ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

カテゴリ: 川越諒太郎

こんにちは、ヒデカズです。


川越諒太郎 氏のREBOOT(リブート)」プロジェクトについて、
私は昨年末に2度にわたって危険性をお伝えしてきました。


プロジェクトの参加者から、
詐欺トラブル発生寸前と言える実態を確認しましたので、
リブートプロジェクトの危険性をお伝えします。


※以前の検証記事を最後にご案内しますので、そちらも参考にしてください。

【目次】
1.REBOOT(リブート)プロジェクト参加者の現状
2.ANDシステムを利用する5つの危険性
3.国民生活センターからの注意喚起とは
4.騙されていても、川越諒太郎に詐欺だと言えない理由
5.メールやLINEから紹介されるプロジェクトの危険性


1.REBOOT(リブート)プロジェクト参加者の現状

川越諒太郎 氏の「REBOOT(リブート)」プロジェクトは、
最終的にチームリブート(Team Reboot)への参加者を募集しました。


参加費用は98,000円です。


多くのプロジェクトの視聴者が利用しているANDシステムは無料ですが、
メンテナンス代というのが口実になっています。


私は以前の記事で、ANDシステムの画面に表示される金額はただの数字で、
システムの実際の実力を判断する基準には全くならない、
と注意喚起をしました。


案の定、FXのシステムであるのに、
市場が動いていない土日にまで利益が出ていたようですから、


システムの金額は、川越氏が作った、
でっち上げの実績であったと言えます。


ANDシステムについては、
プロジェクトの視聴者が無料で利用できるのはデモ版で、


本番環境用のANDシステムを使う必要があるということで、


システムを本番環境にアップグレードするためには、
TEAM REBOOT(チームリブート)への参加が必要になるのでした。


デモ版のANDシステムの数字を、本当に稼げるであろう金額だと期待した、
多くの人がTEAM REBOOT(チームリブート)に参加しました。


ネット上の参加者の声を調べると、
なかなか指定されたFX会社の口座を開設できなかったり、


なかなかANDシステムを受け取れなかったり、
またシステムを受け取ったのに動かなかったりして、


今のところは、稼げたという声も、損害を受けたという声も、
まだ出ていないようです。


このタイミングで川越氏がREBOOTプロジェクトを再開したということは、
まだ被害の訴えが広がらないうちに、
もう一稼ぎしようと考えているのだと思います。


そう言える理由をお伝えします。


2.ANDシステムを利用する5つの危険性

川越諒太郎 氏のチームリブートに参加した人は、
ANDシステムを利用する前に2つの海外FXの口座開設を求められています。


ANDシステムを稼働できるのは、
川越氏が指定する海外のFX会社でだけなのですが、
この2つのFX会社に非常に危険性を感じます。


川越氏が指定するFX会社は、
TritonFX (トリトンFX )と、ForexExpress (フォレックスエクスプレス)です。


私は数年にわたってFXをやってきましたが、
初めて見聞きする会社ですので調べてみました。


2つのFX会社に共通する5つの危険性を挙げます。

①FX業者としての情報が、他の業者と比較すると全く無いと言える

現在の為替相場などに関する情報がありませんし、
「レバレッジ」や「スプレッド」や「追証なしゼロカットの有無」などといった、
実際にトレードを行うのに必要な情報も全く見当たりません。

②金融ライセンスの有無が不明

海外FX業者には、優良で日本でも人気の業者が存在する一方、
トレーダーの金を持ち逃げすることを前提に設立された詐欺業者も存在します。

安全性を確認する一つの方法としてはあげられるのは、
その海外FX会社がどこの金融監査機関に登録されているかを確認することです。

ところが、川越氏が指定する2つのFX会社については表記がありませんから、
金融ライセンスを取っていないと考えられます。

金融ライセンスが無い業者はかなり危険性があるので、
利用するべきではないと言えます。

③住所が明確でない

どちらの業者も住所があいまいです。

④連絡先も記載なし

業者との連絡方法は、問い合わせフォームしかありません。

⑤業者としての実績がない

どちらの業者も、サイトの開設日は昨年(2018年)の7月と、
非常に新しい業者ですので、これまでの実績がなく、
したがって評価しているサイトもありません。


3.国民生活センターからの注意喚起とは

川越諒太郎 氏の「REBOOT(リブート)」プロジェクトとは、
危険性の高い海外のFX業者を利用して、
全く稼げる証拠がないシステムを利用する、
というものです。


