ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

カテゴリ: 石原はじめ

こんにちは、ヒデカズです。


石原はじめ 氏の「THE MOONプロジェクト」について、
前回の検証以降、全ての動画を見たところかなりの危険性を感じますので、
全6大完全保証の危険なカラクリを中心に、大切な事をお伝えします。


【目次】
1.全6大完全保証の危険なカラクリを暴露
2.無意味と言える全額返金保証のカラクリを暴露
3.THE MOONプロジェクトの一番の問題点
4.THE MOONプロジェクトに魅力を感じる人の危険性


1. 全6大完全保証の危険なカラクリを暴露

石原はじめ 氏はTHE MOONプロジェクトへの参加者に、
6つの保証を付けています。


1.最低1000万円保証
2.初月30万円即金保証
3.一生涯サポート保証
4.参加費全額返金保証
5.年利120%完全保証
6.永久無料利用権利保証


THE MOONプロジェクトのこれらの保証を見て、
石原 氏やプロジェクトに期待して,
参加に前向きになっている人も多いと思います。


ところが、保証の具体的な内容について説明されているのは、
4番の「参加費全額返金保証」だけです。


1番の「最低1000万円保証」については、
1000万円とは利益なのか?
利益ならいつまでに1000万円なのか?
投資資金などの条件は無いのか?
1000万円の利益に届かなければどうするのか?
という説明がありません。


“いつまでに”という期限を区切っていないので、
ほとんど無意味な保証と言えます。


2番の「初月30万円即金保証」についても、
何をするのかも不明ですから、誰でも出来るような内容なのかも不明です。


つまり、とても出来ない様な内容を言われて、初月30万円を得られなくても、
やらない方が悪いと言われるだけです。


3番の「一生涯サポート保証」については、
参加費用30万円の説明に『サポート期間は3ヶ月間』と明記していますから、
その後もサポートをしてもらうには費用が発生する可能性があります。


つまり、「無料」とは書いてありませんから、
『お金さえ払い続ければ一生涯でもサポートを続ける』、
という意味である可能性があります。


4番の「参加費全額返金保証」のカラクリについては次項でお伝えします。


5番の「年利120%完全保証」についても、
初年度からとは書いていませんから、“いつか”年利120%になるはずだ、
という内容であると捉えておいた方が良いと言えます。


6番の「永久無料利用権利保証」については、
石原 氏のTHE MOONプロジェクトが稼げる内容であるなら意味がありますが、
結局最後まで石原 氏は、稼げる証拠を見せる事はありませんでした。


具体的な稼げる証拠を公開していないのですから、
現実には稼げない可能性の方が高いと判断できます。


そんなシステムを永久に無料で利用する事は資金を失うだけです。


2.無意味と言える全額返金保証のカラクリを暴露

石原はじめ 氏はTHE MOONプロジェクトへの参加者に、
参加費用の全額返金保証」を付けています。


この保証の内容についてのみ、具体的にサイトに明記されていますが、
しっかりと検証すると無意味と言える保証内容になっています。


全額返金保証の内容の冒頭に下記の文章があります。
『3ヶ月のカリキュラムをこなした上で、
万が一プロジェクト費用以上を稼ぐことが出来なかった方限定で、
プロジェクト費用が稼げるまで、サポート期間をもう3ヶ月間延長します。』


まず、『3ヶ月のカリキュラム』という点に注意が必要です。


そもそも、THE MOONは小学生でもできる簡単な作業だけで稼げるはずなのに、
何らかのカリキュラムを3ヶ月間やる必要があります。


過去の情報商材で返金保証をつけたプロジェクトについても、
現実には難しい内容のカリキュラムであることがほとんどでした。


ここでは具体的にカリキュラムの内容を書いてありませんから、
事前に確認しておく必要があります。


そして、3ヶ月後に稼げなかった場合に、サポート期間をもう3ヶ月延長しますが、
『無料』で延長するとは書いていません。


さらに、プロジェクト費用以上を稼げないという事は、
参加費用の30万円に届いていない可能性もありますが、
もしかしたら、マイナスになっている可能性もあるのです。


もし投資資金がどんどん失われているような状態になっていたら、
例えサポート費用が無料でも、さらに延長するような事は普通はしないはずです。


保証内容の文には、サポート期間を延長した際のその3ヶ月の間に、
『特別に救済プログラムを用意し』と書かれていますが、
これも無料では無く、特別プログラムの料金が別途発生する可能性があります。


例えば、THE MOONプロジェクト費用が30万円で、
特別プログラムの参加費用がさらに30万円の場合、


特別プログラム終了後でも全く稼げなかったとしても、
返金されるのはプロジェクト費用である、最初に支払った30万円だけです。


その後に発生した費用や、失った投資資金については保証はされません。


つまり「全額返金保証」は稼げなかった場合の保証であるはずなのに、
実際に稼げない場合にこの保証を使うと、さらに資金を失う可能性があるのです。


3.THE MOONプロジェクトの一番の問題点

石原はじめ 氏のTHE MOONプロジェクトは、
前回の検証記事でもお伝えしましたが、


結局最後まで証券会社などが発行した取引履歴などの、
明確な証拠を全く公開しませんでした。


石原 氏がTHE MOONの実績の証拠としたのは、
過去の参加者たちが稼げたという金額だけです。


私が前回検証した際に、
動画に登場した参加者たちがエキストラである可能性を指摘しましたが、


特に第3話に登場した女性は、明らかにエキストラである、
と判断できる言葉を言ってしまっていました。


石原 氏のTHE MOONプロジェクトは投資ですから、
参加費用の30万円とは別に、さらに投資資金を用意する必要があります。


そして、その自分の大切な資金の運用を、
「キング」氏と呼ばれている、どこの誰だかわからない、
そもそも実在するのか、実在しないかもわからないような人物に、


それも、運用実績の証明が全く無いのに任せるというのですから、
冷静に考えると、とんでもなく問題のあるプロジェクトであると言えます。



4.THE MOONプロジェクトに魅力を感じる人の危険性

現代は情報化社会ですから、
「情報を見抜く力=生きる力」とも言えると思います。


石原はじめ 氏の「THE MOONプロジェクト」のような内容を見て、
明確な証拠が無いのに、稼げるのではないかと期待してしまっていては、


稼げない、どころか生きていくことも厳しいと言わざるを得ません。


逆に言えば、情報を見抜く力がついてくると、生きる力がついてきて、
そして稼ぐ力も付いてきます。


事実、過去の私が数々の情報商材のプロジェクトを見ては、
充分な証拠も無いのに、稼げるのではないかと期待してしまい、
次々とお金を失っていき、ついには生きる意味も失いかけました。


そんな時に今実践している副業に出会い、
情報を見抜く力を徐々に身に付けることができ、
そして今では、稼ぐ力を身に付ける事が出来ました。


投資は資金に余裕がある方ならやるべきですが、
そうでない方はまずは堅実なビジネスで「情報を見抜く力」と「稼ぐ力」を身に付け、


安定した副収入を得られるようしてから、
それから投資にお金を回すのが良いと思います。


【石原はじめ THE MOONプロジェクト 関連記事】
石原はじめ THE MOON(ザ・ムーン)プロジェクトでお金持ちになれない理由


ヒデカズが実践している副業 
※実践して1年4ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓


【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
派遣のアルバイトをやってみて感じた備えることの大切さ
自営業の私が始めた副業が、本業に与えた意外な効果とは
私が考える本当の人生のリスクと副業のリスク
私が福耳の会を1年間続けてきた生体験を告白します
消費税増税! 10%どころか、さらに増税されると言える理由



【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠
情報商材の詐欺ニュース 「写真を選ぶだけ」で被害者続出のワケ
情報商材のプロジェクトの“誰でも稼げる”のカラクリを暴露
与沢翼が情報商材の実態を暴露!ネットビジネス業界が焦る内容とは



