ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

タグ:アプリ

ヒデカズです。

未来予知投資アプリを使って、
毎日最低3万円を確実に稼げる、
と謳う、佐藤将大氏の
スイッチプロジェクトを検証します。


1.毎日3万円稼げないカラクリとは

佐藤将大氏のスイッチプロジェクトは、
SWITCHアプリを利用して、
ブックメーカーに投資する内容になっています。

画像を見たところでは、
主にサッカーの試合に賭けるようです。

ブックメーカーでは、
1つのサッカーの試合でも、
チームの勝敗を対象にしたり、
合計点を対象にしたり、
と様々な賭けの対象があります。

ブックメーカーでは、
それぞれの賭けによって、
オッズが設定されています。

オッズとは、賭けたお金が何倍になるか、
という倍率です。

1.01倍なんていう低いオッズから、
10倍とか20倍なんていう、
高いオッズもあります。

オッズが低いほど勝ちやすく、
オッズが高いほど負けやすい、
という仕組みです。

佐藤氏のスイッチプロジェクトでは
『通知が来てから2タップするだけで
毎日最低3万円を確実に稼ぎ続けられる』
と言っています。

私はブックメーカーをやったことがありますが、
例えば1万円程度の資金で、
1日3万円の利益を上げ続けるのは不可能だと言えます。

佐藤氏に、毎日3万円を稼ぐために、
いくらの投資金をする必要があるのか?
毎回の賭けに、いくらのお金を賭けるのか?
何倍くらいのオッズに賭けるのか?
勝率はどれくらいか?証拠は?
という点を確認する必要があります。

また、通知は1日10回くらい来る、
と言っていますが、
3万円を稼ぐためには、
全部の通知に賭ける必要があるのか?
という点も確認する必要があります。

なぜなら海外サッーは、
日本時間の深夜に行われているからです。

深夜、寝ている間に通知が来ても、
2タップ出来ない可能性があります。

佐藤将大氏は、毎日最低3万円を“確実に”
稼ぎ続けられると言っていますから、
確実と言える理由を確認する必要があるのです。

2.SWITCHアプリを使用する危険性

佐藤将大氏のスイッチプロジェクトは、
視聴者にSWITCHアプリを、
すぐに利用できるようにしています。

過去の情報商材のプロジェクトにおいても、
体験版やデモ版のシステムを用意して、
いかにも稼げるように思わせておきながら、

本番環境のシステムを購入すると、
全く稼げない、という事例が多くありました。

消費者庁から注意喚起された、
というプロジェクトも実際にありました。

この記事の最後にリンクを貼っておきますので、
是非ご覧いただきたいと思います。

この様なプロジェクトでは、
デモや体験で利用できるシステムは、
販売者が作った自作である事がほとんどです。

ですので、販売者が都合よく、
画面上に表示される数字を作り出すことができます。

体験版のアプリやシステムで稼ぐ、
という内容のプロジェクトでは、
“体験版の画面上では”言ったとおりに稼げる、
というオチになっているものがほとんどです。

佐藤将大氏が、毎日最低3万円を“確実に”
稼ぎ続けられると言っているのは、
体験版のSWITCHアプリだからこそ出来る、
という可能性があります。

アプリの画面の上でいくら稼げていても、
実際に使えるお金として受け取れなければ、
全く意味がありません。

情報商材のプロジェクトには、
このように、一般常識とはかけ離れた仕掛けが、
随所に見受けられます。

デモ版で稼げる気分にさせられて、
実際に本番のシステムを購入したら、
デモ版とは全く違く結果になった、
という事例が実際に発生しています。

ですので、デモ版の結果は、
参考にしない方が良いと言えます。

3.私がブックメーカーで体験した事

佐藤将大氏のスイッチプロジェクトは、
ブックメーカーに投資する内容になっています。

私は実際に、
ブックメーカー投資の情報商材を
いくつか購入して、
1年ほど実践したことがあります。

それらの中には、
佐藤氏のスッチプロジェクトと同様に、
サッカーが賭けの対象となっていて、
LINEに通知が届いて、
通知どおりにベットする、
というものもありました。