3万円の資金に対して、1万円の利益という事は、
日利33%ですから、月利990%、年利11880%という、
普通に考えたら、現実離れも甚だしい内容でした。


国民生活センターのサイトでは、
まるで「REBOOT(リブート)」プロジェクトのことを指摘しているのではないか、
と思われるような注意喚起が行われていますので紹介します。


インターネット広告を見て、国内の業者からFX取引の自動売買ソフト等を購入後、
海外の口座に入金して取引を開始したというケースが多く、

「利益が出ているはずなのに、業者に取引口座からの出金を求めても応じてもらえない」といったトラブルが目立っている。

●相談事例からみられる問題点
・海外の業者や取引の実態などに不明な点が多く、登録も確認できない
・国内または海外の業者に取引口座からの出金を求めても応じない
・国内の業者が勧誘をする際、将来の利益について「絶対もうかる」などの断定的な説明をしている
・さらに高額なFX自動売買ソフト等を次々に購入させられたり、追加で取引口座に入金させられるケースも目立つ

●消費者へのアドバイス
・海外の業者との取引に伴うリスクを理解し、無登録の業者との契約は行わない
・「絶対もうかる」などのセールストークをうのみにしない
・FX取引はリスクの高い取引であることを理解し、取引の仕組みがよく分からなければ契約しない
・トラブルにあったら消費生活センター等に相談する

国民生活センター「海外FX取引をめぐるトラブルにご注意」より
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140619_1.html


海外のFX会社を使うなら、
実績があって金融ライセンスがある業者がいくつも存在します。


それなのに、危険なFX会社に口座開設をするように指示してくるのですから、
川越氏とFX会社には何らかの特別な繋がりがあると疑わざるを得ません。


4.騙されていても、川越諒太郎に詐欺だと言えない理由

川越諒太郎 氏の「REBOOT(リブート)」プロジェクトで、
無料で提供したANDシステムはデモ版だったので、
もちろん出金なんて出来ませんが、


たとえANDシステムがデモ版であっても、
画面上の金額がでっち上げの数字だとしても、


川越 氏がプロジェクトで説明していた、
3万円を用意すれば、毎日1万円以上を受け取る事ができて、
絶対に損をする事がない、という内容が本当であるのなら、


98,000円という参加費用は安すぎるくらいですから、
たとえ30万円でも50万円でも、参加する価値はあると思います。


ですが、TEAM REBOOT(チームリブート)参加者が利用する、
本番環境用のANDシステムでも、
表示される金額がただの数字である可能性があります。


実際、TEAM REBOOT(チームリブート)参加者の中からは、
まだ誰も稼げたという声を上げている人はいないようです。


参加者たちがなかなか口座の開設が進まなかったり、
なかなかANDシステムを受け取れないのは、
時間稼ぎである可能性も感じます。


今後、出金トラブルや業者との連絡が途絶えたりして、
詐欺トラブルが発生する寸前かもしれません。


川越氏が海外の業者を利用させる理由として考えられるのは、
業者が出金拒否したり、業者が逃げていなくなっても、
川越氏には責任が問いにくいという点にあります。


川越氏とFX業者がグルだという証拠がない限りは、
川越氏は全ての責任をFX業者のせいにできるのです。


5.メールやLINEから紹介されるプロジェクトの危険性

世の中には、自分が知らない夢の様なシステムやツールが存在して、
それさえ手に入れれば、理想の人生が歩めると期待している人は多いと思います。


もしくは、お金に困っている自分を助けてくれる、
正義の味方のような人がいつか現れて自分を救ってくれる、
と期待している人も多いと思います。


メールやLINEから、毎日毎日たくさん送られてくる、
新たなプロジェクトにメールアドレスを登録して、
そして次々と公開される動画を見ながら、


これは本物か?今回は稼げそうか?今度は騙されないか?
と期待と不安が入り混じりながら、


いつかは稼げるプロジェクトに出会えるはずだと、
信じている人が本当に多いのが現実です。


という私も、過去にはこのような儚い希望を持ちながら、
いつもプロジェクトを見ていました。


ですが、ネットビジネスの業界は、
“持ちつ持たれつ”の関係であることを知りました。


誰かが新たなプロジェクトを立ち上げれば、
他の業界人が、そのプロジェクトをメールやLINEで紹介します。


紹介する事でアフィリエイト報酬が貰えますし、
一方、プロジェクトの仕掛け人はたくさん紹介してもらう事で、


その分プロジェクトに多くの参加者を集めることが出来ますから、
大儲けが出来ます。


そうやって1つのプロジェクトが終われば、
今度は別の業界人が仕掛け人となって、同じように紹介してもらう、
という事を繰り返しています。


ところが、あるプロジェクトが本当に誰でも簡単に稼げる内容なら、
稼げた参加者は、それ以上他のプロジェクトに参加しなくなりますから、


それでは“持ちつ持たれつ”の関係が崩れてしまい、
ネットビジネスの業界の人たちにとっては大迷惑です。


という事は、本当に、誰でも簡単に稼げるようなプロジェクトが、
仕掛けられるはずが無いのは当然だと判断できます。


つまり、メールやLINEで次々と紹介されるプロジェクトでは、
全く稼げないか、ほとんどの人が稼げないのが現実なのだと気付きました。


川越諒太郎 氏のREBOOT(リブート)プロジェクトについても、
たくさんの人からメールやLINEを通じて紹介が来ています。


ですが、本当に稼げるような情報が、
見ず知らずの人から、勝手にやってくるなんてあり得ません。


本当に、本気で稼ぎたいのなら、
自分から積極的に行動する必要があります。


そして、“誰でも”“楽に”“簡単に”“タダで”稼げる、
という甘い言葉で誘ってくる商材には警戒するべきです。


逆に、稼ぎの基本である「最低限の学び」と「最低限の実践」が必要だ、
とちゃんと言っているビジネスに本気で取り組むことが、
早く結果を出すためには、実は一番の近道だと心から思っています。


【川越諒太郎  REBOOT(リブート)プロジェクト 関連記事】

【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
自営業の私が始めた副業が、本業に与えた意外な効果とは
私が考える本当の人生のリスクと副業のリスク
私が福耳の会を1年間続けてきた生体験を告白します
消費税増税! 10%どころか、さらに増税されると言える理由
同じ給料でも手取りが15年間で50万円も減っている実態と対策
長い正月休みの間でも、ほったらかしで稼げていた副業



【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠
情報商材の詐欺ニュース 「写真を選ぶだけ」で被害者続出のワケ
情報商材のプロジェクトの“誰でも稼げる”のカラクリを暴露
与沢翼が情報商材の実態を暴露!ネットビジネス業界が焦る内容とは



「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

こんにちは、ヒデカズです。


川越諒太郎 氏が募集するTEAM REBOOT(チームリブート)について、
参加しても1年後に1億円を稼げないと言える理由をお伝えします。

※前回の検証記事を最後にご案内しますので、そちらも参考にしてください。

【目次】
1.参加しても1年後に1億円を稼げないと言える理由
2.REBOOTプロジェクトで明かされなかった最重要の疑問点
3.全額返金保証は意味が無いと言えるカラクリ
4.特定商取引に基づく表記からわかるプロジェクトの危険性


1.参加しても1年後に1億円を稼げないと言える理由

川越諒太郎 氏の「REBOOT(リブート)プロジェクト」は、
コミュニテイーであるTEAM REBOOT(チームリブート)の募集を始めました。


最初にプロジェクトの視聴者に提供したANDシステムはデモシステムなので、
画面上に表示された金額は架空の数字であることを明かしています。


そして、実際にリアルマネーを増やすためには、
本番環境用のANDシステムを使う必要があるということで、


システムを本番環境にアップグレードするためには、
TEAM REBOOT(チームリブート)への参加が必要になるのです。


この点は、私が前回の検証記事でお伝えした通りなのですが、
デモであっても本番であっても、実際に稼げるのなら問題ありませんし、
参加費用が発生しても、本当に稼げるのなら支払う価値はあると思います。


ですが、川越氏はANDシステムが、
FXと行うのか、株式投資なのか、仮想通貨投資なのか、
それとも、その他の投資なのか明かしていません。


何の投資を行うのであっても、口座を開設する必要があるのですから、
口座開設した会社が提供する運用実績という証拠を公開できるはずなのですが、
川越氏はその様な、明確で疑いようのない投資実績の証拠を公開していません。


1年後に1億円の資産を作るために必要な、
川越氏が提供するというS級投資情報についても、


何に、いつ、いくら投資して、どれくらいに増えたのか、
という実績にについて全く公開していません。


つまり、1年後に1億円稼げるという明確な証拠が全く無いのです。


参加費用の148,000円と最初の投資資金である3万円を失う覚悟があるのなら、
参加してみても良いかもしれませんが、
何も証拠がない投資案件にそれだけのお金を投資することは、
賢明な投資の仕方では無い、と言えるのではないでしょうか。


2.REBOOTプロジェクトで明かされなかった最重要の疑問点

川越諒太郎 氏はANDシステムのデモについて、

実際に本番環境用で利用をした時と全く同じお金の増え方をしているので
デモのANDシステムに表示されている金額は、

あなたが実際に受け取れる金額であり、
本番環境用も全く同じように毎日、毎日、
1万円以上が入り続けるのでご安心ください

と言っています。


ですが、本番環境のANDシステムで、
たとえ画面上では毎日1万円以上入り続けたとしても、


その表示されている金額を、実際に手元に、いつでも好きな時に、
受け取ることが出来るのか、という最も重要な疑問点が解決されていません。


REBOOTプロジェクトの目的は、1年後に1億円の資産が手に入る、
ということになっていますので、


1年後に1億円の資産を作るまでは、
ANDの画面に表示されている金額も、最初に投資したお金も引き出せない、
という可能性があります。


つまり、いくらANDシステムの画面上の金額が増えたとしても、
その後に川越氏が紹介してくる投資案件で全てを失う可能性もあるのです。


そんな時には川越氏の言い分としては、
提供したシステムは本物だったけど、
その後に投資した案件がダメになったとか、
投資先が行方不明になったといった理由で、


自分たちも信じて投資していたのに騙された被害者だ、
などと言ってくると考えられます。


この様なシナリオの場合は、川越氏が明らかな詐欺を行った、
と言い切るのは難しくなるのです。


この様なシナリオが考えられる理由は、
川越氏のANDシステムが行う投資の詳細が全く明かされていないからです。


ANDシステムの画面上ではお金が増えていても、
実際に稼げたのかどうか、という判断が出来るのは1年後になる、
というカラクリが考えられるのです。


3.全額返金保証は意味が無いと言えるカラクリ

川越諒太郎 氏は「TEAM REBOOT(チームリブート)」の参加者に、
『全額返金保証』を付けていますので、
リスク無く参加できると安心している人は多いと思います。


ですが、全額返金の保証条件を見ると、
全く意味が無い内容であると言えます。


その内容とは、「購入してから3ヶ月以内に一度も利益が出なかった場合」
となっています。


相場は上がるか下がるかの2択なのですから、
どんなに低レベルなシステムであっても、3ヶ月も稼働させれば1度くらいは、
そして1円くらいは利益が出せるはずです。


逆に、3ヶ月稼働させて1度も、1円も利益が出ない方が、
ある意味奇跡と言えるのではないでしょうか。


また、もし川越氏がANDシステムの画面上で、
デモ版と同じように金額が増えることを“利益”と解釈するなら、
川越氏の方で都合よく操作して“見せかけの利益”を作ることも可能です。


さらに、参加者がANDシステムを稼働させてから、
利益が出ないうちにシステムを止めて、残りの3ヶ月を全く稼働させなければ、
利益が出ていないので、全額返金保証の対象となりますが、
そんなことは認められないと考えられます。


