こんにちは、ヒデカズです。


同じ言葉や文章なのに、
見る人によって全く違う意味に捉えられることがあります。


そんな事が原因で起こるトラブルや被害が
少しでも減って欲しいと願いながら今日も書いていきます。


今回検証するのは、浅野博史氏の「投資家養成アカデミー」です。
募集の時は「投資の学校 金のタマゴ投資倶楽部プロジェクト」
となっていた情報商材です。


このプロジェクトについてじっくりと検証してみると
巧妙な言葉のカラクリが見えてきました。


【目次】
1.「総資産1億超えのプロトレーダーへと育成」のカラクリ
2. 投資家養成アカデミーのビジネスモデルと問題点
3. 浅野博史「投資家養成アカデミー」⇒『おすすめしない』理由


1.「総資産1億超えのプロトレーダーへと育成」のカラクリ

浅野博史氏は「投資家養成アカデミー」の募集ページ冒頭で、
「あなたを総資産1億超えのプロトレーダーへと育成します」
と書いていますので


これを読むと
『1億円以上を稼ぐことが出来るほどの優秀なシステムを
無料で使うことができて、結果1億円以上を稼ぐことが出来るのだ』
と思う方も多いと思います。


ですが、ここでは“育成します”と書かれていますので、
総資産1億円にしてくれるとも受け取れますし、
ただのスローガン(目標)とも受け取れます。


そもそもいつまでに、という表示がありませんので
総資産1億になる前に諦めざるを得なくなるかもしれません。


また総資産1億ですので、
“1億円”かもしれませんが“1億個”かもしれません。


例えば世界で最も価値が低い通貨と言われる
1億ジンバブエドルなら日本円で3000万円ほどになります。


さらには“総資産”とは利益ではありませんから、
1億円だとしても1億円の利益を受け取れるかどうかは
やってみないとわかりませんね。


そもそも、すでに家や土地などの資産として
全部で1億円相当持っている人なら、
すでに総資産1億円は達成しているのです。


2. 投資家養成アカデミーのビジネスモデルと問題点

浅野博史氏の「投資家養成アカデミー」では、
FXとバイナリーオプションと仮想通貨の取引に
システムを利用してもらうことがビジネスモデルとなっています。


「高品質システムを無料で提供」してくれますが、
実際にそのシステムを利用して投資を行うのは参加者であるあなたです。


どんなに優秀なシステムであっても、
使いこなすには勉強は必要ですし、
実際に動画の中でも浅野博史氏は
『まずは移動平均線を極めていただきたい』と言っています。


つまりは、システムからある程度のサインは出されるが、
トレードするためにはチャートを見ながらまずは移動平均線を学んで、
続いて他のテクニカルな手法も学んで取引する必要があるようです。


システムの平均勝率90%と記載していますが、
履歴がありませんし、どれくらいの期間の平均勝率か記載がありません。


ですので、ある1週間だけたまたま90%になっても、
翌週には50%の落ちているかもしれませんが、
履歴が無いので確認の取りようがありません。


誰がやっても出せる勝率なのか、
浅野博史氏だからこそ出せる勝率なのかの確認もできません。


そもそもトレードのおいて重要なのは勝率より利益率です。


100回のトレードで1回平均100円の利益を
例え99回連続で出したとしても、
100回目に1万円の損失を出せばマイナス収支となります。


また、参加後にシステムを使いこなせるまで
学習している間にも、毎月の費用はかかってきます。


気に入らなければいつでも退会はできるようですが、
初期費用や払ってしまった月々の費用は返金されませんし、
退会の原因となるトレードでの損失は取り戻すことはできません。


3. 浅野博史「投資家養成アカデミー」⇒『おすすめしない』理由

浅野博史氏の「投資家養成アカデミー」が第一話で
「金のタマゴ投資倶楽部プロジェクト設立」
として紹介していた際には、


参加費無料トレードシステムも完全無料で使用できる
となっていましたので、
『費用が全く掛からず必要なのは投資資金だけ』
と思っていた方も多いと思います。


“完全無料”という言葉を見て
『システム管理費や維持費といったシステム使用に関わる費用も無料』
と思っていた方も多かったと思います。


ところが蓋を開けてみると、色々と理由をつけて費用が発生してきました。


この様な手法をとってきたのですから、
参加して結果が出ない(=損失を繰り返した)場合の解約についても、


課金もすぐに止めることができるのか、
違約金的なものは発生しないのか、
解約処理までに何日かかるのか、
例えば入会した翌月末できるのか?
退会したらすぐに課金もストップできて一切費用は発生しないのか?
条件などは付かないのか?


という解約の詳細についても、
参加するならきちんと確認しておく必要があります。


サイトに書いている文字についてしっかりと確認して、
認識や解釈の違いでトラブルにならないようにしましょう。


どんなに優秀システムでも負けるときはあります。
そんな時でも追加資金を投入できるのか、
それだけの信用ができるシステムなのか


という肝心の部分の確認もできませんので
このプロジェクトへの参加はおススメできません。


そもそも投資は、資金に余裕がある方ならやるべきですが、
そうでない方はまずは堅実に稼げるビジネスで
安定した副収入を得られるようになって、
それから投資にお金を回すのが良いと思います。


副業で出来る、堅実に稼げて初心者でも成果を出しやすい
ビジネスを知りたい方は是非、ヒデカズまでご連絡ください。