ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

カテゴリ:泉 忠司 > ビリオネアキャッスル 評価

泉忠司 氏の「ビリオネアキャッスル」について、
以前の検証記事に引き続いて、
さらにプロジェクトの危険性をお伝えしておきます。

※前回の検証記事のリンクは、
この記事の最後にご案内しておきます。


1.資金を失っても泣き寝入りする可能性

泉忠司 氏の「ビリオネアキャッスル」について、
特定商取引法に基づく表記を見ると、
販売業者:SOL株式会社
販売責任者:白石寛孝
となっています。

「ビリオネアキャッスル」は入会すると、
泉忠司 氏が投資やビジネスなどの案件を紹介する、
と言っていますが、

紹介する案件についての責任は、
泉忠司 氏ではなく、
SOL株式会社と白石寛孝 氏が窓口になります。

おまけに電話番号やメールアドレスなどの、
すぐに連絡を取れる手段の記載がありません。

つまり、泉忠司 氏の「ビリオネアキャッスル」に入会して、
泉忠司 氏から紹介された案件に投資して、
その結果資金を失っても、

泉忠司 氏に直接連絡を取ることはできず、
販売業者のSOL株式会社や、
販売責任者である白石寛孝 氏に連絡をしようとしても、
郵便による手段しかないのです。

2.泉忠司氏に責任を問えないと言えるカラクリ

泉忠司 氏は過去に行った
様々なプロジェクトにおいても、
自分自身が販売の
責任者となっていないことがほとんどです。

プロジェクトによっては、
特定商取引の表記が無かったものもありました。

前回の検証記事でも紹介した、
「泉忠司 松本太陽 消費者機構からの返金要請が発覚」
においても、

プロジェクト自体はどう見ても、販売者は泉忠司 氏なのに、
実際の販売者は、松本太陽 氏が代表を務める
「株式会社ONE MESSAGE」
となっていました。

そして返金問題が発生すると、
矢面に立つのは松本太陽 氏と「株式会社ONE MESSAGE」で、
泉忠司 氏は完全に無視をしています。

「ビリオネアキャッスル」の入会者には、
泉忠司 氏の分身、とまで言っておいて、
次々と投資案件やビジネス案件を紹介しますが、

その紹介した案件に対する責任は一切取らない、
という可能性が高いと考えられます。

3.販売手法に問題があると言える事実を暴露

SOL株式会社と白石寛孝 氏については、
販売している商材の、
販売手法が問題視されています。

「ACMシステム」という
バイナリーオプションのツールを販売していて、
通常179,800円という価格を、

キャンペーンお試し価格として、
初月利用費980円、初期設定費0円、
の合計980円で販売しています。
少額の資金でも、1週間後には39万円以上の収入、
と記載されているシステムを、

わずか980円で試せるとあって、
試している人も多いと思います。

ところが購入者は、
クレジットカードで契約させられて、
すぐに解約しても、
翌月分も払わなければいけないことになっています。

というのも、お試しキャンペーンに参加する際に、
※必ず特定商取引法の内容を確認して
同意の上で参加にクリックしてください。
と明記してはいるのですが、

その内容を見ると、
「キャンペーン価格で初月980円ですが、
2ヶ月以上(2ヶ月目から通常価格の19,800円)
でのご利用することを同意した上で購入をしてください。
1ヶ月目の途中解約の場合は解約金(19,800円の80%)かかります。
と記載されています!

980円なら試してみよう、と思っても、
ちゃんと特定商取引法のページを全て読んでおかないと、
実は、最低20,000円以上支払う事になっていることに、
気が付かないまま契約してしまう事になるのです。

さらに、
「全額返金制度」や
「50万円利益保証制度」といった

見る人を安心させるような
制度があるのですが、
その制度は現実的には、
あってないようなものです。

これらの返金制度や
利益保証制度を利用するには、

3ヶ月以上実践して、
1000回以上取引して
稼げない事を証明する必要があります。

1000回の取引となると、
かなりの時間と資金が必要で、
1日平均3回の取引でも1年かかります。

もちろんその間にも、
毎月19,800円の利用料を
別途払い続ける必要があるのです。

4.泉忠司の元弟子の私の見解

泉忠司 氏の「ビリオネアキャッスル」については、
結局は、最近盛んに登録を薦めてくる、
LINEによるプロジェクトの紹介と、
本質的には変わらない、と考えられます。