サッカーの通知はほとんどが、
深夜の寝ている間に届きました。

昼間にLINEに通知が届くのは、
日本でJリーグの試合がある時くらいでした。

海外サッカーのシーズンに入ると、
寝ている間に何度も通知が来ます。

寝ている時に届いた通知に、
何度も起こされて、
眠い目をこすりながら、
何とかベットする事を繰り返しました。

それでも、スポーツにおいて、
『番狂わせ』なんて頻繁に起こっています。

コツコツと勝ち続けて利益を重ねていたのに、
1回の『番狂わせ』でそれまでの利益が吹き飛んだ、
なんてことはよくあることです。

実際に私もブックメーカーをやっていた時には、
何度もそんな目に合い、
その度に大きく資金を失いました。

4.未来予知投資アプリの欠陥を暴露

佐藤将大氏はスイッチプジェクトで、
未来予知投資アプリ「SWITCH」を開発した、
と言っています。

天気予報の的中率が90%以上、
という例を引き合いに出して、
データを収集して解析する事の
重要性を説明しています。

SWITCHアプリについても、
ありとあらゆるデータを
収集して解析する事が出来るからこそ、
未来予知投資が出来る、
と言っています。

ですが、気象の過去のデータと、
サッカーの過去のデータでは、
質が全く違います。

サッカーは人間が行います。

あるチームに去年いた人間が、
今年はいないなんて事はよくあります。

おまけに、同じ選手でも、
去年と今年ではレベルが変わっていたりします。

人間ですから、調子が良かったり悪かったり、
というデータでは測れない要素が、
その選手の活躍に大きく影響していたりします。

私は実際にブックメーカーをやっていたので、
試合終了間際まで勝っていたのに、
立て続けに失点して逆転負けした、
という事が何度もありました。

ブックメーカー投資の攻略法として、
オッズの数字を見ながら賭ける手法もありますが、

数字だけを見ても判断できない要素が、
現場の試合では起こっているのです。

ブックメーカーの胴元は、
その辺りも検証してオッズを調整しています。

過去のデータをあてにしたり、
その時々のオッズで判断したりしていると、
思わぬ番狂わせにやられてしまうと言えるのです。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓


【佐藤将大 スイッチプロジェクト  関連記事】

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

ヒデカズです。

ネットで副業を探している方が、
情報商材のプロジェクトに参加して、
多くの人が被害に遭っています。

魅力的な広告文や内容を見て、
後から後悔する人が後を絶ちません。

今回は、
“毎週土日の2日間で最低25万円を稼ぎ続ける事ができる”
と謳う、西野豊氏のRecovery(リカバリー)プロジェクト
を検証します。


1.毎週25万円を稼ぎ続ける事ができない理由

西野豊氏のRecoveryプロジェクトは、
Recoveryアプリを使用することで、
“毎週土日の2日間で最低25万円を稼ぎ続ける事ができる”
と謳っています。

アプリの説明を見ると、
「アプリのダウンロード後、
1週間以内に最低25万円を稼ぐことができる」
と書かれています。

この説明を聞いて、
早くRecoveryアプリをダウンロードして、
1週間以内に25万円受け取りたい、
と思った人は多いと思います。

ですが、Recoveryプロジェクトは、
投資を行いますから、
必ず投資金が必要です。

そして、投資で得られる利益は、
投資金の金額に大きく左右されます。

つまり、投資金を全く用意できない人も、
数百万円の投資金を用意できる人も、
誰でも25万円以上の利益が得られる、
とは言えません。

それなのに、西野氏は、
「誰がやっても同じように
最低25万円を確実に稼ぐことが出来ます。」
と説明しています。

そのカラクリは、
すぐに利用し始めることができる、
Recoveryアプリにあると考えられます。

Recoveryアプリは、
プロジェクトに参加する前に、
無料で利用することが出来ます。

ですが、無料のRecoveryアプリは、
投資金を用意しなくても利用できます。

投資金を用意しなくても、
1週間以内に誰でも、
最低25万円を稼げるという事は、

Recoveryアプリで表示される金額は、
ただの数字であると言えます。

『稼げる』と聴くと一般的には、
実際にお金を得ることができる、
と思う人がほとんどだと思います。

ですが、過去の情報商材のプジェクトでは、
実際にお金を手に入れることが出来ていなくても、

アプリやシステム上で表示されている数字を、
『稼げた金額』と言う事が多くあります。

西野氏のRecoveryプロジェクトでも、
『稼ぐ』という言葉を、
見せかけの数字にも使っている、
と考えられます。

2.Recoveryアプリを使う危険性

西野豊氏のRecoveryプロジェクトは、
視聴者にRecoveryアプリを、
すぐに利用できるようにしています。

「実際に自分自身で使って稼げる、
というのは何よりの証拠になる。」
と西野氏は説明しています。

ですが、先ほどお伝えしたように、
視聴者の誰もが使えるRecoveryアプリは、
投資金不要で利用できますから、
デモ版であると判断できます。

過去の情報商材のプロジェクトにおいても、
体験版やデモ版のシステムを用意して、
いかにも稼げるように思わせておきながら、

本番環境のシステムを購入すると、
全く稼げない、という事例が多くありました。

消費者庁から注意喚起された、
というプロジェクトも実際にありました。

この記事の最後にリンクを貼っておきますので、
是非ご覧いただきたいと思います。

この様なプロジェクトでは、
デモや体験で利用できるシステムは、
販売者が作った自作である事がほとんどです。

ですので、販売者が都合よく、
画面上に表示される数字を作り出すことができます。

体験版のアプリやステムで稼ぐ、
という内容のプロジェクトでは、
“体験版の画面上では”言ったとおりに稼げる、
というオチになっているものがほとんどです。

アプリの画面の上でいくら稼げていても、
実際に使えるお金として受け取れなければ、
全く意味がありません。

情報商材のプロジェクトには、
このように、一般常識とはかけ離れた仕掛けが、
随所に見受けられます。

デモ版で稼げる気分にさせられて、
実際に本番のシステムを購入したら、
デモ版とは全く違く結果になった、
という事例が実際に発生しています。

ですので、デモ版の結果は、
参考にしない方が良いと言えます。

3.Recoveryアプリを判断するために

西野豊氏のRecoveryプロジェクトは、
Recoveryアプリを使用することで、
“毎週土日の2日間で最低25万円を稼ぎ続ける事ができる”
と謳っています。

ですので、
Recoveryアプリが稼げるのどうか、
証拠を確認する必要があります。

Recoveryプロジェクトの動画では、
過去の実績を見せられたところで、
いくらでも捏造とか偽造できる。

過去に稼げたとしても、
これから実際に、
この先稼げるかわからない。

証拠があったところで、
その証拠が本当である証拠が無いと、
きっと本当に信用できない。

本当であったとしても、
たまたま上手くいったものだけを、
抜粋して実績として見せている、
悪質な業者もいる。

証拠を見せられても、
何が本当なのかわからなくなる。
と西野氏とインタビュアーは語っています。

だからと言っても、
先ほどお伝えしたように、
現時点で使えるRecoveryプリは、
稼げるかどうかの判断材料には、
ならないと言えます。

やはり必要なのは、
過去の実績しかありません。

Recoveryプロジェクトのサイトを見ると、
日本の競馬を対象にしている、
と判断できます。

過去の競馬で、
どれだけの金額を使って、
どのような馬券を買っているのか、

購入した馬券の種類やオッズ、
勝ち負けの詳細など、
しっかりと確認する必要があります。

競馬は胴元が稼げるように、
胴元が自由にオッズを調整しています。

勝った馬券が的中すれば、
オッズに応じたリターンが得られますが、
負ければ賭けたお金は全て失われます。

その様なカラクリとリスクが
競馬にはありますから、
他人のアプリに大切なお金の運用を、
安易に任せるのは危険性があると考えます。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

ヒデカズです。

アプリを3タップするだけで、
世界最速で毎月120万円が手に入る、
と謳っている

大野肇氏の
WESULT(ウィザルト)を検証します。


1.毎月120万円以上稼げないアプリの危険性

大野肇氏は、
WESULTというアプリを3タップするだけで、
毎月120万円が手に入る、
と言っています。

アプリWESULTとは、
金(ゴールド)とドルのトレードの
エントリーチャンスを知らせるものになります。

大野氏はアプリWESULTの実力を知ってもらう為に、
無料体験版を用意しています。

過去の情報商材のプロジェクトにおいても、
体験版のアプリを提供して、
いかにも稼げるように思わせておきながら、

本番環境のアプリを購入すると、
全く稼げない、という事例が多くありました。

消費者庁から注意喚起された、
というプロジェクトも実際にありました。

この記事の最後にリンクを貼っておきますので、
是非ご覧いただきたいと思います。

大野氏は、アプリから通知が来れば、
アプリの画面で点滅しているボタンをタップするだけで、
毎月120万円以上稼げる、と言っています。

一般的にこの言葉を聞くと普通は、
『アプリの指示に従うだけで、
毎月必ず120万円の現金が手に入る』
と解釈する人がほとんどだと思います。

ところが、
アプリを使って稼ぐという内容のプロジェクトでは、
“アプリの画面上では”言ったとおりに稼げる、
というオチになっているものがほとんどです。

ですので、
大野氏のWESULTにおいても、
無料体験版のアプリの画面の上では、
毎月120万円稼げる、
というカラクリになっていると考えられます。

アプリの画面の上でいくら稼げていても、
実際に使えるお金として受け取れなければ、
全く意味がありません。

体験版で稼げているのに、
表示されている金額が実際には使えなければ、
早く本番環境のアプリを使って、
アルに稼ぎたいという気持ちになる人が多いようです。

ところが先ほどもお伝えしたように、
参加費用を払って、
本番環境のアプリを利用した途端に、
全く稼げなくなる事態が頻発しているのです。

2.体験版アプリの落とし穴

大野肇氏はWESULTのサイトで、
様々な稼げる証拠と言える画像を公開しています。

それらの画像のうち、
銀行に振り込まれた画像については、
それがWESULTの実績である、
という証拠にはなりません。

もちろん、情報商材のプロジェクトによくある、
偽造の疑いもありますが、
例え偽造では無くても、
他の手法でトレードをした結果、
という可能性もあります。

WESULTのものと判断できる画像もありますが、
大野氏が公開しているのは、
WESULTアプリの画像です。

WESULTアプリは、
一般に公開されている既存のシステムでは無く、
大野氏だけが提供している独自のシステムです。

独自のシステムですから、
予めプログラミングされた結果を表示したり、
オンライン上で操作された結果を表示したり、
という事が簡単にできます。

大野氏のWESULTアプリの実績画像が、
そのようなカラクリをしている、
という証拠はありませんが、

少なくとも、WESULTアプリは、
大野氏の独自のシテムですから、
裏でどのような動きになっているのか、
確認する事ができません。

大野氏はWESULTでは投資を行う、
と言っていますから、
証券会社などの仲介業者を必ず利用します。

WESULTアプリの損益推移の金額が、
信用できるかどうかを検証するには、
証券会社が提供する実際の取引履歴と、
見比べて確認する必要があります。

その際に、
これも過去の他のプロジェクトでは、
手作りの表を公開する事がありました。

従って、証券会社が提供している、
詳細な取引履歴を確認する必要があります。

大野氏が今後、
取引履歴の一部しか公開しなかったり、
手作りの表などを公開するようであれば、

WESULTアプリで、
誰でも、毎月120万円を稼げるとは言えない、
と判断できます。

3.証拠の信ぴょう性を検証

大野肇氏はWESULTのどうがで、
4億円とか7億円という
銀行口座の残高画像を公開しています。

公開された銀行口座の残高を見て、
大野氏が大金持ちだと思った人は多いと思います。

ですが、画面に表示される数字なんて、
簡単に偽造できます。

偽造していないとしても、
大野氏が実際に稼いだお金という証拠がありません。

インタビュアーをしている前川裕太氏は、
ネットビジネス業界の人間として、
何度も様々なプロジェトに登場しています。

ネットビジネス業界での人脈はありますから、
大野氏の為に一時的に貸したり、
業界の仲間から借りたり、
という可能性も考えられます。

大野氏のWESULTが稼げるというなら、
真偽が不確かな銀行口座の残高画像より、
証券会社の取引履歴を公開する必要があります。

大野氏が本物の証拠を公開しないなら、
WESULTを使っても、
稼げるとは期待ができないと言えるのです。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓


【大野肇 WESULT 関連記事】
消費者庁が注意喚起したテックボックスの実態と学ぶべき事
テレビ番組「ビビット」が取材した詐欺アプリの実態


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

榎真琴氏が「1週間で20万円、確実に稼げる」、
と謳っている、MAXIMUM(マクシム)について、
無料体験版アプリが嘘の結果を出している、
と言える証拠を公開します


1.無料体験版アプリが嘘と言える証拠

榎真琴氏の「マクシム」とは、
完全自動型FXトレードアプリです。

榎真琴氏は、無料体験版を用意して、
実際に視聴者が体験できるようにしています。

そこで私も、
実際にアプリをダウンロードして検証しました。

その結果が下記の画像です。
maximum
※画像をクリックすると拡大します

上のグレーの表が、
私が実際に「マクシム」の指示に従って、
デモ口座でトレードした履歴です。

下の『取引履歴』と書かれた表が、
同じトレードを行った、
「マクシム」の取引履歴です。

私のデモ口座は5000ドルでスタートしています。
上から2番目は誤作動ですので無視してください。

上から3番目で私は、
MAXIMの指示に従って、
GBP/JPYを「sell」(SHORT)で、
1ロットでエントリーしました。

数分後、「マクシム」がトレード終了と同時に、
私も決済しました。

その結果、私のトレードでは、
20.43ドルのマイナスとなっています。

ところが、「マクシム」の取引履歴では、
9,800円のプラス利益となっています。

同様に、
私がトレードした取引履歴の、
上から4番目の、EUR/USDでは、
1ドルの利益となっています。

ところが、「マクシム」の結果では、
12,300円の利益となっています。

私は1ロットで1ドル(約107円)の利益です。

「マクシム」の12,300円の利益を出すには、
100ロットでトレードする必要がありますが、
10万円の証拠金では、
100ロットのトレードは不可能です。

つまり、アプリの指示通りに実際にトレードすると、
アプリの取引履歴どおりの結果にならない、
という事が確認できました。

無料体験版のアプリでは、
いかにも稼げるように見えても、
実際には稼げない可能性がある、と言ます。

2. 「1週間で20万円確実に稼げる」のカラクリ

過去の情報商材のプロジェクトにおいても、
体験版のアプリを提供して、
いかにも稼げるように思わせておきながら、

本番環境のアプリを購入すると、
全く稼げない、という事例が多くありました。

消費者庁から注意喚起されたプロジェクトも、
実際にありました。

この記事の最後にリンクを貼っておきますので、
是非ご覧いただきたいと思います。

榎氏は、アプリから通知が来れば、
アプリの画面で点滅しているボタンをタップするだけで、
1週間で20万円確実に稼げる、
と言っています。

一般的にこの言葉を聞くと普通は、
『1週間で確実に20万円の現金が手に入る』
と解釈する人がほとんどだと思います。

ところが、
アプリを使って稼ぐという内容のプロジェクトでは、
“アプリの画面上では”言ったとおりに稼げる、
というオチになっているものがほとんどです。

ですので、
榎真琴氏の「マクシム」においても、
無料体験版のアプリの画面の上では、
1週間で20万円確実に稼げる、
というカラクリになっていると考えられます。

アプリの画面の上でいくら稼げていても、
実際に使えるお金として受け取れなければ、
全く意味がありません。

情報商材のプロジェクトには、
このように、一般常識とはかけ離れた仕掛けが、
随所に見受けられます。

榎氏が言っている「お金好きでしょ」
という言葉に同調して、
稼ぎたいという気持ちが強すぎると、
このような仕掛けに気付かない危険性があります。

3.その他の証拠の信ぴょう性を検証

榎真琴氏は、「FX-MACO」という芸名で、
TVや雑誌などのメディアに多数出演している、
と紹介されています。

ですが、どテレビ番組に出たことがあるのか、
具体的に言っていません。

雑誌についても、紙面は公開しましたが、
雑誌名が明かされていませんから、
何の雑誌なのかわかりません。

5億円とか6億円という
銀行口座の残高を公開していますが、
画面に表示される数字なんて、
簡単に偽造できます。

偽造していないとしても、
榎氏が実際に稼いだお金という証拠がありません。

例えば、
インタビュアーをしている清水聖子氏などは、
ネットビジネス業界では名の知れた人ですから、
榎氏の為に一時的に貸したり、
業界の仲間から借りたり、
という可能性も考えられます。

榎氏がFXで大金を稼いだというなら、
真偽が不確かな銀行口座の残高画像より、
証券会社の取引履歴を公開する必要があります。

榎氏がFXで稼げるトレーダーという証拠が無ければ、
「マクシム」を使っても、
稼げるとは期待ができないと言えるのです。

4.マクシムを実際に使う前に確認する事

榎真琴氏のMAXIMUM(マクシム)について、
無料体験版を使ってみた結果、
無料体験版のアプリは信ぴょう性がない、
という事が明らかになりました。

こういった声が多く出てくると、
榎氏はもしかしたらアプリの誤作動だった、
と言ってくるかもしれません。

本番環境のアプリは、
しっかりと対策が採られているから、
安心して欲しいと言ってくるかもしれません。

例えその言葉が本当だとしても、
システム頼みで大切な資金を運用すると、
結局、誤作動が発生してお金を失う危険性があると言えます。

また、「マクシム」の過去の取引履歴についても、
しっかりと確認する必要があります。

確認すべき取引履歴とは、
アプリで表示されるものではなく、
私が実際にトレードして公開している、
偽造していない本物の取引履歴です。

本物の取引履歴を確認しなければ、
榎氏が言っている、
「勝率85%」が本当なのか確認できません。

さらに、いくら勝率が良くても、
負けた時の損失が大ければ、
利益を出すことは出来ません。

従って、負けトレードの際の損失も、
しっかりと確認する必要があります。

過去の情報商材のプロジェクトでは、
私が公開したような取引履歴を見せても、

都合の良い部分しか見せなかったり、
そのプロジェクトのシステムかわからないものを見せたり、
という例が何度も行われてきています。

投資は自分の大切なお金を運用するのですから、
システムの実績については、
慎重すぎるくらい慎重に、
判断する必要があると言えます。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓


【榎真琴 MAXIMUM(マクシム) 関連記事】
消費者庁が注意喚起したテックボックスの実態と学ぶべき事
テレビ番組「ビビット」が取材した詐欺アプリの実態


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

こんにちは、ヒデカズです。


しんのすけ氏の「Prise-Less(プライスレス)」プロジェクトについて、
アプリを使ったらお金が無くなると言える理由をお伝えします。


【目次】
1.アプリと似たシステムが実際には稼げていない実態
2.Prise-Lessアプリが危険であると言える理由
3.アプリ体験版のカラクリと目的を暴露


1.アプリと似たシステムが実際には稼げていない実態

しんのすけ氏の「Prise-Less(プライスレス)」プロジェクトは、
バイナリーオプションを行います。


また、動画を見るとFXも行うようですが、
まずは「Prise-Less(プライスレス)」アプリを使って、
バイナリーオプションをすることの危険性をお伝えします。


しんのすけ氏の説明によると、スマホの「Prise-Less」アプリに、
バイナリーオプションを行っている人の勝率が表示され、
その人と同じトレードを行うと、その人と同じ結果が出る、
という事です。


従って、勝率の高い人と同じトレードを行う事で、
高い勝率で勝つことが期待できます。


実際、バイナリーオプションの業者によって、
同様のシステムを取り入れている業者がいます。


OPTION BIT(オプションビット)という業者は、
バイナリーオプションをやったことがある人なら、
ご存知の人もいると思います。


このOPTION BIT(オプションビット)が「フォロートレード」、
という名称で提供しています。


私もバイナリーオプションの経験は結構あって、
OPTION BITではありませんが、
「フォロートレード」のようなトレードを行ったことがあります。


勝率の高い人と同じトレードを行えば、
簡単に勝てると期待する人は多いのですが、


残念ながら「フォロートレード」で勝ち続けている人は、
私が確認したところでは聞いたことがありません。


もちろん、私が行った「フォロートレード」でも、
資金を全て失いました。


しんのすけ氏の「Prise-Less(プライスレス)」も、
当初は同様のプロジェクトと思いましたが、
実は違って、もっと危険で稼げない可能性が高いプロジェクト、
と判断しました。


2.Prise-Lessアプリが危険であると言える理由

しんのすけ氏の「Prise-Less(プライスレス)」プロジェクトは、
『Price-Less』というアプリを使い、
そのアプリに勝率が表示されているので、
その勝率を参考にしてバイナリーオプションでトレードする、
という内容です。