「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

こんにちは、ヒデカズです。


石原はじめ 氏が仕掛けている「THE MOON(ザ・ムーン)プロジェクト」について、
参加してもお金持ちになれない残念な理由をお伝えします。


【目次】
1.THE MOON(ザ・ムーン)に入ることの危険性
2.石原はじめ 氏の言葉を鵜呑みにする危険性
3.私の体験談「販売者の言葉を鵜呑みにした結果」
4.本物の情報商材に出会っても稼げない人がいる事実


1.THE MOON(ザ・ムーン)に入ることの危険性

石原はじめ 氏はTHE MOON(ザ・ムーン)に入っただけで、
毎月2000万円から3000万円といった金額が振り込まれてくる、
と言っています。


そして、誰でも、完全自動、完全放置で、ただ実行するだけで、
石原 氏と同じ結果が参加者にも出ると言っています。


石原 氏が語る“キング”という人物にお金を預けることで、
様々な投資を行って、ほったらかしで勝手に現金が増える、
と聞いて期待している人も多いと思います。


ですが、どうやってお金が増えるのか、
その具体的な運用実績については全く公開されていません。


投資先については、株式、FX、先物商品、日経225、暗号通貨などから、
その時期に見合ったトレンドに合わせて運用する、
と言っていますが、


それぞれの投資先での運用実績については明かされていないのです。


石原 氏自身が『僕自身、何をしているのかわからない』、
と言ってしまっていますから、
今後も投資先の運用実績について公開されることは無いと予想できます。


これは、つまり、例えるなら、
突然、家のインターフォンを鳴らして、見知らぬ男が現われ、
いきなり目の前で2000万円を広げて、


“これだけのお金が毎月もらえますから、僕に100万円を預けてください”
と言われるようなものです。


リアルに想像してみて、どこの誰だかわからない男に、
『そんな美味しい情報をありがとう』とでも言って、お金を渡すでしょうか?


例え名刺を見せられたからと言っても、
名刺なんてパソコンで簡単に好き勝手に作ることができますから、
大手企業の名前を騙ったり、好きな肩書を付けることも簡単です。


石原はじめ 氏の「THE MOON(ザ・ムーン)プロジェクト」に参加して、
お金を預けるという事は、まさに同じ事なのです。


2.石原はじめ 氏の言葉を鵜呑みにする危険性

石原 氏は“キング”という、まるで投資の神のような人物を出してきて、
ただ、THE MOON(ザ・ムーン)に参加すれば稼げる、とだけ言っています。


既に参加しているという人物の体験談も出てきますが、
こういった情報商材のプロジェクトに登場する体験者は、
過去のほとんどのプロジェクトにおいてもエキストラを使っています。


投資系の情報商材のプロジェクトでも、リアルの投資話でも、
石原はじめ 氏の様な、販売者が一方的に稼げるといってくる言葉や、
本物かエキストラかわからない人の体験談だけを信用する事は危険です。


重要なのは、そんな耳障りの良い魅力的な言葉や文章では無く、
改ざんや偽造の可能性が限りなく低い、リアルな数字です。


どれだけ一流の銀行や証券会社の人から、おすすめの投資話を持ち込まれても、
具体的な運用実績や、数字や、元本割れのリスクといった、
将来の様々な可能性やリスクを確認するのが常識です。


それらの具体的な資料を確認できないような投資話に、
ついつい引き込まれてしまって、参加を検討してしまうようでは、
情報を判断することが出来ない人と言わざるを得ません。


情報を判断することが出来ない人=情報弱者と言われていますが、
情報弱者のままでは、いつまで経ってもお金を稼ぐことなんて出来ません。


3.私の体験談「販売者の言葉を鵜呑みにした結果」

そういう私自身ですが、かつては典型的な情報弱者でした。


私は2年ほど前に、FXの自動売買システムを販売する、
ネットの情報商材のプロジェクトを見ていました。


プロジェクトの販売者は、その自動売買システムを開発した人物について、
“投資の神”と名付けて、ひたすら凄い凄いと連発し、
その“神”がいかに凄い人物かという事をアピールしていました。


そして最終的には、その“神”が人数限定で参加者の資産を直接運用してくれる、
といって高額の参加費を要求してきました。


当時、情報弱者だった私は、具体的な運用実績も公開されていないのに、
つまり“神”の運用実績について何も確認せずに、


ただ“凄い”“神”という言葉だけを信用して、高額の参加費を支払い、
さらに運用資金まで預けてしまったのです。


そして、結果は、ほとんど全てを失いました。


私は、その後もネットで様々な投資系のプロジェクトや、
ビジネス系の情報商材を見て来ましたが、
情報弱者だった私には、販売者が言う言葉はどれも魅力的に聞こえて、
稼げそうな気になっていました。


それで、動画を見た後には、石原はじめ 氏の様な販売者が言うとおりに、
毎回真面目にコメントを残し、プロジェクトを最後まで期待して見ては、
参加費用とカードの支払い枠を見ながら何度も参加を繰り返していました。


ですが、情報弱者のままではいつまで経っても、
“本物”と“偽物”の見分けが出来ませんし、


ネットビジネスの商材はほとんど全てが“偽物”だったのですから、
稼げずに、お金を失い続ける事は当然でした。


そんな情報弱者の私でしたが、たまたま今の副業に出会って、
本気で取り組んだおかげで、“本物”と“偽物”の見分けができるようになり、


後になってから、実はようやく“本物”の副業に出会う事が出来ていた、
という事に気づいたのです。


4.本物の情報商材に出会っても稼げない人がいる事実

ただ、“本物”なら誰でも簡単に稼げる、という訳ではありません。


私がその後にも“本物”と判断した情報商材やネットビジネスはいくつかありますが、
全て、誰でも、楽して、簡単に稼げる、というものではありませんでした。


つまり、いくら“本物”の副業に出会っても、
その人の取り組み方次第では稼げない可能性があるのです。


もしかしたら、そんな楽して簡単に稼げなかった、という人の中には、
私が認めたいくつかの“本物”について、
悪い評価をしている人がいるかもしれません。


ですが、本気で稼ぎたいと心から思って、
真面目にビジネスに取り組む意思がある人なら、


“本物”のビジネスに本気で取り組むことで、
必ず結果がついてくると私は確信しています。


“いつか稼げたらなあ”という気持ちで、
楽して簡単に稼げるという副業を探しているようでは、
いつまで経ってもお金を稼ぐことが出来ないと言えます。


逆に、絶対に稼ぎたいという本気の人や、
絶対に稼がなければならない、という覚悟のある人なら、
“本物”に出会う事さえ出来れば稼ぐことはほぼ確実と言えます。


私は、“絶対に稼がなければならない”という、
父親としての責任と覚悟があったから、
今の副業に本気で取り組み、結果を残すことができました。


そして、かつては情報弱者であった自分を、ほぼ脱出できたと思います。


たまに心が揺らぐこともありますが、
情報を検証する力は確実についているので、


ネットの広告でも、リアルな広告でも、
そのカラクリや裏事情にすぐに気付くことが出来ています。


情報があふれる現代において、情報を見抜く力を身に付ける事は、
もはや“生きる力”とも言えると思います。


私が実践している“本物”の副業で本気で稼ぎたい、
という真面目な人はヒデカズまでご連絡ください。


ヒデカズが実践している副業 
※実践して1年3ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓


【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
派遣のアルバイトをやってみて感じた備えることの大切さ
自営業の私が始めた副業が、本業に与えた意外な効果とは
私が考える本当の人生のリスクと副業のリスク
私が福耳の会を1年間続けてきた生体験を告白します
消費税増税! 10%どころか、さらに増税されると言える理由



【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠
情報商材の詐欺ニュース 「写真を選ぶだけ」で被害者続出のワケ
情報商材のプロジェクトの“誰でも稼げる”のカラクリを暴露
与沢翼が情報商材の実態を暴露!ネットビジネス業界が焦る内容とは



「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

このページのトップヘ