つまり、泉忠司 氏が案件を紹介し、
紹介された参加者がその案件に投資をしたり、
登録をしたりすると、
泉忠司 氏に紹介報酬が入ってくる、
というものです。

泉忠司 氏からすれば、
紹介報酬さえ受け取れれば、
その案件がどんな案件であっても構わない、
と考えていると推測できます。

実際、泉忠司 氏の「ビリオネアキャッスル」の、
特定商取引法に基づく表記を見ると、
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
投資につきましては、各々の自己責任のもと取引を行っていただきますよう、
お願い致します。
と明記されています。

泉忠司 氏が「ビリオネアキャッスル」において、
どんな案件を薦めてきても、
結局は参加者の自己責任となるワケです。

過去に泉忠司 氏のプロジェクトの参加者となり、
泉忠司 氏の元弟子であった私にも、

いまだに様々な情報商材のプロジェクトの
案件を紹介してきますが、
内容を見て、期待できそうだと思える案件は、
今まで1つもありません。

私は様々な情報商材のプロジェクトを見て、
詐欺である、稼げない、危険だ、
という事を見抜くことが出来るようになっていますが、

そうでない「情報弱者」の人なら、
次々と泉忠司 氏の薦める案件に登録し、
資金を失っていると考えられます。

稼げる本物の情報や、
本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。

本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や
「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。

収入は「積み上げ式」に
増やしていかなければなりません。

ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
ヒデカズも実践しているような堅実なビジネスを、
地に足をつけて実践されることをおススメします。


【参考記事】
ネットビジネスで稼ぐために知っておくべき情報商材の実態
副業の必要性を感じた私の体験
私のプライベートな日記
ヒデカズの副業 ※実践して1年7ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

泉忠司 氏が「ビリオネアキャッスル」という案件を仕掛けています。

私は元、泉忠司氏の“教え子”で、
過去には泉忠司氏のプロジェクトと、
泉忠司氏が紹介したプロジェクトや投資案件に、
かなりの金額をつぎ込んだことがあります。

そんな私だから言える、
ビリオネアキャッスルへの入会を断る理由をお伝えします。


1.教え子だった私だから言える泉忠司氏の嘘

泉忠司氏は「ビリオネアキャッスル」の動画で、
『ほぼ全員を億万長者にしてきた』
『これまで僕は、正真正銘
僕についてきた、誰をも稼がせてきました』
と言っています。

私は実際に過去、泉忠司氏についていき、
セミナーにも参加して、泉忠司氏本人に
直接会ったこともあります。

しかし私は、その結果、
1円も稼げませんでした。

稼げないどころか、
泉忠司氏が関わった案件で、
高額の参加費を失い、
多額の投資資金も失いました。

この事実は私1人だけではありません。

私と同様に泉忠司氏の言葉を信じ、
ついていったせいで、
私と同様に大切な資金を失った人は、
かなりの数がいます。

そう言える理由は、
私自身が、泉忠司氏による被害者
が集まっている会のメンバーの1人だからです。

そして泉忠司氏は現在(2018年8月)、
この被害者の会のメンバーの数十人から、
実際に裁判で訴えられています。

2.真似することの危険性と泉忠司の“うまみ”を暴露

泉忠司氏は「ビリオネアキャッスル」の内容について、
『泉忠司の行動を完全に真似するだけ』
と言っています。

泉忠司氏はその具体例として、
僕と同じタイミングで、
・僕と同じ仮想通貨をあなたが入手していれば…
・僕と同じ手法で起業していれば…
・僕と同じ銘柄の株を入手していれば…
・僕と同じように資産運用できていれば…
あなたは今頃、僕と同じようなビリオネアになっているはず
と言っています。

さらに、泉忠司氏のこれらの手法は、
「時流の半歩手前で仕込めれば、
圧倒的な成功を得ることができる」
とも言っています。

つまり、世間が認知する前に、
泉忠司氏が推奨する仮想通貨を購入し、
株を購入し、投資をすることで、
「ビリオネアキャッスル」の参加者は、
ビリオネアになれる、と言っているのですが、

実際に私は過去、泉忠司氏から勧められた、
数々の投資案件において、
ことごとく投資資金を失いました。

泉忠司氏から勧められた投資案件は全て、
海外の投資案件でしたが、
資金を投資してしばらくすると、
次々と投資した会社が消えてしまったのです。

泉忠司が語る、
時流の半歩手前で仕込むような投資案件は、
つまり、実績がほとんどない案件に、
投資するという事ですから、
かなりのハイリスクなのです。

それでも泉忠司氏には、
それらハイリスクな投資案件を、
誰かに紹介することで紹介報酬を得ていましたから、
例えその案件が、その後に飛んでしまっても、
それ以前にしっかりと紹介報酬は受け取っていました。

紹介した私たちに対しては、
「自分も被害者だ」とは言っても、
本当に泉忠司氏が投資していたか、
確認はできませんし、

たとえ本当に投資していたとしても、
投資した金額はどれくらいか、
確認することはできませんから、


泉忠司氏は、投資案件の紹介報酬を得るのが目的で、
実は泉忠司氏自身は投資していなかったり、
例え投資していても少額だったりする可能性もあるのです。

3.時流を作る層になると訴えられる可能性

泉忠司氏は「ビリオネアキャッスル」の動画で、
過去に泉忠司氏がプロモーションした、
仮想通貨のADA(エイダ)コインや
NOAH(ノア)コインの様に、

販売を仕掛ける側にまわっていたら、
時流を作る層になれる、
と言っています。

さらに、今後、新たな仮想通貨を販売する際には、
「ビリオネアキャッスル」の参加者を巻き込んでいく、
という趣旨のことを言っています。

ビジネスにおいては、仕掛ける側が一番稼げますから、
泉忠司氏と一緒に仕掛ける側になれば、
かなり稼げると期待する人も多いと思います。

ですが、泉忠司氏に巻き込まれると、
泉忠司氏の手先となって、
泉忠司氏の案件の紹介者となる、
ということです。

この手法は、ネズミ講と同じで、
結局は一番上の泉忠司氏が一番儲かる仕組みです。

泉忠司氏の手先となった「ビリオネアキャッスル」の参加者が、
せっせと紹介活動を行うことで、
泉忠司氏は何もしなくても、どんどん稼げるのです。

最終的にその仮想通貨の価値が上がればよいのですが、
実際には、ノアコインは2018年8月現在、
ICO時の価格を大きく下回る価格で推移しています。

「ビリオネアキャッスル」の参加者が紹介した仮想通貨が、
もし同様の結果になった場合、
非難されたり、訴えられるのは、
泉忠司氏ではなく、紹介した参加者の方です。

泉忠司氏は、ただ紹介報酬をたっぷり稼いで、
次の新たなプロジェクトを立ち上げ、

または、新たな投資案件を探してきては、
「ビリオネアキャッスル」の参加者にまた紹介をさせる、
という事を繰り返す、と考えられます。

泉忠司氏が過去に販売した商材や、
プロジェクトについては、
多数の被害報告や疑惑があり、
ネットの評判も悪い情報が多くあります。

泉忠司氏は消費者機構日本からも、
過去に販売した商材の返金要請をされています。

この件については、私の過去記事
をご覧ください。
※記事の最後にリンクを貼っておきます。

フィリピン在住の泉忠司氏は、
返金要請や訴えを無視できても、

日本在住の参加者の場合は、
何かが起こった際には誠実に対応する義務があります。

稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。

本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。

収入は「積み上げ式」に増やしていかなければなりません。

ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
ヒデカズも実践しているような堅実なビジネスを、
地に足をつけて実践されることをおススメします。
ヒデカズが実践している副業 
「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

このページのトップヘ