しんのすけ氏が用意した自作のアプリですから、
表示される画面が信頼できるデータなのか、
確認する必要があります。


先ほど私がご紹介した、
「OPTION BIT」というバイナリーオプションの業者なら、
その業者を利用して取引している人の履歴になりますから、
その人の成績についても、ある程度の信ぴょう性があります。


ところが、しんのすけ氏の「Prise-Less(プライスレス)」については、
バイナリーオプションの業者が出しているデータを、
そのまま取り込んで表示させているのかもしれませんが、


もしかしたら、適当に作り出している、
架空の勝率のデータである可能性もあります。


架空の成績表であるなら、
その時点で稼ぎ続けられる保証は全く無い、
と言えますが、


もし、実際のバイナリーオプションの業者から、
データを取り込んでいるとしても、


そのデータを鵜呑みにして、
勝率の高いトレーダーと同じ取引をしても、
稼ぎ続けられないと言える理由があります。


それは、実際に私がバイナリーオプションの経験があるので、
その体験から言えるのですが、


複数のバイナリーオプションの業者を利用して比べてみると、
同じエントリーをしても、結果が異なることがあるのです。


その原因は一説には、業者が操作をしているという声があって、
その説には私も実際の経験上、あり得ると思っていますが、


もっと信ぴょう性がある理由とは、
業者によって、取り扱っている相場のデータの入手先が異なる、
という点です。


詳しいカラクリを説明すると、難しくなり長くなりますので、
ここではお伝えしませんが、


「Price-Less」アプリのとおりにトレードしても、
勝てない可能性があるのです。


第1話でスタッフの人が実際にトレードしていたのは、
オーストラリアのバイナリーオプションの業者である、
「ハイローオーストラリア」を使っていました。


「ハイローオーストラリア」には『フォロートレード』というシステムがありませんから、
「Price-Less」アプリに表示されるデータは、


少なくともハイローオーストラリアでの相場の値動きとは連携していない、
という事が判断できます。


という事は、「Price-Less」アプリでは勝っても、
実際には負けている、という事があり得るのです。


3.アプリ体験版のカラクリと目的を暴露

しんのすけ氏は「Price-Less」アプリの体験版を用意していますが、
体験版では、勝率4位以下しか表示されません。


1位~3位は動画を最後まで見ることが条件と言っていましたが、
過去の情報商材のプロジェクトでも同様の手法を使うことがよくあって、


それはつまり、動画を最後まで見てから参加費を支払うこと、
が真の条件であると考えられます。


勝率4位以下の人と同じトレードをして、
仮に勝つことができれば、そんな人は「Price-Less」アプリは信用できる、
と思って購入するでしょうし、


負けても、
『やはり4位以下のデータは参考にならないから、
参加費を払って1位が見れるようしたい』
と思う人が出てきて、高額の参加費を支払ってくる、
ということを計算していると思われます。


とにかく、しんのすけ氏の「Price-Less(プライスレス)」に参加しても、
大丈夫なのか、期待できるのか、稼げそうなのか、
という判断は、


「Price-Less」アプリの詳細な取引履歴を確認する必要があります。


アプリでこの様なデータが出たから、
そのデータをもとにしてトレードを行ったら、
結果はどうなって、どれだけの利益が出たか、


という実績を、わかりやすく、はっきりと、
疑いの無い様に公開する必要があります。


細かい過去の実績を公開するまでは、
アプリ上ではどんなに良い成績が表示されていても、


その指示通りにバイナリーオプションをやることは、
非常に危険性が高く、投資資金を失う可能性が高いと言えます。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


収入は「積み上げ式」に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
ヒデカズも実践しているような堅実なビジネスを、
地に足をつけて実践されることをおススメします。



【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
派遣のアルバイトをやってみて感じた備えることの大切さ
自営業の私が始めた副業が、本業に与えた意外な効果とは
私が考える本当の人生のリスクと副業のリスク
私が福耳の会を1年間続けてきた生体験を告白します
消費税増税! 10%どころか、さらに増税されると言える理由



【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠
情報商材の詐欺ニュース 「写真を選ぶだけ」で被害者続出のワケ



ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年経ちました!
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

このページのトップヘ