こんにちは、ヒデカズです。


荻原亮 氏の「THE FUND(ザファンド)プロジェクト」について、
荻原 氏の危険な過去の経歴が判明したので暴露します。


【目次】
1.名前がウソである可能性を暴露
2.過去に販売した商材と販売手法と評判を暴露
3.どんなに期待できる内容でも危険性があると言える理由


1.名前がウソである可能性を暴露

THE FUND(ザファンド)プロジェクトを仕掛けている荻原亮 氏ですが、
サイト内にある有名人との写真や、
紹介されている企業実績を見ると、
私の経験上、かなりの違和感を感じました。


素直に見ると、それだけの実績がある人が、
なぜネット商材を販売するのだろうか、
と疑問に感じます。


荻原 氏とサイト内で確認できる有名人との関係性が確認できるものを調べますが、
何も証拠として確認できるものが出てきません。


特に、著名人が顧問をしているという、
荻原 氏の会社について、
著名人の経歴を見ても出てきません。


私はそのあたりにも違和感を感じて、さらに調べたところ、
ようやく下記の文章を見つけました。

みなさんに株式会社irfgの仕事について、
もっと深く知っていただきたいと思います。

代表荻原綾氏の株式会社irfgが今、とても評判なのです。
株式会社irfgの、特別顧問は元国務大臣・環境庁/防衛庁長官の愛知和男、
顧問に、元日本銀行の堀内忠明、元衆議院議員の井脇ノブ子・・・

「企業情報ネット」より転載
https://goo.gl/a7HdGk

「株式会社irfg」という名前が出てきました。


ですが代表の名前が「荻原綾」です。


サイトに記載している「株式会社irfg」のホームページはすでにありません。


そこで「荻原綾」について検索すると、
なんと、荻原亮 氏の顔が出てきました。


つまり、荻原亮 氏は約3年前は「荻原綾」という名前で、
「株式会社irfg」という会社を経営し、


その会社の特別顧問が愛知和男氏で、
顧問が堀内忠明氏と、井脇ノブ子氏だった、
という事らしいです。


2.過去に販売した商材と販売手法と評判を暴露

荻原亮 氏は約3年ほど前に立て続けにいくつものプロジェクトを仕掛けました。

・親指リッチ
・のんびリッチ
・ネオ親指族
・完全合法強奪トリック
・スマホ貯金ビジネス
・金がジャブジャブ吹き出る泉 ゴールドシップ

さらに、これらの商材を販売するたびに、
下記のような様々な名前を使い分けていたようです。


荻原綾(おぎはら りょう)、荻原りょう、
萩原綾(はぎはら りょう)、萩原りょう


「荻原」と「萩原」は見間違う事が多いことを利用して、
わざと変えていると考えられますし、
名前も漢字にしたり平仮名にしたりしていました。


これらは明らかにネット検索への対策と考えられます。


そして今回の「THE FUND(ザファンド)プロジェクト」では、
『綾(りょう)』→『亮』と漢字を変えてきました。


そのせいで『荻原亮』で過去の経歴や、
荻原 氏の会社を調べても出てこないのです。


ちなみに3年前に様々な名前で販売した情報商材の評判は、
下記のような散々な評価となっています。

・セールスレターと実際の実践作業に偽りがある
・今までの商材の内容やサポートがヒドイ
・先物取引はリスクが高くて副業にはならなかった
・入塾後、マニュアルだけを配ってサポートは一切ありません。
・電話は一切出ず、メールも返信なしです

販売するたびに、騙された、稼げない、詐欺だった、
という被害者が出ているのですが、



同じ中身の商品でも、商品名を変え、さらに名前まで変えていますから、
いくら検索してもヒットすることはありませんでした。


荻原 氏は、稼げないとわかっている商材を、
あの手この手を使って繰り返し販売していた、
と考えられるのです。


それで、中身は同じ稼げない商材なのに、
商品名や販売者のマイナスの評価が見つからないので、


新たな購入者が生まれて、そして結局は、
新たな被害者が繰り返し生まれていったのです。


3.どんなに期待できる内容でも危険性があると言える理由

約3年ぶりに、違う名前で現れた荻原亮 氏が、
「THE FUND(ザファンド)プロジェクト」で、
どんな内容の商材を販売するのか、


今はまだ詳細を確認できませんから、
今後の内容を見て判断するべきでしょうが、


荻原 氏が過去、実際に行ってきたことや、
今回、名前を変えていることを考えると、
非常に危険なプロジェクトである、
と判断するべきと考えます。


荻原 氏の「THE FUND(ザファンド)プロジェクト」のサイトには、
“日本の政界の超大物、中国の富裕層が続々と参入する”
と書かれていて、


その言葉を裏付けるような写真がいくつも掲載されています。


ですが、画像は合成で作ることが可能ですし、
数々の実績については、先ほどお伝えしたように、
そもそも本名が不明なので、確認することができません。


元政治家や元日銀の方が顧問をしているという会社が、
「株式会社irfg」であったことは確認できましたが、
ホームページはありません。


荻原 氏が約3年前に違う名前で高額商材を販売していた際には、
「株式会社irfg」が販売元となっていたこともありました。


その際の会社の住所はバーチャルオフィスでした。


バーチャルオフィスの会社の顧問を、
元政治家や元日銀の人が務めるのか、
非常に疑わしいといえます。


そして、今回の荻原 氏の「THE FUND(ザファンド)プロジェクト」は、
メールアドレスを登録するLPにも、
プロジェクトの第1章にも『特定商取引に基づく表記』がありません。


「THE FUND(ザファンド)プロジェクト」は最終的に何かを販売しますから、
販売者や責任者などについて、法律に基づいた表記をする必要があります。


何かあったときの問い合わせ先がわからない、
という商品を購入することは、非常に危険であると言えます。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


収入は「積み上げ式」に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
ヒデカズも実践しているような堅実なビジネスを、
地に足をつけて実践されることをおススメします。



【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
派遣のアルバイトをやってみて感じた備えることの大切さ
自営業の私が始めた副業が、本業に与えた意外な効果とは
私が考える本当の人生のリスクと副業のリスク
私が福耳の会を1年間続けてきた生体験を告白します
消費税増税! 10%どころか、さらに増税されると言える理由



【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠
情報商材の詐欺ニュース 「写真を選ぶだけ」で被害者続出のワケ



ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年経ちました!
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp