ヒデカズです。

スイスのプライベートバンカー公認で、
毎日3万円を自動で稼げる、
と謳うプログラムが始まりました。

豊島直樹氏のアレンジ(ARRANGE)
を検証します。


1.ARRANGEで毎日3万円稼げない理由

豊島直樹氏のアレンジ(ARRANGE)は、
ただシステムを起動させるだけで、
「毎日最低3万円の利益を生み出す」
と謳っています。

完全自動で毎日3万円以上を稼げると聞いて、
豊島直樹氏のARRANGEシステムを使いたい、
と思った人は多いと思います。

私も過去には、
楽して簡単にお金を増やしたい、
という気持ちが強かったので、

豊島氏のARRANGEのようなプロジェクトを見ると、
すぐに3万円を毎日稼げる、
と期待していたものです。

ですが、豊島直樹氏のARRANGEを見ると、
どこにも『すぐに』とか、『翌日から』、
といった表現はありません。

豊島直樹氏のARRANGEシステムを使って、
毎日3万円稼げなくても、
時にはマイナスが発生しても、

『いつか』毎日3万円以上を
稼げるようになるはず、
と言い訳される恐れがあります。

豊島直樹氏にARRANGEシステムを使って、
いつから毎日3万円以上を稼げるか、
確認する必要があります。

2.毎日3万円の利益に必要な投資金は?

豊島直樹氏のARRANGEは投資を行います。

投資を行うには、
必ず元手となる投資金が必要です。

そして投資の利益も損失も、
元手となる投資金の額に大きく左右されます。

ところが、豊島直樹氏は、
毎日3万円の利益を出すのに必要な、
投資金の額を一言も言っていません。

豊島直樹氏のARRANGEは、
毎日3万円、毎月90万円を
確実に増やす完全自動システム、
と謳っています。

毎月90万円の利益を出すには、
仮に月利2%の利益が出せるとしても、
4500万円の投資金が必要となります。

なお、月利2%という事は、
年利24%です。

世界で有名な投資家ウォーレン・バフェットでも、
年利26%ほどと言われていますので、

月利2%以上を謳うものは、
かなりハイリスク・ハイリターンな投資と言えます。

ですので、
豊島直樹氏のARRANGEが謳う、
毎月90万円を『確実に』稼ぐには、
さらに多額の投資金を
用意する必要があると言えます。

3.毎日稼ぎ続ける事が出来ない理由

豊島直樹氏のアレンジ(ARRANGE)は、
「毎日最低3万円の利益があなたの手に!」
と謳っています。

「毎日」と聞くと、
365日毎日とか、半永久的に毎日、
などと思い込む人は多いと思います。

ですが、豊島直樹氏のARRANGEでは、
「毎日」という表現は、
いつから、いつまでの毎日なのか、
明確な説明がありません。

例えば1ヶ月のうち、
どこかの5日間は連続で3万円の利益が出て、
その他の日の利益は3万円に満たなかったり、
マイナスになったり、という日が続いた場合、

それでも、5日間は、
「毎日3万円稼げた」
と言う事が出来るのです。

たとえ他の日がマイナス続きで、
月間のトータルはマイナスになっていても、
5日間は「毎日3万円稼げた」
と言う事が出来るのです。

投資で必要な情報は、
日々のプラスマイナスより、
年間を通してのトータルの利益です。

豊島直樹氏のARRANGEシステムが、
どれくらいの期間にわたって、
毎日3万円の利益を出し続けているのか、
確認する必要があるのです。

4.ARRANGEシステムの証拠の信ぴょう性

豊島直樹氏のARRANGEシステムが
どれだけ優秀でも、毎日3万円、
毎月90万円を稼ぐには、
多額の投資金が必要という事をお伝えしました。

それでも、たとえ月に数万円でも、
何もせずに稼げればいい、
と思う人もいると思います。

ですが、
投資系のプロジェクトに参加するには、
投資金が必ず必要になります。

多額の投資金を用意できない人にとって、
プロジェクトに参加して用意する投資金は、
本当に大切なお金だと思います。

大切なお金を投資してよいのか、
慎重に判断する必要があります。

ARRANGEシステムの過去の実績を、
しっかりと確認する必要があります。

豊島直樹氏はARRANGEシステムで
年間2億円稼いだ証拠として、
銀行口座の残高の画像と、
ARRANGEシステムの損益画像を公開しています。

過去の他の情報商材のプロジェクトでも、
実績として銀行口座の残高の画像を
公開することはよくありました。

ですが過去のその様な証拠は、
撮影のために一時的に借りていたり、
画像を偽造していたり、
という事がありました。

豊島直樹氏の銀行口座の残高の画像についても、
豊島氏はARRANGEで稼いだと言っていますが、
証拠はありません。

ですので、借りてきた金額であるとか、
偽造していたという可能性は否定できません。

ARRANGEシステムの損益画像についても、
ARRANGEシステムは豊島氏が開発した、
と言っていますから、
損益画像は自由に作ることが簡単です。

証券会社の取引実績ではありませんから、
信ぴょう性は無いと判断できます。

豊島直樹氏が公開した証拠は、
信ぴょう性が無いと判断できるのですが、

それなのにインタビュアーは
「もの凄い証拠ですね」と言い、
ナレーションでも、
「証拠を堂々と開示した」と言っています。

販売者側の一方的な意見を鵜呑みにせずに、
納得できる証拠を確認する必要があると言えます。

5.豊島直樹氏のプロフィールの注意点

豊島直樹氏のアレンジ(ARRANGE)は、
スイスのプライベートバンカー公認の、
完全自動システムと謳っています。

超富裕層の資産形成術と、
最新テクノロジーを駆使した、
世界のプライベートバンカーお墨付き、
とも謳っています。

そんなARRANGEシステムを開発した、
という豊島直樹氏の実績については、

・某外資系メガバンクに入社
・スイスの某運用会社からヘッドハンティング
・10年間で数千億円の資産を運用
・世界中のプライベートバンカーから絶大な信頼
・1円も減らすことなく、5年で7億円の資産を築いた

という輝かしい実績を紹介しています。

人は、社長などの肩書を持った人や、
専門家や有名人など、
「権威」のある人物の言うことを、
盲信してしまうことがあります。

情報商材の販売者たちは、
これをよく分かっていますから、
高価なブランド品などで身を飾り、
高級マンションや高級ホテルで、
動画を撮影したりします。

プロフィールでは、
会社をいくつも経営し、
大金を動かし、世界的に有名だ、
などとアピールします。

ですが、画像で見せる高級品の数々は、
借り物だったりすることもありますし、

プロフィールについては、
何の裏付けも無い事がほとんどです。

特に「某○○」というプロフィールなどは、
その典型だと言えます。

また、視聴者が理解できないような
難しい専門用語を使ってきたリもします。

販売者の見た目や、肩書を鵜呑みにし、
専門用語や難しそうな話を聞いて、、
思考停止してしまう人は、
残念ながら騙されやすい人であると言えます。

【豊島直樹 アレンジ(ARRANGE) 関連記事】
副業で本気で稼ぐために知って欲しいネットビジネス業界の現状と対策
情報商材で騙される5つの心理状態とは


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。