なICO
・約束を守らない(ロードマップをあまりにも調整しない)

●禁止していること
・公的に価格の予測をする事
・許可なくバイナンスの名前を使用する事
・取引返し前にバイナンスに上場することを明らかにする事


このバイナンスの条件を見ると、
「AIEトークン」は少なくともバイナンスへの上場はあり得ません。


AIEトークンは、
公式サイトもありませんし、
ホワイトペーパーがあるのかも不明で、
開発チームについても説明がありません。


もちろん、何の実績も無いコインです。


その様な、「よくわからない」コインの上場を決める取引所とは、
どんな取引所なのか、本当に上場を決めているのか、
非常に疑わしいです。


滝川准士氏の夢は素晴らしいと思いますし、
そんな取引所が本当にできたらいいと思いますが、


理想が大きすぎる割には、
その理想を叶える可能性や実現性について、
具体的な計画や、予算、人材などの説明がありません。


モンゴルの要人と、どれだけ繋がりがあっても、
その方たちが、取引所やマイニングファームなどについて、
どれだけの内容を聞かされているかは不明です。


取引所の収益は、国(モンゴル)の大切な税金の元になりますが、
その収益の大半を日本人に分配されることを、
モンゴルの政府関係者が聞かされているのか、
非常に疑問に感じます。


取引所に問題がある場合、
政府が規制をかけるのは簡単です。


そうなると、AIEトークンも、取引所のトークンも暴落し、
最悪、無価値になります。


いくら素晴らしい夢でも、
滝川准士氏の「エクスチェンジ・アンバサダー」には、
あいまいな点や、不明な点、疑わしい点が満載で、
実現性を感じることができません。


実現性が感じられない限りは、
投資の対象とすることには大きなリスクがあります。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


私は、その事に気付くまでに、
たくさんのお金と時間を
高額塾や高額商材の為に失ってしまいました。


最初は少ないお金でも、
地に足をつけて堅実に稼ぐことが、
遠回りに見えても、
実は、一番早いお金の稼ぎ方だったと
今は実感することができています。


荒唐無稽な億万長者よりも、
堅実で確実な収入を目指すことの方が
私にとって必要だったことがわかりました。


収入は積み上げ式に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
堅実なビジネスを、地に足をつけて実践されることをおススメします。



【滝川准士 関連記事】
滝川准士 エクスチェンジ・アンバサダー① モンゴル仮想通貨取引所の期待値を検証

滝川准士 エクスチェンジ・アンバサダー② 投資対象としての魅力を探る


【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと


【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
妻から「ありがとう」と言われるようになりました
初めて副業で30万円達成!記念に初めて種子島に旅行しました!


ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp


※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

こんにちは、ヒデカズです。


滝川准士氏が仕掛けている「エクスチェンジ・アンバサダー」
第3話まで公開されましたので、
前回の記事に引き続き、
さらに深く検証していきます。


【目次】
1.AIE取引所は投資対象になるのか?
2.AIE取引所のAIは使えるのか?
3.エクスチェンジ・アンバサダーになるリスク


1.AIE取引所は投資対象になるのか?

滝川准士氏が開設しようとしている取引所「AIE取引所」は、
“実現すれば”世界初のAI取引所となります。


一人一人にAIアバターがついて、
トレードについてのアドバイスをしてくれるようです。


そのAIアバターについてですが、
すでに完成しているのか、
まだ途中なのか、
それともまだ構想段階なのか、
いずれの可能性もあります。


通常、すでにAIの開発が進んでいるのであれば、
どれだけの資金をかけて、
どれだけの人材を使って、
いつから開発を進めていて、
いつ頃から試験運用ができて、
いつから本格稼働ができる予定、


といった開発状況について説明するものです。


特に「AIE取引所」にとっては、
このAIアバターは一番の“売り”になりますから、
どれだけの時間とお金と人材を投資している、
という点を内外に積極的にアピールする事が、
取引所の成功につながります。


滝川准士氏はこれらの点について、
何も説明をしていません。


まだ構想段階である可能性が高いと言えます。


いずれはアバターをホログラム化したい、
なんて言っていましたが、
それ以前の段階です。


目玉である「AI」の実力が未知数では、
投資の対象とすることは難しいと言えます。


2.AIE取引所のAIは使えるのか?

AIE取引所のAIについて、
一口にAIと言っても、
家電についているような簡易なAIもあれば、
将棋や囲碁などに使われる高度なAIもあります。


市場を分析してアドバイスをするほどのAIとなると、
かなり高度なAIですから、
開発には相当な投資が必要です。


滝川准士氏は「AIE取引所」の運営開始を、
来年(2019年)5月と言っていますから、
あと1年ほどしかありません。


もし、まだ構想段階で、
今から開発を始めるつもりなら、
とてもまともなAIアバターが作れるとは考えられません。


世界的に今、AIエンジニアは深刻な人材不足の状況です。
海外ではAIエンジニアの年収が数千万円以上になることも多く、
優秀な人材によっては年収1億円以上となっています。


1人や2人のエンジニアでは、
とても間に合いませんから、
数億円の費用をかけて、多くのエンジニアを使う必要があります。


例えば、「エクスチェンジ・アンバサダー」への参加費が30万円の場合、
本当に500名だけしか参加できないのであれば、
1億5千万円しか集まりませんから、
まともなAIを開発する費用としては少なすぎます。


滝川准士氏は「AIE取引所」の進行状況について、
しっかりと説明する必要があります。


3.エクスチェンジ・アンバサダーになるリスク

滝川准士氏はICOについて、
『応援したくなるような
企業・事業への投資』
と大きな字幕付きで力説しています。


エクスチェンジ・アンバサダーの本当の目的は、
滝川准士氏のこれからの夢を聞いて、
その夢を応援する人を募集するプロジェクトと言えます。


それはまるでクラウドファンディングのように、
まずは出資金を集めておいてから、
ある程度資金が集まってから、
夢の計画をスタートするという内容です。


現実にある程度、事業が進んでいるのであれば出資する理由がありますが、
まだ何も進んでいない状況なのに出資するのは、
非常にリスクが高いと言えます。


まだまだ、さらに危険性を感じる要素がありますので、
次回の記事で暴露します。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


私は、その事に気付くまでに、
たくさんのお金と時間を
高額塾や高額商材の為に失ってしまいました。


最初は少ないお金でも、
地に足をつけて堅実に稼ぐことが、
遠回りに見えても、
実は、一番早いお金の稼ぎ方だったと
今は実感することができています。


荒唐無稽な億万長者よりも、
堅実で確実な収入を目指すことの方が
私にとって必要だったことがわかりました。


収入は積み上げ式に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
堅実なビジネスを、地に足をつけて実践されることをおススメします。



【滝川准士 関連記事】
滝川准士 エクスチェンジ・アンバサダー① モンゴル仮想通貨取引所の期待値を検証

エクスチェンジ・アンバサダー③ 滝川准士 夢想家の暴走か?


【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと


【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
妻から「ありがとう」と言われるようになりました
初めて副業で30万円達成!記念に初めて種子島に旅行しました!


ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp


※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

ヒデカズです。


自称“ICOコンサルタント”の
滝川准士氏が始めたプロジェクト
「エクスチェンジ・アンバサダー」
について検証します。


【目次】
1. 取引所の数百億円の利益分配の可能性について
2.取引所が利益分配することの危険性
3. 上場確定済み100倍ICOのカラクリ
4.100倍達成へのハードル


1.取引所の数百億円の利益分配の可能性について

滝川准士氏はモンゴルに仮想通貨の取引所を作る、
と言っています。


さらにその取引所「AIE取引所」は
モンゴルの政財界が全面的にバックアップしてくれる、
とも言っています。


以前、泉忠司氏がプロモーションを行ったノアコインも、
フィリピンの政財界が関わっていると言っていましたが、
数か月後には虚言であることが判明しました。


その様な過去をご存じの方からすれば、
今回の滝川准士氏が始めたプロジェクトが、
本当にモンゴルの政財界が全面的にバックアップしてくれているか、
気になると思います。


ですが、滝川准士氏がモンゴルに作るという仮想通貨の取引所が、
モンゴル政府のバックアップを受けていても、
たとえモンゴル政府が全く関係していなくても、


その仮想通貨の取引所「AIE取引所」が、
数百億円の利益を毎年生み出すほどの、
取引高が大きな取引所になるか、
というポイントが重要です。


動画の中で、登場した日本の取引所「コインチェック」にしても、
別に日本の政府が関わったわけではありません。


それでもあれだけ大きな取引量を誇る取引所になったのは、
取扱っている仮想通貨の種類が豊富だったことや、
店舗での決済手段を提供したり、
積極的な広告宣伝を行ったりして、
取引量が多くなるための企業努力を行ったからです。


滝川准士氏の構想にある『AIE取引所』が
数百億円の利益をどうやって出すのか、
その根拠をしっかりと確認する必要があります。


つまり、
・どの仮想通貨を取り扱うのか、
・どれだけの取引量を目指すのか、
・その為にどのような企業努力を行うのか、
・そして、数百億円の利益はいつ生み出されるのか?


さらには、それだけの規模の取引所にするために、
どのような人材を入れて、
どのようなセキュリティ対策を行うのか、


といった、具体的な計画を説明してもらう必要があります。


2.取引所が利益分配することの危険性

滝川准士氏は「エクスチェンジ・アンバサダー」になれば、
『AIE取引所』の利益を分配されて受け取れると言っています。


滝川准士氏の説明を聞いて、
「AIE取引所で出た利益を全額分配してくれる、
と思っている人もいるかもしれませんが、
取引所には人件費やセキュリティ対策費など、
多額の必要経費があります。


そのような必要経費以外が利益となりますが、
「エクスチェンジ・アンバサダー」にその利益を全部分配してしまうと、
取引所の内部留保が無くなってしまいます。


内部留保の蓄積は、
企業活動の更なる拡大を担う重要な源泉となっています。


またシステムの改善や、セキュリティの強化など、
仮想通貨の取引所には、絶え間ない改善が要求されます。


その様な対策のための資金として、
多額の内部留保は必ず必要です。


滝川准士氏の説明では、
まるで内部留保は行わずに、
利益のほとんどを分配するような事を言っています。


内部留保を行わずに、利益分配を積極的に行っている企業は、
とても良心的でいい企業に見えますが、
将来性や緊急時の対応能力に不安を感じます。


3. 上場確定済み100倍ICOのカラクリ

滝川准士氏は今年の夏にICOを行うという、
「AIEトークン」について、
10倍になると言っています。


ですが、動画の中で滝川氏は「AIEトークン」を、
“特別な価格でお渡しします”
“出来レース”
と言っていることから、


上場時の価格の、10分の1の価格で販売する、
という意味であると考えられます。


松宮義仁氏が何度も行っている
NAGEZENIプロジェクトで”30倍確定”
と言っているのと同じ手法です。


さらに、滝川氏は「AIEトークン」について、
上場が確定していると言っています。


『上位』取引所への上場を考えている、
とは言っていますが、
考えているだけで、
別に『上位』の取引所への上場が確定している、
とは言っていません。


つまり上場が確定しているのは、
「AIE取引所」の事であると考えられます。


自社コインを上場させるのは、自前の取引所なら当然に出来ます。


結局、滝川准士氏が言う、
“上場確定済み100倍ICO”のカラクリは、


エクスチェンジ・アンバサダーに参加した人は、
まずは滝川准士氏が最初に用意するAIEトークンをICOで購入し、


そのトークンは「AIE取引所」に上場する際には、
購入時の10倍の価格をつけて上場されるので、
すぐにそのコインを売却して、


その資金を全て「取引所トークン」の購入に使い、
いつか10倍になるのをひたすら待つ、
という流れです。


4.100倍達成へのハードル

「エクスチェンジ・アンバサダー」になって、
ICOで資金を100倍にするためには、
2つの大きなハードルがあります。


①1つ目のハードル

「AIEトークン」が当初の購入価格の10倍の価格で上場された際に、
10倍の価格で売り抜けることが出来るのか、
という懸念があります。


500名の「エクスチェンジ・アンバサダー」が一斉に売りに出しますが、
売りに出した「AIEコイン」を購入する人がいなければ、
取引は成立しませんし、
想定外の安値で売るしかなくなるかもしれません。


「AIEコイン」を市場が欲しいと思うような、
コインの必要性や社会性があるのか、
宣伝活動は十分になされるのか、
といった「AIEコイン」についての説明が必要です。


②2つ目のハードル

「AIEコイン」を売り抜いたら、
今度は「取引所トークン」を購入する必要があります。


その「取引所トークン」についても、
先ほどの「AIEコイン」と同様の説明が必要です。


「取引所トークン」については、
価格は市場が決めますから、
10倍になるという根拠や、
その時期についても、
しっかりと説明してもらう必要があります。


次回の動画では、モンゴルの要人が登場するようですが、
一番重要なのは、取引所の中身とICOされるコインの中身です。


これらへの説明や計画が、
しっかりとされるのかどうか、
よく確認してから参加を検討するべきです。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


私は、その事に気付くまでに、
たくさんのお金と時間を
高額塾や高額商材の為に失ってしまいました。


最初は少ないお金でも、
地に足をつけて堅実に稼ぐことが、
遠回りに見えても、
実は、一番早いお金の稼ぎ方だったと
今は実感することができています。


荒唐無稽な億万長者よりも、
堅実で確実な収入を目指すことの方が
私にとって必要だったことがわかりました。


収入は積み上げ式に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
堅実なビジネスを、地に足をつけて実践されることをおススメします。



【滝川准士 関連記事】
滝川准士 エクスチェンジ・アンバサダー② 投資対象としての魅力を探る
エクスチェンジ・アンバサダー③ 滝川准士 夢想家の暴走か?


【仮想通貨 関連記事】
情報商材の危険なICOプロジェクトの見分け方


【副業 関連記事】
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
初めて副業で30万円達成!記念に初めて種子島に旅行しました!
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
妻から「ありがとう」と言われるようになりました
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
母子家庭だった私がサラリーマンを辞めて自営業を始めた理由
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!


ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp


※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

このページのトップヘ