ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

カテゴリ: 松宮義仁

松宮義仁 氏が「巨大利権プロジェクト」を始めましたので、
参加しても富裕層になれない理由を暴露します。


【目次】
1.年商100億円ビジネスの根本的な問題を暴露
2.10年後、20年後と分配金を受け取る事は出来ない可能性
3.初期資金ゼロの罠を暴露
4.先行者利益のリスクを暴露


1.年商100億円ビジネスの根本的な問題を暴露

松宮義仁 氏は「巨大利権プロジェクト」について、
『年商100億円ビジネスを立ち上げて、
収益金を分配し、富裕層を量産する』
と宣言しています。


さらに松宮 氏は、この巨大利権で稼ぐためには、
知識も、経験も、スキルも、作業時間も、人脈も、初期資金も、
一切必要無い、と言っています。


利権』を手に入れれば、何もせずに、ほったらかしで、
勝手にお金がもらえる、不労所得が得られる、
と思って期待している人も多いと思います。


ですが、その利権の出所は、松宮 氏がこれから始めると言う、
年商100億円ビジネス”になっています。


まだ始めていないビジネスですから、全く実績がありません。


おまけに、他の誰もやっていないビジネスですから、
現実的にビジネスとして成り立つのか、利益が発生するのか、
という確証が無いのです。


成功事例が無ければ、失敗事例もない、
全く未知の分野のビジネスに、松宮 氏は取り組もうとしていて、


そんなビジネスプロジェクトに賛同してくれる人を集めているのが、
今回の「巨大利権プロジェクト」なのです。


2.10年後、20年後と分配金を受け取る事は出来ない可能性

私自身、10年以上前に職人という事業を始めた起業家なのですが、
一般的な起業後の成功率を調べてみると、
起業1年後に経営を続けている会社は40%しかありません。


つまり、半分以上の会社が起業後たった1年で倒産しています。


さらに、5年後には15%、10年後には6%とその数はどんどん減少します。


有名なホリエモン(堀江貴文)さんも、商売について、
“5つぐらいやれば1つは当たりが出るもんです”
と言っていますから、どんなに優秀で才能ある起業家でも、
成功より失敗の数の方が多いくらいなのです。


松宮義仁 氏がどれだけ才能がある人であっても、
これから始める自称「年商100億円ビジネス」が、
成功するか失敗するかは、やってみなければわからないのです。


年商100億円というのは、松宮 氏が勝手に言っているだけで、
実際にどれだけの売上が上がるかは、前例もないのでわかりません。


もし年商100億円というビジネスに成長させることが出来たとしても、
そんな成長市場なら、他の企業や参入してくるかもしれません。


大企業が巨大な資本を投入してきたら、
先行者利益なんて吹き飛ぶ可能性もあります。


つまり、「巨大利権プロジェクト」の参加者が、
3年後も5年後も利権で稼ぎ続けられる保証は無いと言えます。


3.初期資金ゼロの罠を暴露

松宮義仁 氏が「巨大利権プロジェクト」でこれから始めると言う、
年商100億円ビジネスが成功しても、失敗しても、


松宮 氏は初期資金は必要ない、と言っているのだから、
デメリットは無いはず、と思っている人も多いと思います。


ですが、松宮 氏が動画の中で言っているのは、
利権を得るための“出資金”は不要だ、という内容です。


初期資金は必要無いけど、利権を得るためには、
松宮 氏のコミュニテイーなどに参加する必要があり、
その参加費用が発生することが考えられます。


過去に松宮義仁 氏が仕掛けた数々のプロジェクトを見ると、
参加費用の相場はだいだい30万円前後だと予想されます。


高額の参加費用を支払って、その後に利権を実際に受け取れるのは、
いつからなのかは確認できません。


第2話の予告を見ると、『“毎年”分配金としてお渡しします』と言っていますから、
利権によって稼げるのは、最短でも1年後という事になります。


松宮 氏が『年商100億円ビジネス』を始める時期が遅れれば、
年商に応じた分配金を受け取れる時期も遅れます。


分配金は年商に連動するようなので、
最初に支払う“参加費用以上”の分配金が発生すれば良いのですが、
その分配金の金額は最短でも1年後にならないと分かりません。


1年後に分配金が発生するのかもわからなければ、
そもそも事業自体が続くのかどうかもわからないようです。


4.先行者利益のリスクを暴露

松宮義仁 氏は「巨大利権プロジェクト」について、
先行者利益を手に入れることが出来なければ、
莫大な資金を稼ぐことが出来ない”と言っています。


誰もやったことがないビジネスに取り組むという事は、
非常にリスクが高い、という事を言っていません。


自分が考えたビジネスは必ず成功するような事ばかり言って、
全くリスクについて説明をせずに、


最短でも1年後にならないと、
稼げるのかどうかわからないのです。


そんな、まるっきり他人任せのビジネスに期待するよりも、
自分で確実に稼げるビジネスを立ち上げ、軌道に乗せるために、
一日も早く行動を起こすことが必要だと思います。


そして、先ほどお伝えしたように、
起業しても失敗する可能性があるのが普通ですから、


なるべくリスクの少ない、
堅実なビジネスに取り組むことが大切だと言えます。


私が1年以上も実践して、
今月もしっかり稼いでいる副業はそんなビジネスです。


他人任せではなく、自分で稼ぐ力を身に付けたい、
という方はヒデカズまでご連絡ください。


【参考記事】
ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年3ヶ月経ちました!
「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

松宮義仁氏の「フリーダムライフクラブ」の内容について、
前回の検証記事で、
私は仮想通貨の自動売買と推測していましたが、


第2話で、仮想通貨のICO情報の提供が、
「フリーダムライフクラブ」の
内容である事が明かされました。


そこで改めて、プロジェクトの内容を検証します。


【目次】
1.松宮義仁氏が紹介するICOの信頼性を検証
2.フリーダムライフクラブはどう考えても無謀なプラン
3.松宮義仁氏の“焦り”を感じる発言とは


1. 松宮義仁氏が紹介するICOの信頼性を検証

松宮義仁氏は、
『仮想通貨の開発者には、
開発者しか手にすることがてきない、
決して一般には出回らない
完全非公開の極秘情報が入ってくる』


と言っています。


イーサリアムやリップルなどの開発者同士は、
裏で繋がっていると言っていますが、


松宮義仁氏がそのような開発者とも
繋がりがあるかは明言していません。


松宮義仁氏がどのような開発者と繋がっているか、
全く説明していませんから、
情報源が信頼できるものなのか、
という確認が出来ません。


仮想通貨の開発は、はっきり言って誰でも出来ます。
インターネット上には、
「オリジナル仮想通貨の作り方」
というサイトもある程です。
ビットコインのソース(プログラム)は
全て無料で公開されており、
誰でもダウンロードして改良や再配布を行えます。
それをもとに新しい仮想通貨を作成する事ができます。


また他のサービスやプラットフォームなどを
利用する事でも簡単に仮想通貨を作成する事ができます。


個人が自由に自分の通貨を発行できる時代になった
ということは大変画期的な事だと思います。

「オリジナル仮想通貨の作り方まとめ」より抜粋
https://nandemo77.com/2017/10/20/make2ndbtc/

何が言いたいかというと、
松宮義仁氏は「仮想通貨の開発者同士は裏で繋がっている」
と言っていますが、


例えば、仮想通貨について何の実績も知識も無い私が、
仮想通貨「ヒデカズコイン」なんてものを開発したからといって、
それだけでイーサリアムの開発者と裏で繋がれるはずはありません。


松宮義仁氏は仮想通貨「NAGEZENI」の開発者ではありますが、
「NAGEZENI」はまだ上場もしておらず、
何の実績もありません。


そのような仮想通貨の開発者と、
イーサリアムやリップルの開発者はもちろん、
名の知れた仮想通貨の開発者たちが、
裏で繋がり、一般的に出回らない情報を共有し、
共に莫大な富を生み出すなんて事は、
常識的に考えて難しいと考えらえます。


2.フリーダムライフクラブはどう考えても無謀なプラン

松宮義仁氏は「フリーダムライフクラブ」に参加して、
毎月何らかのICOに参加して、
毎月1.78倍に増やすと言っています。


つまり、毎月毎月、その月のうちに上場して、
さらに毎月1.78倍以上になるという、
ICO案件がずっと続くようなことを言っています。


その様に都合の良いICO案件が続く事は期待できません。
さらに、他の情報商材のICO案件では、
日本では6月からICOに参加できない可能性がある、
といって参加を煽る案件もあるほどです。


もし本当に、過去に、毎月毎月、その月のうちに上場して、
さらに毎月1.78倍以上になるという、
ICO案件が12ヶ月にわたって続いたのなら、


具体的に過去の事例として紹介してもらう必要があります。


もちろん、最低でも松宮義仁氏自身が、
それらのICO案件に参加して、
きちんと1.78倍以上で売り抜いた、
という実績も見せてもらう必要があります。


これから始まるICOについては話せなくても、
過去のICOの事例なら、
話せない、なんて理由はあり得ませんし、


本当にそんな実績があるのなら、
自分から進んで見せるのが自然の行動です。


3.松宮義仁氏の“焦り”を感じる発言とは

松宮義仁氏は仮想通貨NAGEZENIを開発していますが、
ずっとプライベートセールをやり続けています。


予定では今年10月に上場すると言っていますが、
無事に上場出来たとしても、
上場してしまえば、市場の厳しい目が待っています。


価値があると認められれば価格は上がりますが、
価値が無いと判断されれば暴落し、
最悪、価値はゼロになります。


つまり、NAGEZENIを売るなら、
今年の10月までが勝負なのです。


そのせいなのか、
松宮義仁氏は動画の中で、
とにかく自分は凄い人なんだ、
という事をアピールしています。


松宮義仁氏は仮想通貨の開発者としても、
すごいとアピールしたいのか、
下記の、信じ難い発言まで飛び出しました。


『2年前につい最近起こった問題を知っていた。
なぜ預言者のようなことができたのかというと、
仮想通貨の開発者だからこそ入ってきた情報があった』


と言って、2年前に松宮義仁氏が語った動画を公開しています。
その中では、
『盗まれたりとか、無くなったりすることもあり得る』
と言っていることから、


今年初めに起こった、コインチェック事件を預言していた、
と言いたいようです。


ですが、仮想通貨が取引所から盗まれたりとか、
無くなったりした事件は、
2年前より以前にも何度も起こっています。


日本国内では2011年頃から仮想通貨取引所に対する
サイバー攻撃が確認されています。
国内でも有名なのは2014年の「マウントゴックス事件」です。


翌年の2015年にも、
スロベニアと英国に拠点があった取引所「ビットスタンプ」、
中国に拠点を置いていた取引所「BTER」、
といった海外の取引所が不正アクセスやハッカー攻撃に遭っています。


つまり仮想通貨は、
『盗まれたりとか、無くなったりすることもあり得る』
という松宮義仁氏の預言なんてものでは無く、


仮想通貨=暗号通貨なのですから、
インターネット上に存在する限りは、
常に存在する暗号通貨特有のリスクなのです。


それを開発者の自分だから預言できた、
とまで言い切ってしまうあたりに、
松宮義仁氏の“焦り”を感じてしまいます。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


私は、その事に気付くまでに、
たくさんのお金と時間を
高額塾や高額商材の為に失ってしまいました。


最初は少ないお金でも、
地に足をつけて堅実に稼ぐことが、
遠回りに見えても、
実は、一番早いお金の稼ぎ方だったと
今は実感することができています。


荒唐無稽な億万長者よりも、
堅実で確実な収入を目指すことの方が
私にとって必要だったことがわかりました。


収入は積み上げ式に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
堅実なビジネスを、地に足をつけて実践されることをおススメします。



【松宮義仁 関連記事】
松宮義仁 フリーダムライフクラブ① 900万円分の仮想通貨プレゼントの条件

【仮想通貨 関連記事】
情報商材の危険なICOプロジェクトの見分け方


ヒデカズが実践している副業 
「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

ヒデカズです。


松宮義仁氏の「フリーダムライフクラブ」
について検証していきます。


情報商材ビジネスの有名人も多数登場していますが、
詐欺商材も多い業界ですから、
同業者からの推薦は参考にすることは出来ません。


【目次】
1.900万円分の仮想通貨プレゼントの条件とは
2.NAGEZENIが30倍になっても稼げないワケ
3.ほったらかしの危険性


1.900万円分の仮想通貨プレゼントの条件とは

松宮義仁氏は「フリーダムライフクラブ」の動画でもサイトでも、
30倍になることが確定している
30万円分の仮想通貨NAGEZENIを
プレゼントすると言っています。


私が松宮義仁氏を知ったのは、
昨年(2017年)の今頃にあった
NAGEZENIプロジェクトです。


その頃の私は、数々の情報商材に騙されてきたこともあり、
さらに色々な仮想通貨についても個人的に検証してきたので、
ある程度は見る目もありました。


そんな私の目から見て、
NAGEZENIの可能性を感じる事が出来ず、
それなのに松宮義仁氏は、
誇大表現と言ってもいいほどの
プロモーションをかけてきたので、
早々に購入しないことを決めていました。


松宮義仁氏は動画の中でNAGEZENIの事を
“最低でも価値が30倍になることが確定している”
と言っています。


そのNAGEZENIを30万円分も貰えるし、
30倍になるから900万円分の仮想通貨を貰える、
と期待してLINE@に登録した人も多いと思います。


私はその言葉をそのまま受け取れないと判断しましたが、
一応、実際に登録してみました。


『900万円分の仮想通貨はコチラから受け取れます』
と書いてありますが、実際には、
松宮義仁氏の個人LINEに再登録されただけです。


やはり何もせずに貰うことは出来ないようです。


実際にサイトの中にも、
『仮想通貨30万円分を
受け取る“権利をもらう”手順』
と書いてあります。


つまり“権利”はあっても、
その権利が実行されるには条件があるという事です。


過去の高額商材に多いのは、
高額の参加費を払って参加した人には、
プレゼントするというパターンです。


それでも、たとえ参加費が30万円という高額でも、
貰える30万円分のNAGEZENIが、
30倍の900万円になるから参加しよう、
と思う人も多いでしょう。


ところがここに落とし穴があるのです。


2.NAGEZENIが30倍になっても稼げないワケ

昨年のNAGEZENIプロジェクトでは、
NAGEZENIの価格は、
まず2017年10月に約6倍になり、
今年(2018年)の10月にさらに5倍になるから、
6倍×5倍=30倍となっていました。


この計画が本当なら、
現時点ではすでに6倍になっているはずですから、
“5倍になることが確定している”
が正しいはずです。


松宮義仁氏は今回の「フリーダムライフクラブ」プロジェクトにおいて、
何を基準に30倍と言っているのかが不明確なのですが、
そもそも、6倍という数字も、その後の5倍についても、
上場してから価値が上がるわけではありません。


上場前に、松宮義仁氏が価格を6倍と5倍に変更するだけです。


具体的には、2017年10月に
それ以前の価格の6倍の単価100円にしているはずです。


そして、2018年10月にはさらに5倍の単価540円にする予定なのです。


その後に上場すれば、
換金して30倍の利益を得れると思う人もいると思いますが、
ここで大きな問題があります。


それは、市場におけるNAGEZENIの必要性です。


NAGEZENIの公式ホームページを見ると、
NAGEZENIの一番の目的は、
「ソーシャルメディアで投資する個人に対して、
投げ銭(NAGEZENI)を通じて気軽に応援ができる。」
とあります。


わざわざ、他人を応援するために
他にほとんど使い道がないコインを欲しがるか、
という点に疑問を感じます。


30倍になったコインを他人にあげるより、
換金して手元の利益を確保したいと思う人が大多数のはずです。


そう思って、上場後に売りは殺到しますが、
市場に購入する人がいないと、
NAGEZENIを売却する事は出来ません。


松宮義仁氏はNAGEZENIの開発者ですから、
確かに上場前なら価格を30倍にすることは可能です。


しかし上場してしまえば、
価格は市場が決めます。


上場前に期待されている仮想通貨のケースでは、
公式サイトにロードマップやホワイトペーパー、
開発者の紹介などが記載されています。


NAGEZENIの公式サイトを見ると、
ロードマップは無い、
ホワイトペーパーも無い、
開発者などの紹介も無い、
という状態です。


世界の投資家が、
このような仮想通貨を知ることができるのか疑問ですし、
たとえ知ったとしても、
公式サイトを見る限りでは、
NAGEZENIに将来性を感じる投資家はいない、
と言っても過言ではないと思います。


台湾・マレーシアの大手取引所に上場予定とは言っていますが、
どこの取引所が、この程度しか情報がない仮想通貨の
上場を予定しているというのか、
信ぴょう性を疑ってしまいます。


3.ほったらかしの危険性

松宮義仁氏は「フリーダムライフクラブ」に参加すれば、
『初期費用の3万円を毎月1.78倍に増やし、
1年後には3000万円に100%増やすことができる』
と言っています。


さらに、
1回の作業はたった15分で
誰でも出来る簡単作業、
とも言っています。


その後は自動でほったらかしでお金が増える、
ということなので、
松宮義仁氏のことですから、
仮想通貨の自動売買と推測されます。


松宮義仁氏が言う「黄金の鍵」の正体が何であれ、
ほったらかしでお金を増やすのは投資だけです。


投資にはかならずリスクがありますから、
松宮義仁氏がリスクを正直に話してくれるのか、
確認していく必要がありますし、
リスクを一切語らない場合は、
極めて危険性が高いと判断した方が良いです。


詳細は次回以降に明らかにされますので、
追って検証を続けたいと思います。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


私は、その事に気付くまでに、
たくさんのお金と時間を
高額塾や高額商材の為に失ってしまいました。


最初は少ないお金でも、
地に足をつけて堅実に稼ぐことが、
遠回りに見えても、
実は、一番早いお金の稼ぎ方だったと
今は実感することができています。


荒唐無稽な億万長者よりも、
堅実で確実な収入を目指すことの方が
私にとって必要だったことがわかりました。


収入は積み上げ式に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
堅実なビジネスを、地に足をつけて実践されることをおススメします。



【松宮義仁 関連記事】
松宮義仁 フリーダムライフクラブ② ICOの信頼性を検証

【仮想通貨 関連記事】
情報商材の危険なICOプロジェクトの見分け方

【副業 関連記事】
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
初めて副業で30万円達成!記念に初めて種子島に旅行しました!
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
妻から「ありがとう」と言われるようになりました
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
母子家庭だった私がサラリーマンを辞めて自営業を始めた理由
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!


ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp


※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

このページのトップヘ