ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

カテゴリ: 清水聖子

佐藤愛子 氏と清水聖子 氏によるMate Clubについて、
不労広告収入30万円の罠を暴露します。


1.不労広告収入30万円の罠を暴露

佐藤愛子 氏のMate Clubとは、
毎月30万円の広告収入を、
不労所得として稼げる、と謳っています。

イギリスの優良企業が関わっている、
と聞いて期待している人も多いと思います。

ですが、広告を出すには、
まず広告費用が必要です。

SNSに広告を出すようですが、
例えばFacebookに広告を出す場合、
予算によって、
広告が表示される期間や範囲が変わってきます。

広告費を出せば出すほど、
長く、広範囲に広告が表示される、
という仕組みです。

佐藤愛子 氏はMate Clubの参加費は高額ではな
と言っていますが、
参加費用は高額では無くても、

参加した後に出資する広告費用によって、
得られるリターンは当然変わってくるはずです。

佐藤愛子 氏はMate Clubで、
毎月30万円の収入を得るための、
費用については言っていません。

さらに、毎月30万円の広告収入を、
“いつから”得られるのか、
も説明していません。

Mate Clubへの参加を検討するなら、
毎月30万円の収入を得るために、
参加費用以外にいくらの費用が必要か、

そして、“いつから”得られるのか、
佐藤愛子 氏に確認する必要があります。

2.清水聖子が関わっている危険性を暴露

佐藤愛子 氏はMate Clubについて、
イギリスのForest社が行っているプロジェクト、
と説明しています。

「危機に直面する人々を救う」
という理念を掲げていて、
『イギリス優秀企業連盟』からも表彰されている、
と説明しています。

お金のことで危機に感じている人は特に、
Forest社とMate Clubに期待していると思います。

そこでForest社について調べました。

会社名で検索しても、
イギリス(UK)やロンドンを入れて検索しても、
ホームページが見つかりません。

企業理念で検索しても出てきません。

おまけに、『イギリス優秀企業連盟』についても、
全く資料が見つかりません。

これでは、Forest社についても、
『イギリス優秀企業連盟』についても、
実在する証拠がありません。

佐藤愛子 氏はMate Clubの動画で、
ホームページを公開していましたから、
リンク先を確認する必要があります。

女性の外国人が動画で話しているのを見て、
Forest社が実在すると思った人もいるかもしれませんが、

たとえForest社が実在するとしても、
Mate Clubの動画に登場した女性が、
関係者であるという証拠はありません。

佐藤愛子 氏のMate Clubで
インタビュアーをしている清水聖子 氏は、
過去の自身のプロジェクトにおいて、

急ごしらえの自前の団体などを作ったり、
プロジェクトの為に作った実態のない組織、
と見受けられるようなサイトを作ったり、
という事を繰り返しています。

その一例が、
『アジアブロックチェーン協会』でした。

清水聖子 氏は昨年の3月に仕掛けた
「想源プロジェクト」において、
この協会の代表理事をしていると言っていました。

ですが、この協会については、
実態について何も証拠がありません。

当時は急ごしらえの、
欠陥だらけのホームページがありましたが、
今は検索しても見つかりません。

そん清水聖子 氏が関わっていますから、
Forest社についても、
『イギリス優秀企業連盟』についても、
架空の会社や団体である可能性があります。

3.佐藤愛子の不労広告収入の罠

Forest社はイギリスのロンドンに本社があり、
投資をメイン事業にしている、
と紹介されています。

「不労広告収入」と聞いて、
今年の3月に逮捕者が出た、
「mface投資詐欺事件」を思い出しました。

mface投資とは、
マレーシアのSNS「mface(エムフェイス)」の
広告枠を買えば「必ずお金が増える」などと
うその宣伝をして勧誘して、
4人の逮捕者が出た事件です。

佐藤愛子 氏のMate Clubについても、
SNSを使った「不労広告収入」、
と言っています。

「不労広告収入」と聞くと、
ブログなどを書いて、
そのブログに貼っている広告で収入を得る、
アフィリエイトが考えらえれます。

ですが、佐藤愛子 氏のMate Clubは、
アフィリエイトでは無いと言っています。

つま、Mate Clubに広告費用を払って、
リターンを期待する、
投資であると考えられます。

佐藤愛子 氏のMate Clubについても、
mface投資も同様なのですが、
どの様な広告を、
どんなターゲットに向けて、
どれくらいの期間表示されるのか、

そして、投資したお金が、
実際の広告にちゃんと反映されているのか、
確認することができない可能性があります。

広告についても、日本のSNSではなく、
イギリスなどの海外のSNSを利用する、
と言ってくるかもしれません。

そうなると、Mate Clubに投資したお金が、
しっかりと健全に運用されているのか、
確認することができないかもしれません。

佐藤愛子 氏はMate Clubの不労広告収入について、
みずほ銀行の口座の画像を公開しています。

ですが、公開された画像の入金は、
名義を変更して振り込むことができます。

つまり、例えば清水聖子 氏が、
Forestに名義を変更して、
一時的に佐藤愛子 氏に振り込んでも、
同じ画像を作ることが出来るのです。

佐藤愛子 氏が公開した銀行口座の画像では、
Mate Club で稼げるという証拠にはならない、
と言えます。

不労所得は誰もが欲しがるものですが、
そんな欲求を利用した詐欺事件は、
頻繁に起こっています。

佐藤愛子 氏のMate Clubについては、
現時点では詐欺であるとは言えませんが。
投資先については、慎重に調べる必要があります。

特に海外の会社が絡んでいるとなると、
お金を集めておいて逃げる事件も多発しています。

実は私も過去に、
ブラジルの投資案件に投資して、
お金を持ち逃げされた体験があります。

私の痛い体験からも、
海外の企業が関わっているという場合は、
それだけでハイリスクと言えます。

4.Mate Clubで稼げないと言える裏事情


最近の情報商材のプロジェクトは、
必ずと言っていいほど、
メールアドレスと登録させて、
さらにLINEにも登録させています。

プロジェクトが終わると、
メールやLINEから、
毎日のように他人のプロジェクトを紹介してきます。

毎日たくさん送られてくる、
新たなプロジェクトに、
またメールアドレスとLINEを登録して、
そして次々と公開される動画を見ながら、

このプロジェクトこそ本物か?
この人こそが救世主か?
今回は稼げそうか?
今度は騙されないか?
と期待と不安が入り混じりながら、

いつかは稼げるプロジェクに出会えるはず、
と信じている人が、本当に多いのが現実です。

という私も、
過去にはこのような儚い希望を持ちながら、
いつもプロジェクトを見ていました。

ですが、ネットビジネスの業界は、
“持ちつ持たれつ”の関係であることを知りました。

誰かが新たなプロジェクトを立ち上げれば、
他のネットビジネス業界の人が、
そのプロジェクトをメールやLINEで紹介します。

紹介する事で紹介報酬が貰えるからです。

一方、プロジェクトの仕掛け人は、
たくさん紹介してもらう事で、
多くの参加者を集めることが出来ますから、
時には億単位の大儲けが出来ます。

そうやって1つのプロジェクトが終われば、
今度はネットビジネス業界の他の人が、
仕掛け人となって、同様に紹介してもらう、
という事を繰り返しています。

ところが、
あるプロジェクトが、
本当に誰でも簡単に稼げる内容なら、

そのプロジェクトに参加して稼げた参加者は、
それ以上他のプロジェクトに参加しなくなります。

それでは“持ちつ持たれつ”の関係が崩れてしまい、
ネットビジネスの業界の人たちにとっては大迷惑です。

つまり、
誰でも簡単に稼げるようなプロジェクトが、
仕掛けられることなんて、
永遠にやってこないと言えるのです。

私は、何度も何度も騙されてから、
メールやLINEで次々と紹介されるプロジェクトでは、
全く稼げないか、ほとんど稼げない、
というカラクリに気が付いたのです。

本当に稼げるような情報が、
見ず知らずの人から、
勝手にやってくるなんてあり得ない、
と気付きました。

本当に、本気で稼ぎたいのなら、
自分から積極的に行動する必要があったのです。

Mate Clubを知ったほとんどの人が、
ネットビジネス業界の誰かからの紹介だと思います。

そして、インタビュアーの清水聖子 氏も、
ネットビジネス業界の仲間ですから、

稼げる本物の商材を紹介することは、
あり得ないと判断できます。


ヒデカズの副業
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

こんにちは、ヒデカズです。


清水聖子 氏のRINQ(リンク)テスターキャンペーンは、
「CHAOS(カオス)ラボ」の募集を行うようですので危険性をお伝えします。

※前回の検証記事のリンクを記事の最後に貼っておきますので、
そちらもご覧ください。

【目次】
1.カオスが稼げないと言える理由を暴露
2.CHAOSラボに参加する危険性を暴露
3.清水聖子氏による被害者続出の実態を暴露
4.システムやツールで簡単に稼げないカラクリを暴露


1.カオスが稼げないと言える理由を暴露

清水聖子 氏のRINQ(リンク)テスターキャンペーンについて、
清水氏は、テスター実践者は10,000人を超えていて、
運用をスタートしているテスターは"全員"が利益を出していると言っています。


ところが、SNSでRINQ(リンク)の評判を見ると、
動かないとか出金ボタンが無いという声が上がっています。


前回の検証記事でもお伝えしましたが、
RINQ(リンク)アプリに表示されている金額はただの数字です。


入金もしてないのにお金が増えるはずがありませんし、
出金なんてできるはずもありません。


RINQ(リンク)というアプリを視聴者に無料で利用させたカラクリは、
RINQ(リンク)で稼げているのだから、
その弱点を克服したと言う「カオス」はもっと期待できると思わせて、


CHAOSラボへ参加したくなるように、
視聴者を教育するための布石であったのだと考えられます。


もちろん、「カオス」が本当に稼げるシステムなら、
高額の参加費用を払ってでもCHAOSラボに参加する価値はありますが、


「カオス」についてはほとんど実績がありませんから、
稼げるのかどうかについての確証がありません。


公開された「カオス」の画面だけでは、本当の数字なのか、
それとも結局はあくまで“仮想”の数字なのか、
判断することはできません。


「カオス」が作り出す『第三の相場』なんて、
清水氏が説明しているように、世界中の誰も知らない相場です。


ところが実際に取引を行うのはリアルの市場ですから、
リアルの市場で、仮想の『第三の相場』でどうやって取引するのか、
という一番重要なポイントについて説明していません。


清水氏は「カオス」の説明を聞いてよくわかったと言っていますが、
私には利益を生み出すカラクリがさっぱり理解できません。


よくわからない説明をして、いかにも稼げると思わせるのは、
情報商材の詐欺的な手法としてよく使われますから気を付ける必要があります。


「カオス」については、稼げると言う明確な根拠がないのですから、
そんなシステムに大切な資金の運用を任せるのは、非常に危険性が高いと言えます。


2.CHAOSラボに参加する危険性を暴露

清水聖子 氏が募集する「CHAOSラボ」はテスターの集まりですから、
未完成のシステムをテストする1000名の集まりとなります。


動画では「カオス」の稼ぎ方について説明がありましたが、
具体的にどのような取引を行うのかは全く明かされていません。


参加者が見ることが出来るのは「カオス」というシステムの画面だけで、
その裏側で実際にどのような取引を行っているのかは確認が出来ないようです。


私が過去に購入した情報商材でも、「カオス」と同様に、
システムの画面で取引の結果だけが見れるものがありましたが、
その裏で実際にどのような取引が行われているのかは確認できないものがありました。


本当に取引しているのかも確認できませんし、
具体的な取引内容は明かされずに結果だけが表示されていましたから、


画面上に表示される利益は本当なのか?
実はもっと利益が上がっているのではないのか?と疑わざるを得ませんでした。


さらに、過去のシステムやツールを販売するプロジェクトでは、
利益が出なかった時や損失が出た時に、
システムの不具合を理由にすることがよくありました。


「カオス」の場合もテスターとして利用するのですから、
利益が出なかった場合に、システムの不具合で片付けられる可能性が考えられます。


「カオス」は資産運用のツールですから、必ず投資金が必要となります。


投資系のシステムの危険性は、システムの不具合が発生した時には、
投資金を失う可能性が高いという点にあります。


実績のないシステムをテスターとして利用するのは、
それだけ大きなリスクがあるのです。


3.清水聖子氏による被害者続出の実態を暴露

清水聖子 氏はRINQ(リンク)テスターキャンペーンの冒頭で、
普段は自らが前に出てプロジェクトを仕掛けることは無いと言っていましたが、


昨年(2018年)3月に「想源プロジェクト」というものを仕掛けています。


そして、この「想源プロジェクト」に参加した人たちから、
被害の声が上がっていて、実際に集団訴訟に向けた動きも始まっています。


ネット上には、被害に遭った人たちと弁護士が一団となって、
訴訟解決を目的とする『MatoMa』という集団訴訟プラットフォームがあります。


そのサイトで上がっている被害者の声を一部紹介します。

清水聖子という人物が販売した、想源という富裕層になれるという商材。
最初は無料だったが、この会に入り、システムを利用するには最低30万円かかる。
すぐに稼げると謳っていたが、実際には稼げていない。
サポート体制もずさんで、誇大な表現は特商法に抵触。
そもそも稼げないので詐欺にあたると考える。

解約金2018/11/9日に解約金返金の請求するも2019/01/29 11:49現在支払われていない。全く返事も無く無視されている!ろくでもないそぞ!!!

全然、返信くれないですよね。
清水聖子は、何をしているんだ、、
想源プロジェクトなんて参加しなければよかった。

想源プロジェクト稼げません。サポートも悪いし!軍資金モード、想源モードの使い方、全然説明になってない。運営に細かく指導してくれるように訴えるも、改善なし!

「清水聖子の”想源プロジェクト”に対して集団訴訟を起こす!!」より転載
https://mato.ma/project/107

清水氏の、このような過去の実態も含めて検討する必要があります。


4.システムやツールで簡単に稼げないカラクリを暴露

世の中には、自分が知らない夢の様なシステムやツールが存在して、
それさえ手に入れれば、理想の人生が歩めると期待している人は多いと思います。


もしくは、お金に困っている自分を助けてくれる、
正義の味方のような人がいつか現れて自分を救ってくれる、
と期待している人も多いと思います。


メールやLINEから、毎日毎日たくさん送られてくる、
新たなプロジェクトにメールアドレスを登録して、
そして次々と公開される動画を見ながら、


これは本物か?今回は稼げそうか?今度は騙されないか?
と期待と不安が入り混じりながら、


いつかは稼げるプロジェクトに出会えるはずだと、
信じている人が本当に多いのが現実です。


という私も、過去にはこのような儚い希望を持ちながら、
いつもプロジェクトを見ていました。


インターネットビジネスの世界には、
誇大広告と詐欺的な手法を使って、
稼げない情報商材ばかりを販売し続ける業界が存在します。


そんなネットビジネスの業界は“持ちつ持たれつ”の関係になっています。


誰かが新たなプロジェクトを立ち上げれば、
他の業界人が、そのプロジェクトをメールやLINEで紹介します。


紹介する事でアフィリエイト報酬が貰えますし、
一方、プロジェクトの仕掛け人はたくさん紹介してもらう事で、


その分プロジェクトに多くの参加者を集めることが出来ますから、
大儲けが出来ます。


そうやって1つのプロジェクトが終われば、
今度は別の業界人が仕掛け人となって、同じように紹介してもらう、
という事を繰り返しています。


ところが、あるプロジェクトが本当に誰でも簡単に稼げる内容なら、
稼げた参加者は、それ以上他のプロジェクトに参加しなくなりますから、


それでは“持ちつ持たれつ”の関係が崩れてしまい、
ネットビジネスの業界の人たちにとっては大迷惑です。


という事は、本当に、誰でも簡単に稼げるようなプロジェクトが、
仕掛けられるはずが無いのは当然だと判断できます。


つまり、メールやLINEで次々と紹介されるプロジェクトでは、
全く稼げないか、ほとんどの人が稼げないのが現実なのです。


そして、清水聖子 氏もそんな業界のメンバーの1人で、
実際に私も何度も清水氏から、他人のプロジェクトの紹介メールが届いています。


本当に稼げるような情報が、
見ず知らずの人から、勝手にやってくるなんてあり得ません。


本当に、本気で稼ぎたいのなら、
自分から積極的に行動する必要があります。


そして、“誰でも”“楽に”“簡単に”“タダで”稼げる、
という甘い言葉で誘ってくる商材には警戒するべきです。


逆に、稼ぎの基本である「最低限の学び」と「最低限の実践」が必要だ、
とちゃんと言っているビジネスに本気で取り組むことが、
早く結果を出すためには、実は一番の近道だと心から思っています。


【清水聖子 RINQテスターキャンペーン 関連記事】

ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年6ヶ月経ちました!
「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

こんにちは、ヒデカズです。


清水聖子 氏の裁定取引アプリRINQ(リンク)について、
テスターキャンペーンに参加しても、 稼げないし、むしろ損をする、
と言える理由を暴露します。


【目次】
1.アプリ「RINQ(リンク)」が稼げないと言える3つ理由
 ①接続可能な取引所の数が日本一の危険性
 ②圧倒的な取引スピードが重要ではない理由
 ③バグが少ないため安全に取引を行えるとは言えない理由
2.話題沸騰中の言葉に惑わされる危険性
3.全員が毎月5万円以上を稼げないと言える理由


1.アプリ「RINQ(リンク)」が稼げないと言える3つ理由

清水聖子 氏の裁定取引アプリ「RINQ(リンク)」について、
誰でも簡単に運用益を出せる3つの理由を言っています。

・接続可能な取引所の数が日本一
・圧倒的な取引スピード
・バグが少ないため安全に取引を行える


ところが、この3つの理由が実際には大きなリスクになっているので、
具体的にお伝えします。


①接続可能な取引所の数が日本一の危険性

清水氏によると、RINQは世界中の200ヶ所以上の取引所に対応しているので、
運用益を出す事ができるチャンスが大きく増えると言っています。


仮想通貨の取引所はリンゴ屋さんとは違って、
見ず知らずの人とは取引してくれないところがほとんどです。


必ずと言っていいほど、
名前や住所や顔写真などといった個人情報の提供を求められます。


つまり、世界中の200ヶ所以上の取引所を利用するためには、
世界中の200ヶ所以上の取引所のほとんど全てに、
詳細な個人情報をそれぞれ提供する必要があるのです。


そんな大企業でも、情報漏洩が問題になっているのですから、
いつ、どこの取引所から、自分の個人情報が出回るかわかりません。


目先のわずかな利益のために取った行動によって、
大切な個人情報が世界中にばら撒かれる危険性があります。


さらに、取引量が少ない取引所だと、
いくらアービトラージのチャンスの価格だとしても、
取引してくれる相手がいないというケースが考えられます。


買いたくても買えない、の場合ならまだ諦めが付きますが、
売りたくても売れなければ、最悪の場合は損失を出す可能性があります。


②圧倒的な取引スピードが重要ではない理由

清水氏は、RINQは圧倒的な取引スピードがある、と言っていますが、
何と比べて圧倒的なのか、比較対象がありません。


そもそも、仮想通貨の取引スピードを決めるのは、
取引所のシステムのスピードと、取引する人数や取引量です。


さらに、RINQのアービトラージの手法が、
A取引所で買って、B取引所で売る、というオーソドックスな手法なら、
A取引所からB取引所に仮想通貨を移動させるのに時間がかかります。


この時間は、ブロックチェーンの承認スピードですから、
アプリの能力とは全く関係がありません。


ブロックチェーンの承認スピードは、
仮想通貨の種類やその時の様々な要因が絡み合っています。


つまり、いくらRINQがサクサク動いても、
その時の承認スピードが遅ければ、その間にも市場は動き続いていますから、
利益が取れないどころか損失を出す可能性もあるのです。


③バグが少ないため安全に取引を行えるとは言えない理由

清水氏が伝えているように、システムにはバグや不具合が発生する事がよくあります。


ですが、情報商材として販売されているシステムやツールが出すバグや不具合は、
稼げない時の言い訳にされるケースが非常に多いので注意する必要があります。


清水氏はRINQについて、高速で処理を行うシステムなのでバグが起こりやすい、
と前置きしておいて、


世界トップクラスのエンジニアチームが開発したシステムが搭載されたアプリなので、
バグが限りなく少ないため安心安全に取引ができると言っています。


バグは限りなく少ないとは言っていますが、「ゼロ」ではありません。


つまり、稼げない際に、
バグが原因と言われる可能性はゼロではないと言えます。


さらに『世界トップクラスのエンジニアチームが開発した』という表現も、
過去の稼げないシステムやツールが販売される際に
度々使われたフレーズです。


世界トップクラスと言える根拠も証拠もありませんし、
仮に本当に世界トップクラスのエンジニアチームでも、


全てのシステムトラブルに完璧に対応できるという保証は無く、
さらに世界トップクラスのハッカーからの攻撃も防げるとは限りません。


技術の結晶と言われるロケットの打ち上げでも、
相変わらず不具合による打ち上げ延期や失敗は起きていますから、


どんなシステムやツールであっても、バグや不具合が発生するのは当然と思って、
システムやツールに全面的に頼るような資産運用は避けるか、
もしくは、失っても気にならないほどの少額で運用するべきだと思います。


2.話題沸騰中の言葉に惑わされる危険性

清水聖子 氏はアプリ「RINQ(リンク)」について、
テレビや雑誌やSNSで話題沸騰中と言っています。


そしてサイトでは、過去の利用者らしき人の写真と金額が出ているので、
それらを見て、流行に乗り遅れたくない!私も稼ぎたい!、
と思っている人は多いと思います。


清水氏のアプリ「RINQ(リンク)」について、
テレビ・雑誌で紹介されていると画像をサイトに公開していますが、
雑誌の名前も、テレビの番組名も明かしていません。


雑誌の様に見える画像は、折り目もありませんし、
ページ数の記載もありませんから、雑誌風に作られた画像だと、
判断することが出来ます。


たとえ本当に雑誌に掲載されたことがあるとしても、
雑誌は広告費を払えば掲載してもらえるものが多いので、
雑誌に掲載されていることが、世間で話題になっているとは言えません。


SNSで話題沸騰というわりには、インスタグラムを見ても、Twitterを見ても、
一部の女の子が宣伝文句を言っているにすぎません。


そもそも、「RINQ」のロゴが入った青いカードを持って写真を撮るなんて、
普通に見れば、今回のプロジェクトのために撮影した宣伝と判断してしまいます。


Twitterに至っては、しっかりとアフィリエイトリンクを貼っていますから、
実際にはアプリを利用していなくて、
アフィリエイト報酬を得るのが目的のツイートであると考えられます。


さらに、サイトに表示されている、利用者とみられる人たちの写真と金額の画像も、
誰もスマホを片手に持っていませんから、


本当に利用した人なのかもわかりませんし、
金額についてもアプリの画像ですから、
実際に画像の人が稼いだ金額なのか判断が出来ないのです。


ついでに、話題沸騰というアプリ「RINQ(リンク)」をネットで検索しても、
雑誌やテレビで取り上げられているにも関わらず、全くヒットしませんから、
“話題沸騰”という言葉の信ぴょう性は無いと言えます。


3.全員が毎月5万円以上を稼げないと言える理由

清水聖子 氏はアプリ「RINQ(リンク)」について、
実際に資産運用をした人全員が利益を出していて、
最低月5万円の運用益を出している、と言っています。


これらの言葉については証拠はありませんし、
仮に本当だとしても、投資額については明かされていませんから、


月5万円以上の運用益を出すためには、
いくらの投資金を用意する必要があるのか、
確認しなければなりません。


RINQの利用については一切費用がかからないとなっていますが、
投資金は必要になりますから、


最低いくらの投資金が必要で、
その場合に見込まれる利益はいくらくらいなのか、
そしてリスクにはどんなものがあるのか、
しっかりと確認する必要があります。


清水氏はRINQについて、話題沸騰中と言っていますが、
過去にも、同様の手法を使って、


世間ではすでに話題になっているのに、視聴者は知らない、
と、まるで世間や時代から取り残されている、
と思わせるようなプロジェクトが過去にもありました。


第1期生が稼げたから、第2期生を募集する、と言っておいて、
実は第1期生なんて元々無くて、本当は初めての参加募集だった、
というものもありました。


情報化社会ですから、情報に乗り遅れたくないと思っている人は多いので、
そんな心理を使った販売手法を取ることがあるのです。


また、アービトラージはリスクが少ない投資法だとよく言われますが、
仮想通貨のアービトラージについては、
お伝えしたように損失を出すリスクがあります。


他にも様々なリスクがありますので、最後に関連記事のリンクを貼っておきます。


システムやツール頼みの投資には非常にリスクがありますし、
実際、稼ぎ続けているという人はいません。


投資は、資産形成の上では必ず必要ですが、
それは基盤となるしっかりとした収入源があって、
資金に余裕ができるほど稼いでから、余裕がある分を投資に回すのが鉄則です。


本当に、本気でお金を稼ぎたいのであれば、
まずは“本物”の稼ぎ方を教えてくれる人の元で、


堅実なビジネスを学び、実践しながら「稼ぐ力」を身に付けて、
しっかりと基盤となる安定した収入を増やすことが大切です。
【仮想通貨アービトラージ 関連記事】
ビットコインのアービトラージの仕組みとリスク

ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年5ヶ月経ちました!
「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

こんにちは、ヒデカズです。


清水聖子 氏と、佐伯拓也 氏が同時に仕掛けている、
The Perfect(ザ・パーフェクト)について、
7つの投資システムを利用しても稼げない理由を暴露します。


【目次】
1.The Perfectで稼ぐことが出来ないと言える理由
2.7つの投資システムがスマホ1台だけで稼働しない理由
3.清水聖子 氏のシステム説明の矛盾点を暴露
4.The PerfectのLINEに登録する危険性を暴露

1.The Perfectで稼ぐことが出来ないと言える理由

清水聖子 氏と、佐伯拓也 氏は、
それぞれ同時に「The Perfect(ザ・パーフェクト)」のサイトを立ち上げ、
それぞれLINE@への登録者を募集しています。


「The Perfect(ザ・パーフェクト)」の内容は、
7つの投資システムをスマホのアプリで同時に使いこなすことで、
スキルもセンスも関係なく誰でも稼ぐことが出来るとなっています。


具体的には、FXとバイナリーオプションと仮想通貨を使った、
7種類の投資になっています。


おまけにそれらを自動で行うという事で、
楽して稼げる、と期待している人も多いと思います。


ですが、残念ながら7つのどの投資手法も、
実績も証拠も公開されていません。


投資手法が1つであろうが、7つであろうが、
重要なのはそれぞれのシステムの実力です。


全く稼げない様なダメなシステムが7つも揃っていては、
どれだけ使いこなそうとしても全く稼げないのは誰でもわかることです。


清水氏も佐伯氏も、優秀なシステムであるような事を言っていますが、
口ではどんなことでも言うことが出来ます。


重要なのは証拠ですから、
それぞれのシステムの過去の実績を、
誰もが納得できる、信頼できる証拠として公開する必要があります。


その様なしっかりした証拠を確認できるまでは、
「The Perfect(ザ・パーフェクト)」を利用することは、
非常に危険性があると言えます。


2.7つの投資システムがスマホ1台だけで稼働しない理由

佐伯拓也 氏の方のサイトでは、The Perfectが対応するトレードとして、
・FXシグナル
・FX自動
・アービトラージ
・仮想通貨シグナル
・仮想通貨自動
・バイナリーシグナル
・バイナリー自動
の7種類が紹介されています。


私はこれらの7つのうち、
FXシグナルとFX自動売買システムと、仮想通貨シグナル、
バイナリーオプションのシグナルと自動売買システムをやったことがあります。


私の経験から言えることは、
シグナル配信はスマホを持っていれば、利用することはできますが、
自動売買システムはずっと稼働させる必要があるので、
パソコンがどうしても必要になります。


唯一、仮想デスクトップサービスを利用すれば、
クラウド上にデスクトップを持つことができるので、
スマホから操作を行う事はできますが、
毎月のサービス利用料(課金)が発生します。


いずれにしても、スマホだけで7つのシステムを稼働させることが出来る、
というのは非常に疑問を感じます。


3.清水聖子 氏のシステム説明の矛盾点を暴露

清水聖子 氏の「The Perfect(ザ・パーフェクト)」のサイトでは、
システムの内容として、
・月利7~30%以上
・手動、自動を選択可能
・初期費用0円
・課金なし
・月収200万円以上
と紹介しています。


清水 氏によると7つのそれぞれの投資を自動でできる、
と説明されていますが、


シグナルは自動で行うのならば、それは自動売買とほぼ同じですから、
「The Perfect(ザ・パーフェクト)」を自動で行うという事は、
実質的には、FXと仮想通貨とバイナリーオプションのシグナルを除いた、
4つのシステムという事になります。


さらに清水 氏の説明によると、勝てるシステムだけを稼働する、
という事ですが、


トレードする前に、勝ち負けが確定しているトレードなんてありません。


実際にトレードを行ってから、勝敗は決まるのです。


未来の相場がわかる人なんて、
プロのトレーダーも含めて世界中どこにも存在しません。


つまり、勝てるシステムだけ稼働させて、負けるシステムは止めておく、
などという都合の良いシステムなんであり得ないのです。


4.The PerfectのLINEに登録する危険性を暴露

清水聖子 氏と、佐伯拓也 氏がそれぞれ仕掛けている「The Perfect」の様に、
稼げるというツールを無料で提供し、LINEに登録させるプロジェクトは、
最近頻発しています。


それらのプロジェクトに共通しているのは、
どれもまともに証拠を公開していません。


無料でアプリやシステムを利用出来て、
その画面上ではいかにも稼げたかのように金額が表示されていますが、
その金額は、ただの数字で、
表示された金額を実際に受け取れた人は1人もいないようです。


The Perfectについても、先ほどお伝えしたように、
スマホ1台だけで7つのシステムが稼働するとは考えられませんから、


おそらくスマホの画面上では、
いかにも稼げているように見せるために金額がどんどん増えていくでしょう。


そして、もちろんその金額は、実際に手元に受け取ることはできません。


そんなことまでして、LINEの登録者を集める目的は、
様々な情報商材の案件を紹介することなのです。


自分が紹介したリンクから、その情報商材に登録する人が多ければ、
紹介した人は紹介報酬が貰えます。


実はそれがThe Perfectの真の目的と考えられます。


紹介してくる情報商材が稼げる案件であれば問題ありませんが、
ほとんどが稼げない案件であると考えられます。


なぜなら、稼げる案件を紹介してしまうと、
紹介された人はもう他の情報は不要となりますから、
もう紹介することが出来なくなるのです。


そうなると、紹介報酬を貰えなくなりますから、
The Perfectのようなプロジェクトをわざわざ仕掛けた意味がなくなります。


つまり、ひたすら稼げないか、ほとんど稼げる可能性がないような、
情報商材ばかりを紹介してくる可能性が高いのです。


投資は資金に余裕がある方ならやるべきですが、
そうでない方はまずは堅実なビジネスで「情報を見抜く力」と「稼ぐ力」を身に付け、


安定した副収入を得られるようしてから、
それから“本物”の投資法を学んで、投資にお金を回すのが良いと思います。
ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年6ヶ月経ちました!
「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

ヒデカズです。


仮想通貨の投資家にとって、
衝撃のニュースが飛び込んできました。


清水聖子氏の「想源プロジェクト」
本日(3月23日)22時にスタートしますが、
このタイミングで日本経済新聞から、
『世界最大の仮想通貨業者に警告へ 無登録営業で金融庁』
という報道がされました。


金融庁が、香港に本社を置く世界最大の仮想通貨交換業者「バイナンス」に
改正資金決済法に基づく警告を出す方針という内容です。


『営業をやめなければ、警察当局などと連携して刑事告発する。』
という衝撃の内容で、
この報道を受けて、仮想通貨は暴落をしています。


このニュースを受けて
清水聖子氏の「想源プロジェクト」を検証すると、
プロジェクトの将来性にも危険性が見えてきます。


【目次】
1.バイナンスと想源プロジェクトの共通点
2.バイナンスが金融庁に警告を受けた場合の対応
3.想源プロジェクトに参加することの危険性


1. バイナンスと想源プロジェクトの共通点

日経新聞の報道に対して、
バイナンスCEOのChangpeng Zhao氏は、
ツイッターで下記の内容で日経の報道を否定しています。
日経は無責任なジャーナリズムを見せた。
私たちは日本FSAと建設的な対話をしており、
いかなる命令も受けていません。
JFSAが私たちに話す前に新聞に告げるのは理にかなっていません。

https://twitter.com/cz_binance から日本語訳を転載


どちらが正しいのかは、
今後の金融庁の動きを見ていく必要がありますが、
いずれにしても、
これまでの金融庁の仮想通貨への対応を見ていくと、


清水聖子氏の「想源プロジェクト」をはじめ、
今後の仮想通貨プロジェクトへの関わり方について、
慎重になる必要性が見えてきます。


清水聖子氏の「想源プロジェクト」で、
口座開設を行う様に指示されているのは、
下記の3つの海外の仮想通貨取引所です。
・KuCoin
・Kraken
・Cryptopia


これらの3つの取引所は、
いずれも金融庁の仮想通貨交換業者としての登録がありません。


つまり、今回の警告報道が出た
バイナンスと同じ立場の取引所です。


バイナンスには、以前にも日本の金融庁からの要請があり、
その際にバイナンスは、
日本の金融庁からの要請で日本語表示をなくした、
という経緯があります。


2.バイナンスが金融庁に警告を受けた場合の対応

今回の日経の報道が正しい場合、
バイナンスの対応としては下記の内容が予想されます。


①KYC(顧客確認)してないユーザーへのKYCの厳格化
②日本人への新規登録を制限
③日本人への営業の可能性があるアフィリエイトプログラムの禁止
④日本人のアクセス遮断


①と②は、過去に他の海外の仮想通貨取引所でも
行われていたので十分に可能性があります。


そして③のアフィリエイトについては、
改正資金決済法2条7項に、
仮想通貨交換業の登録が必要なサービスとして
『仮想通貨の売買または他の仮想通貨との交換
の媒介、取次ぎまたは代理』
に該当すると考えられます。


つまり無登録業者がアフィリエイトプログラムを
行う事は禁止されていると言えますので、
③のアフィリエイトプログラムも無くなる可能性が高いです。


なお、過去の情報商材のプロジェクトには、
無登録の海外の仮想通貨取引所への
口座開設をさせるプロジェクトもありましたが、
その中にはアフィリエイトプログラムを
利用しているものも多くありました。


この時点で違法行為と考えられますが、
実は、清水聖子氏の「想源プロジェクト」で、
口座開設を指示されている「KuCoin」にも、
アフィリエイトリンクが貼ってあります。


そして今後、バイナンスの対応として
④の日本人のアクセス遮断が行われると、
もうバイナンスでの仮想通貨の取引が出来なくなります。


3.想源プロジェクトに参加することの危険性

清水聖子氏の「想源プロジェクト」に参加すると、
海外の無登録の仮想通貨取引所を利用する事になります。


今回の日経で報道されたとおりに、
金融庁からバイナンスへの警告が行われても、
例え行われなかったとしても、


無登録業者である限りは、
ある日突然、その取引所を利用できなくなる、
というリスクがあります。

日本の改正資金決済法では、
登録業者と登録申請中の「みなし業者」しか日本で営業できません。

無登録業者は仮想通貨の交換などは一切、禁じられています。

日本で活動する無登録業者は数十社に上るとされ、
詐欺まがいの行為も横行しています。
無登録業者は日本の法律の対象外のため、
利用者保護を十分受けられない恐れもあります。

日本経済新聞 電子版より抜粋
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28441290S8A320C1MM8000/


清水聖子氏の「想源プロジェクト」では、
違法とも受け取れるアフィリエイトプログラムを行い、
リスクの高い海外の仮想通貨取引所の利用を勧めています。


日本の金融庁は今月8日にも、
仮想通貨交換業者7社を一斉に行政処分しました。


そのうち2社に業務停止命令、
仮想通貨の流出事件を起こしたコインチェックを含む
5社には業務改善命令を出すなど、
規制の動きを強めています。


日本の業者は立ち入り検査する事ができますが、
海外の業者の場合はそう簡単にいきませんから、
海外の仮想通貨業者には、
今後、極端な規制が入る可能性は高いと考えられます。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


私は、その事に気付くまでに、
たくさんのお金と時間を
高額塾や高額商材の為に失ってしまいました。


最初は少ないお金でも、
地に足をつけて堅実に稼ぐことが、
遠回りに見えても、
実は、一番早いお金の稼ぎ方だったと
今は実感することができています。


荒唐無稽な億万長者よりも、
堅実で確実な収入を目指すことの方が
私にとって必要だったことがわかりました。


収入は積み上げ式に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
堅実なビジネスを、地に足をつけて実践されることをおススメします。



【清水聖子 関連記事】


【職人ヒデカズおススメの記事】
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
妻から「ありがとう」と言われるようになりました
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
母子家庭だった私がサラリーマンを辞めて自営業を始めた理由
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
情報商材の批判記事を見ても私が買ってしまった理由とは?
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!


ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp


※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

このページのトップヘ