つまり、どれだけ損失が重なっても、
3ヶ月稼働させ続けなければ返金保証の対象とならない場合、


たとえ参加費用の全額は返金されても、
それまでに失った投資資金については返金対象となっていませんから、
大きな損失となる可能性があります。


そもそも川越氏は100%損をしないと言っているのですから、
本当なら、保証内容としては、
「購入してから3ヶ月以内に一度でも損失が出た場合」に、
参加費用の全額を返金するというのが誠実な内容ではないか、と私は思うのです。


4.特定商取引に基づく表記からわかるプロジェクトの危険性

川越諒太郎 氏は「REBOOT(リブート)プロジェクト」の動画の中で、
親友を陥れた悪質なシステムを提供した詐欺師の話をして、


誰かの幸せを壊して自分が幸せになるような、そんな詐欺師が腹が立つし、
詐欺師たちに騙されてきた人たちを救いたい、
と言っています。


過去にも同様のエピソードを紹介し、
ネットビジネス業界の詐欺師たちを許せない、とか、
詐欺師を撲滅する、等と言って販売したプロジェクトがたくさんありました。


いかにも自分が販売する商材は詐欺ではなく本物だと、
視聴者が思えるように言って販売していたのですが、
結局は同じ詐欺商材だったことがほとんどでした。


そこで、「REBOOT(リブート)プロジェクト」がもし詐欺であった場合に、
川越氏への連絡先について『特定商取引に基づく表示』を確認しました。


川越氏は、IT関連の会社と金融関連の会社の2つを経営している、
と言っていますが、所在地は埼玉県のネイルサロンになっています。


ネイルサロンはホットペッパーに掲載中ですので今も営業中です。


川越氏の会社とこのネイルサロンの関係性はわかりませんが、
億を稼いでいるはずの川越氏が、
果たしてこんなところで会社を経営しているのか、
非常に疑問に感じます。


そして連絡先として表示されているのはメールアドレスだけです。


メールアドレスは簡単に登録も出来れば、簡単に捨てることもできます。


最悪の事態になった場合に、音信不通にすることもできますし、
会社の所在地についても疑わしい点がありますので、
実際に足を運んでも、無駄足に終わる可能性もあります。


極め付きは、『表現及び商品に関する注意書き』という項目に、

本商品に示された表現や再現性には個人差があり
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

と書かれています。


川越氏は100%損をしないと言っているのも関わらず、
損をする可能性があることを法律に基づく表示には明かしているのです。


法律に基づく表記に嘘はつけませんから、
実は損をする可能性があることを認めていると解釈できます。



投資は、今後も日本で何不自由なく生きていくためには必ず必要と言えますが、
大前提として投資を行うだけの十分な資産を形成する必要があります。


そのためには、まずは堅実なビジネスで安定した収入を確立することが重要です。


本業の収入だけでは投資資金が足りないのであれば、
堅実な副業でしっかりと副収入を安定的に稼いでいくことを、
まずは行う必要があると言えます。


そのような収入の基盤をつくってから、
リスクの少ない“本物”の投資案件に取り組むべきと考えます。


ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年4ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓


【川越諒太郎  REBOOT(リブート)プロジェクト 関連記事】
川越諒太郎 REBOOT(リブート)プロジェクト ANDシステムで毎日1万円稼げない理由
川越諒太郎③ REBOOT(リブート)プロジェクト 詐欺トラブル発生寸前と言える理由



【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
自営業の私が始めた副業が、本業に与えた意外な効果とは
私が考える本当の人生のリスクと副業のリスク
消費税増税! 10%どころか、さらに増税されると言える理由
私が福耳の会を1年以上続けてきた生体験を告白します
同じ給料でも手取りが15年間で50万円も減っている実態と対策
長い正月休みの間でも、ほったらかしで稼げていた副業



【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠
情報商材の詐欺ニュース 「写真を選ぶだけ」で被害者続出のワケ
情報商材のプロジェクトの“誰でも稼げる”のカラクリを暴露
与沢翼が情報商材の実態を暴露!ネットビジネス業界が焦る内容とは



