ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

カテゴリ: 川口タカシ

情報商材のプロジェクトを様々な角度から評価しています。
今回は、川口タカシ氏が最強のeオーナー
ビジネス説明会を検証します。

川口氏は数年前から、
定期的にプロジェクトを仕掛けていますので、
過去のプロジェクトから考えられる、
eオーナーの内容と危険性をお伝えします。


1.現金5万円の罠

川口タカシ氏は、は過去に何度も、
転売ビジネスのプロジェクトを仕掛けています。

ですので、
「最強のeオーナー」ビジネス説明会も、
転売の塾の参加者募集が目的だと考えられます。

その「最強のeオーナー」のサイトを見ると、
“確実に現金5万円”
と書かれています。

多くの人は、この文字を見て、
説明会に参加すると、
確実に5万円稼ぐ方法を教えてくれる、
と期待していると思います。

ですが、
ここでは転売と明かしていません。

転売で5万円を稼ぐ方法を教えるのか、
それとも、自己アフィリエイトで、
5万円を作る方法を教えるのか、

それとも、家にある不用品で、
5万円分の価値があるものを探して売る、
というノウハウを教えるのか、

“確実に現金5万円”
という文面だけでは、
色んな受け止め方ができます。

少なくとも、
すぐに、誰でも、現金5万円を稼げる、
とは書かれていませんから、

5万円を稼ぐノウウであっても、
誰でも、すぐに、
稼げる内容ではない可能性があります。

2.年商1億円とシリコンバレー式の罠

川口タカシ氏の「最強のeオーナー」のサイトには、
“年商10000万円!!”
と大きく書かれています。

つまり年商1億円と書いているのですが、
ここでは誰の年商なのか確認できません。

川口氏の年商なのか、
それとも、
参加者が目指す年商なのか、
どこかの誰かの年商なのか、

この金額についても、
色んな受け止め方ができます。

説明会に参加するなら、
年商1億円の意味を確認する必要があります。

またサイトには、
“シリコンバレー式”とも書かれています。

シリコンバレーと言えば、
世界的に有名なIT企業が集まっていますから、
凄そうな方式だと思う人もいるかもしれません。

ですが、
何をもって“シリコンバレー式”と言っているのか、
全く説明されていません。

シリコンバレーという名前のイメージだけで、
勝手に思い込みをすることは危険であると言えます。

説明会に参加されるなら、
この“シリコンバレー式”の、
意味とメリットについても、
確認する必要があります。

3.eオーナーの日常に潜む落し穴

川口タカシ氏は「eオーナーの日常」として、
動画を公開しています。

3日間の日常の中で、
eオーナーの仕事は、1日10分程度でした。

サイトの中でも、
eオーナーのメリットとして、
『時間の自由がある』
と書かれています。

ですので、
川口氏のようなeオーナーになると、
1日10分程度の仕事だけで、
稼ぐ事ができると思っている人は多いと思います。

転売ビジネスは、長くやって実績を積み、
売り上げを上げていく事で、
徐々に外注化を進めることは出来ます。

もちろん外注費用は掛かってきますから、
ある程度の規模の売り上げは必要です。

時間をかけて、ノウハウを身に付け、
スキルを身に付け、
徐々に売り上げを上げていく事で、
外注化を進めていけば、

作業時間は1日10分程度、
という状況を作ることは可能です。

ですがそれまでには、
時間と努力と、そして恐らく、
資金も必要になってきます。

川口タカシ氏の
「最強のeオーー」ビジネス説明会に
参加したからと言って、
翌日から作業時間は1日10分程度で、
稼ぐ事なんて出来ないと言えます。

4.川口タカシの過去プロジェクトについて

「最強のeオーナー」ビジネス説明会を行う、
川口タカシ氏は過去に何度かプロジェクトを仕掛けています。

2015年に、葉山直樹氏と組んで、
「転売ダイナマイト」を仕掛けました。

2017年には「ちょんまげビジネス」という名の、
eBay転売の高額塾の参加者を募集しました。

2018年に仕掛けた
「フロムジャパン(FROM JAPAN)プロジェクト」も、
同じくeBay転売の高額塾でした。

ちなみに私は、川口氏が2015年に仕掛けた、
「転売ダイナマイト」の葉山直樹氏から、
別の商材を購入し他ことがあります。

私がネットビジネスの業界から、
最初に購入した商材で、
そして、最初に騙された商材でした。

川口氏が本当に転売ジネスで、
大金を稼いでいるのであれば、
リスクのあるプロジェクトを仕掛ける必要は無い、
と思いますが、

4年の間に毎回異なる名称で、
プロジェクトを仕掛けています。

2018年に仕掛けた
「フロムジャパン(FROM JAPAN)プロジェクト」
の際には私も検証記事を書いていますので、
そちらも参考にしてください。
※この記事の最後にリンクを貼っておきます。

