真鍋健太 氏の「刑務所からの手紙」について、
年収3000万円を誰も稼げないと言える、
致命的な欠陥を暴露します。


1.年収3000万円稼げない致命的欠陥を暴露

真鍋健太 氏は「刑務所からの手紙」のサイトで、
個人の副業でも「年収3,000万円」を
稼ぐことの出来る具体的な方法をお話します。
と明記しています。

真鍋健太 氏の「刑務所からの手紙」は、
アフィリエイトがビジネスの内容です。

そして真鍋氏は、
お伝えする集客ノウハウを駆使すれば
「1日2時間程度」の作業時間で
年収3000万円程度なら十分稼ぎ出すことができます
と明記しています。

1日たった2時間程度の作業で、
年収3000万円と聞いて、
楽して簡単に稼げる、
と期待している人は多いと思います。

ですが、真鍋健太 氏が伝えるという
アフィリエイトのノウハウを実践した人は、
ほとんどいません。

真鍋氏は、月に200万から300万稼いでいて、
真鍋氏の友人は月に1000万以上稼いだこともある、
と言っています。

ですが、真鍋健太 氏の「刑務所からの手紙」の、
第1話の時点では、真鍋氏のノウハウを、
2019年になってから、
一から実践してみた人の実績がありません。

アフィリエイトはネットの副業です。

ネットの検索アルゴリズムは、
頻繁にアップデートされていますので、
最新の情報を収集しておくことが重要です。

ところが、真鍋健太 氏が「刑務所からの手紙」で
伝えるアフィリエイトノウハウは、
逮捕され服役中という「樋口裕士」氏の
ノウハウがベースになっています。

「樋口裕士」氏が逮捕されたのは、
2013年11月06日です。

5年以上前のアフィリエイトノウハウが
ベースになっているのです。

真鍋健太 氏は今も稼いでいると言っていますが、
その言葉が事実であるとしても、
それは、真鍋氏が数年かけて
アフィリエイトサイトを育ててきた影響が大きいと言えます。

アフィリエイトは積み上げ式のビジネスですので、
過去にやってきたことが財産として残ります。

ですが、その真鍋氏のアフィリエイト手法を、
今の時代に、これから実践して、
果たして通用するのか、確証が無いのです。

“時代遅れ”の手法の可能性があるので、
真鍋氏のノウハウだけで年収3000万円稼ぐのは、
かなり難しいと言えます。

2.刑務所からの手紙の危険性

真鍋健太 氏は、自分自身を、
逮捕され服役中という
「樋口裕士」氏の元部下だと、
「刑務所からの手紙」で言っています。

ですが、真鍋氏が「樋口裕士」氏の
元部下という証拠は全くありません。

刑務所の前に行って、
撮影を断られるなんてことは、
素人でも想像できます。

刑務所内での身体検査とか、
部屋の様子などを語っていますが、
そんな事は実際に行かなくても、
経験者に聞けばわかります。

「樋口裕士」氏が書いた、
という『刑務所からの手紙』についても、
本人が書いた証拠はありません。

「刑務所からの手紙」のサイトに掲載されている、
「樋口裕士」氏の画像も全てネットから転載できます。

「樋口裕士」氏に面会して確認する人なんて、
誰もいないでしょうから、
いくらでも、でっち上げる事が可能なのです。

真鍋健太 氏が「樋口裕士」氏の
元部下と言うのが本当だとしても、
アフィリエイトの最前線を真鍋氏が行っていた、
という証拠もありません。

先ほどもお伝えしたように、
たとえ真鍋氏が「樋口裕士」氏の
アフィリエイトを最前線で行っていたとしても、
そのノウハウは現在では通用しない可能性が高いのです。

また、過去の情報商材のプロジェクトでも、
販売者自身が役者で架空の人物であった、
という詐欺が何度もありました。

モザイクがかかって顔がわからない真鍋健太 氏が、
「樋口裕士」氏とは全く無関係の架空の人物である、
という可能性も考えておいた方がよいと思います。

3.真鍋健太の注意すべき発言

真鍋健太 氏は「刑務所からの手紙」の第1話で、
『絶対ではないけど、
稼げないってことは無い』
と言っています。

その後にも、
『稼げないってことはない』
というフレーズを繰り返しています。

この言葉の前後に、
『個人で100万から200万』
という表現を使っているので、

真鍋氏のアフィリエイトノウハウで、
月に100万円から200万円を稼げる、
と思った人も多いと思います。

ですが、“絶対ではない”と、
真鍋氏も動画で明言しています。

つまり可能性は0(ゼロ)ではない、
という程度に解釈しておく方が、
無難だと思います。

なぜなら、真鍋氏のアフィリエイトノウハウを、
最近になって実践したという実績がありません。

実践した人がいなければ、
『個人で100万から200万』という金額は、
根拠のない金額という事になります。

もしかしたら、今後、
実践者の声を公開するかもしれませんが、
その声が事実かどうかは、
しっかりと確認する必要があります。

なぜなら、過去の情報商材のプロジェクトでも、
実践者の声が、嘘やねつ造であったことが、
ほとんどだったからです。

4.アフィリエイトで稼げない致命的欠陥

真鍋健太 氏は「刑務所からの手紙」のサイトで、
「努力なく億超えできると思ったのに・・・」
もしあなたがこのように感じたとしたら、
それはもう「情報商材屋にとっての良いカモ」でしかありません。

残念ですが、誰でも簡単にワンクリックで
1億円稼げる〜などの話は全部まやかしです。
全部です。全部。

そんなアホみたいな話はこの世にはありませんし、
そんな夢物語にホイホイ飛びのってはいけません。
と忠告しています。

私自身、過去には「情報商材屋にとっての良いカモ」でした。

ですので、この忠告は事実だと、
私の体験からも言えます。

真鍋健太 氏はさらに、
ビジネスである以上は「努力」はつきものですし、
努力の過多や運や才能などによって
「得られる収入」に差が出るのは当然のことです。

そんな事は「当たり前中の当たり前」なんです。
と言っている点も、実感できます。

ですが、真鍋氏が言っている
「努力」の方向性がズレていると、
いつまで経って結果が出ないことも事実です。

この“ズレ”は、
本人ではほとんど気付くことができません。

私は、この“ズレ”を指導してくれる
本物の指導者がいたから、
結果を出すことができました。

「刑務所からの手紙」で伝える
アフィリエイトノウハウの場合は、
真鍋健太 氏が指導者になるはずです。

ですが、実績の無い真鍋健太 氏に、
「人を稼がせる指導力」があるのか、
全く未知数です。

そもそも、真鍋氏は実在する人物か、
架空の人物なのか確認ができません。

そして、「刑務所からの手紙」には、
『特定商取引法に基づく表記』がありません。

販売者の本名や、住所、連絡先などが、
全くわかりません。

これでは、真鍋健太 氏に、
アフィリエイトの指導をしっかりと受けられるのか、
非常に不安があります。


ヒデカズの副業 ※実践して1年7ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。