「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

こんにちは、ヒデカズです。


川越諒太郎 氏の「REBOOT(リブート)プロジェクト」について、
自動売買システム『AND』で毎日1万円稼げない理由を暴露します。

※この記事には追記があります。
最後にご案内しますので、そちらも参考にしてください。

【目次】
1.ANDシステムで毎日1万円稼げない理由
2.無料でシステムを試用することのカラクリと危険性
3.投資における“負けない”のカラクリと危険性
4.システムやツールで簡単に稼げないカラクリを暴露


1.ANDシステムで毎日1万円稼げない理由

川越諒太郎 氏の「REBOOT(リブート)プロジェクト」は、
自動売買システム『AND』を使って3~6ヶ月後に数百万円を稼いで、
その後には紹介される投資案件によって、1年で1億円をつくる、
という内容になっています。


自動売買システム『AND』については、
・誰でも簡単に
・絶対に損をすることなく
・軍資金が3万円あれば
・完全自動で毎日最低でも1万円を生み出し続ける
と紹介しています。


川越 氏の説明を聞いて、
3万円を用意すれば、毎日1万円以上を受け取る事ができて、
絶対に損をする事がない、と期待する人も多いと思います。


3万円の資金に対して、1万円の利益という事は、
日利33%ですから、月利990%、年利11880%です。


日本の銀行に預けても、年利0%近い数字ですし、
投資で年利20%叩き出せば優秀と言われているくらいですから、


とんでもなく現実離れした数字で、実現する可能性があり得ない、
と判断する事ができます。


自動売買システム『AND』がFXなのか仮想通貨なのか、
現時点では確認できませんが、


仮にそんな年利を叩き出すシステムが存在するなら、
証券会社や取引所が黙っているはずがありません。


すぐに何らかの締め付けが起こるはずです。


実際、あるFXの自動売買システムが勝ちすぎるということで、
海外の某証券会社から、その自動売買システムを使用している、
と判断されたトレーダーは、レバレッジを強制的に引き下げられた、
という過去がありました。


『AND』システムが、川越諒太郎 氏が言う様に、
本当に毎日毎日、日利33%を叩き出すのなら、


日利33%はとんでもない数字ですし、
そのシステムを複数の人が同時に使っているのですから、
かなり目立ちますので、すぐに証券会社や取引所から目を付けられるはずです。


勝ちすぎるシステムは、結局は稼ぎ続ける事が出来ない、
と言えるのです。


2.無料でシステムを試用することのカラクリと危険性

川越諒太郎 氏は「REBOOT(リブート)プロジェクト」において、
自動売買システム『AND』を実際に今日から使っていただけます、
と案内しています。


この案内を聞いて、『システムの実力を事前に確認出来て、
さらに毎日1万円を稼ぐことが出来る、』
と期待している人も多いと思います。


ですが、「REBOOT(リブート)プロジェクト」のサイトにある、
『AND』の実績画面を見ると、
川越 氏が作ったシステムの画像です。


実際の証券会社が提供しているプラットフォームを利用するのなら、
システムの実力がハッキリ判断できますし、


3万円の投資を実際にすることで、
本当に毎日1万円稼げるか試すことも可能です。


ところが、『AND』の実績画面を見ると、
川越 氏が作ったシステムの画像ですから、
運用実績などは川越氏が都合よく作ることが可能です。


おまけに利益の金額についても、
証券会社や取引所に存在する金額ではありませんから、


現実には引き出して手にすることができない、
架空の数字に過ぎません。


稼げていると錯覚している人もいるかもしれませんが、
スマホの画面の表示されているのは、
ただの“数字”ですので勘違いしないように注意する必要があります。


過去にも同様の仕掛けで、
販売するシステムが稼げそうだ、
と思わせた情報商材のプロジェクトがいくつもありました。


ですが、それらのプロジェクトは全て、
体験版で表示されたお金を受け取ることは出来ていません。


つまり、視聴者に稼げそうだと期待感を持たせて、
高額の参加費を払ってプロジェクトに参加させる、
ということが目的で作ったカラクリであると言えます。


3.投資における“負けない”のカラクリと危険性

川越諒太郎 氏は「REBOOT(リブート)プロジェクト」で使用する、
『AND(アンド)』システムについて、
投資における負ける要素を100%徹底的に排除した、
と言っていますが、


『負け』の意味を確認する必要があります。


100回トレードをしても、1000回トレードしても、
1回も負ける事がない、と言っているのかもしれませんが、


100回トレードしたら、99回は負けても、
残りの1回で大きく利益を出すから、
トータルの利益で見ると負けない、
と言っているのかもしれません。


前者の意味ならいいのですが、そんなシステムは存在しませんから、
後者である可能性が高いと言えます。


情報商材のプロジェクトで、自動売買システムを販売して、
資金が減り続けた際に、言い訳としてよく使われるのが、


“トータルで見て欲しい”
“目先の損失に一喜一憂してはいけない”
という言葉です。


つまり「連敗が続いても、いつか大きく勝って取り返すはず」とか、
「今月、来月と資金が減っているけど、
年間を通してトータルで見ると負けないはず」
と言われることがよくあるのです。


10連敗して次に勝つ保証なんてありませんし、
先月、今月と資金がマイナスになって、来月がプラスになる保証もありません。


11連敗目は十分にあり得ますし、来月もマイナスになることもあり得ます。


それでも販売者の言葉を信じて、続けれるのかどうか、
その根拠となる証拠をしっかりと確認しておく必要があります。


「負けない=増え続ける」と思いこんでしまうと、
非常に危険ですので注意が必要です。


4.システムやツールで簡単に稼げないカラクリを暴露

世の中には、自分が知らない夢の様なシステムやツールが存在して、
それさえ手に入れれば、理想の人生が歩めると期待している人も多いと思います。


もしくは、お金に困っている自分を助けてくれる、
正義の味方のような人がいつか現れて自分を救ってくれる、
と期待している人も多いと思います。


日本では子供の頃から、そんなテレビ番組を何度も見てきたせいか、
それが現実になることを、潜在的に夢見ている人が多いのだと思います。


ですが、現実の社会には、
そんな自分に都合の良いツールやシステムはありませんし、


もしあっても、それは一部の人だけが利用できる秘密の道具であって、
一般に出回ってくるはずがありません。


正義の味方のふりをして、お金が欲しい人に近寄ってくる人なんて、
お金が欲しいというわかりやすい心理状態を利用して、
逆に自分が儲けてやろうと企んでいる『赤の他人』です。


ツールを使って“楽して稼ぎたい”と思っている人に、
楽して稼げるツールですよ、と売れば買ってもらえるのだから、


あとは、そんな人たちをターゲットにして、
犯罪にならないように、詐欺にならないように、
ギリギリの手法を使って売りこんでいるのです。


本当に、本気でお金を稼ぎたいのであれば、
“本物”の稼ぎ方を教えてくれる人の元で、
最低限の学びをして、最低限の努力をすることが必要です。


私も1年4ヵ月前までは、楽して稼ぎたいとばかり考えて、
様々な情報商材やツールを購入しては騙され続けてきました。


ですが、その後“本物”のノウハウを教えてくれる人に出会い、
その人の元で学び、努力したことで稼ぐことが出来るようになりました。


投資は資金に余裕がある方ならやるべきですが、
そうでない方はまずは堅実なビジネスで「情報を見抜く力」と「稼ぐ力」を身に付け、


安定した副収入を得られるようしてから、
それから“本物”の投資法を学んで、投資にお金を回すのが良いと思います。


ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年3ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓


【川越諒太郎  REBOOT(リブート)プロジェクト 関連記事】
川越諒太郎② TEAM REBOOT(チームリブート) 1年後に1億円を稼げないと言える理由
川越諒太郎③ REBOOT(リブート)プロジェクト 詐欺トラブル発生寸前と言える理由


【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
派遣のアルバイトをやってみて感じた備えることの大切さ
自営業の私が始めた副業が、本業に与えた意外な効果とは
私が考える本当の人生のリスクと副業のリスク
私が福耳の会を1年間続けてきた生体験を告白します
消費税増税! 10%どころか、さらに増税されると言える理由



【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠
情報商材の詐欺ニュース 「写真を選ぶだけ」で被害者続出のワケ



「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

このページのトップヘ