南勇気 と名乗る人物が仕掛けている、
DIGAという全自動FXトレーディングシステムについて、
無料プレゼントに危険な落とし穴がありますのでお伝えします。


【目次】
1.DIGAは稼ぎ続ける事が出来ないと言える理由
2.私がFXの自動売買システムを使わなくなった理由
3.完全無料プレゼントの危険な落とし穴を暴露


1.DIGAは稼ぎ続ける事が出来ないと言える理由

DIGAという全自動FXトレーディングシステムは、
3年以上、月単位でも無敗で、
月利3~12%を堅実に叩き出す、と謳っています。


そして南勇気 氏はその証拠として実績の一部を公開しています。


ですが、このデータはバックテストのデータです。


つまり、あるロジック(ルール)で取引する自動売買ツールを使い、
過去の相場でどのような結果になるかをテストしたデータです。


バックテストは「カーブフィッティング」といって、
システムを過去の相場にぴったり合うように、
過剰に最適化することができます。


過去の相場に合うようにシステムを作るので、
バックテストの成績は優秀になります。


しかし、実際の取引で使うと、
過去と未来が全く同じになることはあり得ませんので、
ほとんどバックテスト通りなることはありません。


つまり、南氏が公開した実績のデータは、
DIGAが稼ぎ続けられると言える証拠としては信ぴょう性が無い、
と言えるのです。


2.私がFXの自動売買システムを使わなくなった理由

南勇気 氏のDIGAはFXの自動売買システムなのですが、
FXの自動売買システムに魅力を感じている人は多いと思いますし、
実際に私も過去には、いくつも自動売買システムを購入して使ってきました。


ですが、少なくとも一般庶民が手の届く範囲では、
残念ながら稼ぎ続ける事ができる自動売買システムは存在しないし、
これからも存在することはない、と気付いてやめました。


楽して稼ぎたい気持ちは正直言って今もありますから、
もし、稼ぎ続けられると本当に期待できる自動売買システムがあれば、
再び使ってみたい気持ちもあります。


ですが私は、
以前は稼げていた自動売買ソフトが急に稼げなくなったり、
FX業者から対策される、
といった体験を実際に何度か繰り返しています。


ですので、ほとんど全てのFX業者にとって、
『投資家の損失は、FX業者の利益』であり、
『投資家の利益は、FX業者の損失』である、
という実態に気付いています。


この実態に気付いてからは、
どんなに稼げるという自動売買システムを見ても、
結局はいつか稼げなくなるはずだと思って、手を出すことはありません。


DIGAのサイトで南勇気氏は1000人の人に使わせるような事を書いていますが、
1000人もの人たちが同じシステムを使えば、
FX業者に目立ってしまいますから、
もし勝ち続けてしまえば、すぐに対策を取られると考えられます。


もしDIGAが本当に過去には稼げたシステムだとしても、
これからも稼ぎ続けられる保証は全く無いと言えます。


FXの負けとは、資金を失うことですから、
いつかは負け始めるかもしれないシステムに、
大切なお金を投資するのは非常に危険性があると言えます。


3.完全無料プレゼントの危険な落とし穴を暴露

FXの負けはお金を失うことになりますから、
DIGAのサイトに大きく書かれている、
『投資で最も大切なのは“負けない事”』という言葉を見て、


DIGAは負けない、つまりお金を失わない、
と思った人も多いと思います。


そして、そんなシステムを生涯完全無料でプレゼントされると聞いて、
喜んでメールアドレスを登録し、LINEにも登録された人は多いと思います。


この様に、ツールを無料でプレゼントする、
という内容でメールアドレスを入力させ、
さらにLINE登録者を集めるプロジェクトが、
過去にも何度も何度も仕掛けられてきています。


それらプロジェクトの販売業者は、
ほとんどが「株式会社バリューブレイン」です。


そして今回のDIGAも提供業者は「株式会社バリューブレイン」です。


つまり、類似のプレゼント手法でプロジェクトを仕掛けているのは、
個人の企画ではなく、「株式会社バリューブレイン」という会社と言えます。


私はこの記事の冒頭で『南勇気と名乗る人物』という表現をしたのも、
架空の人物である可能性があるからです。


そして、
「株式会社バリューブレイン」が仕掛けるプロジェクトにLINE登録すると、
次々と、色んな情報商材のプロジェクトを紹介してきます。


つまり、これらのプロジェクトの目的は、
無料プレゼントで誘っておいて、
後から情報商材のアフィリエイト案件を紹介して、
運営側が紹介報酬を稼ごうというものです。


優良な商材を紹介するならいいのですが、
過去の同様のプロジェクトはどれも、
手当たり次第に案件を紹介していて、


中には明らかに詐欺である、
と検証できる案件もありました。


そんな怪しいプロジェクトの紹介案内は毎日毎日送られてきます。


そんな案件に参加してしまっては、2重3重の被害者になる可能性があるのです。


また、動画などでの説明もなく、本人が登場しないので、
販売者が実在する人物なのかも確認できません。


DIGAに名前が出てくる南勇気という人物についても、
実在する人物かもしれませんが、実は架空の人物である可能性があります。


信頼できる実績が公開されていないDIGAを使って、
お金を失う結果になった場合や、


後々、南氏が紹介してくる情報商材のプロジェクトに参加して、
騙されてお金を失った際に、


「株式会社バリューブレイン」に連絡して、
南氏とコンタクトを取ろうとしても、そんな人物は会社にいない可能性があるのです。


そうなると泣き寝入りするしかありません。


【参考記事】
ネットビジネスで稼ぐために知っておくべき情報商材の実態
副業の必要性を感じた私の体験
私のプライベートな日記

ヒデカズの副業 ※実践して1年6ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。