こんにちは、ヒデカズです。


小倉ともゆき氏が「オタ楽天売セミナー」
セミナー参加者を募集しています。


「オタ楽天売」はオークションサイトのebayを利用して
無在庫転売を行うビジネスですが、
自営業の私も自分の商品を海外販売するために
ebay輸出を試したことがあります。


その為に過去数々のセミナーも受講しましたし、
ebayの販売ツールの開発者とも知り合いになっていて、
色々と裏事情も聞いてきました。


また、今も海外で売れそうな商品を見つけると、
たまにebayを利用しています。


そんな私だからお伝えできる、
小倉ともゆき氏の「オタ楽天売セミナー」では、
誰もが1年で年収3000万円は稼げない、
と言える裏事情を暴露します。


【目次】
1.セミナー参加の落とし穴を暴露!
2.ツールに頼ると稼げない理由を明かします
3.作業を外注化するデメリットとは
4. ebayビジネスの驚異の脱落率を暴露
5.過去に売れた商品では稼げないと言える理由とは


1. セミナー参加の落とし穴を暴露!

小倉ともゆき氏の「オタ楽天売セミナー」では、
まずはセミナーへの参加登録をさせることで
購入者を獲得しようとしています。


つまりセミナーを受講しに行かなければ
詳細は明かしてくれません。


大切な時間を使うのですから、
行く価値があるのかどうか、
事前にしっかりと見極める必要があります。


実際、過去の私も平日の昼間に新幹線を使って
博多までセミナーを聞きに行って、
ガッカリして帰ってきたことが何度もありました。


実際に会って話をするんだから、
よっぽど自信のある優良な商材なのではないか
と期待して行ったのに、
結局は過去の実績を話して高額塾の案内があっただけ。


おまけに質問をしようにも、
その前の説明が長くて質問の時間が無くなり、
“質問がある人はセミナー終了後に個別に問い合わせてください”
というパターンばかりでした。


そんなことが何度もあると、
余計な質問をされると買う気になっている人の気持ちが失せるので、
それを防ぐ作戦と私は受け取りました。


セミナーに参加すると、その場の雰囲気で、
ついつい入会したり、購入してしまう人も多いので、
注意する必要があります。


2. ツールに頼ると稼げない理由を明かします

小倉ともゆき氏の「オタ楽天売セミナー」では、
“10万円の利益の商品なんて、
当たり前のようにあるので、
非常に簡単に稼げます。”
と書いています。


さらに、
あるプラットフォームを使うことで
このありえない利益を、量産することが可能となっています。

と書いてありますから、
リサーチツールを使うことが予想されます。


利益率の高い商品を探すリサーチツールは、
一見便利そうに見えますが、
残念ながらツールだけでは稼げません。


同じツールを同じ様に数百人が使えば、
同じ様なリサーチ結果となりますから、
たちまち飽和してしまい、
価格競争になってしまいます。


さらに、無在庫転売を行うので、
売れてから仕入れる事になります。


ようやく売れた時には、
同じツールを使った他の人に先に買われて、
売り切れている可能性があります。


そんな時は、例え高額でも、
他の手段で仕入れる必要がありますから、
利益率が激落ちする可能性もあるのです。


転売ビジネスにおいて、
一番必要なスキルがリサーチ力です。


リサーチ力がある人は、同じツールを使っても、
他の人とは違う商品を見つけることができます。


逆に、リサーチ力が無い人がツールに頼ろうとすると、
先ほどお伝えした、価格競争や在庫切れ、
などのリスクを抱え込む結果となります。


3.作業を外注化するデメリットとは

小倉ともゆき氏は、サイトの中で
“作業は99%外注化”
と明記しています。


転売ビジネスにおける作業とは、
①商品リサーチ
②商品仕入れ
③商品の出品
④商品と販売サイトの管理
⑤受注後の梱包・発送
⑥代金の回収
⑦質問や要望、トラブルなどへの個別対応

といったものが挙げられます。


これらを全て外注すれば、
それは確かに楽ですが、
それだけ費用が発生します。


外注費はそのまま利益を圧迫しますから、
十分な売り上げを出すことができて、
十分な利益を生むことができるまでは、
外注をするべきではありません。


それまでは、自分で地道に、
先に挙げた作業の1つ1つを、
こなしていく必要があるのです。


4. ebayビジネスの驚異の脱落率を暴露

小倉ともゆき氏の「オタ楽天売」で利用する、
ebay輸出の一番のハードルは、
『出品制限』があるということです。


ebayにセラー(販売者)として最初に出品する際は、
『出品制限』(商品の総数10品、総金額500ドル)があります。


この上限(リミット)を上げるには、
商品を出品して購入してもらい、
購入者から良い評価(ポジティブフィードバック)を
もらわなければなりません。


つまり最初からたくさん売ることはできず、
リミットをある程度上げるまでは、
なかなか安定的に収入を得ることが出来ません。


そしてこのリミットを挙げるまでが大変なのです。


実績の少ない人から、高額商品を買う人はほとんどいません。
同じ商品を買うのなら、評価の良い人から買っていきます。


そうなるとどうしても安くせざるを得ません。


それでもなかなか売れませんから、
赤字覚悟で販売してようやく売れ出すというのが現実です。


私も最初は、売れば売るほど赤字でも、
とにかく経費と諦めて実績作りをしてきました。


そしてこれは誰もがやっていることですので、
ebay輸出は始めて数ヵ月は赤字が続く事を覚悟してください。


つまりebayビジネスは、
かなり長期的な戦略で進める必要があり、
収益化するまでは資金がかかり、
ようやく収益化しても売り上げが増えるに従って、
様々な負担が増えてきます。


もちろん、かなり利益が出るようになれば
組織化や外注化することで対応できますが、
そこまで出来た人は一握りです。


小倉ともゆき氏は、サイトの中で、
“リピーター転売で安定した売り上げ確保”
と明記していますが、


リピーターが付くほど売れ続けるのは、
かなりハードルが高いと言えます。


そのような理由から、
ebayビジネスの脱落率は90%と言われているのです。


5.過去に売れた商品では稼げないと言える理由とは

小倉ともゆき氏は、「オタ楽天売セミナー」に参加すると、
10万円以上利益を得た商品を公開する、
と明記していますが、


公開される商品が、
今も同じような利益率で売れることはありません。


そのような高収益商品は、
リサーチ力がある人がすぐに見つけ出し、
すでにどんどん売ってしまっています。


そもそも、そんなに高収益の商品を、
本当に小倉ともゆき氏が販売したかも確認できません。


楽天を使って仕入れるプロジェクトなのに、
売れた商品の画像の仕入れ先は、
楽天ではなく、Amazonだったりしています。


そもそも、小倉ともゆき氏が本当に販売して、
今も高収益を生み出している商品なら、


わざわざライバルを作るなんて事は、
するはずがありません。


転売を教える情報商材やセミナーはいくつもありますが、
転売で稼いでいる人が、
その手法やツールを100%教えてくれることは、
自分で自分の首を絞めることになりますから、
あり得ないと思っておくべきです。


肝心の部分は明かしませんから、
自分で努力して、つかみ取る必要があります。


楽して稼ぎたいという考えでは、
必ず挫折します。


稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


収入は「積み上げ式」に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
ヒデカズも実践しているような堅実なビジネスを、
地に足をつけて実践されることをおススメします。





【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ



【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
妻から「ありがとう」と言われるようになりました
初めて副業で30万円達成!記念に初めて種子島に旅行しました!
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
今度は、家族で種子島に行ってきました


ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
確認よろしくお願いします


また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。