山下基泰 氏のSUMMITS(サミッツ)について、
毎日4万円、毎月130万円の不労所得に潜む罠を暴露します。


1.毎月130万円の不労所得を受け取れない理由

山下基泰 氏は、SUMMITS(サミッツ)について、
トレードでは無く、作業は一切不要で、
毎日4万円、毎月130万円の不労所得を受け取れる、
と説明しています。

完全にったらかしで、
毎日4万円、毎月130万円の不労所得を受け取れる、
と聞いて、期待している人も多いと思います。

山下基泰 氏は、SUMMITS(サミッツ)の動画で、
『システムに運用させる』と言っていますので、

山下基泰 氏が利用しているシステムを使って、
お金の運用をすると考えられます。

つまり、投資を行いますから、
最初に投資の為の資金が必要です。

山下基泰 氏はSUMMITS(サミッツ)で、
毎日4万円、毎月130万円の不労所得を
生み出すための投資資金について、
一切説明していません。

過去の投資系の情報商材のプロジェクトや、
海外のハイリスクハイリターンを謳う投資案件では、
最大で「日利2%」という数字が出ていました。

そこで、山下基泰 氏はSUMMITS(サミッツ)でも、
日利2%で、毎日4万円の利益を出すための、
必要な資金を計算します。

SUMMITS(サミッツ)で、
毎日4万円の利益を出すためには、
最低200万円の投資金を用意する必要があります。

200万円なら、借りてでも用意しよう
と思う人もいるかもしれません。

ですが、
過去の投資系のプロジェクトや、
海外の投資案件で、

日利2%とか1%などを謳った投資で、
実際にその通りに稼ぎ続けられたものは、
1つもありませんでした。

全てが詐欺だった、
と言ってもいいくらいです。

だからといって、
日利0.2%で計算すると、
2000万円の資金が必要となります。

日利0.02%だと2億円です。

そんな大金を任せられるほど、
山下基泰 氏やSUMMITS(サミッツ)に、
信頼性があるのか、証拠があるのか、
慎重に検討する必要があると言えます。

2.山下基泰氏を信用できない理由

山下基泰 氏は、SUMMITS(サミッツ)の中で、
システムの導入や稼ぎの工程の一切を、
運営側で行う、と言っています。

もしかすると、
参加者は資金を山下基泰 氏に預けて、
あとは丸投げという内容かもしれません。

その様な内容の場合は、
山下基泰 氏や、販売会社である
「株式会社SUMMITS」について、
しっかりと調べる必要があります。

山下基泰 氏は、
「アジアの金融街を股にかけるシンクタンク代表」
と言っていますが証拠はありません。

守秘義務があるから名前は出せない、
と山下基泰 氏は言っていますが、

過去の情報商材のプロジェクトでも、
『某~』とか、『大手~』などと、
名前を出さない経歴を紹介した販売者は、
結局は偽物であったことがほとんどでした。

また「株式会社SUMMITS」は、
法人登記はされていますが、
実態は不明です。

投資関連の業務をやっているとか、
他人の資産を運用する資格があるのか、
確認することは出来ませんでし

大切な資金の運用を任せる人や会社の
実態について不確かな点があるのに、
お金を預けることは非常に危険性があります。

3. 不労所得に潜む罠を暴露

山下基泰 氏や、販売会社である
「株式会社SUMMITS」について、
お金の運用を安心して任せる事は出来ない、
ということをお伝えしました。

それでも、SUMMITS(サミッツ)で、
山下基泰 氏が語る言葉を信じて、
参加してみたいという人もいるかもしれません。

毎日4万円、毎月130万円の不労所得、
とまではいかなくても、
その10分の1でも不労所得が欲しい、
という人もいると思います。

不労所得の為なら、借金してでも参加したい、
という人もいるかもしれません。

ですが、山下基泰 氏は、
“いつから”毎日4万円の利益が出るか、
明言していません。

毎月130万円を、
初月から受け取れる、とも言っていません。

“いつか”は、
いつになっても来ない可能性もあります。

そもそも、
「投資に絶対は無い」
というのは投資の常識です。

SUMMITS(サミッツ)の
「特定商取引法に基づく表示」にも、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
と明記されています。

費用を借り入れまでして、
参加するようなプロジェクトではない、
と判断できます。

4.サミッツで稼げないと言える業界のカラクリ

山下基泰 氏のSUMMITS(サミッツ)は、
システムを使ったトレードを行います。

世の中には、自分が知らない
夢の様なシステムが存在して、
それがあれば理想の人生が歩める、
と探し続けている人は多いと思います。

もしくは、
お金に困っている自分を助けてくれる、
正義の味方のような人が
いつか現れて自分を救ってくれる、
と願い続けている人も多いと思います。

メールやLINEから、
毎日毎日たくさん送られてくる、
新たなプロジェクトにメールアドレスを登録して、
そして次々と公開される動画を見ながら、

このシステムこそ本物か?
この人こそが救世主か?
今回は稼げそうか?
今度は騙されないか?
と期待と不安が入り混じりながら、

いつかは稼げるプロジェクトに出会えるはず、
と信じいる人が、本当に多いのが現実です。

という私も、
過去にはこのような儚い希望を持ちながら、
いつもプロジェクトを見ていました。

ですが、ネットビジネスの業界は、
“持ちつ持たれつ”の関係であることを知りました。

誰かが新たなプロジェクトを立ち上げれば、
他のネットビジネス業界の人が、
そのプロジェクトをメールやLINEで紹介します。

紹介する事で紹介報酬が貰えるからです。

一方、プロジェクトの仕掛け人は、
たくさん紹介してもらう事で、
多くの参加者を集めることが出来ますから、
時には億単位の大儲けが出来ます。

そうやって1つのプロジェクトが終われば、
今度はネットビジネス業界の他の人が、
仕掛け人となって、同様に紹介してもらう、
という事を繰り返しています。

ところが、
あるプロジェクトが、
本当に誰でも簡単に稼げる内容なら、

そのプロジェクトに参加して稼げた参加者は、
それ以上他のプロジェクトに参加しなくなります。

それでは“持ちつ持たれつ”の関係が崩れてしまい、
ネットビジネスの業界の人たちにとっては大迷惑です。

つまり、
誰でも簡単に稼げるようなプロジェクトが、
仕掛けられることなんて、
永遠にやってこないと言えるのです。

私は、何度も何度も騙されてから、
メールやLINEで次々と紹介されるプロジェクトでは、
全く稼げないか、ほとんど稼げない、
というカラクリに気が付いたのです。

本当に稼げるような情報が、
見ず知らずの人から、
勝手にやってくるなんてあり得ない、
と気付きました。

本当に、本気で稼ぎたいのなら、
自分から積極的に行動する必要があったのです。

“誰でも”“楽に”“簡単に”“タダで”稼げる、
という甘い言葉で誘ってくる商材には、
特に警戒するべきだと言えます。


ヒデカズの副業
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。