川口氏が過去に仕掛けた、
「転売ダイナマイト」、
「ちょんまげビジネス」、
「フロムジャパン(FROM JAPAN)プロジェクト」、
のどれか1つでも、

参加者の多くが結果を出しているのであれば、
同じ名前で再募集を仕掛けるのが、
普通のビジネスの考え方と言えます。

つまり、以前のプロジェクトと異なる名称で、
新たなプロジェクトを仕掛ける時点で、
以前のプロジェクトの評判が良くなかった、
と考えられるのです。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓


【川口タカシ「最強のeオーナー」ビジネス説明会 関連記事】
川口タカシ フロムジャパン(FROM JAPAN)プロジェクト eBayビジネスの現実を暴露

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

川口タカシ氏が仕掛けている、
フロムジャパン(FROM JAPAN)プロジェクトについて、
私は実際にebay(イーベイ)を使った無在庫転売を行っていますので、
私の体験に基づいた現実を暴露します。


1.eBayで無在庫輸出で稼ぐ難しさ

川口タカシ氏が行う
「FROM JAPANプロジェクト」は、
海外オークションサイト『eBay』を利用した転売を行います。

私自身がeBayの利用者だから言えるのですが、
eBay輸出の一番のハードルは、
『出品制限』があるということです。

eBayにセラー(販売者)として
最初に出品する際は、
『出品制限』(商品の総数10品、総金額500ドル)があります。

この出品制限は誰にでもあります。

仮に利益率20%の商品を、
500ドルの枠を全部使い切って、
全て売り切ったとしても、
わずか100ドルしか稼げないのです。

この上限(リミット)を上げるには、
商品を出品して購入してもらい、
購入者から良い評価(ポジティブフィードバック)を
もらわなければなりません。

さらに、
eBayに直接リミットを上げてもらう様に、
メールや電話で、
英語で交渉する必要があるのです。

英語で頑張って交渉しても、
『出品制限』が無くなることは無く、
わずかに制限の枠が増えるだけです。

枠をさらに上げてもらうには、
最短でも30日の期間を開ける必要があり、
さらにその間に、
実際に売れたという実績を残さなければなりません。

そうして、わずかに増えた枠の中で、
またコツコツと転売を行うのですが、
最初のうちは、
購入者からの良い評価(ポジティブフィードバック)
を貰っている数が少ないのでなかなか売れません。

つまり最初からたくさん売ることは難しく、
売れない人に対して、
eBayはリミットの枠をなかなか上げてくれません。

実績の少ない人から、
高額商品を買う人はほとんどいません。

同じ商品を買うのなら、
評価の良い人から買っていきます。

先ほど、
最初の出品制限の500ドル分を全て売り切っても、
という例えをしましたが、
全く実績のない出品者が
リミットの500ドル分を売り切ることは、
ほとんどあり得ません。

そうなるとどうしても安くせざるを得ません。

それでもなかなか売れませんから、
赤字覚悟で販売して
ようやく売れ出すというのが現実です。

私も最初は、
売れば売るほど赤字でも、
とにかく『経費』と割り切って、
実績作りをしてきました。

そしてこれは誰もがやっていることですので、
eBay輸出は始めてから数ヵ月は
赤字が続く事を覚悟してください。

つまり川口氏の
FROM JAPANプロジェクトで行うeBayビジネスは、
かなり長期的な戦略で進める必要があり、
収益化するまでは資金がかかり、

ようやく収益化しても、
売り上げが増えるに従って、
様々な負担が増えてくるのです。

もちろん、
かなり利益が出るようになれば
組織化や外注化することで対応できますが、
そこまで出来た人はほんの一握りです。

そのような理由から、
実はeBayビジネスの脱落率は、
90%と言われているのです。

2.FROM JAPANビジネスで高利益は難しい

川口タカシ 氏の
「FROM JAPANプロジェクト」の、
メールアドレスを登録するサイト(LP)には、

プロジェクトの特徴として、
“あなたの好きな事を仕事にして稼ぐ”とか、
“自分の趣味で稼げる”
と書かれています。

プロジェクトのタイトルである“from Japan”と、
“自分の趣味で”というキーワードから、
ジャパンブランドの商品を、
海外に販売することがメインになっている、
と推測できます。

私のeBeyの経験から言っても、
確かに海外の人からは、
日本の漫画やアニメを始めとして、
ジャパンブランドは人気ではあります。

ですので、
eBayのサイトで“JAPAN”と入れて検索すると、
恐ろしいほどの数と種類の、
日本製の商品が出てきます。

つまり、
すでにeBayで転売を行っている多くのライバルが、
“メイドインジャパン”に注目して販売をしているのです。

「JAPANブランド」に注目するだけで、
稼げるような簡単な市場では無いと言えます。

3.eBayで年収1000万円の困難さ

川口タカシ 氏の
「FROM JAPANプロジェクト」のLPでは、

『年収1000万円が稼げる』とか、
『資格、経験、長時間労働不要』とか、
『ストレスフリー/自由なライフスタイル』
と書かれています。

これらを見て、
フロムジャパンプロジェクトに参加すれば、
自由な時間に、わずかな作業をするだけで、
年収1000万円を稼げる、
と期待している人が多いと思います。

私は過去に、
日本で一番“使える”eBayツールの制作者と会って、
色々と現状を聞いたことがあります。

先ほどお伝えした
eBayビジネスの脱落率は90%という現実も、
その方から教えてもらった実態です。

その人はeBayのツールを開発しながら、
億の売上を上げていましたから、
eBayで年収1000万円を稼いでいる人は確かにいます。

ですがそんな人は、
本当にほんの一握りで、
かなりの経験を、長い年月をかけて積み重ねてきて、

eBayで稼ぐためのスキルを、
時間をかけて地道に、
必死で磨いてきた人と聞いています。

つまり、本気でeBayで稼ぎたいと覚悟を決めて、
必死で学んで、必死で努力し、
頑張って売り上げを上げていけば、

仕事を外注することが出来るようにになったり、
人を雇用することが出来るようになったりして、

そうして、ようやく、
自由な時間に、わずかな作業をするだけで、
年収1000万円を稼げる、
という体勢になることが出来るのです。

とは言っても、
それがビジネスの本当の姿ですから、
すぐに、簡単に、楽して稼げる、
と期待する考えの方が、
お金を稼ぐという事を、
甘く考えていると言えます。

4.私が副業でeBay輸出を続けている理由

私が副業の1つとして、
eBayを利用した無在庫転売を行っているのは、

転売で稼ぐために必要なものは、
アナログのビジネスと本質は同じ、
と言えるからです。

つまり、アナログのビジネスも、
ネットのビジネスも、
本物のノウハウをしっかり学び、
しっかりと実践し続けていき、

自分自身がそのビジネスで
「稼ぐ力」をつけていけば、
しっかりと結果が付いてくるという
“積み上げ式の稼ぎ方”だからです。

転売においての「稼ぐ力」とは
「商品リサーチ力」です。

「リサーチ力」を身に付けていくことが、
“積み上げ式の稼ぎ方”と言えます。

「稼ぐ力」の無い人は、
転売でもどんなビジネスでも、
いつまでも稼ぎ続ける事なんて出来ない、
と言えると思います。

ネットで稼ぎたいのなら、
どんな副業やビジネスであっても、
情報を見分ける力が必須のスキルと言えます。

ネットには無限と言っていいほど、
様々な情報があふれています。

情報を見分けるスキルがあると、
無料の情報であっても稼ぐ事ができると思います。

逆に言うと、
情報を見分けるスキルが無い『情報弱者』のままでは、
どんなビジネスをやっても稼げないと言えますし、

それ以前に、
そんな『情報弱者』を狙った詐欺的な販売手法に、
いとも簡単に引っ掛かってしまい、
被害者になってしまうと思います。

こういう私も、
1年半前までは自分では気づかなかったのですが、
典型的な『情報弱者』でした。

情報弱者の私は、
当時は自分が情報弱者とは気が付きませんでした。

自分が情報弱者だと気が付いたのは、
“本物”のネットビジネスに出会って、
情報の見抜き方を学んできたからです。

ネットビジネスで稼ぎたい人や、
稼いだことが無い人こそ、
まずは地に足の着いた
“本物”のビジネスを学ぶべきだと思います。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

このページのトップヘ