ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

カテゴリ: 重道ミツトシ

重道ミツトシ氏が行う金トレセミナーについて、
eBay物販実践中の私が、
2ヶ月で34万円稼げないカラクリを暴露します。


1.最初の1ヶ月で10万円稼げないカラクリ

重道ミツトシ氏の「金トレセミナー」は、
海外オークションサイト『eBay』を利用した物販について、
セミナーを行います。

私自身、約2年前からeBay物販を行っています。

最初のきっかけは、
ある情報商材のコミュニテイーに参加したことです。

月会費が発生していたコミュニテイーだったので、
毎月赤字が続いたので途中で退会しました。

その後は独学でコツコツと、
eBay物販を続けています。

そんな私だから言えるのですが、
eBay輸出の最初のハードルは
『出品制限』があることでした。

eBayにセラー(販売者)として
最初に出品する際は、
『出品制限』(商品の総数10品、総金額500ドル)
があります。

この出品制限は誰にでもあります。

仮に利益率20%の商品を、
500ドルの枠を全部使い切って、
全て売り切ったとして、
ようやく100ドルが利益になります。

つまり、最初の1ヶ月で、
10万円稼げるはずが無いのです。

さらに、1ヶ月100ドルというのも、
あくまでも理想であって、
現実はそう上手くはいきません。

eBayでは世界中からたくさんのセラーが、
商品を出品しています。

日本のセラーもたくさんいて、
すでにかなりの販売実績を持った、
トップセラーが何人もいます。

何の実績も無い人が商品を出品しても、
よっぽどのお宝商品でなければ、
誰も買ってくれません。

eBayにはセラー(販売者)の評価制度があります。

eBayのトップセラーは、
販売した相手から、
たくさんの良い評価をもらっています。

同じ商品であれば、
実績がほとんど無く、評価も低い人より、
少々高くてもトップセラーから買いたい、
というのがほとんどの購入者の思考です。

そんなトップセラーに負けずに、
買ってもらう方法は唯一、
安売りすることだけです。

赤字覚悟で販売して、
ようやく売れ出すというのが現実です。

私もeBayを始めて数ヵ月は、
売れば売るほど赤字でも、
とにかく『経費』と割り切って、
実績作りをしてきました。

そしてこれは誰もがやっていることですので、
ebay輸出は、始めてから数ヵ月は、
赤字が続く事を覚悟する必要があります。

2.eBay実践者が脱落する理由

eBayで物販を始める際には、
最初は出品できる商品数は10品まで、
総金額500ドル以内という
『出品制限』があることをお伝えしました。

この上限(リミット)を上げるに
商品を出品して購入してもらい、
購入者から良い評価(ポジティブフィードバック)を
もらわなければなりません。

さらに、eBayにリミットを上げてもらう為には、
メールや電話で、英語で直接交渉する必要があります。

英語で頑張って交渉しても、
『出品制限』が無くなることは無く、
わずかに制限の枠が増えるだけです。

枠をさらに上げてもらうには、
最短でも30日の期間を開ける必要があり、
さらにその間に、
実際に売れたという実績を残さなければなりません。

そうして、わずかに増えた枠の中で、
またコツコツと販売を行うのです。

最初のうちは、
購入者からの良い評価(ポジティブフィードバック)
を貰っている数が少ないのでなかなか売れません。

つまり最初からたくさん売ることは難しく、
売れない人に対して、
eBayはリミットの枠をなかなか上げてくれません。

先ほどお伝えしたように、
赤字覚悟での実績作りがしばらくは続きます。

つまり、
重道ミツトシ氏が「金トレセミナー」で教えるeBayビジネスは、
かなり長期的な戦略で進める必要があるのです。

収益化するまでは資金が必要ですし、
ようやく収益化しても売り上げが増えるに従って、
転売に必要な様々な作業が増えてくるのです。

もちろん、かなり利益が出るようになれば
転売に必要な作業については、
組織化や外注化することで対応できますが、
そこまで出来た人はほんの一握りです。

そのような理由から、
実はeBayビジネスの脱落率は、
90%と言われているのです。

3.2ヶ月間で34万円稼げないと言える理由

重道ミツトシ氏の「金トレセミナー」のサイトを見ると、
『金トレの法則を学んで
2ヶ月で34万円を
手に入れたい方はこちら』
と謳ってセミナーに誘っています。

この言葉を見て、
“金トレセミナーに参加すれば、
2ヶ月で34万円稼げる“
と思った人は多いと思います。

ですが、ここでは、
34万円を『手に入れたい方は』、
と書いているのであって、
34万円を『稼ぎたい方は』
とは書いていません。

つまり、34万円という金額が、
「売り上げ」なのか、「利益」なのか、
どちらとも受け取れる表現をしています。

「売り上げ」であれば、
例えば34万円のものを仕入れて、
34万円で売れれば、
34万円は手に入りますが、
利益は0(ゼロ)です。

100万円で仕入れたものを、
34万円という特価で販売すれば、
誰でも売れるかもしれません。

大赤字になりますが、
それでも『34万円を手に入れた』、
という事が出来す。

また、2ヶ月という期間も、
いつから2ヶ月なのか確認できません。

先ほど『出品制限』についてお伝えしたように、
eBayを始めてから2ヶ月程度では、
34万円分も商品を出品できる事は、
ほとんどあり得ないと言えます。

従って、出品制限の枠が、
かなり広がってからの2ヶ月だと考えられます。

ともかく、先ほどお伝えしたように、
eBayは始めてから数ヵ月は、
赤字を覚悟する必要があります。

2ヶ月で34万円の利益を得るまでには、
かなり本気で稼ぐ気持ちと、
資金が必要だと言えます。

4.無料の「金トレのすべて」で稼げないと言える理由

重道ミツトシ氏は「金トレセミナー」のサイトで、
『金トレの全てを無料で受け取ってください』
として金トレの全貌を公開しています。

14項目の内容を見て、
稼げそうだと思った人もいるかもしれません。

eBay実践者の私から見ると、
この「金トレのすべて」で結果を出すのは、
初心者にはかなり厳しいと感じます。

重道氏との電話相談や、重道氏からのコンサルが、
回数に制限があるのか、いつまで受けられるのか、
書かれていませんので確認する必要があります。

メールサポートについては30日しか無く、
先ほどお伝えしたように、
初月の30日からeBayで結果を出すのは難しいので、
サポート期間としては短すぎると言えます。

「商品リスト」については、
“実際に売れた”と書かれていますから、
そんな商品は、他のセラーがすでに、
同じ商品を販売しているはずです。

eBay物販の王道は、
誰かが売れたものを調べて、
同じ商品を安く仕入れて販売するか、
もしくは価格を安くして販売します。

過去に売れた商品をリストにして受け取っても、
そんな商品は既にeBayでは、
飽和状態になっている可能性が高いと言えます。

「お宝カテゴリー情報共有LINE」についても、
先ほどお伝えしたように、
売れている商品については、
世界中のセラーがチェックしています。

もし、重道ミツトシ氏が独自の方法で見つけた、
売れている商品であっても、
その情報は重道氏のコミュニテイーに参加する、
多くの人と共有する事になります。

早い者勝になったり、価格競争になったりして、
すぐに飽和することが考えられます。

私の体験から言えるのですが、
eBay物販を独学で行うのは、
効率がよくありません。

実績のある本物の指導者に、
「稼ぐ力」が身に付くまで、
しっかりと指導してもらう方が、
早く結果を出すことが出来ます。

重道ミツトシ氏の「金トレセミナー」に参加するなら、
電話相談やコンサルがいつまで受けられるのか、
といったサポート期間を確認しておくことが重要です。

そして、重道氏がどれだけの指導力があるのか、
過去の実績を確認する事が必要です。

サイトで紹介している実践者の声は、
本物なのか、作ったものなのか、
確認する事が出来ません。

実際に重道氏に指導を受けた人の、
生の声を確認する必要があります。

重道氏がeBay物販で稼ぐ人を多く輩出してきたのか、
しっかりと確認することが大切だと言えます。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓


【重道ミツトシ 関連記事】
重道ミツトシ ebay物販道セミナー 毎月10万円は難しいと言える私の生体験


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

重道ミツトシ 氏が行う「重道流ebay物販道セミナー」について、
私はebay輸出を副業の1つとして行っていますので、
月収10万円は難しいと言える私の生体験をお伝えします。


1.毎月10万円は難しいと言える私の生体験

重道ミツトシ 氏の「ebay物販道セミナー」では、
海外オークションサイト『ebay』を利用した転売について、
セミナーを行います。

私自身がebayの利用者だから言えるのですが、
ebay輸出の一番のハードルは
『出品制限』があるということです。

ebayにセラー(販売者)として
最初に出品する際は、
『出品制限』(商品の総数10品、総金額500ドル)
があります。

この出品制限は誰にでもありますから、
逃れることはできません。

仮に利益率20%の商品を、
500ドルの枠を全部使い切って、
全て売り切ったとしても、
わずか100ドルしか稼げないのです。

この上限(リミット)を上げるには、
商品を出品して購入してもらい、
購入者から良い評価(ポジティブフィードバック)を
もらわなければなりません。

さらに、ebayにリミットを上げてもらう為には、
メールや電話で、英語で直接交渉する必要があります。

英語で頑張って交渉しても、
『出品制限』が無くなることは無く、
わずかに制限の枠が増えるだけです。

枠をさらに上げてもらうには、
最短でも30日の期間を開ける必要があり、
さらにその間に、
実際に売れたという実績を残さなければなりません。

そうして、わずかに増えた枠の中で、
またコツコツと転売を行うのですが、
最初のうちは、
購入者からの良い評価(ポジティブフィードバック)
を貰っている数が少ないのでなかなか売れません。

つまり最初からたくさん売ることは難しく、
売れない人に対して、
ebayはリミットの枠をなかなか上げてくれません。

実績の少ない人から、
高額商品を買う人はほとんどいません。

同じ商品を買うのなら、
たとえ少々高くても、
評価の良い人から買っていきます。

先ほど、
最初の出品制限の500ドル分を全て売り切っても、
という例えをしましたが、

全く実績のない出品者が
リミットの500ドル分を売り切ることは、
ほとんどあり得ません。

そうなると、
どうしても安く販売するしかありません。

それでもなかなか売れませんから、
赤字覚悟で販売して、
ようやく売れ出すというのが現実です。

私も最初は、
売れば売るほど赤字でも、
とにかく『経費』と割り切って、
実績作りをしてきました。

そしてこれは誰もがやっていることですので、
ebay輸出は、始めてから数ヵ月は、
赤字が続く事を覚悟する必要があります。

つまり、重道ミツトシ 氏の
「ebay物販道セミナー」で行うebayビジネスは、
かなり長期的な戦略で進める必要があるのです。

収益化するまでは資金が必要ですし、
ようやく収益化しても売り上げが増えるに従って、
転売に必要な様々な作業が増えてくるのです。

もちろん、かなり利益が出るようになれば
転売に必要な作業については、
組織化や外注化することで対応できますが、
そこまで出来た人はほんの一握りです。

そのような理由から、
実はebayビジネスの脱落率は、
90%と言われているのです。

2.初心者が4ヶ月で月収31万円稼げない理由

重道ミツトシ 氏の「ebay物販道セミナー」では、
『1日30分の作業で4ヶ月後に月収31万円達成』
と書かれています。

この言葉については、
証拠はありませんので
本当か嘘なのか、確認できません。

ただ、先ほどお伝えしたように、
全くebay経験ゼロの人が4ヶ月で月収31万円は、
かなり難しいと言えます。

ですので、本当の話だとしても、
たまたま4ヶ月後には、
月収31万円になったかもしれませんが、
5ヵ月後からは数千円に落ちているかもしれません。

もしくは、ebayの実績がゼロでは無くて、
かなりの数を出品できた人だったのかもしれませんし、

いずれにしても、誰にでもできる実績では無い、
という事は確実に言えます。

3.重道ミツトシの販売実績の疑惑を暴露

重道ミツトシ 氏は「ebay物販道セミナー」のサイトで、
『1つ利益43万円の超高利益ビジネス』
と紹介しています。

ですが、そんなに高利益の商品を売れるのは、
やはりebayでの実績をかなり積んでいる人で、
高利益率の商品を独占的に販売できる人だと言えます。

重道ミツトシ 氏は「ebay物販道セミナー」のサイトで、
利益30万円以上の商品をいくつも販売している、
と言ってサンドバッグの画像を紹介しています。

ですが、このサンドバッグを重道ミツトシ 氏が売った、
という証拠がありません。

すでに売れた他人の商品の画像を紹介している、
という可能性も考えられるのです。

ebayで過去に売れた商品は検索できますので、
重道ミツトシ 氏が紹介しているサンドバッグを
検索しましたが出てきませんでした。

重道ミツトシ 氏が紹介しているサンドバッグが、
実際にはebayで売れていない可能性があると言えます。

4.重道流ebay物販道セミナーの落とし穴

重道ミツトシ 氏は「ebay物販道セミナー」で、
『まずは月10万円を継続して稼げるノウハウを伝授』
とサイトに書かれています。

この言葉を見て、
重道流「ebay物販道セミナー」に参加すれば、
すぐにでも毎月10万円を稼ぐ事ができるようになる、
と期待している人も多いと思います。

ですが、重道ミツトシ 氏はセミナーで、
月10万円を稼ぐノウハウは教えますが、
そのノウハウで、
いつから毎月10万円を稼げるのか、
については書かれていません。

私が先ほどお伝えしたように、
ebayビジネスは、かなり長期的な戦略で
進める必要があります。

重道ミツトシ 氏の「ebay物販道セミナー」に参加して、
毎月10万円を稼げる人とは、
毎月10万円を稼げるようになるまで、
ひたすら努力を続けた人だけだと言えます。

5.私が副業でebay輸出を続けている理由

私が副業の1つとして
ebayを利用した無在庫転売を行っているのは、
転売で稼ぐために必要なものは、
アナログのビジネスと本質は同じ、
と言えるからです。

つまり、アナログのビジネスも、
ネットのビジネスも、
本物のノウハウをしっかり学び、
しっかりと実践し続けていくことで、

自分自身がそのビジネスで
「稼ぐ力」をつけていけば、
しっかりと結果が付いてくるという
“積み上げ式の稼ぎ方”だからです。

転売においての「稼ぐ力」とは
「商品リサーチ力」ですから、
「リサーチ力」を身に付けていくことが
“積み上げ式の稼ぎ方”と言えます。

ツールやシステムに頼ったり、
誰かに全て依存した稼ぎ方は、
何も積みあがりませんから、
「稼ぐ力」は身に付きません。

「稼ぐ力」の無い人は、
転売でもどんなビジネスでも、
いつまでも稼ぎ続ける事なんて出来ない、
と言えます。

逆に「稼ぐ力」がある人なら、
ネットに転がっている、
無料の情報であっても稼ぐ事ができるものです。

なぜなら、「稼ぐ力」がある人は、
ネットに溢れるたくさんの情報の中から、
『本物』を見つけることができるからです。

つまり、「稼ぐ力」の無い人は、
情報を見分けるスキルの無い、
『情報弱者』となってしまっていると言えます。

『情報弱者』のままでは、
どんなネットビジネスをやっても、
結果を出すことは難しいです。

それどころか、
『情報弱者』を狙った詐欺的な販売手法に、
いとも簡単に引っ掛かってしまい、
被害者になってしまう可能性が高いと言えます。

こういう私も、1年7ヶ月前までは、
自分では気づかなかったのですが、
典型的な『情報弱者』でした。

情報弱者の私は、
当時は自分が情報弱者とは気が付きませんでした。

だから、いくつもの情報商材のプロジェクトに、
引っ掛かってお金を失っていきました。

自分が情報弱者だと気が付いたのは、
“本物”のネットビジネスに出会って、
情報の見抜き方を学んできたからです。

ネットには無限と言っていいほど
様々な情報があふれていますが、
情報を見抜くスキルが付いてくると、
たとえ無料の情報であっても、
稼ぐ事ができることにも気が付きました。

ですので、ネットビジネスで稼ぎたい人や、
稼いだことが無い人こそ、
まずは地に足の着いた
“本物”のビジネスを学ぶべきだと思います。

堅実なビジネスで「稼ぐ力」を身に付けたい方は、
ヒデカズまでご連絡ください。


ヒデカズの副業 ※実践して1年7ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

このページのトップヘ