こんにちは、ヒデカズです。


石川武幸 氏の「自動売買マネジメント講座」について、
FXで自動売買ソフトでは稼ぎ続ける事が出来ない理由をお伝えします。


【目次】
1.初期費用は完全無料ではない
2.秘密の仕組みの正体と、稼ぎ続ける事が出来ないカラクリ
3.自動売買ソフトもおもちゃのようだと言える理由
4.私が20以上の自動売買ソフトを使って気付いた事
5.自動売買マネジメント講座で学んでも稼げないと言える理由


1.初期費用は完全無料ではない

石川武幸 氏は「自動売買マネジメント講座」の中で、
100以上のFXの自動売買ソフトを無料で使える『秘密の仕組み』を使って、
月収500万円の収入を得ていると言っています。


さらに動画の中では『初期費用0円で自動で収益が上がるシステム』
と言っていますので、タダでほったらかしで稼げる、
と期待している人も多いと思います。


ですが、投資ですから投資資金は必ず必要になります。


実際、石川 氏が公開した実績の画像でも、
300万円、500万、1000万円という元本を用意しています。


さらに今回の石川 氏のプロジェクトは、
「自動売買マネジメント講座」という名前ですから、
最終的には塾への参加者を募集すると考えられます。


石川 氏の塾に参加するためには、参加費用が発生するはずですから、
結局、参加費用と投資資金は必ず必要になります。


2.秘密の仕組みの正体と、稼ぎ続ける事が出来ないカラクリ

石川武幸 氏は100以上のFXの自動売買ソフトを無料で使える、
『秘密の仕組み』を使って稼いでいると言っています。


FXの経験者の中にはご存じの方も多いと思いますが、
100以上のFXの自動売買ソフトを無料で使える、
サイト「GEM-Trade(ゲムトレード)」というものが存在します。


「GEM-Trade(ゲムトレード)」にある100以上のFXの自動売買ソフトは、
海外のFX会社である『GEMFOREX』『XM』『FXDD』などで利用できます。


元々、有料のソフトだったものが、販売当初ほどパフォーマンスが良くなくなったり、
そのソフトの最新版が出たりして“型落ち”となったものが配布されています。


石川 氏が言っている『秘密の仕組み』については第1話では確認できませんでしたが、
もし「GEM-Trade(ゲムトレード)」を利用するのなら、
何も石川 氏の塾に参加しなくても、今すぐにでも始める事が出来るのです。


さらに、「GEM-Trade(ゲムトレード)」のFXの自動売買ソフトを、
先ほどお伝えした海外の証券会社が、使用を認めていたり、
推奨したりしていることに注意する必要があります。


「GEM-Trade(ゲムトレード)」のFXの自動売買ソフトで、
もし誰もが勝ち続ける事が出来るのであれば、


そのソフトを利用されている証券会社にとっては、
利益がどんどん減っていくことになるのですから、
すぐに使用を認めなくしたり、推奨しないようにするはずです。


つまり、石川 氏が言っている『秘密の仕組み』が、
「GEM-Trade(ゲムトレード)」の事なのであれば、
誰でも勝ち続ける事は出来ない、と言えるのです。


3.自動売買ソフトもおもちゃのようだと言える理由

石川武幸 氏は「自動売買マネジメント講座」の第1話で、
FXのサインツールの事をおもちゃみたいなツールと言っています。


さらに、サインツールは『ゴロゴロとモンスターがいるマーケットでは勝てない』
とも言っています。


ですが、サインツールも自動売買ソフトも、
エントリーポイントの導き出し方はほとんど同じです。


サインツールが出すエントリーポイントで、
人間がエントリーするのか、それとも自動売買システムがエントリーするのか、
という違いです。


つまり、サインツールであっても自動売買ソフトであっても、
石川 氏が言う様に『相場は常に変化している』のですし、


さらにマーケットにいるモンスター級のトレーダーたちは、
巧妙に裁量トレードを行っているのですから、


そんなトレーダーから言わせれば、
3~5万円程度の自動売買ソフトなんて、おもちゃのようなものです。


おもちゃの様なシステムを使って、
厳しいトレードの世界で勝ち続ける事なんて出来ないと言えるのです。


4.私が20以上の自動売買ソフトを使って気付いた事

石川武幸 氏は「自動売買マネジメント講座」の中で、
15個のポートフォリオを運用していると明かしています。


実は、私は2年以上にわたって、FXの自動売買ソフトを利用してきました。


私もポートフォリオを組んでいて、
一番多い時では20個以上の自動売買ソフトを組み合わせて運用していました。


石川 氏は自動売買ソフトの相場として1ソフト3~5万円と紹介していますが、
私が購入したソフトの中には、5万円のものや15万円のものもありました。


私が探した中には100万円以上するものもありましたが、
さすがに手が出ませんでした。


そして私は、毎日、世界各国で発表されるの経済指標や、
要人の発言などをチェックしながら、


さらに、それぞれの自動売買ソフトのパフォーマンスもチェックしながら、
ほとんど毎日の様に、自動売買ソフトの稼働の調整を行っていました。


そうやって運用してきた私が購入した自動売買ソフトたちは、
ある時は調子が良くても、ある時から勝てなくなりました。


私が購入した以外の自動売買ソフトについても、
気になるものについてはずっと成績をチェックしてきましたが、


やはりほとんどの自動売買ソフトは短期的には勝つことが出来ても、
いずれ勝てなくなったのです。


そのうちに、FXの業界の“あるカラクリ”を疑うようになり、
3ヶ月ほど前に全ての自動売買ソフトの運用をやめました。


そのカラクリについては、また日を改めてお伝えしたいと思いますが、


石川 氏が利用している自動売買ソフトは、
1つ3~5万円程度で一般に販売されている普通のソフトの、
さらに“型落ち”なのですから、


どれだけソフトの組み合わせを変えようとも、
どのソフトもそのうちに稼げなくなる可能性が高いと言えるのです。


5.自動売買マネジメント講座で学んでも稼げないと言える理由

石川武幸 氏は100個以上の自動売買ソフトを相場の動きに合わせて使い分ける、
という事をマネジメント講座で語ると考えられますが、


未来の相場は誰にもわかりません。


例え、今の相場では調子が良いからといって、そのソフトを選んでも、
明日からも勝てる保証は全く無いのです。


そして、たとえ利用中のソフトがいくら調子よく勝てているとしても、
ある日突然、大きな損失を出すことも十分あり得るのがFXの世界です。


どれだけモンスター級のトレーダーであっても、
誰も未来の相場はわからないのです。


石川 氏の実績の画像を見て、期待している人も多いと思いますが、
実績の画像は偽造することも可能ですし、


例え偽造していなくても、全ての口座について、
過去の全てのトレード履歴を公開していませんから、
他の口座や、過去の実績では大きな損失を出している可能性もあるのです。


さらに、例え過去は勝てていたとしても、
未来も勝ち続ける事が出来るという保証はありません。


FXの世界では、ある日突然資金を失う事が日常茶飯事ですから、
資金に余裕がないのに、FXに取り組むのは大きなリスクがあるのです。


投資は資金に余裕がある方ならやるべきですが、
そうでない方はまずは“本物”のビジネスで「稼ぐ力」を身に付け、
安定した副収入を得られるようになってから、


お金を払って価値ある本物の投資の情報を手に入れてお金を増やしていくのが、
リスクが少ない、堅実な資産の増やし方だと思います。


“本物”のビジネスで「稼ぐ力」を身に付けたい方は、
ヒデカズまでご連絡ください。



ヒデカズが実践している副業 
※実践して1年4ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓


【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
自営業の私が始めた副業が、本業に与えた意外な効果とは
私が考える本当の人生のリスクと副業のリスク
私が福耳の会を1年間続けてきた生体験を告白します
消費税増税! 10%どころか、さらに増税されると言える理由
同じ給料でも手取りが15年間で50万円も減っている実態と対策



【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠
情報商材の詐欺ニュース 「写真を選ぶだけ」で被害者続出のワケ
情報商材のプロジェクトの“誰でも稼げる”のカラクリを暴露
与沢翼が情報商材の実態を暴露!ネットビジネス業界が焦る内容とは



「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp