こんにちは、ヒデカズです。


久保優太 氏と長倉顕太 氏が始めたお金の守り方・増やし方の授業プロジェクトについて、稼げないと言える理由をお伝えします。


【目次】
1.誰でも稼ぐことはできないと言える理由
2.K-1チャンピオンと投資の関係性
3.投資マインドの育て方とリスク
4.投資で稼ぐために必要なこと


1.誰でも稼ぐことはできないと言える理由

「お金の守り方・増やし方の授業」の第1話を見る限りでは、
このプロジェクトが結局、何をするのかは明かされていませんが、


ただ私の経験から推測できるのは、投資に関するノウハウを教える塾、
と考えられます。


久保優太 氏が株式投資で稼いでいると言っているので、
最終的には、株式投資の手法について学ぶと思われます。


株式投資の手法については様々あって、ネットでもリアルの世界でも、
いろんな方が教えています。


○○投資法という株式投資を教える教室が、
実社会のビルの一室などで行われていますので、
そんな教室のネット版であると考えられます。


最初にメールアドレスを登録したサイト(LP)には、
「お金の守り方・増やし方の授業」について“完全無料”と書かれていたので、
完全に無料で稼ぐためのノウハウを教えてくれる、
と期待している人もいるかもしれませんが、


“完全無料”なのは第1話からの動画で行われている、
お金に関する様々な情報提供だけです。


最終的には、久保 氏が教える株式投資のノウハウを学ぶための、
塾やコミュニテイーへの募集が行われるはずですので、
数十万円の費用が発生すると考えられます。


たとえ参加費用が数万円でも、数十万円でも、
久保 氏が教える株式投資の手法が、もし“本物”であり、
誰もが少額から取り組めて、リスクの少ない手法であるなら、
参加を検討する価値はあると思います。


私も株式投資を行っているので言えるのですが、
久保 氏の投資手法が、デイトレードと言われる短期売買を繰り返して利益を狙う、
というプロトレーダーが行うような手法であるのなら、
なかなか稼ぐことは難しいし、リスクが高いと言えます。


久保 氏の投資法がどのようなものであっても、そのノウハウを学んで、
そのノウハウで実際に投資を行うのは参加者本人ですので、


参加者本人の資金力や、学習力、そして投資に対するマインド力という、
個人の力によって結果は大きく左右されると思います。


株式投資というものは決して、
誰もが、絶対に、短期間で稼げる、というものではありません。


2.K-1チャンピオンと投資の関係性

「お金の守り方・増やし方の授業」というプロジェクトの仕掛け人である、
久保優太 氏は総合格闘技K-1のチャンピオンということです。


過去にも、情報商材のプロジェクトの仕掛け人やゲストなどとして、
テレビに出たことがあるとか、本を出版したことがあるとか、
有名人や芸能人など、どこかで見たことがある人が登場することがありました。


その様なプロジェクトを見ると、信用できそうだと思う人が多いと思いますが、
実際の結果を見ると、結局は参加者たちを騙すような詐欺的な内容ばかりでした。


つまり、肩書や知名度や見た目といった外見的なものは、
プロジェクトの視聴者が実際に稼げるのかどうか、
という問題とはほとんど関係がありません。


日本人は、「社長」とか「代表」という肩書や、テレビで見たことがある人とか、
高級車や高級品に囲まれている人とか、華やかでお金持ちそうでキラキラしている、
といった外見についつい惹かれる人が多いようです。


