「配当型トークン500万円分配キャンペーン」のカラクリと、
仕掛けている五十嵐純也という人物について、
検証していきます。


1.配当型コインの魅力とデメリット

「配当型トークン500万円分配キャンペーン」とは、
『保有しているだけで、
給料以上の配当が毎月手に入る!?』
という配当型コインを、

『500万円分無料で受け取りませんか?』
というオファーになっています。

配当型コインとは、
主に仮想通貨取引所のトークンの事です。

仮想通貨取引所で発生した、
取引手数料などの何%かを、
トークン保有者に還元する、
というものです。

サイトで紹介されている、
「FTトークン」の場合は、
トークン保有者は、
仮想通貨取引所FCoinで発生した
取引手数料などの80%が還元されます。

同様の配当型コインは他にも、
「ATトークン」「BKKトークン」「NEALトークン」など、
数種類存在します。

保有しているだけで配当が受け取れる、
というので魅力を感じている人も多いようです。

そんな配当型コインを、
500万円分も無料で分配してくれると聞いて、
期待してLINEに登録した人も多いと思います。

ただ、ここでは、
1人500万円分なのか、
それとも500万円分を山分けなのか、
どちらとも書かれていません。

おそらく山分けなのでしょうが、
いくら分貰う事が出来たとしても、
そのコインを発行している取引所に需要があるか、
という点が重要です。

配当型コインは、
仮想通貨取引所で発生した、
取引手数料などの何%かを、
トークン保有者に還元する、
というものです。

取引所の取引量が少ないと、
自然と配当も少なくなります。

すると、
配当型コインの価値も下がります。

仮に500万円分を山分けされた結果、
1万円分の配当型コインを貰っとしても、
その取引所の取引量が少ないと、
その配当型コインの価値は、
どんどん下がってしまうのです。

「配当型トークン500万円分配キャンペーン」で
紹介されているFTトークンも、
価格は右肩下りで下がってしまい、
現在の配当金額はわずかになってしまっています。

2.ARBコイン500万円分の価値について

「配当型トークン500万円分配キャンペーン」にLINE登録すると、
五十嵐純也と名乗るメッセージが届きます。

顔も出しておらず、
サイトに「特定商取引に基づく表記」が無いので、
五十嵐純也が実在する人なのか、
それとも架空の人なのか、
どちらとも受け止めることができます。

ともかく、連絡先も不明で、
実在するのかも確認できませんから、
その様な人物の情報を鵜呑みにすることは、
危険性があると言えます。

その五十嵐純也氏からのLINEメッセージでは、
こちらお配りする仮想通貨は、 
まだ無名ではありますが、宝の原石です。 
 
ARBコイン 
 
知っているのは情報を常に収集している 
限られた人だけだと思います。
と書かれています。

つまり、まだ市場に出ていないコインである、
と判断できます。

ということは、
500万円という価格は、
ARBコインを発行する取引所か、

もしくは五十嵐純也氏が
一方的に値付けした金額と言えます。

市場が判断して決められた価格ではありません。

過去にICOやプレセールなどで、
上場前に販売された仮想通貨が、
上場した途端に暴落した、
という例はいくらでもあります。

仮に五十嵐純也氏から、
ARBコインを1万円分貰ったとしても、

取引所でARBコインが発行された途端に、
暴落する可能性は十分にあり得ます。

ARBコインを発行するのが、
取引量の多い有名な取引所なら、
配当も増えて、コインの価値も上がりますが、

無名の取引所であれば、
暴落のリスクの方が大きいと考えられます。

3.給料以上の配当が毎月手に入らない裏事情

「配当型トークン500万円分配キャンペーン」について、
分配される配当型コインの暴落の可能性を伝えしました。

それでも、サイトには、
『保有しているだけで、
給料以上の配当が毎月手に入る』
と書かれていますから、

分配されれば、毎月、
給料以上の配当が手に入る、
と期待している人もいると思います。

ですが、配当型コインの配当は、
所有しているコインの量と、
取引所での取引量に左右されます。

ARBコインの配当率は不明ですが、
給料以上の配当を、全員が毎月受け取るには、
かなりの取引量がある取引所でないと、
とても無理であると判断できます。

ARBコインがどこの取引所で発行されるか、
明かされていませんが、
取引量が少ない取引所の場合は、
給料以上の配当を毎月手に入れることは、
非常に厳しいと言えます。

実際、サイト確認すると、
『保有しているだけで、
給料以上の配当が毎月手に入る!?』と、
“?(クエスチョンマーク)”が付いています。

不確かな情報だから付けている、
と考えられます。

4.五十嵐純也のLINEシェアの危険性

五十嵐純也氏が500万円分を分配するという、
ARBコインについて、可能性や将来性が、
全く不明であるとお伝えしました。

それでも、無料で貰えるのだから、
貰えるものは貰っておこう、
という考えの人も多いと思います。

ですが、LINEに登録してから、
実はこの配当型コイン分配キャンペーンは、
抽選だったことが判明します。

さらに、当選選率は33%しかない、
という事が明かされます。
 
ただ、ホーム投稿をシェアする、
という条件をクリアすると、 
当選確率が99%になります。

シェアするということは、
「配当型トークン500万円分配キャンペーン」を、
友人などに紹介する事になります。

無料で貰えるという美味しい話だから、
友人に紹介しても問題無いとか、
喜ばれるはずだ、と思っている人もいと思います。

当選確率も跳ね上がる、
と期待してシェアした人も多いと思います。

ですが、五十嵐純也氏のLINEメッセージでは、
早速、他の人のLINEを紹介してきました。

過去の、この様なパターンの場合は、
ほとんどが毎日の様に、
他人の情報商材の販売キャンペーンを、
紹介してきています。

それらのキャンペーンが、
優良な内容なら問題ありませんが、

実際にはほとんどの人が稼げない、
という案件ばかりです。

そんな案件ばかりを紹介するLINEを、
友人や知人に紹介してしまう危険性があるのです。

価値がよくわからないコインの、
当選確率を上げるために、
価値がよくわからないコインを、
友人や知人に紹介すると、
思わぬトラブルになる可能性があるのです。

友人や知人に紹介するなら、
素性の確かな、信用できる情報だと、
確認してから行うことが大切だと考えます。


ヒデカズの副業
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。