佐藤愛子 氏と清水聖子 氏によるMate Clubについて、
不労広告収入30万円の罠を暴露します。


1.不労広告収入30万円の罠を暴露

佐藤愛子 氏のMate Clubとは、
毎月30万円の広告収入を、
不労所得として稼げる、と謳っています。

イギリスの優良企業が関わっている、
と聞いて期待している人も多いと思います。

ですが、広告を出すには、
まず広告費用が必要です。

SNSに広告を出すようですが、
例えばFacebookに広告を出す場合、
予算によって、
広告が表示される期間や範囲が変わってきます。

広告費を出せば出すほど、
長く、広範囲に広告が表示される、
という仕組みです。

佐藤愛子 氏はMate Clubの参加費は高額ではな
と言っていますが、
参加費用は高額では無くても、

参加した後に出資する広告費用によって、
得られるリターンは当然変わってくるはずです。

佐藤愛子 氏はMate Clubで、
毎月30万円の収入を得るための、
費用については言っていません。

さらに、毎月30万円の広告収入を、
“いつから”得られるのか、
も説明していません。

Mate Clubへの参加を検討するなら、
毎月30万円の収入を得るために、
参加費用以外にいくらの費用が必要か、

そして、“いつから”得られるのか、
佐藤愛子 氏に確認する必要があります。

2.清水聖子が関わっている危険性を暴露

佐藤愛子 氏はMate Clubについて、
イギリスのForest社が行っているプロジェクト、
と説明しています。

「危機に直面する人々を救う」
という理念を掲げていて、
『イギリス優秀企業連盟』からも表彰されている、
と説明しています。

お金のことで危機に感じている人は特に、
Forest社とMate Clubに期待していると思います。

そこでForest社について調べました。

会社名で検索しても、
イギリス(UK)やロンドンを入れて検索しても、
ホームページが見つかりません。

企業理念で検索しても出てきません。

おまけに、『イギリス優秀企業連盟』についても、
全く資料が見つかりません。

これでは、Forest社についても、
『イギリス優秀企業連盟』についても、
実在する証拠がありません。

佐藤愛子 氏はMate Clubの動画で、
ホームページを公開していましたから、
リンク先を確認する必要があります。

女性の外国人が動画で話しているのを見て、
Forest社が実在すると思った人もいるかもしれませんが、

たとえForest社が実在するとしても、
Mate Clubの動画に登場した女性が、
関係者であるという証拠はありません。

佐藤愛子 氏のMate Clubで
インタビュアーをしている清水聖子 氏は、
過去の自身のプロジェクトにおいて、

急ごしらえの自前の団体などを作ったり、
プロジェクトの為に作った実態のない組織、
と見受けられるようなサイトを作ったり、
という事を繰り返しています。

その一例が、
『アジアブロックチェーン協会』でした。

清水聖子 氏は昨年の3月に仕掛けた
「想源プロジェクト」において、
この協会の代表理事をしていると言っていました。

ですが、この協会については、
実態について何も証拠がありません。

当時は急ごしらえの、
欠陥だらけのホームページがありましたが、
今は検索しても見つかりません。

そん清水聖子 氏が関わっていますから、
Forest社についても、
『イギリス優秀企業連盟』についても、
架空の会社や団体である可能性があります。

3.佐藤愛子の不労広告収入の罠

Forest社はイギリスのロンドンに本社があり、
投資をメイン事業にしている、
と紹介されています。

「不労広告収入」と聞いて、
今年の3月に逮捕者が出た、
「mface投資詐欺事件」を思い出しました。

mface投資とは、
マレーシアのSNS「mface(エムフェイス)」の
広告枠を買えば「必ずお金が増える」などと
うその宣伝をして勧誘して、
4人の逮捕者が出た事件です。

佐藤愛子 氏のMate Clubについても、
SNSを使った「不労広告収入」、
と言っています。

「不労広告収入」と聞くと、
ブログなどを書いて、
そのブログに貼っている広告で収入を得る、
アフィリエイトが考えらえれます。

ですが、佐藤愛子 氏のMate Clubは、
アフィリエイトでは無いと言っています。

つま、Mate Clubに広告費用を払って、
リターンを期待する、
投資であると考えられます。

佐藤愛子 氏のMate Clubについても、
mface投資も同様なのですが、
どの様な広告を、
どんなターゲットに向けて、
どれくらいの期間表示されるのか、

そして、投資したお金が、
実際の広告にちゃんと反映されているのか、
確認することができない可能性があります。

広告についても、日本のSNSではなく、
イギリスなどの海外のSNSを利用する、
と言ってくるかもしれません。

そうなると、Mate Clubに投資したお金が、
しっかりと健全に運用されているのか、
確認することができないかもしれません。

佐藤愛子 氏はMate Clubの不労広告収入について、
みずほ銀行の口座の画像を公開しています。

ですが、公開された画像の入金は、
名義を変更して振り込むことができます。

つまり、例えば清水聖子 氏が、
Forestに名義を変更して、
一時的に佐藤愛子 氏に振り込んでも、
同じ画像を作ることが出来るのです。

佐藤愛子 氏が公開した銀行口座の画像では、
Mate Club で稼げるという証拠にはならない、
と言えます。

不労所得は誰もが欲しがるものですが、
そんな欲求を利用した詐欺事件は、
頻繁に起こっています。

佐藤愛子 氏のMate Clubについては、
現時点では詐欺であるとは言えませんが。
投資先については、慎重に調べる必要があります。

特に海外の会社が絡んでいるとなると、
お金を集めておいて逃げる事件も多発しています。

実は私も過去に、
ブラジルの投資案件に投資して、
お金を持ち逃げされた体験があります。

私の痛い体験からも、
海外の企業が関わっているという場合は、
それだけでハイリスクと言えます。

4.Mate Clubで稼げないと言える裏事情


最近の情報商材のプロジェクトは、
必ずと言っていいほど、
メールアドレスと登録させて、
さらにLINEにも登録させています。

プロジェクトが終わると、
メールやLINEから、
毎日のように他人のプロジェクトを紹介してきます。

毎日たくさん送られてくる、
新たなプロジェクトに、
またメールアドレスとLINEを登録して、
そして次々と公開される動画を見ながら、

このプロジェクトこそ本物か?
この人こそが救世主か?
今回は稼げそうか?
今度は騙されないか?
と期待と不安が入り混じりながら、

いつかは稼げるプロジェクに出会えるはず、
と信じている人が、本当に多いのが現実です。

という私も、
過去にはこのような儚い希望を持ちながら、
いつもプロジェクトを見ていました。

ですが、ネットビジネスの業界は、
“持ちつ持たれつ”の関係であることを知りました。

誰かが新たなプロジェクトを立ち上げれば、
他のネットビジネス業界の人が、
そのプロジェクトをメールやLINEで紹介します。

紹介する事で紹介報酬が貰えるからです。

一方、プロジェクトの仕掛け人は、
たくさん紹介してもらう事で、
多くの参加者を集めることが出来ますから、
時には億単位の大儲けが出来ます。

そうやって1つのプロジェクトが終われば、
今度はネットビジネス業界の他の人が、
仕掛け人となって、同様に紹介してもらう、
という事を繰り返しています。

ところが、
あるプロジェクトが、
本当に誰でも簡単に稼げる内容なら、

そのプロジェクトに参加して稼げた参加者は、
それ以上他のプロジェクトに参加しなくなります。

それでは“持ちつ持たれつ”の関係が崩れてしまい、
ネットビジネスの業界の人たちにとっては大迷惑です。

つまり、
誰でも簡単に稼げるようなプロジェクトが、
仕掛けられることなんて、
永遠にやってこないと言えるのです。

私は、何度も何度も騙されてから、
メールやLINEで次々と紹介されるプロジェクトでは、
全く稼げないか、ほとんど稼げない、
というカラクリに気が付いたのです。

本当に稼げるような情報が、
見ず知らずの人から、
勝手にやってくるなんてあり得ない、
と気付きました。

本当に、本気で稼ぎたいのなら、
自分から積極的に行動する必要があったのです。

Mate Clubを知ったほとんどの人が、
ネットビジネス業界の誰かからの紹介だと思います。

そして、インタビュアーの清水聖子 氏も、
ネットビジネス業界の仲間ですから、

稼げる本物の商材を紹介することは、
あり得ないと判断できます。


ヒデカズの副業
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。