松長孝光 氏の「ショッピングハンターFrontier」という
転売ツールの落とし穴を暴露します。


1.転売ツール「ショッピングハンターFrontier」の落とし穴

松長孝光 氏の「ショッピングハンターFrontier」とは、
転売の商品リサーチツールです。

このツールは、
自動で商品リサーチをするわけではありません。

商品のジャンルやブランドや、
利用目的や固有名詞など、
といった検索キーワードを、
人の手で入力する必要があると考えられます。

私も転売の経験があり、
今も副業の1つとして実践しています。

私の経験から言えるのですが、
商品リサーチツールはいくつも存在します。

そして転売で稼いでいる人は、
何らかのリサーチツールを使ってます。

つまり、転売で成功のカギを握るのは、
リサーチツールを使いこなして、
いかに稼げる商品を見つけ出すか、
という「リサーチ力」にかかっている、
と言えます。

それは先ほどお伝えした、
商品のジャンルやブランドや、
利用目的や固有名詞など、
といった検索キーワードを、
見つけ出す力であったり、

色んな情報サイトから、
人気がある商品や流行りの商品や、
これから売れそうな商品を見つけてきたりする
「情報収集力」であったりします。

松長孝光 氏は動画の中で、
「膨大な時間をかけなくても、
Frontierというツールが商品リサーチをしてくれる」
と説明しています。

“膨大な時間”とは何時間なのかわかりません。

全く時間をかけなくてよい、
という意味では無いという事は確かです。

元々商品リサーチ力があったり、
流行に敏感な「情報収集力」がある人なら、
あまり時間をかけなくても、
稼げそうな商品が見つかるかもしれません。

ですが、そのような「稼ぐ力」が無い人にとっては、
どれだけツールが良くても、
転売で結果を出すには、
かなりの時間が必要だと言えます。

松長孝光 氏の「ショッピングハンターFrontier」が、
どれだけの情報を集めることができるツールか、
確認することはできません。

ツールが集めてくる情報が乏しければ、
良さそうな商品を見つけるまでに、
膨大とまではいかなくても、
かなりの時間がかかる可能性があるのです。

2.ライト版で月収50万円稼げないカラクリ

松長孝光 氏は、
月収50万円突破確実!と謳っている
「ショッピングハンターFrontier」の
ライト版をプレゼントすると言っています。

月収50万円を稼げるツールが、
無料で貰えると聞いて、
欲しいと思っている人は多いと思います。

先ほどもお伝えしたように、
転売ビジネスにおいて、
稼げるか稼げないかの違いは、
商品リサーチ力にかかっています。

商品リサーチ力とは、
売れる商品、稼げる商品を見つける力です。

ライバルがいなくて、
自分だけが独占的に販売できて、
いくつも販売できて、
それでいて高利益率の商品、
を見つけることが理想です。

そんな商品はそう滅多に
見つかるものではありませんが、
どれだけその理想に
近い商品を見つけられるかが、
転売ビジネスで成功するカギとなります。

その商品リサーチをツールに任せるとなると、
同じツールを、多くの人が、
同時に使う事になるのですから、
誰かと同じ結果が出る可能性が高まります。

ツールのリサーチ能力が高ければ高いほど、
稼げる商品候補が絞られてきますから、
同じツールを使っている人同士で、
商品がダブる可能性がますます高くなります。

つまり、優秀な商品リサーチツールほど、
多くの人が使うとちまち飽和状態となるのです。

同じツールを数百人が同じ様に使えば、
同じ様なリサーチ結果となりますから、
その商品の奪い合いが始まります。

その商品がたくさんあるなら、
たちまち飽和してしまい、
今度は価格競争になって、利益を圧迫します。

転売で稼いでいる人は、
リサーチツールの独自の使い方を編み出していたり、
誰も使っていない様なツールを独占的に使っていたり、
といった独自の稼ぎ方をしているものです。

松長孝光 氏が転売で本当に稼いでいるなら、
自分が使っているツールと同じツールを、
不特定多数の他人に利用させるのは、
それだけで大きなリスクと言えます。

ですので、
「ショッピングハンターFrontier」は、
実際には松長孝光 氏は使っていないか、

または、使っているとしても、
使いこなすにはかなりのスキルや経験が必要だから、
ほとんどの人は稼げないと思っている、
と考えられます。

3.優秀な転売ツールを使っても稼げなかった私の体験

松長孝光 氏のツールのリサーチ力がどれだけの実力か、
実際に使ってみなければ確認できませんが、

たとえ「ショッピングハンターFrontier」が、
どれだけ良いツールであっても、
元々のリサーチ力がない人が使うのなら、
稼げる商品を見つける可能性は低いと言えます。

逆に言えば、元々リサーチ力がある人が、
優れたリサーチツールを使うと、
本当に理想のお宝商品を見つけたりします。

私は過去に、
そんな優れたリサーチツールに出会ったことがあります。

そして実際に私はそのツールの開発者の元に行き、
転売のノウハウやツールの活用方法を学びました。

私が認めたツールは、
最低限の学びと、最低限の努力を行いながら、
しっかりと使いこなすことで、
本当に稼げる商品を見つけ出す、
というツールでした。

私と一緒に転売ツールの講義を受けた人の中には、
既にそのツールで月商2000万円稼いでいた、
本物の実業家の方もいました。

それでも、もっとツールを使いこなしたいと、
講義に参加していたのです。

私が使っていたツールと、
その方が使っていたツールは同じです。

その同じツールを使っていた私の稼ぎは、
まだ使い始めだったのでゼロでした。

一方、月商2000万円を稼いでいた方は、
数年前から同じツールを使っていて、
かなり使いこなしていたから、
それだけの結果が出ていたのです。

そこには、明らかに「稼ぐ力」の違いがありました。

それだけ可能性のあるツールでしたから、
そのまま本気でやり続けて、
ツールを使い続けていけば、
もしかしたら、今ごろは、
素晴らしい結果が出ていたかもしれません。

ただ、当時の私は、
楽して稼ぎたいという思いが強く、
最低限の学びと努力をしようとしなかったので、
可能性は感じながらも、途中で挫折しました。

4.副業で稼ぐために一番必要なもの

今の副業に出会ったのはその直後でしたから、
今から約1年9ヶ月前ということになります。

私は、今の副業を続けながら、
徐々に「稼ぐ力」を身につけて、
そして結果を出すことが出来ました。

「稼ぐ力」がある今の私なら、
当時出会った転売のツールを使って稼ぐ自信はあります。

ですが、稼げるようになるには、
今から学び、そして努力して、
商品リサーチ力を磨く必要がありますし、
さらに転売にはクレームなどのリスクもあります。

ろんすぐには結果は出ませんし、
私にはすでに安定した、
満足できるだけの副収入がありますから、

時間やお金のリスクを負ってまで、
わざわざやってみようとは思っていません。

ただ、そんな使う人の努力や姿勢によって差が出てくる、
人によって結果が違ってくるツールやノウハウこそ、
“本物”であると感じています。

松長孝光 氏の「ショッピングハンターFrontier」については、
『脱落者救済プロジェクト』
とも銘打っていますから、
今まで副業で稼げなかった人たちを、
ターゲットにしたプロジェクトだと言えます。

つまり、「稼ぐ力」がほとんど無い人たちですから、
そんな人たちが、ツールを使って稼ぐことは、
ほとんどあり得ないと予想できます。

ネットの副業で稼ぐという事は、
会社や他人に依存することなく、
自分で稼ぐという事です。

これまで会社や他人に依存していた人に、
「稼ぐ力」が無いのは当然だと言えます。

ですので、副業で稼ぎたいのであれば、
まずは「稼ぐ力」を身につけることは必要です。

「稼ぐ力」は独学で身につけるのは、
非常に難しいと言えます。

やはり、すでに「稼ぐ力」を持っている人に、
指導してもらって身につける必要があると考えます。

ネットの副業にも色々とありますが、
どんなビジネスを実践するのでも、
まずは、本物の指導者の元で、
「稼ぐ力」を身につけることが、
遠回りに見えて、実は一番早く結果が出せる、
と私は気づいています。


ヒデカズの副業
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。