星野耀 氏の「キリック」について、
年収1億円稼げないと言える落し穴を暴露します。


1.年収1億円稼げないと言える落し穴

星野耀 氏の「キリック」とは、
『投資法』であると紹介されています。

ですが、何に投資するのか、
具体的にどのような投資をするのか、
全く明かされていません。

「キリック」のサイトでは、
マイニングでも自動売買ツールでも、
ICOやアービトラージでも、
ビットコインFXでもない、
と説明されています。

「キリック」の作業内容は、
①登録作業としてメールアドレスを登録し、
②その後メールが届いたら、
③メールの指示通りにボタンを押し、
④数分待つ
となっています。

この内容から考えられるのは、
FXかバイナリーオプションの、
シグナル配信のようです。

それならそうと、
星野耀 氏はハッキリと説明して、
過去の実績を公開するべきです。

銀行口座の残高や、
出演者の検証では、
全く参考になりません。

投資ですから、証券会社などが提供する、
嘘偽りのないトレード実績が必要となります。

星野耀 氏は何に投資するかも明かさず、
信用できる実績も公開していません。

年収1億円を稼ぐために、
必要な投資金はいくらなのか?
いつまでに年収1億円になれるのか?
についても説明していません。

それなのに、
星野 氏のコミュニテイーに参加すれば、
年収1億円稼げる、
と言われても、
全く期待できないと言えます。

見ず知らずの人が、
証拠も出さずに稼げると言われても、
そんな落し穴だらけの投資案件に、
手を出すことはリスクが大きすぎます。

2.無料モニターの罠を暴露

星野耀 氏の「キリック」の最初に、
インタビュアーの松本氏が、

『コメントをした人の中から、
無料モニター企画を募集する。』

『無料モニターに当選した方の銀行口座に
星野 氏が現金100万円を振り込む』

と言っています、

この言葉を聞いて、
現金100万円が欲しくて、
コメントを残している人もいると思います。

ですが、松本氏は無料モニターの抽選方法や、
当選者が何名かを明かしていません。

情報商材のプロジェクトでは、
よく無料モニターの企画を行っていますが、
本当に無料モニターに当選した人を、
聞いたことがありません。

情報商材のプロジェトで、
毎回コメントを求めるのは理由があります。

毎回コメントを残すことで、
プロジェクトへの参加意識が強くなり、
最後に高額の参加費用を提示しても、
参加しやすくなるからです。

特に、現金100万円が欲しいと思って、
「キリック」の内容を褒めたり、
期待する内容のコメントを残したり、
悩み事を告白するようなコメントをすると、

ますます、「キリック」や星野耀 氏を、
盲目的に信用してしまう危険性があります。

つまり、知らず知らずのうちに、
勝手に自己暗示を
かけてしまう可能性があるのです。

3.星野耀を信用できない理由を暴露

星野耀 氏は「キリック」の動画で、
一流ホテルのスイートルームに泊まり、
3万人の投資コミュニテイーを持っている、
と紹介しています。

情報商材のプロジェクトでは、
高級マンションや高級ホテルで、
動画を撮影する事がよくあります。

ですが、高級マンションの場合は、
同じネットビジネス業界の大御所が、
貸し出したりする事が判明しています。

「キリック」を撮影している部屋も、
本当に一流ホテルなのか、
本当にスイートルームなのか、
証拠がありません。

本当に一流ホテルのスイートルームだとしても、
実際に1週間も泊っているのか、
それとも一時的に借りただけなのか、
どちらとも可能性があります。

いずれにしても証拠が無いので、
“すごい”と鵜呑みにすることが危険です。

3万人の投資コミュニテイーについては、
私がこれまで見聞きしてきた中で、
最多の人数のコミュニテイーです。

ネットビジネ業界の大御所でも、
最多で自称1万人規模です。

星野耀というネットビジネス業界で無名の人が、
3万人のコミュニテイーを持っている、
というのは非常に疑わしく感じます。

本当に3万人のコミュニテイーがあるとしても、
3万人全員が投資をしているのか、
全員が稼いでいるのか、
確認することができません。

星野耀 氏の「キリック」が、
もし全員が同じように稼ぐ事ができるなら、
3万人のほとんど全員が実践しているはずです。

3万人が年収1億円を達成しているとすると、
1年間に3兆円を稼ぎ出すコミュニテイー、
という事になります。

そんなコミュニテイーがあるなら、
利用される証券会社は、
あっという間に破産します。

つまり、3万人が集まる
年収1億円の投資コミュニテイーなんて、
存在し得ないと言えるのです。

そもそも、
「キリック」の特定商取引に基づく表記には、
星野耀という名前がありません。

情報商材のプロジェクトでは、
動画に登場する仕掛人が、
架空の人物であった、
という例が何度もあります。

星野耀 氏についても、
特商法に名前が無いのですから、
実在しない可能性があると言えます。

実在するのか、
ハッキリしない人物の投資案件に、
大事なお金を投資することは、
非常に危険であると言えます。


ヒデカズの副業
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。