ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

カテゴリ: 杉山 登

こんにちは、ヒデカズです。


杉山登氏が仕掛けている「登竜門」プロジェクトは、
まもなく『登竜門NEXT』の参加募集を始めます。


第3話まで見ましたが、かなり危険性があるプロジェクト、
と言えますので理由をお伝えします。


【目次】
1.全く稼げる気がしない、と言える理由とは
2.最低5~10万円を毎日受け取れないと言える理由を暴露
3.高額商材の販売者に同情することの危険性を暴露


1.全く稼げる気がしない、と言える理由とは

杉山登氏は「登竜門」について、
“1日1回LINEでタップするだけで
月収200万円が誰でも稼げるコミュニティ”
と言っています。


ですが、杉山登氏は第3話までに、
その利益の発生のカラクリについて、
明確に説明していません。


杉山登氏が第1話で行った説明は、
LINEの「登竜門」コミュニティに、
毎日12時に案件が送られてきて、


その案件に対してLINEを1タップすると、
杉山登氏の資産を金融会社が運用して、


参加者は翌日の10時になると、
5~10万円を稼げる、
と言っています。


そして、案件をタップする数が多いほど、
その数を企業や自治体に示して選択肢を増やせるので、
運用する資金が多くなる、とも言ってす。


これだけの説明で、腑に落ちた人や、
なぜ稼げるが明確に説明できるという人は、
全くいない、と考えられます。


杉山登氏がLINEに送ってくる案件は毎日あって、
1つの案件について、
翌日の10時までに結果を出す必要があります。


企業や自治体から出資を得ようとしても、
通常は、稟議書を出したりといった、
面倒な手続きがありますから、
そんなにすぐにお金を出せるところなんてありません。


ではなぜ「登竜門」コミュニティのメンバーの
LINEのタップの数に比例して、
杉山登氏の運用資産が増えるのか、
誰がその資金を出しているのか、
全く説明されていないのです。


2.最低5~10万円を毎日受け取れないと言える理由を暴露

杉山登氏は「登竜門」コミュニティに参加すると、
杉山登氏の資産を運用して利益を出す、
と言っていますが、


運用する金融会社の名前も明かさず、
どのような運用をするのかも説明していません。


FXなのか、株なのか、債権なのか、
日本のものなのか、海外のものなのか、


その利回りや、過去の運用実績、
といったものも全く公開していません。


杉山登氏が説明しているのは、

「登竜門NEXT」に参加して、
1日1回、LINEで配信される「支援案件」に対して
「支援する!」というボタンを1回押すだけで
翌日に最低5万円から10万円、
月収にすると平均200万円が誰にでも稼ぐことが出来ます。

という事だけです。


「支援する!」というボタンを押す人が
100人いた場合は最低でも500万円の利益を、
1000人いた場合は最低でも5000万円の利益を
翌日10時までに出す必要があります。


それも毎日です。


日利1%なんていう投資はHYIPと言われる、
超ハイリスクハイリターンな投資ですから、
真っ当な金融会社は行いません。


そんな日利1%の資産運用を行う場合でも、
1日に500万円の利益を出すには、
5億円の資金が必要です。
5000万円の利益なら50億円です。


杉山登氏がそれだけの資産があるのか、
証拠はありませんし、


金融会社の運用実績も公開されていませんから、
毎日毎日、それだけの運用利益を出せるのか、
確認することが出来ません。


杉山登氏は、
“参加すれば稼げるから、
参加費用を払って参加しなさい“
という説明しかしていないと言えます。


高額な壺を売りつけて、
この壺を買えばお金持ちになれる、
と言っているのと同じです。


3.高額商材の販売者に同情することの危険性を暴露

杉山登氏は「登竜門」のプロジェクトで、
第2話と第3話で辛い話をして泣きました。


インタビュアーの小野里氏は、
第3話で怒り出しました。


過去の情報商材のプロジェクトで、
販売者が過去の辛かった体験談を語り、
インタビュアーが視聴者に向けて怒り出す、
という事は何度かありました。


私がまだ高額の情報商材の販売の手口を知らなかった時には、
そんな話を聞いて、本気で信じて、その気になって、
購入した高額商材がありました。


ですが、その後、何度も何度も、
同じパターンで販売者が泣き、
インタビュアーも泣いたり怒ったりする、
というプロジェクトを見て来ました。


辛い体験談の中身は、
誰かの自殺か、重い病気か、大きな借金、
というパターンばかりでした。


そしてインタビュアーが怒りながら必ず言う一言は、
「この人は今までとは違う、本物だ」
「あなたのために本気でやっている」
「この人の本気がわからないのか?」
「なぜ疑う?」
「私が保証する」
と言った言葉でした。


こんな演出のパターンを見せられて、
後から問題にならなかったプロジェクトなんて、
過去に1つもありませんでした。


騙された、詐欺だった、返金しろ、
といった被害の声ばかりです。


おまけに、そんなプロジェクトの販売価格は、
30万円近い高額のものばかりでした。


杉山登氏の「登竜門NEXT」は、
私の経験から言っても、
かなりの確率で、全く稼げない、
と言える非常に危険なプロジェクトと評価します。


稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


収入は「積み上げ式」に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
ヒデカズも実践しているような堅実なビジネスを、
地に足をつけて実践されることをおススメします。



【杉山登 登竜門 関連記事】
杉山登① 登竜門 LINEで毎日10万円稼げないと言えるカラクリを暴露



【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ



【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
妻から「ありがとう」と言われるようになりました
初めて副業で30万円達成!記念に初めて種子島に旅行しました!
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
今度は、家族で種子島に行ってきました
派遣のアルバイトをやってみて感じた備えることの大切さ


ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
確認よろしくお願いします


また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

こんにちは、ヒデカズです。


杉山登氏の「登竜門」について、
稼げないと言えるカラクリを暴露します。


【目次】
1.毎日5~10万円は稼げない、と言えるカラクリを暴露
2.月収200万円が確定していない、と言える裏事情とは
3.参加者に全くリスクが無い、とは言えないカラクリとは
4.登竜門では社会貢献出来ない、と言える理由を暴露
5.楽して稼ごうとしたことがある私が気付いた現実とは


1.毎日5~10万円は稼げないと言えるカラクリを暴露

杉山登氏の「登竜門」では、
『1日1回LINEでボタンを押すだけで
1日5~10万円』
と書かれています。


ですが、1日5~10万円を“稼げる”、
とは書かれていません。


毎日、とも書かれていません。


実際に「登竜門」の動画を見ると左上に、
『誰でも1日5万円~10万円を稼げる!?』
と“?”が付いていますから、
稼げるかもしれないけど、
稼げない可能性もある、と受け取れます。


動画の中でも、インドの水危機の案件について、
支援した人には報酬額82,000円、
となっていましたが、


この金額が実際に参加者の口座に振り込まれた、
という証拠がありません。


過去の情報商材の案件でも、
今回の「登竜門」で杉山登氏が見せたように、
スマホの画面上では報酬や利益が表示されていても、


実際にその金額を受け取るためには、
高額の参加費を支払う必要がある、
と誘導される結末ばかりでした。


さらに、支払ったからといっても、
今まで表示されていた金額は受け取れず、
結局は0(ゼロ)からのスタートでした。


たとえ0からの再スタートでも、
それまでの様に報酬が発生すれば良いのですが、
参加した途端に報酬が発生しない、
というプロジェクトがほとんどでした。


2.月収200万円が確定していないと言える裏事情とは

杉山登氏の「登竜門」では、
『月収200万円が確定!』と書かれていますが、
いつ確定するのか、そして、毎月確定しているのか、
といった点が明記されていません。


月収200万円を稼ぐには、
何十年も待たされて、
ようやく、ある月だけ200万円の振り込みがある、
という意味にも受け取れるます。


さらに、月収200万円を確定させるには、
参加費として高額の資金を支払う必要がある、
という可能性もあります。


3.参加者に全くリスクが無い、とは言えないカラクリとは

杉山登氏は、運用されるのはメンバーの資産ではなく、
杉山登氏の資産であり、
参加者は一切のリスクがない、
と言っています。


この言葉を聞いて、
杉山登氏の「登竜門」に参加すれば、
自分の資産を全く減らすリスクは無い、
と期待する人が多いと思います。


ですが、杉山登氏の「登竜門」に参加するには、
必ず参加費用が発生します。


その参加費用を杉山登氏が受け取った時点で、
参加者の資金は、杉山登氏の資産となります。


その資産を運用すると考えられますから、
確かに一見、参加者は運用リスクは無いように見えますが、


参加費用を払って参加する時点で、
すでにリスクは発生しています。


もちろん、その支払った参加費用を運用して、
ちゃんと利益を出してくれれば問題ありませんが、


杉山登氏は資金を運用する会社について、
一切公表せずに「某有名金融会社」という、
曖昧な表現を使っています。


参加者は参加費を支払うというのに、
1番重要な情報である、
資産の運用会社について説明が無いのは、
非常に危険性が高いと言えます。


つまり、本当に金融会社が資産運用しているのか、
どのように運用しているのか、
手数料はどれくらいか、
どれくらいの金額が支援に使われていているのか、
分配される資金は全部でいくらなのか、


と言った情報が一切公開されていません。


ですから、例えば杉山登氏が参加費用だけを受け取って、
その後まったく資産運用をせずに、
毎日毎日、運用益が出なかった、
という報告だけをしてくる可能性もあり得るのです。


4.登竜門では社会貢献出来ない、と言える理由を暴露

過去の情報商材のプロジェクトでも、
発展途上国を助けるとか、
社会貢献をするため、
と世界中の困っている人たちを利用して、
自分たちだけが稼ごうとする偽善者が何人もいました。


ですが、そんな公共的、社会的に意義のあるプロジェクトなら、
ニュースで話題にならないはずがありません。


特に、今回の杉山登氏の「登竜門」では、
金融会社も資産運用することで利益を得ることができますから、
金融会社の方も積極的にその存在をアピールするはずです。


杉山登氏は「登竜門」を今まで公開しなかった理由について、
不特定多数の人に広めると、
社会貢献の気持ちを持たずに、
ただお金儲けのためだけに参加する人が現れるから、
と言っています。


ですが、杉山登氏が本当に社会貢献をしたいのなら、
たとえ参加者がどんな意図があるとしても、
たくさん参加してもらった方が、
よりたくさんの貢献をする事ができますから、


クローズド案件なんて事はせずに、
ネットなどで広く公開することが、
真の社会貢献にとっては当然の流れです。


杉山登氏は今回の「登竜門」を知ってもらうために、
かなりの広告費をかけていますが、


本当に世界の困っている人たちを助けたいのなら、
その広告費をもっと公共性のあるものに使った方が、
より多くの人に広まります。


新聞・雑誌・テレビなどに無料のプレスリリースでも流せば、
そんなに素晴らしいプロジェクトなら、
こぞって無料で取り上げてくれます。


杉山登氏はそんなことをせずに、
今回の「登竜門」をアフィリエイト報酬を支払ってまでして、
一部の人たちだけに紹介しようとしています。


つまりは、マスコミなどにも取り上げられるようになると、
都合が悪い事がある、と考えられます。


5.楽して稼ごうとしたことがある私が気付いた現実とは

杉山登氏の「登竜門」は、
1日1タップだけの作業と言っていますが、
そもそも、世の中に、
1日1タップだけで誰でも必ず稼げる、
なんて手法は存在しません。


そんな売り文句を聞いて、
おかしい、バカげてる、相手にする方がおかしい、
と思うのが普通の思考だと思います。


こう言う私ですが、実は、
『もしかしたら、世の中には自分が知らなかった、
楽して稼げる手法が存在していたのではないか』
と探し回っていた過去がありました。


ですが今では、
稼げる仕組みと、その証拠について、
しっかりと公開し、説明していないのに、
楽して稼げそうだ、と期待することは、
非常に危険だという事がわかっています。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


収入は「積み上げ式」に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
ヒデカズも実践しているような堅実なビジネスを、
地に足をつけて実践されることをおススメします。



【杉山登 登竜門 関連記事】
登竜門NEXT 杉山登② 過去の詐欺商材と似ているポイントを暴露


【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ



【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
妻から「ありがとう」と言われるようになりました
初めて副業で30万円達成!記念に初めて種子島に旅行しました!
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
今度は、家族で種子島に行ってきました
派遣のアルバイトをやってみて感じた備えることの大切さ


ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
確認よろしくお願いします


また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

このページのトップヘ