ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

タグ:出金

こんにちは、ヒデカズです。

田中保彦氏の「金と銀プロジェクト」は徐々に内容が明らかになってきました。

田中氏は、ビジネスモデルをアービトラージと言っていましたが、
結局は、私が前回の記事で書いた『金(ゴールド)とドルの自動売買システム』です。

そして、田中保彦氏の口座と参加者の口座をリンクさせるのですが、
私は過去に同様のプロジェクトに参加したことがあります。

そしてその結末は最悪でした。


今回の田中保彦氏の「金と銀プロジェクト」も同じ結末になるとは言いませんが、
よく調べるとかなり危険な要素が出てきましたので書いていきます。


【目次】
1. 私が過去に買った類似プロジェクトとは
2.田中保彦氏の類似プロジェクトの被害の内容とは
3. 海外の証券会社「GLSpeedFX」の危険性とは
4.田中保彦氏が利用している「LionSight」の危険性とは


1. 私が過去に買った類似プロジェクトとは

田中保彦氏の「金と銀プロジェクト」と同様の作業をさせて、
ほったらかしでお金が増えると言っていたプロジェクトが過去に何度かありました。

過去に、加藤浩太郎氏が行っていた「GIFTプロジェクト」もその1つで私も参加しました。

内容としては、
参加費10万円で、
加藤浩太郎氏が指定する海外の証券口座「GLSpeedFX」に30万円を入れて、
その口座と加藤浩太郎氏の口座をリンクさせるだけ
で、毎月10万円がGIFTとして受け取れる
というプロジェクトでした。

なお、この様にリンクさせる口座をMAMまたはPAMM口座と言います。


ちなみにその投資資金の30万円の作り方も加藤浩太郎氏が教えるので、
費用は一切かからないと言っていました。

田中保彦氏も投資資金10万円を用意すると言っていますが、
過去の情報商材のパターンでは、
自己アフィリエイトや、家の不用品の転売などの作業
といった内容がほとんどでしたので、今回も同様の内容である可能性が高いです。


加藤浩太郎氏が提供するといった30万円は、
バイナリーオプションで稼ぎ出すという方法でした。
ですが、加藤氏の言う手法では稼げないどころか資金を溶かし続けたのですぐにやめました。

そんな訳で私は30万円を加藤氏の指定口座にすぐに入れなかったのですが、
そうこうしているうちに2ヶ月程が過ぎました。

そしてプロジェクト終了からかなり経つので、
他の参加者の声を聞きたいと思いネットを見ると
大変な騒ぎになっていたのです。


2.田中保彦氏の類似プロジェクトの被害の内容とは

ネットで検索すると、稼げたという話は無く、
逆に「加藤浩太郎 被害者の会」が出来ていました。

その中には何人も、実際に加藤氏の指定する証券口座「GLSpeedFX」に資金を入れて運用を始めた人もいたのですが、全員がどんどん残高が減っていました。

さらに、資金が減っていくので怖くなって資金を引き出そうとすると、
今度は証券会社から出金拒否されていたのです

そうしてさらに資金が減っていっていました。


被害の詳細は「加藤浩太郎 被害者」で検索するとすぐに出てきますので、ご覧いただくとその悪質性が確認できます。


私が払ったお金は、プロジェクトの参加費10万円と、
バイナリーオプションで溶かしたお金数万円で、
実際に証券口座に資金を入れてはいなかったのですが、

結局そんな証券口座に資金を投入することは出来ませんので、
参加費10万円はドブに捨ててしまったのです。

参加者の中には加藤浩太郎氏の高額のバックエンドも購入した人もいて、そういう人たちはさらに被害が大きくなっています。


3. 海外の証券会社「GLSpeedFX」の危険性とは

そして、加藤浩太郎氏が指定した海外の証券会社「GLSpeedFX」について調べるとかなり危険な会社であったことがわかりました。

その重大な危険ポイントは下記の2点で、
今回のプロジェクトで田中保彦が運用している証券会社にも共通点があります

①金融ライセンスがない
金融ライセンスとは、日本で言えば金融庁への登録と同じもので非常に重要なものです。
海外FX業者は日本の金融庁に登録しない代わりに他の国で金融監督庁に登録しています。

金融ライセンスは各国の金融監督庁が発行しているもので、基本的にこれがないと国内での金融サービスの提供ができません。

②資産保全が信用できない
顧客の資金を守るための保全方法として下記に2種類があります。

「信託保全」…FX会社が倒産しても顧客資産が守られる資産保全
「分別管理」…FX会社の経営資産と投資家の運用資産を別の銀行口座で管理する資産保全

日本国内のFX業者の場合は「信託保全」が義務付けられています。

海外業者の場合は業者次第ですが、真っ当な会社なら「分別管理」の場合でも信託法人や信託銀行を利用して、顧客資産の口座の出し入れをする権限を第三者が判断しています。

ところがGLspeedFXは、外部金融機関への信託保全はしておらず、顧客の資金に関してはブローカー口座とは別に口座を分けて管理しているだけです。
つまり持ち逃げも可能なのです。


では、田中保彦氏のプロジェクトにおいて、利用している証券口座はどうでしょうか。


4.田中保彦氏が利用している「LionSight」の危険性とは

田中保彦氏は、動画の中でLionSightという証券会社の口座画面を見せています。

そこでこのLionSightについて調べると、まず証券会社の比較サイトにも出てきません。
あるのは詐欺業者という評判だけです。

2016年3月には関東財務局から無登録業者として警告を受けています。

つまり、金融ライセンスが無いのです。
改めてLionSightのサイトを見ましたが、金融ライセンスがあるなら、
どこの国の証券取引委員会に認可されているかを
ライセンスナンバーと合わせてサイトに表示されているはずですが、
その表記がありません。

資金の保全方法についても記載が確認できません。

問い合わせ方法は電話番号の表示はなくてメールだけです。

サイトの作りもかなり雑で、まだGLspeedFXの方が情報量が多いです。

とにかく金融ライセンスを持っていない証券会社に資金を預けることは、
かなりの危険性があると言えます。

例え口座残高は増えたとしても、出金が出来なければ無意味です。

出金拒否なんてあり得ないと思う人もいるかもしれませんが、海外の証券会社では出金トラブルは日常茶飯事です。


今回の田中保彦氏の「金と銀プロジェクト」と同様に、金とドルのFX取引が出来てMAM(PAMM)口座を提供している海外の証券会社は他にもあります。

プロトレーダーも利用している日本で実績のある海外業者としては、XMtradingやTitanFXなどもMAM(PAMM)口座を提供しています。


それならその様な実績のある証券会社を利用したいものです。

そこで田中保彦氏のLINEに、証券会社の指定はあるのかどうか確認しました。
XMtradingやTitanFXでの運用は可能なのか尋ねました。

ですが、現在まで回答はありません。



私自身も過去にたくさんの情報商材を買い、
結局どれも全くと言っていいほど稼げなかった苦い経験があります。

それでも今の副業に出会ったことで、
ようやく稼げるようになり、

さらにこの様に情報商材の検証ができるようになったことで
自分が今までの情報商材で稼げなかった理由もわかり、

おかげで無駄な出費をすることも無くなりました。


副業で稼げる「本物」はちゃんとあります。


副業で出来る、堅実に稼げて初心者でも成果を出しやすいビジネスを知りたい方は、
私ヒデカズまでご連絡ください。

ヒデカズの考えに共感してくださる方には、
仲間としてしっかりとサポートさせていただきます。


【田中保彦 金と銀プロジェクト 参考記事】
田中保彦 金と銀プロジェクト「ほったらかし」の危険性とは!
田中保彦 金と銀プロジェクト 私が過去に買った類似商材の危険性を暴露!
田中保彦 金と銀プロジェクトとリディアリッチ事件との類似性とは
田中保彦 CLUB THE ZIPANGU 疑問と矛盾だらけの募集内容
田中保彦 金と銀プロジェクト インフォトップが注意喚起!
「金(ゴールド)投資」とは?副業におすすめ?


【職人おススメの参考記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
「情報商材の検証→アフィリエイト→情報商材」繰り返すな!
情報商材の批判記事を見ても私が買ってしまった理由とは?
母子家庭だった私がサラリーマンを辞めて自営業を始めた理由
自営業の私がイクメンになって気付いた副業の必要性とは
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp


※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられる場合もありますので、ご確認よろしくお願いします。

また、副業に関する悩みや相談、気になる情報商材の検証依頼も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれませんので、お気軽にメールしてください。

こんにちは、ヒデカズです。

「バイナリーオプション」を始める際に最初に行うのが口座開設ですが、今回は海外のバイナリーオプション業者について、どこの海外業者で口座を開設したら良いか検証してみたいと思います。

【目次】

1.海外の業者について理解しておくべきポイント
2.最初の投資金額の違いをチェックしよう
3.ペイアウト率の違いをチェックしよう
4.出金条件の違いをチェックしよう
5.海外のバイナリーオプション業者の選び方まとめ
binaryoption

1.海外の業者について理解しておくべきポイント

海外のバイナリーオプション業者は規制が無く、システムの構築が比較的簡単な為に、これまで多くのバイナリーオプション業者が誕生しては消えていきました。

消えてしまう様な海外バイナリーオプション業者にお金を預けておくと大変なことになります。

その様な理由から、海外バイナリーオプション業者で口座を開設するために、事前にネットなどで情報を調べてみると「詐欺・危険・怪しい」といった文字を目にします。

もう1つ、このような評判が出てくる理由として、実際に「出金手続きをしたのに、なかなか着金しない」という経験をしている人がたくさんいるというケースが挙げられます。

せっかく利益を上げることが出来ても、出金申請してちゃんも着金しなければ意味がありません。
それがなかなか着金しないので、出金拒否だとか詐欺だとか言われる主な原因です。

しかし、それは海外の業者ですので、物理的な問題と習慣的な違いによって当然起こることなのです。

ただ、本当に悪質で詐欺のようなバイナリーオプション業者もありますので、必ず事前に評判などをチェックしておいた方が良いでしょう。

次からは、海外のバイナリーオプション業者の口座を開設する際のチェックポイントを挙げていきましょう。


2.最初の投資金額の違いをチェックしよう

バイナリーオプション業者の口座開設はどこも無料で出来ますが、トレードを開始するためには自分のアカウントの口座にお金を入金しなければいけません。

その際に、口座に初めて入金する「初回入金額」がバイナリーオプション業者ごとに異なります。
さらに、実際にトレードする際の「最低取引金額」もバイナリーオプション業者ごとに異なるのです。

海外のバイナリーオプション業者として人気の『ハイローオーストラリア』では初回入金額が5,000円ですが、同じく海外のバイナリーオプション業者として有名な『オプションビット』は27,500円となっていて大きく異なります。

ところが「最低取引金額」を比べると、ハイローオーストラリアは1,000円なのに対し、オプションビットは500円となっています。
「最低取引金額」はエントリーする最低金額ですので、例えば残高が900円になるとハイローオーストラリアの方はもう取引ができなくなるのですが、オプションビットならもう1回チャンスがあるのです。

ちなみに『ファイブスターズオプション』という海外バイナリーオプション業者では100円が最低取引金額になっています。


3.ペイアウト率の違いをチェックしよう

ペイアウト率とは、バイナリーオプション取引で予想が的中した時の払戻額を決定する倍率のことです。
ペイアウト率が高いほど、成功時に得られる利益は大きくなります。

このペイアウト率も海外バイナリーオプション業者によって異なります。

取引銘柄や取引時間によって異なるのですが、例えば『ハイローオーストラリア』では1.8倍~2倍となっていますが、ある海外バイナリーオプション業者のある時間帯の取引の場合は1.65倍というのもあります。


4.出金条件の違いをチェックしよう

海外バイナリーオプションで取引を行って無事に利益を得ることができたら、その利益を出金するタイミングがやってきます。
ですが、海外の業者ですのでその業者から何日で着金するかという点でも違いがあります。

さらに出金の際の手数料も海外バイナリーオプション業者ごとに異なってきます。

例えば『ハイローオーストラリア』の場合は、銀行振り込み手数料が無料で最短翌日には着金します。

ところが海外バイナリーオプション業者によっては、着金までに1週間以上かかったり、出金手数料も3,000円とか出金額の5%など必要なところもあります。


5.海外のバイナリーオプション業者の選び方まとめ

これまで海外のバイナリーオプション業者の様々な違いを挙げてきました。
ネットなどで調べると、それぞれの業者ごとに良い点不満な点が評判として出てきます。

国内であれば簡単に理解できるものであっても、海外と言うことで認識の違いや対応スピードの違いがありますので、そういった視点を持ちながらネットなどの評判を参考にしてください。

ちなみに私が海外のバイナリーオプション業者を利用する理由は、ズバリ『勝ちやすい』からです。
バイナリーオプションの取引は、現在の相場を表示するチャートを見ながら行います。
そのチャートを見て1分後や5分後、15分後などの値動きを予想するのがバイナリーオプションですが、日本のバイナリーオプションのルールの場合は2時間先の相場を予想する必要があるのです。
さすがに2時間先の予想をするのは困難を極めますので、私は予想のしやすい海外のバイナリーオプション業者のルールでやっています。


こんにちは、ヒデカズです。

副業でバイナリーオプションを始める際に、最初にするべきことが口座開設です。

このバイナリーオプションの口座開設をする業者には、日本国内の業者と海外の業者があるのですが、それぞれに大きな違いがあります。

バイナリーオプション業者の違いを理解しておくことは、副業で稼ぐためには非常に重要ですので今回はその違いについて検証してみます。


【バイナリーオプション業者の国内と海外の違い】

1.ペイアウト倍率の違い
2.口座開設時間の違い
3.判定までの時間の違い
4.出金にかかる時間の違い
5.副業でバイナリーオプションするならどちらの業者?

binaryoption

1.ペイアウト倍率の違い

ペイアウト倍率とは、投資した金額が勝った時に何倍の金額になるかという数字です。

①国内バイナリーオプションの場合
日本国内では、払い戻し額の方が1000円と固定されています。
そして、エントリーをする際にチケットを購入するのですが、その金額が変動していきます。
その購入金額は、1円~1000円の範囲内で変動する仕様となっています。

1円で購入したチケットが当たれば1000倍のペイアウトとなりますが、1000円で購入したチケットなら当たっても全く同じですし外れたらマイナス1000円です。

しかしながら、1円とか10円で買える(=ペイアウト倍率が高い)チケットが当たる確率はかなり低く、金額が高い(=ペイアウト倍率が低い)ほど当たる確率は高いという事になっています。

つまり
  • 判定時刻の予想レートと現在レートとの価格差が大きい=難易度が高い=購入価格が安い=ペイアウト倍率が高い
  • 判定時刻の予想レートと現在レートとの価格差が小さい=難易度が低い=購入価格が高い=ペイアウト倍率が低い
という関係にあります。

②海外バイナリーオプションの場合
海外バイナリーオプション業者の場合はペイアウト倍率は一定です。
例えば1.8倍のペイアウト倍率のバイナリーオプションを選んだ場合は、レートがどう変動しても、予想が当たれば1.8倍の払い戻し(ペイアウト)となり、予想が外れれば0円となります。


2.口座開設時間の違い

次に一番最初に行う口座開設にかかる時間にも違いがあります。

①国内バイナリーオプション業者の場合
国内バイナリーオプション業者の場合は、口座開設をする際に簡単なテストが実施されこのテストにクリアする事が口座を作るために必要です。
そのため口座開設に1週間程度かかるケースもあります。

②海外バイナリーオプション業者の場合
海外バイナリーオプション業者の場合は、メールアドレスなど必要事項だけ記入すれば無料で口座を開設する事が出来るため最短1分程度で口座開設が完了する業者もあります。


3.判定までの時間の違い

エントリー(購入開始)から判定までの時間の違いが最大の違いです。
日本では規制により国内業者は2時間毎の取引が強いられました。
一方、海外業者にはこの規制は適用されていないため大きな違いが生まれています。

①国内バイナリーオプションの場合
国内バイナリーオプション業者の場合は、エントリーから判定時刻までは最短2時間という設定になっています。

ただし、途中からでも購入することができるため、判定時刻の最短1分前まで購入ができます。
しかしながら、1分前とか2分前に購入すると現在レートと判定レートの差がごくわずかとなってしまうため、予想が当たったとしてもペイアウト倍率は1.01倍程度にしかなりません。

また、エントリーから判定時刻まで最短2時間ということは、最大でも1日12回程度しか取引できないという取引回数の制限があります。

②海外バイナリーオプションの場合
海外バイナリーオプション業者によりますが、判定までの時間は【30秒、60秒、1分、2分、3分、5分、15分、1時間、2時間】という設定が可能です。

判定までの時間が短い方がペイアウト倍率は小さくなりますが、それでも1.6倍~1.8倍あります。

また判定までの時間は短い方が予想をしやすく勝ちやすいというメリットがあります。

さらに、いつでも購入が可能ですので、予想しやすいタイミングで購入することができ、取引回数もかなり多くすることができます。


4.出金にかかる時間の違い

国内と海外のバイナリーオプション業者の違いとして問題視されている事の1つに出金拒否があります。
国内の業者の方が安心と言われていますが、海外業者にも出金トラブルがなく安心して取引ができる業者もあります。

①国内バイナリーオプションの場合
国内バイナリーオプション業者に出金申請した場合、遅くとも翌々日には振り込まれます。
さらに、国内バイナリーオプション業者だと出金時の手数料はとても安いため、引き出したい時に気軽に手続きを行うことができます。
また、手数料無料というケースも多く利用者にとっては嬉しい限りです。

②海外バイナリーオプションの場合
海外バイナリーオプション業者に出金申請した場合は、入金先の日本国内銀行との媒介となる銀行が海外なので、それだけ出金手続きに時間がかかります。

それに、海外から国内の銀行に送金が行われる際に手数料がかかり、さらに出金時に高額な手数料も発生します。
1回出金を行うだけで最低でも2000円、高いと4000円程度のお金がかかる場合もあります。

ただ、海外のバイナリーオプション業者の中には1回または2回まで手数料無料という業者もあります。


5.副業でバイナリーオプションするならどちらの業者?

国内と海外のバイナリーオプション業者を比較してみましたが、いかがでしょうか?

国内バイナリーオプション業者は信託保全などもしっかりしており安心して利用できるというメリットがある一方で、取引時間が決まっていますので副業で取り組むには不利かもしれません。

一方、海外バイナリーオプション業者の場合は相場が「ハイ」か「ロー」のどちらに動くのかを予想する二択なので、副業としてバイナリーオプションに取り組む初心者にとっても分かりやすいといえるでしょう。

また取引時間も30秒~15分など幅広い時間帯を選べるので、本業が終わった後の時間や空いた時間に副業として行いやすいのは海外のバイナリーオプションですね。

海外バイナリーオプション業者の中にも信託保全がしっかりしている業者もあるので、海外バイナリーオプションのルールで信託保全のしっかりした業者を選ぶことをおススメします。

このページのトップヘ