ヒデカズです。

5分の音読で、スマホで実践できて、
“1週間以内に最大1万円の報酬発生”
と謳う、福田ゆり氏の音読ビジネスを検証します。


1.1週間以内に1万円稼げないカラクリ

福田ゆり氏の「音読ビジネス」は、
5分の音読で、1週間以内に、
最大1万円の報酬が発生する、
と謳っています。

そんな仕事なら、
1日中やっていたい、
と思った人もいると思います。

ですが福田氏は、
誰でも、必ず報酬が発生する、
とは言っていません。

音読ビジネスの対象となる本も、
どんな本でも報酬が発生する、
とは言っていません。

福田氏は、
本の種類によって報酬が異なる、
と言っています。

福田氏は、報酬の最低額については
説明していません。

最大1万円とは言っていますが、
あくまで“最大”です。

報酬額を決定するのは、
どこかの誰かですから、
そこからダメ出しされれば、
報酬が発生しない可能性があります。

2.報酬額の落とし穴

福田ゆり氏は「音読ビジネス」について、
“5分間の音読で、
5千円から1万円の給料が発生する“
と言っています。

さらに、本の種類についても、
“活字の本であれば何でも構いません”
とも言っていす。

これらの福田氏の言葉を聞いて、
『どんな本を読んでも、
5分間で最低5千円稼げる』
と期待している人は多いと思います。

しかし、福田氏が言っている、
“5分間の音読で、
5千円から1万円の給料が発生する“
という言葉の前後には、

“どんな本を読んでも”、“誰でも”、
という言葉は含まれていません。

ある決まった本を読めば、
5千円から1万円の給料が発生する、
という意味であるとも受け取れるのです。

同じ本を100人が読んでも、
全員に報酬が発生するとは思えません。

だからこそ、福田氏は一言も、
“誰でも、必ず”とは言っていない、
と考えられます。

3.お金がかからない、の裏事情

福田ゆり氏は「音読ビジネス」で読む本について、
自宅の本でも良いし、
ブックオフにある100円の古本でも良いし、
図書館から借りてきた本でも良い、
と言っています。

この言葉を聞いて、
お金も掛からず、
リスクも無く稼げる、
と思った人は多いと思います。

ですが、お金がかからないのは、
実際に「音読ビジネス」を行う時だけです。

「音読ビジネス」のノウハウを、
福田氏から学ぶには費用が発生するはずです。

もちろん稼げるノウハウであれば、
学ぶために費用が発生するのは、
当然であると言えます。

ですが、世の中には、
特にネットビジネスでは、
どれだけ努力しても、
全く稼げないノウハウが蔓延しています。

福田ゆり氏の「音読ビジネス」については、
報酬を払う相手を確認する必要があります。

報酬を払う会社名などを明かさなかったり、
全く無名の会社だったりすると、
どれだけ努力しても、
全く報酬を払わない可能性があのです。

もし福田氏が、
有名な会社や企業の名前を出してきたとしても、
本当にその会社や企業が絡んでいるのか、
確認する必要があります。

4.音読ビジネスの実態について

福田ゆり氏は「音読ビジネス」の中で、
“アンケートに答えるだけで稼げる、
と謳ったビジネスが訴訟問題になっていた”
と紹介しています。

福田氏は「音読ビジネス」については、
ちゃんと実態がある、と言っています。

ですが、その実態とは、
“実践者58名全員が報酬を受け取っている”
と説明しています。

ですが、情報商材のプロジェクトでは、
実践者の人数が架空であったことがほとんどでし

本当に、福田氏の「音読ビジネス」の、
実践者が58名実在するのか、
確認する必要があります。

実践者58名が実在するとしたら、
いつから実践しているのか?
どれくらいの報酬を受け取っているのか?
しっかりと確認する必要があります。

そして何よりも、
実態があるというのなら、
どこから報酬を受け取っているのか、
確認しなければなりません。

報酬や給料の未払いなんて、
どんな会社にでも起こりうることだからです。

私が過去の記事で紹介した、
消費者庁から注意喚起されたビジネスには、
こんな誇大広告がありました。

“15 分のコピペ作業で最低月収 50 万円!”
吉田夏樹
「完全コピペビジネス3000万円分配プロジェクト」

“参加するだけで毎日1万円もらえます”
田中保彦「金と銀プロジェクト」

“写真を選ぶだけで簡単にお金が稼げます”
坂本歩実「かんたん選択ビジネス」

これらのプロジェクトについて、
消費者庁が確認すると、
内容についてはほとんどが架空で、
実態のないビジネスでした。

簡単に稼げると言ってくるビジネスは、
しっかりと中身を精査する必要があります。

自分にも必ず稼げるのか?
稼ぎ続けることはできるのか?
家族にも話せる内容なのか?

しっかりと確認して、
納得することが大切だと考えます。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。