ヒデカズです。

アプリを3タップするだけで、
世界最速で毎月120万円が手に入る、
と謳っている

大野肇氏の
WESULT(ウィザルト)を検証します。


1.毎月120万円以上稼げないアプリの危険性

大野肇氏は、
WESULTというアプリを3タップするだけで、
毎月120万円が手に入る、
と言っています。

アプリWESULTとは、
金(ゴールド)とドルのトレードの
エントリーチャンスを知らせるものになります。

大野氏はアプリWESULTの実力を知ってもらう為に、
無料体験版を用意しています。

過去の情報商材のプロジェクトにおいても、
体験版のアプリを提供して、
いかにも稼げるように思わせておきながら、

本番環境のアプリを購入すると、
全く稼げない、という事例が多くありました。

消費者庁から注意喚起された、
というプロジェクトも実際にありました。

この記事の最後にリンクを貼っておきますので、
是非ご覧いただきたいと思います。

大野氏は、アプリから通知が来れば、
アプリの画面で点滅しているボタンをタップするだけで、
毎月120万円以上稼げる、と言っています。

一般的にこの言葉を聞くと普通は、
『アプリの指示に従うだけで、
毎月必ず120万円の現金が手に入る』
と解釈する人がほとんどだと思います。

ところが、
アプリを使って稼ぐという内容のプロジェクトでは、
“アプリの画面上では”言ったとおりに稼げる、
というオチになっているものがほとんどです。

ですので、
大野氏のWESULTにおいても、
無料体験版のアプリの画面の上では、
毎月120万円稼げる、
というカラクリになっていると考えられます。

アプリの画面の上でいくら稼げていても、
実際に使えるお金として受け取れなければ、
全く意味がありません。

体験版で稼げているのに、
表示されている金額が実際には使えなければ、
早く本番環境のアプリを使って、
アルに稼ぎたいという気持ちになる人が多いようです。

ところが先ほどもお伝えしたように、
参加費用を払って、
本番環境のアプリを利用した途端に、
全く稼げなくなる事態が頻発しているのです。

2.体験版アプリの落とし穴

大野肇氏はWESULTのサイトで、
様々な稼げる証拠と言える画像を公開しています。

それらの画像のうち、
銀行に振り込まれた画像については、
それがWESULTの実績である、
という証拠にはなりません。

もちろん、情報商材のプロジェクトによくある、
偽造の疑いもありますが、
例え偽造では無くても、
他の手法でトレードをした結果、
という可能性もあります。

WESULTのものと判断できる画像もありますが、
大野氏が公開しているのは、
WESULTアプリの画像です。

WESULTアプリは、
一般に公開されている既存のシステムでは無く、
大野氏だけが提供している独自のシステムです。

独自のシステムですから、
予めプログラミングされた結果を表示したり、
オンライン上で操作された結果を表示したり、
という事が簡単にできます。

大野氏のWESULTアプリの実績画像が、
そのようなカラクリをしている、
という証拠はありませんが、

少なくとも、WESULTアプリは、
大野氏の独自のシテムですから、
裏でどのような動きになっているのか、
確認する事ができません。

大野氏はWESULTでは投資を行う、
と言っていますから、
証券会社などの仲介業者を必ず利用します。

WESULTアプリの損益推移の金額が、
信用できるかどうかを検証するには、
証券会社が提供する実際の取引履歴と、
見比べて確認する必要があります。

その際に、
これも過去の他のプロジェクトでは、
手作りの表を公開する事がありました。

従って、証券会社が提供している、
詳細な取引履歴を確認する必要があります。

大野氏が今後、
取引履歴の一部しか公開しなかったり、
手作りの表などを公開するようであれば、

WESULTアプリで、
誰でも、毎月120万円を稼げるとは言えない、
と判断できます。

3.証拠の信ぴょう性を検証

大野肇氏はWESULTのどうがで、
4億円とか7億円という
銀行口座の残高画像を公開しています。

公開された銀行口座の残高を見て、
大野氏が大金持ちだと思った人は多いと思います。

ですが、画面に表示される数字なんて、
簡単に偽造できます。

偽造していないとしても、
大野氏が実際に稼いだお金という証拠がありません。

インタビュアーをしている前川裕太氏は、
ネットビジネス業界の人間として、
何度も様々なプロジェトに登場しています。

ネットビジネス業界での人脈はありますから、
大野氏の為に一時的に貸したり、
業界の仲間から借りたり、
という可能性も考えられます。

大野氏のWESULTが稼げるというなら、
真偽が不確かな銀行口座の残高画像より、
証券会社の取引履歴を公開する必要があります。

大野氏が本物の証拠を公開しないなら、
WESULTを使っても、
稼げるとは期待ができないと言えるのです。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓


【大野肇 WESULT 関連記事】
消費者庁が注意喚起したテックボックスの実態と学ぶべき事
テレビ番組「ビビット」が取材した詐欺アプリの実態


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。