ヒデカズです。

情報商材のプロジェクトでは、
魅力的な広告文や内容を見て、
勝手な思い込みをしてしまい、
後から後悔する人が後を絶ちません。

今回は、
“参加者全員に最低月収30万円を完全保証!”
と謳う、平田和生氏の、
本当に儲かる株式投資 無料講座 を検証します。


1.月収30万円保証の落とし穴を暴露

平田和生氏の「本当に儲かる株式投資」は、
株式投資を行うプロジェクトです。

具体的には、
①上がる銘柄を見つける
(もしくは、上がる銘柄を受け取る)
②ポチっと投資をする
③上がったら利益確定
という流れになります。

投資で値上がりする銘柄がわかれば、
誰でも稼ぐ事が出来ます。

平田氏は輝かしい経歴がある、
と紹介していますから、
そんな人上がる銘柄の見つけ方を教われば、
稼げると期待している人は多いと思います。

平田氏が言っている、
“参加者全員に最低月収30万円を完全保証!”
も信用している人は多いと思います。

ですが投資には投資金が必要です。

いくらの投資金を用意すれば、
最低月収30万円となるのか、
平田氏は説明していません。

また、月収30万円が毎月発生する、
とは言っていません。

さらに、いつまでに、
という期限も示していません。

つまり、
・豊富な資金さえあれば、
・いつかは、
・単月なら、
月収30万円は出せるはず、
という意味とも受け止めることが出来るのです。

2.資金力が必要と言える理由

実際、動画の中で公開した、
平田和生氏が保有している、
という株式は複数あります。

サイトで公開している、
教え子の報告という画像も、
全て複数の株式を保有しています。

そして、複数保有している株式の中には、
プラスの銘柄もあれば、
マイナスの銘柄もあります。

ということは、
平田氏が言っている、
最低月収30万円を参加者が達成するには、
複数の株式を購入できるだけの、
豊富な資金が必要という事がわかります。

平田和生氏は、
「手元の資金が0円の人も大丈夫」
と言っていますが、

手元資金0円でも、
翌月から月収30万円稼げる、
とは言っていません。

手元資金があまり無い人は、
複数の株式を購入できませんから、
月収30万円の道のりはかなり長くなる、
と言えます。

投資はお金に余裕がある人が、
資産運用として行うものだと言えます。

お金の事で悩んでいたり、
問題を抱えているのなら、
投資でお金を増やそうとするのではなく、
堅実なビジネスで稼ぐ方をおすすめます。

3.平田和生氏の過去について

「本当に儲かる株式投資 無料講座」では、
平田和生氏の輝かしい経歴を紹介しています。

そんな平田氏が、上がる銘柄を教える、
と言っていますので、
ネットで平田氏の評判を調べました。

まず、平田氏の経歴について、
みずほ証券などの数々の証券会社に在籍した、
という証拠は見つかりませんでした。

メリルリンチ証券にヘッドハンティングされ、
10年以上、No.1セールストレーダーとして、
活躍したという証拠も見つかりませんでした。

また、日本最大の金融商品取引業協会の、
「日本投資顧問協会」の副部長と
平田氏は言っています。

ですが、日本最大の金融商品取引業協会は、
「日本投資顧問業協会」です。

平田氏が言う「日本投資顧問協会」
の存在は確認できませんでした。

『業』の入力ミスかもしれませんが、
「日本投資顧問業協会」の方で、
平田氏が副部会長を行っている、
という証拠も確認できませんでした。

平田氏は過去に、
「本当に儲かる株式投資」以外に、
「株ドカン!」や「平田塾」
といったものを行っています。

その評価は賛否両論ありますので、
稼げた人もいれば、
稼げなかった人もいる、
と言えるかもしれませ

その差はやはり、
資金力であったり、
学ぶ姿勢や学ぶ時間や、
やる気の問題だと思います。

それ以上に問題なのが、
平田氏が過去に販売した「株ドカン!」の
販売会社が金融庁の行政処分を受けていた、
という事実です。

金融庁の行政処分の概要は、
金融庁に無登録の株サイトと裏で共同運営し、
株価操作などを行っていた、
というものです。

その後、平田氏は「株ドカン!」を、
「平田塾」と名を変え、
そして、「本当に儲かる株式投資」
と名称を変えてきました。

4.金融庁登録業者についての疑惑

平田和生氏は、
投資助言の活動を行う上で、
「金融庁に登録している
正式な投資助言法人にて、
分析者登録を行なっている」
と言っています。

平田氏が上がる銘柄を配信するなら、
金融庁の「金融商品取引業者」
の登録が必要です。

「本当に儲かる株式投資 無料講座」の、
特定商取引法に関する表記を見ると、
・提供社『メタスキーマ株式会社』
・講師『平田和生』となっています。

そこで、金融庁のホームページで、
実際に「金融商品取引業者」の登録が
行われているのか確認しました。

『メタスキーマ株式会社』も、
『平田和生』も、
登録がありませんでした。

そもそも、
金融庁に登録を行っているような人が、
投資で「絶対に儲かる」とか
「確実に儲かる」などとは言えないはずです。

平田氏が本当に金融庁に登録を行っているか、
証拠を確認する必要があります。

5.過去の実績にみる注意点

平田和生氏は過去4年で、
1万人以上に指導してきた、
と言っています。

1万人以上に指導したと言っても、
どの程度指導したのかはわかりません。

株式投資の初歩知識を、
メールで一方的に配信しただけでも、
指導したと言えます。

重要なのは、
実際に稼がせた人数や、
稼がせた金額です。

サイトで公開している、
教え子たちの報告という画像も、
ほとんどがモザイク処理されていて、
具体的な内容が確認できません。

これらの画像を見ても、
平田氏の教え子の実績とは
確認できないのです。

平田氏が紹介した、
過去に値上がりした銘柄でも、
本当に売買した証拠はありません。

過去に販売された、
投資系の情報商材のプロジェクトでも、
過去のチャートの画像をもってきて、

適当な安値のところで買ったと言い、
適当に値上がりしている場所で売った、
と紹介したものはいくつもありました。

ですが、それらの説明で、
本当に売買した証拠を示したプロジェクトは、
1つもありませんでした。

おまけに、平田氏が紹介した銘柄は、
購入から売却まで、
1年から2年かかっています。

つまり、本当に売買していたとしても、
1年や2年は待つ必要がありますから、
お金に余裕が無い人が
取り組むべきではないと言えます。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。