そしてそんな人と親しくなったり、ついて行けば、
同じようにキラキラした自分になれるのではないかと期待する人が多いようです。


ですが、そんな外見ばかりに惹かれて、頑張ってついて行こう、
と行動してしまうことは、かなりの危険性があると言えます。


久保優太 氏がK-1のチャンピオンであっても、
株式投資で本当に稼いでいるのだとしても、


そんな実績と、参加者が稼げるように導く力や、
稼げるように指導してくれる誠実さや本気度とは全く関係がありません。


久保 氏の指導力については全くの未知数ですから、
実際に授業を受けてみなければ判断ができません。


過去の塾生などと言った人たちの生の声があれば参考に出来るのですが、
私がこれまでに見てきた全ての情報商材が紹介する体験談や感想というものは、


販売者が都合よく作ったものであったり、
名前も中身も実際に存在しないものであったり、
登場人物についてもエキストラであったり、
という事がほとんどでした。


ですので、どんな商品や商材においても、
またネットに限らずリアルな広告においても、
参加者の体験談や感想のコメントだけで判断することは難しいのが現実です。


3.投資マインドの育て方とリスク

久保優太 氏と長倉顕太 氏が仕掛けている
「お金の守り方・増やし方の授業」について1つ言えるのは、


「お金の守り方・増やし方の授業」は投資を教える授業ですから、
どれだけ投資のノウハウを学んでも、実際に資金を運用するのは参加者本人です。


特にマインドについては、実際に参加者自身が、
自分のお金を運用することでしか育たない面が大きいです。


少額の運用なら平気だったのに、運用金額が増えていくと、
途端にメンタルがボロボロになるということはよくあることです。


実際に私が最初に投資を始めた当時は、
1回のトレードで数百円を失うだけでも最初は落ち込んでいましたが、


何度もトレードをしているうちに、数千円や数万円を失うことがあると、
数百円を失うことは気にならなくなりました。


そうして、数百円を失っても平気になり、そのうち数千円を失うことも平気になり、
1・2万円なら失っても大して気にならなくなりました。


気にならないということは、それだけ冷静な判断が出来るようになっているので、
含み損を抱えても気になって仕事が手につかないとか、眠れないとか、
胃が痛くなったり、という事がなくなってミスの少ないトレードが出来るようになります。


ですが、そんな風にマインドが育つには、それだけ多くの自分のお金を失ってきて、
ある意味“麻痺”している状態になる必要があるのです。


トレードのマインドというのは、そうやって養われていくものです。


本当に稼いでいるプロトレーダーほど、
とんでもなく大きな損失を過去に体験しているものです。


投資をメインにして稼ぐという事は、
それだけ大きなリスクがあることを覚悟しておくべきだと言えます。


4.投資で稼ぐために必要なこと

投資は、資産形成の上では必ず必要ですが、
それは基盤となるしっかりとした収入源があって、
資金に余裕ができるほど稼いでから、
余裕がある分を投資に回すのが鉄則です。


本当に、本気でお金を稼ぎたいのであれば、
“本物”の稼ぎ方を教えてくれる人の元で、
まずはしっかりと基礎となる収入を増やすことが大切です。


私も1年4ヵ月前までは、楽して稼ぎたいとばかり考えて、
お金がないのに、お金を稼ぐ手段として様々な投資に手を出し、
様々な情報商材やツールを購入しては騙され続けてきました。


ですが、その後“本物”のビジネスノウハウを教えてくれる人に出会い、
その人の元で学び、努力したことで稼ぐことが出来るようになりました。


そして、収入を増やすことで資金に余裕が出来るようになり、
余裕が出来た資金の一部を投資に回すことが出来るようになったのです。


資金に余裕があるときの投資と、
資金が無いから投資をして稼ごうと考えていた過去の私では、
投資の時のマインドが全く違います。


投資は資金に余裕がある方ならやるべきですが、
そうでない方はまずは堅実なビジネスで「情報を見抜く力」と「稼ぐ力」を身に付け、


安定した副収入を得られるようしてから、
それから“本物”の投資法を学んで、投資にお金を回すのが良いと思います。


ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年4ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓


【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
自営業の私が始めた副業が、本業に与えた意外な効果とは
私が考える本当の人生のリスクと副業のリスク
私が福耳の会を1年間続けてきた生体験を告白します
消費税増税! 10%どころか、さらに増税されると言える理由
同じ給料でも手取りが15年間で50万円も減っている実態と対策
長い正月休みの間でも、ほったらかしで稼げていた副業



【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠
情報商材の詐欺ニュース 「写真を選ぶだけ」で被害者続出のワケ
情報商材のプロジェクトの“誰でも稼げる”のカラクリを暴露
与沢翼が情報商材の実態を暴露!ネットビジネス業界が焦る内容とは



「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp