ヒデカズです。

5万円を貯金するだけで毎日+1万円、
と謳う伊藤洋介氏の
Plus Bank(プラスバンク)を検証します。


1.毎日+1万円の落とし穴

伊藤洋介氏のPlus Bankは、
5万円をバンクに貯金するだけで
1日の利息が1万円という、
かなりの高金利を謳っています。

5万円を預けるだけで、
毎日1万円を受け取れると思って、
プラスバンクの口座開設予約を
申請した人は多いと思います。

ですが、
伊藤氏のPlus Bankでは、、
「+1万円」とか、
「1日1万円の利息を得られる」
といった表現になっています。

つまり、
「毎日1万円の現金を受け取れる」
とは言っていません。

伊藤氏はPlus Bankの動画の中で、
2016年から最近まで、

毎日1万円分のドルが入金されている、
という証拠画像を公開しています。

伊藤氏が公開した画像は、
伊藤氏のプラスバンクの口座の
入金明細だと考えられます。

スマホの画面の中では
「毎日+1万円」となっていますが、
出金した証拠がありません。

スマホの中のプラスバンクの口座で、
「毎日+1万円」とか、
「1日1万円の利息」が発生していても、

実際に現金として、
手元に受け取ることが出来なければ、
まったく意味がありません。

プラスバンクに5万円を預けて、
本当に毎日1万円の利息が得られた場合、

そのお金をどうやって引き出すのか?
提携している日本の金融機関はあるのか?
手数料は?
といった点を確認しておく必要があります。

2.5万円の貯金で毎日1万円の裏事情

伊藤洋介氏はPlus Bankについて、
5万円をバンクに貯金するだけで
1日の利息が1万円と言っています。

ですが、
「いつから」とは言っていません。

伊藤氏はアルゼンチンの金利は、
年間で33%と紹介しています。

ただ、5万円を預けておいても、
1日当たりの利息は45円しかありません。

5万円を預けておいて、
毎日1万円の利息を受け取るためには、
年間で7333%という、
とんでもない高金利である必要があります。

つまり、
5万円を預けて、
『翌日からすぐに』
毎日1万円の利息が得られるとすると、

伊藤氏のプラスバンクの金利は
年間で7333%以上である必要があります。

信じ難い超高金利ですから、
伊藤氏にプラスバンクの金利を
確認しておく必要があります。

ただ、
伊藤氏は毎日1万円の利息が得られるのが、
『いつから』とは言っていませんから、

プラスバンクに5万円を預けて、
複利運用する事で、
いつかは毎日1万円の利息を得られる日が来る、
という意味かもしれません。

プラスバンクに5万円を預けて、
いつになったら毎日+1万円になるのか、
伊藤氏に確認する必要があります。

3.プラスバンクの実績について

伊藤洋介氏はPlus Bankについて、
既存の銀行とは違う「ネオバンク」
と言っています。

日本経済新聞によると、
ネオバンクとは、
自らは銀行免許を持たず、
既存銀行と連携して、
決済や融資など金融サービスを
主にスマートフォンで提供する企業。
となっています。

一方、伊藤氏のプラスバンクは、
『AIを用いた新時代のお金の増やし方』
とサイトに書いています。

つまり伊藤氏のプラスバンクは、
決済や融資ではなく、
お金を運用して増やすことが目的です。

つまり、
預かったお金を投資で運用するのが、
伊藤氏のPlus Bankだと言えます。

プラスバンクの口座を開設して、
お金を預けるという事は、
投資になりますから、
しっかりと過去の実績を確認する必要があります。

先ほどお伝えしましたが、
5万円を預けておいて、
毎日1万円の利息を受け取るためには、
年間で7333%という、
とんでもない高金利である必要があります。

日利で20%です。

毎日そんな高金利で、
資金の運用を何年も続けているのか、
証拠を確認する事が大切です。

4.情報の裏を取る必要性

伊藤洋介氏はPlus Bankについて、

「2019年7月に1000名規模の
巨大イベントが開催された」

「世界的な大企業4社が
共同で行っている世界的巨大プロジェクト」

「FINMA(スイス金融市場監督庁)から
金融ライセンスを発行されている
国家公認のプロジェクトだから安心」

と紹介しています。

これらの言葉だけを聞いて、
プラスバンクは信用できる、
と思った人も多いと思います。

ですが、全て証拠がありません。

巨大イベントはどこで行われて、
どのような内容だったのか、
確認する必要があります。

プラスバンクに関わっているという、
世界的な大企業4社とはどこか?
確認する必要があります。

FINMA(スイス金融市場監督庁)から
発行されているという
金融ライセンスの証拠も確認する必要があります。

ネットでも現実のニュースなどでも、
しっかりと「裏を取る」
という事が大切だと考えます。

事件や災害などがあった際に、
裏を取ることをせずに、
デマ情報が拡散されて、

そのせいで被害にあったり、
被害が拡大したことが何度もありました。

たとえ身内であっても、
大事な事は必ず「裏を取る」
という心構えが大切だと言えます。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。