ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

カテゴリ: 江川一輝

情報商材のプロジェクトを様々な角度から評価しています。
今回は、江川一輝氏が仕掛けているAREA27を検証します。


1.27億円を生み出す幸せの連鎖の落し穴

江川一輝氏の「AREA27」とは、
転売のノウハウを教える塾になります。

江川氏はその転売ノウハウで、
『4年間、500人で累計27億円を生み出した』、
と言っています。

27億円と聞くとすごい金額だと思って、
江川氏の“幸せの連鎖”に参加したい、
と期待している人は多いと思います。

ですが、
ここで気を付けるべきなのは、
27億円という金額が利益である、
とは言っていない点です。

江川氏のノウハウは転売ですから、
27億円が売上金である可能性も考えられます。

転売ビジネスで重要なのは純利益です。

極端な例えですが、
仕入れに28億円かかっていても、
売上金が27億円なら、
“27億円を生み出した”と言えます。

ですが、赤字は1億円です。

江川氏が言っている、
“幸せの連鎖”が、
赤字の連鎖で無いのか、
確認しなければなりません。

江川氏は、27億円の「利益」を生み出した、
とは言っていませんから、
実際に生み出した『純利益』はいくらだったのか、
確認する必要があるのです。

2.売り上げ実績の落とし穴を暴露

江川一輝氏の「AREA27」の、
サイトや動画を見ても、
いつまでに、いくら稼げるノウハウなのか、
全く言っていません。

江川氏の実績としては、
毎日だいたい20万円〜50万円以上を売り上げ、
1ヶ月間で1000万円以上の売上げを、
出すこともあると言っています。

また、過去の参加者の実績としては、
ひと月に100万円とか150万円の
売り上げを上げたという画像を公開しています。

らに、
初月から50万円売り上げた初心者がいる、
とも紹介しています。

江川氏が公開した証拠画像を見て、
誰でも初月から50万円を売り上げることが出来て、
さらに、
100万円とか150万円を売り上げることも可能、
と思った人は多いと思います。

ですが、江川氏が公開した画像は、
誰の実績の画像なのか確認できません。

江川氏自身の実績という画像も、
どこを見ても江川氏の名前がありませんから、
他人の売り上げ実績である可能性は否定できません。

過去の参加者の実績についても、
江川氏のノウハウで売り上げた実績なのか、
それとも、全く違うノウハウで売り上げた実績なのか、
どちらとも受け取れます。

初月から50万円売り上げたという画像も、
江川氏のノウハウを学ぶのは、
初心者かもしれませんが、

もしかしらそれ以前に、
ある程度の実績を積んでいた人かもしれません。

この様な私の分析を、
ひねくれた見方だと思う人もいるかもしれませんが、
過去の情報商材のプロジェクトでは、
実際に私が推測したような意味で、

売り文句を書いたり、証拠画像を見せたり、
という事がありました。

いずれにしても、
明確な証拠がない画像ですから、
江川氏のノウハウが稼げるという、
裏付けにするには信ぴょう性が無いと言えます。

3.絶対に稼げる転売ノウハウのカラクリ

江川一輝氏は「AREA27」の第1話で、
そのノウハウを、
『絶対に稼げるノウハウ』
と言っています。

その言葉の前後で、
初月から50万円とか、
ひと月の売り上げ100万円、
といった例を出していますので、

江川氏のノウハウは、
絶対にひと月に50万円とか100万円を稼げる、
と思っている人もいると考えられます。

ですが、江川氏は、
『誰でも、絶対に、初月から○○万円を稼げる』
とは言っていません。

初月から50万円売り上げた初心者が、
本当にいたとしても、
たまたまもしれません。

さらに、50万円という金額は「売上」ですから、
仕入れに60万円の費用がかかっていても、
50万円売り上げたと言う事ができます。

そして、
1円でも利益を出すことが出来れば、
「稼げた」と言えます。

例えば、ヤフオクでもメルカリでも、
全くの転売の素人が、
不用品を売って利益を出すことが、
今は簡単に出来る時代です。

普通に転売をやってみれば、
ほとんどノウハウらしいノウハウなんて無くても、
1円くらいなら稼ぐ事は簡単だと言えます。

4.販売事例が信用できない理由

江川一輝氏の「AREA27」のサイトを見ると、
『販売事例』としていくつかの商品が紹介されています。

これらの画像を見て、
40%以上の高い利益率で転売ができる、
と思って、江川氏のノウハウに期待した人もいると思います。

ですが、
画像の『販売事例』は、
誰の事例のかわかりません。

誰が仕入れたのかわかりませんし、
さらに、仕入れた人が、
その商品を転売したのかも確認できません。

画像にある「販売価格」は、
あくまで販売した価格です。

例えば、ヤフオクに7000円で出品されていた商品を、
A氏が落札して、A氏がそのままAmazonで、
同じ商品を30,250円で売った、
という明確な繋がりが確認できません。

そこで私は、
『販売事例』にある画像の商品が、
過去に実際にいくらで売れたのかを、
「モノレート」で調べました。

すると、「AREA27」のサイトの、
『販売事例』にある画像の商品の全てが、
過去に売れた実績が出てきませんでした。

江川一輝氏には、
『販売事例』にある画像の商品は、
誰が仕入れて、誰がいつ、いくらで売ったのか、
証拠と共に説明してもらう必要があると言えます。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓

【江川一輝 AREA27 関連記事】
江川一輝 ゼロス 月収50万円稼げない人が続出と言える理由を暴露


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

江川一輝氏がゼロス(Zelo’s)という
国内無在庫転売セミナーを開催していますので、
大切なことをお伝えします。


1.月収50万円が保証されていないと言えるワケ

江川一輝氏の「ゼロス(Zelo’s)」のサイトには、
“3ヶ月以内に月収50万円を 完・全・保・証”
と明記されています。

この言葉を見て、
江川一輝氏の「ゼロス(Zelo’s)」に参加すれば、
3ヶ月以内に月収50万円を必ず稼ぐことが出来る、
と期待する人も多いと思います。

ただ、「完・全・保・証」という書き方は、
「完全保証」とは異なりますので、
『・』の意図を確認する必要があります。

実際、仮に同じ意味だとしても、
サイトにはどこにも「保証規定」が明記されていません。

江川一輝氏の「ゼロス(Zelo’s)」に参加して、
実践してみた結果、
3ヶ月以内に月収50万円にならなかった場合、
どんな保証をしてくれるか、
については確認できないのです。

江川一輝氏の「ゼロス(Zelo’s)」に参加するには、
高額の参加費用が発生すると考えられますから、

その保証内容について、
3ヶ月以内に月収50万円にならなかった場合、
①参加費用を全額返金かもしれませんし、
②50万円との差額を補償かもしれませんし、
③月収50万円になるまでサポートを続けるかもしれません。

「保証」と聞くと一般的にはこの様に、
何かが与えられると期待すると思いますが、
江川一輝氏は「完・全・保・証」の内容を、
具体的に明記していませんから、

実践してみた結果、
3ヶ月以内に月収50万円にならなくても、
何も保証は受け取れない可能性があります。

実質的に無意味な「保証」なら、
3ヶ月以内に月収50万円になる可能性も、
かなり低いと考えられます。

2.情報商材の「保証」の実態を暴露

江川一輝氏の「ゼロス(Zelo’s)」のサイトには、
保証の条件についても書かれていません。

江川一輝氏が提示する様々な条件を出されて、
すべてその通りに実践しないと、
実際には保証されない可能性があります。

例えば、150万円で販売できる宝石を、
100万円で仕入れれば、
とりあえず月収50万円は達成できます。

その様な指示に従って、その通りに実践しない場合、
保証されないという可能性もあるのです。

インターネット上で販売したり、参加者を募集した、
過去の様々な高額塾や高額商材でも、
『保証』という言葉を使ったものはいくつもありました。

ところが『保証』とは名ばかりで、
実際には何も保証しなかった商材がほとんどでした。

その理由は、
もともと「保証規定」がなかったり、
たとえ「保証規定」があっても、
条件が厳しすぎて保証されなかったり、
という理由でした。

3.Amazonの実績だけでは証拠にならない理由とは

江川一輝氏の「ゼロス(Zelo’s)」では、
国内での無在庫転売を行いますが、

この無在庫転売の手法についてサイトには、
利益率70%を可能にする
“競合不在”のバカ売れ市場で
転売を行うと書かれています。

江川一輝氏の「ゼロス(Zelo’s)」のサイトでは、
実際にいくつかの商品について紹介しています。

ヤフオクやメルカリなどで安く仕入れて、
Amazonで転売する手法となっていますが、
商品はほとんどが、限定商品やレア物です。

サイトで紹介している商品が、
全て江川一輝氏が実際に転売したものか、
については確認できませんが、

たとえ本当に、全て江川一輝氏が転売していたとしても、
紹介している高利益率の商品は、
他に販売している商品の、
ほんの一部である可能性もあります。

江川一輝氏はサイト内で実績として、
Amazonでの売り上げの画面や、
入金連絡の画面を公開していますが、

仕入れの金額については、
証拠を公開していません。

Amazonからの入金が、
100万円とか500万円あっても、
仕入金額は実際には95万円とか480万円で、
利益は僅かしかなかった、
という可能性もあり得ます。

サイト内では売れた商品だけを紹介していますが、
実は、売れなかった商品の方がたくさんある、
という可能性もあります。

4.競合不在に期待する危険性を暴露

江川一輝氏は「ゼロス(Zelo’s)」のサイト内で、
“競合不在”と明記していますが、

たとえ本当に競合がいない市場でも、
「ゼロス(Zelo’s)」の参加者が2人以上になった時点で、
競合が始まります。

珍しい商品の獲得を巡っての
「イス取りゲーム」が始まると考えられます。

江川一輝氏の「ゼロス(Zelo’s)」で転売する商品は、
ほとんどが、限定商品やレア物です。

江川一輝氏の「ゼロス(Zelo’s)」に参加した人が、
仮に1000名だとすれば、
その1000名全員が、
限定商品やレア物を仕入れる必要があります。

それも月に何回も、
そのような珍しい商品を仕入れる必要があるのです。

限定商品やレア物を絶えず探し続ける時間と、
リサーチ力が無い人には難しいビジネスと言えます。

そもそも、江川一輝氏が本当にその市場で実際に稼いでいて、
将来も稼ぎ続けられる、と思っているのであれば、

そんな“おいしい”市場を、
不特定多数の赤の他人に教えるはずがありません。

目に見えるものや、書かれている文を、
そのまま受け取ってしまうことは危険です。

見方を変えることで、
サイトで見えるもの、書いてある事と、
反対の可能性はないか、
その可能性を探り、確認することが重要と言えます。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

このページのトップヘ