小玉歩氏のライフワークとも言える
「フロントラインメンタークラブ」について、
誰もが実際に稼ぐ事ができるとは
思えない理由をお伝えします。


ただ、対談動画で登場した8名は、
素晴らしい実績があり、
本当に小玉歩氏の元で稼げた人たちだと思います。


これから私がお伝えする内容を読んでいただき、
それでも自分には可能性があると感じた方なら、
このまま小玉歩氏の動画を見続けて、
参加を検討すればよいと思います。


【目次】
1.フロントラインメンタークラブとは
2.フロントラインメンタークラブの実態
3.副業には、おススメできないワケ
4.私がおススメする現実的な副業の取り組み方


1.フロントラインメンタークラブとは

フロントラインメンタークラブとは、
小玉歩氏が個別コンサルティングを提供するクラブです。


小玉歩氏と参加者が個別コンサルティングを行いながら、
完全オーダーメイドで、
小玉歩氏が参加者のビジネスの成功を手伝う、
という内容です。


小玉歩氏は元々、転売とアフィリエイトで稼いできた人なのですが、
対談動画を見る限りでは、
個別コンサルティングを行った人が全て、
転売やアフィリエイトを行っているわけではないようなので、
ちゃんと個人個人にあったビジネスで、
稼げるようにコンサルティングを行うようです。


1億円稼ぎたければ、1億円以上を稼いでいる人に、
アドバイスを受ける必要があります。


これは情報商材のプロジェクトでもよく言われることで、
1億円稼ぎたいのに、年収1000万円の人に聞いても、
具体的な道筋は見えてきません。


情報ビジネス業界でトップクラスに稼いでいる小玉歩氏ですから、
では、その小玉歩氏から個別コンサルティングを受けることで、
誰もが憧れる「億万長者」になれるか、となると
そうではありません。


2.フロントラインメンタークラブの実態

小玉歩氏の「フロントラインメンタークラブ」は、
参加するまでに高いハードルがあります。


フロントラインメンタークラブに参加を希望すると、
まずは、書類選考が行われます。


書類選考で選ばれると、
その後には小玉歩氏との面談があります。


その面談の中で、
参加希望者が何を望んでいるのか?
そして、そのために小玉歩氏が何をしてあげられるのか?
といった点を話し合っていきます。


そしてお互いに納得いけば、
晴れて「フロントラインメンタークラブ」に参加、
となるわけですが、


その料金は、
半年契約で500万円です。


50万円ではなく、500万円です。


動画の対談でも、言っていましたが、
横山ゆき氏は1日5時間から8時間やって、
週末は15時間やって、


それでも半年で稼げたのは10万円、
その後も、全部で1年半は
同じ時間働いていた、
と言っています。


この言葉を聞いて、
横山ゆき氏や、対談に登場している人たちだけの、
特殊な事例だと思った人もいるかもしれません。


しかし小玉歩氏は、フロントラインメンタークラブに参加するにあたって、
「365日、1日18時間ビジネスの事を考える」 
という『覚悟』を持つように要求しています。


その言葉のとおり、
参加者は毎日、日報を送る必要があります。


つまり、毎日何か行動をし、
何をしたかを具体的に小玉歩氏に報告することが求められます。


これをまずは最低3ヶ月やるのですが、
その3ヶ月間ではほとんど結果が出ない、
1円も稼げない可能性が非常に高い、
と小玉歩氏自身が言っています。


それでも小玉歩氏についていった人が、
ようやく6カ月目に稼ぎ始める、
というのが、内容になっています。


ただ、それでも6カ月目でも結果が出ない可能性もあり、
例えば、動画の対談に登場していた坂本幸一氏が、
まともに結果が出たのは1年後です。


3.副業には、おススメできないワケ

「フロントメンタークラブ」はこれだけ厳しい内容ですから、
小玉歩氏は、たくさんの途中脱落者が出ていることを告白しています。


小玉歩氏の厳しい要求レベルに対応できなて、
厳しい現実の前にモチベーションが無くなる、
という人が多かったようです。


その様な方たちからなのかはわかりませんが、
ネットで小玉歩氏を検索すると、
詐欺と言われていたり、
被害者の会が出来ていたりします。


ただ、私自身、ゼロから自営業を始めて、
実際にまともな結果を出すまでに1年以上かかりました。


対談動画で誰かが言っていましたが、
・寝ない日は寝ない
・一日18時間働く
という日々を私も送りましたし、


趣味は仕事、休みはいらない、
という日々を過ごしました。


ですから、ビジネスを行うにあたって、
“副業マインドでは稼げない”
という言葉は非常に共感しました。


楽して稼ぎたい、とか
片手間で稼ぎたい、とか
小玉歩氏にただ付いていけば稼がせてくれる、
といった他力本願の考えでは、
「フロントラインメンタークラブ」では100%挫折するでしょう。


小玉歩氏は「365日、1日18時間ビジネスの事を考える」 
という『覚悟』を持つように要求していますし、


実際に毎日数時間、本業以外にビジネスに取り組む、
体力と精神力、そして資金力が求められます。


そういった意味では「フロントラインメンタークラブ」で副業にするのは、
非常にハードルが高いと言えます。


4.私がおススメする現実的な副業の取り組み方

1億円稼ぎたければ、1億円以上を稼いでいる人に、
アドバイスを受ける必要があります。


ですが、年収500万円とか600万円の人が、
副業でいきなり年収1億円を目指すのは、
体力的・精神的にもどうしてもハードルが高すぎます。


それよりは、まずは年収1000万円とか2000万円の人に、
今の収入を2倍、3倍にする方法を学ぶ方が、
ハードルは低くなり、実現性は高くなります。


そうして、1つ副業で稼ぐノウハウを身に付けると、
ネットビジネスには可能性がありますから、
さらに収入を増やす道が生まれてきます。


私も過去には、いきなり年収1億円を目指した時もありました。


しかし、年収数百万円の人間が、
そう簡単に副業で年収1億円を達成するような、
ビジネスを行う事などできませんでした。


その事に気づいた時に今の副業に出会い、
まずは今の収入を2倍にすることを目標に、
今まで取り組んでいます。


年収1億円という目標をひとまず横に置いておけば、
「フロントラインメンタークラブ」のように、
500万円を用意しなくても、
また、毎日5時間も働かなくても、
今より収入を増やすことはできるのです。


ただ、楽して稼ごうとか、
メンターにただ付いていって稼がせてもらおう、
といったような甘い考えでは、


どんなビジネスでも稼ぐことは厳しい、
という点は共通しています。


動画の中で誰かが言っていましたが、
“稼ぐ人はとりあえずやっています”
完璧を求めないで、適当でも何とかなるものです。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
堅実なビジネスを、地に足をつけて実践されることをおススメします。



ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年6ヶ月経ちました!
「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp