佐藤みきひろ 氏が仕掛けた「資産倍増セミナー」について、
「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」の実態を暴露します。


【目次】
1.バイナリーオプションのツールに期待してはいけない理由
2.マスターシステムで人生を失敗する可能性を暴露
3.ネット上の高評価を信用できない裏事情を暴露
4.ネット上の悪い評判を参考にできる理由とは


1.バイナリーオプションのツールに期待してはいけない理由

佐藤みきひろ 氏が仕掛けた「資産倍増セミナー」の目的は、
予想通り、以前にも募集を行った「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」
の再募集でした。


今年(2018年)9月2日にも『プレミアム生ウェブセミナー』
と題して募集を行いましたので、その際に3回にわたって検証記事を書いています。
※記事の最後に関連記事として案内しています。


「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」は、
昨年(2017年)8月に仕掛けた「THE FINAL(ファイナル)プロジェクト」の続編です。


「THE FINALパートナーズ」の稼ぎ方は、
一言で言うと、情報商材のアフィリエイトです。


バイナリーオプションのサインツールの優秀性を強調して、
30日のお試し期間でバイナリーオプションの実力を確かめるように言っていますが、


本来の目的は、『マスターシステム』というツールを使って、
情報商材のアフィリエイトを行う事です。


佐藤みきひろ 氏は、30日間のお試し期間で『マスターシステム』よりも、
バイナリーオプションのツールの実力を確認するように言っています。


ところが、ツールの実績については公開しませんでしたし、
勝率60%の証拠も見せていません。


さらに、パソコンで使うサインツールですから、
いつサインが来てもいい様に、一日中パソコンの前で待機する必要があります。


おまけに市場は24時間空いていて、いつサインが来るかわかりません。


寝ている間かもしれないし、お風呂に入っている間かもしれません。
もちろん仕事中は出来ません。


例え本当に勝率60%あっても、自分が実際にエントリーできる時に、
同じ勝率で勝てるとは限らないのです。


そうして30日後に返金を申請しても、
その間に「マスターシステム」は勝手にリストを集めてしまっています。


集められたリストは、佐藤 氏が後から好き勝手に利用する恐れがあります。


2.マスターシステムで人生を失敗する可能性を暴露

佐藤みきひろ 氏の「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」の、
メインのツールは『マスターシステム』です。


『マスターシステム』には下記の様に書かれています。
「ビジネスでお金が生まれる基本原則」
1.見込み客を『集客』する
2.見込み客を『教育』する
3.教育された見込み客に『販売』する


具体的な手法は、
「週給27万円が、あなたのものになります。」
といった内容の文章を、


ツイッターやFacebookを使って
友達やフォロワーへ送りまくって登録させて、
登録されると報酬がもらえるというものです。


こうして集めた登録者は“リスト”と呼ばれ、
『教育』という名の洗脳をして、
高額の情報商材を販売するのです。


私自身、身に覚えがありますが、
この様なやり方で、実際には稼げないネット商材や、
高額の情報商材を購入させられた人は、
過去に、無数と言えるほどたくさんいます。


そして、このようなやり方で、
稼げるといえる優良な情報商材を、紹介したり販売したりすることは、
あり得ない、と言える理由があります。


マスターシステムを使って集めた“リスト”に対して、
もし本物のネット商材や、本当に稼げる情報商材を紹介してしまえば、


佐藤 氏の「資産倍増セミナー」で、
「THE FINALパートナーズ」に参加した人たちよりも、


その人たちから紹介された情報商材を購入した人、
の方が稼げるようになりますから、
あっという間に、売る相手がいなくなってしまいます。


情報商材のアフィリエイトが続けられるのは、
「結局は稼げないネット商材を売り続ける人」がいて、
その一方では、
「稼げないから何度も買い続ける人」がいるからです。


つまり、佐藤 氏の「THE FINALパートナーズ」に参加すると、
永遠に稼げない情報商材のプロジェクトばかりを紹介するような、
詐欺まがいの人たちに加担することになる、と言えるのです。


「マスターシステム」が自分の友だちや知り合いに、
SNSを使って、稼げないといえる情報商材なのに、
稼げそうだと偽って、勝手に宣伝するのです。


自分が発信した事がきっかけで、
高額塾に入って後悔する人が出てくる可能性が高いのです。


そんな稼ぎ方をした自分の人生を成功と言えるか、
よく考えた方が良いと思いますし、


私は、そんなビジネスをして他人を不幸に陥れるなら、
そんな自分の人生は失敗だったと考えます。


3.ネット上の高評価を信用できない裏事情を暴露

インターネット上には、佐藤みきひろ 氏が昨年仕掛けた、
「THE FINALプロジェクト」で稼げたとか、
「マスターシステム」が稼げる、
というサイトやブログ記事が存在します。


ですが、それらのサイトやブログを検証すると、
わざわざ「THE FINALプロジェクト」や、
「マスターシステム」専用のサイトを作って、
色んな関連記事を書きながら、
結局は「THE FINALプロジェクト」のサイトに誘導しています。


「THE FINALプロジェクト」のメインのビジネスモデルは、
情報商材のアフィリエイトですから、


「THE FINALプロジェクト」の参加者が、
同じプロジェクトの参加者を募集するアフィリエイトサイトをつくるのは、
当然の手法であると言えます。


アフィリエイトサイトで悪い評判を、
わざわざ書いていては報酬は発生しませんから、
一方的に良く見えるように書いていると判断できます。


つまり、「THE FINALプロジェクト」の
アフィリエイトサイトで記事を書いている人は、


たとえ全く稼げていなくても、
稼ぐためには嘘でも良い事を書くのですから、
そんなブログの記事は参考になりません。


4.ネット上の悪い評判を参考にできる理由とは

佐藤みきひろ 氏が仕掛けている
「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」の
前身である「THE FINALプロジェクト」について、
悪い評判は下記の様な内容があります。

THE FINAL参加して分かったこと。
プロの詐欺師集団だったってこと。
マスターシステム自体、個人情報搾取の違法でしょう。

マスターシステムは、要はネズミ講ソフトですよ。
人を紹介すると1件7万円の報酬が入る仕組みになっています。

今更ながら騙されました、詐欺でしたね。
無し無しのお金を、入金しました。
本日、警察に被害届け出をします。

アドバイザーからの電話が一度有った以外何の連絡もなかったので、
確認のメールを入れてみましたが返事は有りませんでした。

THE FINALとバックエンドの商品(合計約60万円)を買ってしまった後、
ようやく目が覚めたのですが後の祭り。

悪い評判を見ると、実際に参加してから気付いた、
生々しい声がたくさん見られます。


これらの声は、検証ブログや2チャンネルなどから集めていますから、
アフィリエイト目的ではありません。


つまり、良い評判を書いているアフィリエイトブログより、
よっぽど信ぴょう性があると言えます。


佐藤 氏は「資産倍増セミナー」の中で、
「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」が日本一のコミュニテイーだ、
と言っていましたが、


私が参加しているコミュニテイーの方がよっぽど素晴らしい、
と、1年以上の体験から断言できます。


【佐藤みきひろ THE FINAL(ファイナル) パートナーズ 関連記事】


ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年経ちました!
「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp