黒澤昇 氏の「金の小槌」について、
アプリを使っても、
毎週20万円を稼げない、
と言えるカラクリを暴露します。


1.無料アプリの落とし穴を暴露

黒澤昇 氏は「金の小槌」アプリを使えば、
『毎週20万円の現金が手に入る』
と言っています。

毎週20万円稼げるアプリが、
無料で貰えると聞いて、
期待してダウンロードした人も多いと思います。

過去の情報商材のプロジェクトでも、
今回の黒澤昇 氏の「金の小槌」のように、
システムやアプリをプロジェクトの最初から、
無料で利用させるものがいくつもありました。

過去のそれらのプロジェクトでは、
確かに画面上では、
稼ぎ続けて利益が生まれ続けていますが、

その画面はデモ口座であったり、
体験版だったりして、
画面に表示された利益を、
実際に手に出来た事は一度もありませんでした。

黒澤昇 氏の「金の小槌」アプリも、
ダウンロードすると最初から5万円の残高があります。

入金したわけではありませんし、
もちろん黒澤昇 氏がプレゼントしたのでもありません。

ただの数字です。

「金の小槌」アプリは、
世間で広く使われているアプリや、
認可されているアプリでは無く、
黒澤昇 氏の私的なアプリです。

つまり黒澤昇 氏にとって、
都合の良い様に動かすことが出来ます。

数字が表示されているだけで、
実際にトレードしているのでありませんから、
いかにも簡単に稼げるように、
数字を作る出すことは簡単です。

実際にトレードしていませんから、
アプリに表示される金額を、
本当に稼げる金額だと思うべきではありません。

「金の小槌」アプリで、
数字がどんどん増えていくのを見て、
稼げると期待してしまう事は、
非常に危険であると言えます。

2.毎週20万円を稼げないと言えるカラクリを暴露

黒澤昇 氏は「金の小槌」のように、
最初から無料でアプリを体験させた、
過去のプロジェクトで

最後には、体験版やデモ版のアプリを、
実際に本番環境やリアルトレードで使うために、
参加費や利用料が発生しています。

無料の体験版で、稼げるように思わせて、
視聴者がその気になったところで、
費用の案内をしてきます。

それでも、実際に稼げるのなら問題は無いのですが、
現実はそう甘くありません。

事実、過去の同様のプロジェクトが、
消費者庁から注意喚起されています。

その一例が、昨年の4月頃に、
藤田真一氏が仕掛けた
「ビットコインジャパンプロジェクト」です。

このプロジェクトでは、
アプリを利用するだけで、
『毎月最低 30 万円分の
ビットコインを受け取り続けることができる』
という内容になっていました。

ですが、消費者庁が調べたところ、

『毎月 30 万円相当以上の
ビットコインを受け取るためには、
多額のビットコインを投資する必要がある。』

『プロジェクトを考案したとする
藤田真一は架空の人物であった。』

『すでに300 名以上のメンバー全員が
毎月 30 万円以上のビットコインを受け取っている、
と記載されていたものの、
このような事実はなかった。』

『ウェブサイトに記載されていた体験談は、
その体験談を語る人物も、
体験談も架空であった。』

と、嘘や矛盾や誇大広告ばかり、
という結果になっていました。

黒澤昇 氏も「金の小槌」アプリで、
毎週20万円の現金を手に入れる為に、
いくらの投資金が必要か、
明かしていません。

毎週20万円を、
投資金が無くても、翌週から受け取れる、
とは言っていません。

さらに、黒澤昇 氏についても、
実は架空の人物である可能性がある、
と注意しておくべきだと考えます。

消費者庁から注意喚起された、
「ビットコインジャパンプロジェクト」について、
私の過去記事に詳しく書いていますので、
この記事の最後に案内しておきます。

是非、参考にしてください。

3.金の小槌アプリに会員登録する危険性

黒澤昇 氏の「金の小槌」アプリは、
事前に無料で利用する事ができます。

黒澤昇 氏の「金の小槌」アプリを
ダウンロードして新規会員登録する際には、
フルネームと電話番号と、
メールアドレスの入力が必要です。

これらの個人情報の取り扱いについて、
黒澤昇 氏の「金の小槌」の
『特定商取引に基づく表記』を見ると、
下記の記載があります。
お客様からウェブフォームへの入力等により
ご提供いただいた氏名、年齢、電話番号、
メールアドレス、住所等の個人情報は、

(中略)
第三者へ提供させていただきます。

黒澤昇 氏の「金の小槌」アプリを
利用するために入力した、
フルネームや電話番号や、メールアドレスは、
「第三者」へ提供されると書かれています。

「第三者」とは誰かは書かれていません。

登録した際の個人情報は、
有無を言わさず、無条件に、勝手に、
第三者という、どこの誰だかわからない、
人や組織に提供されるのです。

一応、『お客様から要請があれば、
第三者への提供を停止する』、
とは書かれていますが、
本当に停止したかは確認できません。

見知らぬ人から届けられるメールやDMや電話などに、
情報の出処を聞いても教えてくれるとは考えられません。

今の時代は、個人情報は高値で売れたりします。

黒澤昇 氏が個人情報を、
売って稼いでいるかは分かりませんが、

ともかく個人情報をばら撒く、
と明言していると言えますから、

黒澤昇 氏の「金の小槌」アプリを
ダウンロードして会員登録するのは、
後々のトラブルの危険性があると言えす。

4.投資系の情報商材で騙されない方法

インターネットでは、投資の誘いが溢れています。

私もメールやSNSに、見知らぬ人から、
FXやバイナリーオプションなどの
投資の誘いをしょっちゅう受けています。

実際過去には、そんな投資話に乗って、
ろくに証拠も無いのに、
FXの自動売買ツールを、
無料で受け取ったり、
高額の費用を払って購入したこともありました。

相手の、簡単に稼げるという話や、
利用者は稼いでいますという言葉を聞き、
実績の画像の一部などを見たりして、
信用して使ってしまいました。

一時的には稼げた時もありましたが、
最終的にはかなりのお金を失いました。

私の苦い体験から言えるのは、
適当な証拠しか見せないような投資話は、
ほとんどが全く価値がありません。

投資は、ほったらかしで稼げる、
夢の様なお金の増やし方です。

そんな夢の稼ぎ方を、見ず知らずの人が、
全く知らない自分に持ってくるはずがない、
と意識しておくべだと考えます。

インターネットを使って、
無差別に広めている投資話は、
特に警戒する必要があると言えます。

そんな投資話がやってきたら、
とにかく証拠をしっかりと集める必要があります。

特に、投資話を持ってきた人物については、
よく調べる必要があると考えます。

「金の小槌」アプリを提供している
黒澤昇 氏についても、

投資の実績として、
6年間で「平均月利15%以上」とか、
「稼がせた顧客数476名以上」とか、

「数々の表彰を受けた」とか、
「1000万円を2年で20億円以上にした」とか、
「100億ドル以上の資産運用をしている」とか、

「10年間の平均月利30%以上」とか、
「メディアに掲載された」など、
様々な実績があると言っています。

ですが、どれも証拠はありません。

資産の残高をスマホで見せても、
本人のものか確認できませんし、

たとえ本人のものであっても、
偽造では無いのか、他人から借りてきたのではないか、
などと疑う事が必要だと言えます。

確実に本当に、本物だと言えないのであれば、
公開された実績は参考にしてはならない、
と言えます。

私は過去に、不十分な証拠だけで、
その投資案件に期待をしてしまい、
大金を失ってしまいました。

結局、儲かったのは私ではなく、
投資案件を持ってきた人物だったのです。

投資系の情報商材のプロジェクトには、
この様な危険な罠が溢れていると言えます。

【黒澤昇 金の小槌 関連記事】


ヒデカズの副業 ※実践して1年8ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。