ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

タグ:副業

読売新聞の医療・健康・介護サイト「ヨミドクター」で、
若年性認知症とお金の関係について、
体験記事が掲載されていました。

改めて若年性認知症について調べると、
私の年齢だと、いつ発症してもおかしくない、
とわかりました。

そこで今回は、
特に40代の方には他人事ではない、
若年性認知症のリスクについてお伝えします。


1.若年性認知症とは

若年性認知症とは、
40歳から64歳に発症した初老期認知症に、
18歳から39歳までに発症した
若年期認知症を加えた認知症の総称です。

厚生労働省の調査によると、
平成21年度時点で、
全国における65歳未満の
若年性認知症者数は3.8万人と推計されています。

推定発症年齢の平均は41歳〜61歳で、
40代から60代前半で、
特に発症する可能性が高いとされています。

つまり両親の介護をしている人でも、
認知症になる可能性があるのです。

私も40代ですし、
私にも妻にも、高齢の親がいます。

幸いにも、今のところは元気ですが、
いつ介護が必要になるかはかりません。

2.大黒柱が53歳で認知症に

読売新聞の「ヨミドクター」で、
私が読んだ記事のあらすじをお伝えします。

記事を書いた女性は、
エッセイストの岡崎杏里さんです。

岡崎さんのお父さんが、
認知症の原因となる
脳出血を起こしたのは53歳のときでした。

岡崎さんは当時23歳で、
大学を出て社会人1年目でした。

岡崎さんの実家は自営業で、
お父さんは、従業員を抱える経営者でした。

「認知症」と診断を受けたからといって、
すぐに何もかもわからなくなるという事は無いので、

お父さんはしばらくは、
周りのサポートを受けながら仕事を続けていました。

ですが、徐々に症状は進行していき、
次第にちぐはぐな言動が目立つようになりました。

不安を感じたお客さんが離れていき、
徐々に事業を続けることが難しくなっていきました。

お父さんが必死に築き上げた事業を
終わりにしてしまうことは、
岡崎さんや家族にとっても、
とても悔しいことでした。

それでも、事業の継続に限界を感じて、
最終的に廃業することなりました。

『大黒柱が53歳で認知症に!「穏やかな介護」は、お金次第?』より

私も本業で職人の自営業をしていますし、
1人の父親として、
他人事とは思えずに読みました。

3.若いから安心とは言えない現実

岡崎杏里さんのコラムは、
Yahoo!ニュースでも取り上げられていて、
私と同様の気持ちで読んだ方から、
下記のコメントが寄せられていました。

会社の隣の席の人が、
若年性認知症と分かるまでの行動を、
思い出すと今でも悲しくなります。

この記事、衝撃が大きすぎる。
今は、まだ受け止められない。

働き盛りの人が若年性痴ほう症になると
子供の大学などの進学は厳しくなる
50代で病気で入院する人も少なくない
若い頃から晩婚化のリスクをもっと知っておいた方がいい

若年性認知症に限らず、
ガンや、脳梗塞・脳卒中、
心筋梗塞などの心疾患など、

実は、20代や30代でも、
発症する可能性があります。

有名人のガンのニュースはよく聞きますが、
若い人が発症したからといって、
決して珍しいとか他人事と思わずに、

自分もいつ発症するかわらない、
という心構えが必要だと、
改めて感じました。

4.穏やかな介護に必要なもの

岡崎杏里さんのお父さんが、
若年性認知症を発症したというコラムでは、

いざという時に必要なのは、
やはり「お金」であると、
実感を込めて伝えています。

特に一家の大黒柱に万が一の事が起こると、
収入が激減し、家族の人生まで
変わってしまうことがあります。

そして、「穏やかな介護」になくてはならない
「心の余裕」まで失ってしまった事を伝えています。

民間の「介護保険」や「認知症保険」はあっても、
公的なサポートは十分とはとてもいえません。

健康保険の傷病手当金が支払われるのは最長で1年半だし、
障害年金は障害が重くないと受けられないうえ、
それだけで一家が暮らせるような
金額にはならない場合が多いと聞きます。

その他の支援といえば、
生活保護くらい……
というのが実情なのです。

介護保険で介護サービスを受けることができるとしても、
費用の一部は自己負担です。

いつまで続くかわからない
介護にかかるお金がとにかく心配でした。

私は何もできない自分へのいらだちから、
母は貯蓄の残高が減っていく現実に、
心の余裕を失っていきました。

将来を悲観したり、
家族間でお金に関する愚痴も増え、
父と口論になることもありました。

先日、日本の金融庁が、
「人生100年時代において、年金だけでは足りない」
と警鐘を鳴らしました。

さらに、
報告書が足りないといった金額には、
介護費用や老人ホームなどの
特別な支出は考慮されていません。

政府は火消しに躍起ですが、
年金だけで安心して豊かな人生を生きていけない、
という事は確実だと言えます。

5.私の場合

「若いから大丈夫」とか、
「何とかなるはず」、
などど楽観して日々を送っていると、
悲惨な将来が待っていると思います。

私の場合、
数年前に椎間板ヘルニアを発症して、
数ヵ月ほぼ寝たきりになりました。

突然の出来事でした。

子供はまだ2歳でしたから、
これからますますお金は必要になってきます。

私は、職人としての自営業だけを
続けるリスクを感じて、
忙しい自営業者でも出来る副業を探しました。

何度も騙されてお金を失いましたが、
それでも将来の不安は増す一方でしたので、
諦めずに探し続けました。

お金が無いときは、
派遣のバイトをしたりして、
何とか作りました。

私は40代ですから、
バイトに行くと周りは若い人ばかりと思っていたら、
意外と同年代が多い事に驚いたものです。

時間が無くても、何とか作りました。

ここ数年、ほとんどテレビは見ていません。

そうして、
将来の安心を勝ち取ることだけを目指して、
ここ数年は、本業と副業の為に、
時間とお金をかけてきました。

自営業だから忙しい、時間がない、
と自分に言い訳をして、

「楽に、簡単に、すぐに稼げる」
という商材に飛びついていた時は、
全く稼ぐことはできませんでした。

そうしてお金を失い続けたので、
次に「タダで、無料で稼げる」
という商材に飛びつきましたが、
結局はさらにお金を失いました。

時間もお金もない、という理由は、
自分に対する甘えだったと思います。

本当に自分には時間が無いのか?
無意味な時間を過ごしていないのか?
一時の満足を得たいだけじゃないのか?

本当にお金が無いのか?
本当に稼ぐ方法は無いのか?
本当に日雇いバイトも出来ないのか?
ただ、やりたくないだけじゃないのか?

本気で稼ぎたいのか?

と自分に確認しました。

本気になったから、
派遣のバイトだってやりましたし、
テレビを見るのをやめて、
時にはご飯を食べながら仕事をしました。

人生の中で、
あの時は必死だった、
だから今がある、
と言える時期は必要だと思います。

そんな時期も無く、
人生の最後に、
俺の人生は何だったんだ?
とは思いたくありません。

消費税の増税まで、
あと3ヶ月を切りました。

先日は、ここ鹿児島でも、
災害級の豪雨がありましたが、

全国どこに住んでいても、
いつ地震や水害などの天災で、
被災するかは分かりません。

そして、いつ、自分や家族が、
重い病気を発症するかわかりません。

将来への備えに、
どうしてもお金は必要です。

お金さえあればいい、
というものではありませんが、
やはり無いと困るのがお金です。

収入は待っているだけでは大きく増えません。

収入を増やすたの行動が必要です。

それも、“本気”の行動だと、
私はしみじみと思うのです。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

こんにちは、ヒデカズです。


山田洋介 氏の「ミリオンズプロジェクト(Millions Project)」について、
年収1000万円を稼げないと言える理由を暴露します。


【目次】
1.誰でも年収1000万円を稼げるわけではないと言える理由
2.私が過去に体験した類似の誇大広告のプロジェクトの結末
3.ミリオンズプロジェクトの広告文のカラクリ
4.楽して簡単に稼ぐために必要な考え方


1.誰でも年収1000万円を稼げるわけではないと言える理由

山田洋介 氏の「ミリオンズプロジェクト(Millions Project)」の、
メールアドレスを登録するページ(LP)には、


“1日数十分の空いた時間にパソコン・スマホをポチッとするだけで
 年収1000万円プレイヤー続出!!!”と大きく表示されています。


この広告文を見て、
『楽して簡単に、年収1000万円を稼ぐことが出来る副業だ!』
と期待している人も多いと思います。


ですが、1日数十分の空いた時間に作業を行うだけで稼げる、
という状態に初めからなっているとは言っていません。


山田 氏のミリオンズプロジェクトに期待している人の多くは、
簡単な作業だけで稼げるシステムを山田 氏が用意していて、


そのシステムさえ手に入れば、簡単に稼ぐことが出来る、
と期待していると思います。


ですが、“いつから”稼げるとは明記していないのですから、
そのシステムですぐに稼げないかもしれません。


もしかしたら、そんなシステムを手に入れたり、
そんなシステムを使用できるようになるまでに、
ある程度の時間や日数や、かなりの労力が必要かもしれないのです。


2.私が過去に体験した類似の誇大広告のプロジェクトの結末

実は私も過去に、山田洋介 氏の「ミリオンズプロジェクト」と同様の広告に、
魅力を感じて期待して、ある転売系のプロジェクトに、
高額の参加費用を支払って参加したことがありました。


私が過去に参加したプロジェクトでも、
“1日数十分の空いた時間に作業を行うだけで、年収数千万円を稼げる、”
という誇大広告が表示されていたのです。


大金を支払って参加してから判明したのは、
1日数十分の空いた時間に作業を行うだけで稼げる、
という状態にするまでには、


かなりの時間と多くの作業とある程度の出費が必要だったのです。


それでも私は、そのプロジェクトで最終的に、
楽して簡単に稼げるようになりたかったのと、


転売という副業には、他の数あるネットビジネスの中でも、
いちばん可能性を感じていましたので、


約3ヶ月の時間と、かなりの労力と、約10万円ほどの出費をして、
1日数十分の空いた時間に作業を行うだけで稼げる、という状態にして、
なんとかシステムを稼働させました。


システムのカラクリについては、詳しく書くと長くなるので、
ここでは書きませんが、


かなりの時間と多くの作業とある程度の出費をして、
ようやく年収数千万円を稼げるというシステムを稼働させたのに、


その後の3ヶ月で、その転売システムが売ったのはたった2品だけで、
売り上げは、わずか1万5千円ほどでした。


おまけにシステム利用料が毎月2万円~3万円必要でしたので、
毎月が完全に赤字だったのです。


それでも、元々転売のノウハウを持っている人や、
転売で稼ぐスキルやセンスを持っている人の中には、
月に数十万円の売り上げを上げたことがある人もいたようですが、


そういう人たちは、システムに頼りきりになっていたのではなく、
自分で稼ぎだしていたのです。


そこで私は、システムに頼りきりではいつまで経っても稼げないし、
毎月のシステム利用料が発生するばかりで、
赤字を積み重ねるだけだ、と気が付いて、
参加して半年ほど経ってからそのプロジェクトを退会したのです。


3.ミリオンズプロジェクトの広告文のカラクリ

山田洋介 氏は「ミリオンズプロジェクト(Millions Project)」について、
“初期費用0、スキル0、経験0、労力0で、
誰でも、簡単に、長期的に、在宅で稼げる”
と言っています。


過去の情報商材のプロジェクトでは、
“初期費用0”を謳ったものはいくつもありましたが、
ほとんどが高額の参加費用は必要でしたし、
最初から最後まで、一切お金が発生しないことはありませんでした。


新しい副業を始めるのならスキル0や経験0は当然ですし、
労力0というのは、『一日数十分の作業』が必要である、
と言っているので矛盾しています。


そして、誰でも簡単に稼げる、と言っているのは、
ただ、稼げる“可能性”があると言っているだけ、
と考えられるのです。


稼げる可能性があるということならば、
稼げない可能性もあるということです。


さらには、“いつから”稼げる、
とは明記していない点に注意する必要があるのです。


もしかしたら、私が過去に体験した、
誇大広告の転売ビジネスのプロジェクトのように、


時間とお金をいくらでも賭けて、
さらにはたくさんの時間をかけて学び、実践を繰り返して、
諦めずにやり続ける事ことが出来るのなら、


いつの日か、年収1000万円を達成する可能性もある、
と言っていると考えられるのです。


4.楽して簡単に稼ぐために必要な考え方

山田洋介 氏の「ミリオンズプロジェクト」のように、
ネットビジネスの業界において、
“楽して簡単に誰でも稼げる”と参加をすすめるプロジェクトは、
過去にも何度も何度も登場してきました。


そんな夢のような副業が存在するのではないか、
と期待したい気持ちは私もよくわかります。


もしそんな副業が存在するなら、例え数十万円という高額の参加費でも、
得られるリターンを考えると支払う価値があると思っています。


実際に私も、ネットビジネスの業界にそんな希望を抱きながら、
過去に何度も様々な種類の情報商材のプロジェクトに参加してきました。


ですが、どんなネットビジネスでも、結局ネットの向こうにいる相手は人間ですから、
ビジネスの基本はネットでもアナログでも同じであることに気づきました。


つまり、どんなビジネスであっても、稼げるようになるには、
最低限の学びと、最低限の実践が必要だったのです。


そして、そうやって身に付けた「稼ぐ力」を、
さらに時間や労力をかけて伸ばしていくことができれば、


徐々に楽して簡単に稼ぐことができるように、
システム化をすることも可能になるのです。


実際に私は今、1年以上前から実践中の今の副業で、
そんな状態にするように動いているところです。


過去に数々の情報商材のプロジェクトで詐欺にあい、
騙され続けてきた私が、稼げるようになったのは、


ビジネスの本質に気づき、“本物”の地に足が着いたビジネスに、
本気になって真面目に取り組み続けてきたおかげです。



ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年4ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓


【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
派遣のアルバイトをやってみて感じた備えることの大切さ
自営業の私が始めた副業が、本業に与えた意外な効果とは
私が考える本当の人生のリスクと副業のリスク
私が福耳の会を1年間続けてきた生体験を告白します
消費税増税! 10%どころか、さらに増税されると言える理由



【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠
情報商材の詐欺ニュース 「写真を選ぶだけ」で被害者続出のワケ
情報商材のプロジェクトの“誰でも稼げる”のカラクリを暴露
与沢翼が情報商材の実態を暴露!ネットビジネス業界が焦る内容とは



「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

私の本業は職人としてアナログの自営業を行っていますが、
年度末という事もあり、今夜は夜も仕事をしていました。

私は仕事をしながらネットで情報収集をする事が多いのですが、
Youtubeを流しながら仕事をしていたら、
かつては「ネットビジネスの帝王」とも呼ばれていた、
与沢翼 氏の声が聴こえてきました。

私は与沢翼 氏が販売した情報商材を購入したことはありませんが、
与沢 氏のかつての仲間や弟子たちが販売した情報商材で、
何度も悔しい思いをしてきました。

ですので、以前は与沢 氏のことを嫌っていました。

ただ、ここ数年の与沢 氏は日本のネットビジネス業界とは距離を置いて、
現在はドバイに移住して、実業家や、投資家として活動していて、
たまに聞く、与沢 氏の発言はとても興味深いと思っていました。

そんな与沢翼 氏が情報商材について、核心を突いた言葉を言っていたので、
私は、これを聞けば詐欺商材に騙される人が1人でも減るだろうと思い、
仕事が終わってからではありますが、その内容を書こうと思います。

【目次】
1.与沢翼という人物について
2.ネットビジネスの帝王だった与沢翼が詐欺師と評された理由
3.ネットの情報商材に詐欺案件が多い理由
4.ネットビジネス業界の実態を暴いた与沢翼の発言
5.ネットビジネスの必要性と稼ぐための考え方

1.与沢翼という人物について

与沢翼 氏の情報商材についての発言を紹介する前に、
与沢 氏について簡単に紹介しておきます。

1982年に埼玉県で生まれた与沢 氏は、
中学時代から地元の不良グループに入り、高校は3日で退学しました。
18歳の時逮捕を経験したことで改心し、
わずか9ヶ月の猛勉強で早稲田大学に進学をします。

大学3年でアパレル会社を起業し、
年商10億円の企業に成長させましたがその後倒産。

2010年にはアフィリエイト会社を立ち上げてネットビジネスに参入。
与沢塾」といったセミナービジネス設立などを考案し、
億単位の売り上げを達成していました。

当時、与沢 氏は自身を「ネオヒルズ族」と称し、年収12億で、
住居はミッドタウン最上階で家賃250万円。
愛車は7000万円のロールスロイス、4,000万円のフェラーリと、
4000万円のベントレーでした。

そんな与沢翼 氏は「時代の寵児」「ネットビジネスの帝王」
などと呼ばれるようになり、テレビや雑誌などで度々登場しました。

ところが2014年4月26日、自身のフェイスブックとブログで、
「経営危機のご報告」と題したエントリーを投稿し、
税金の滞納により会社が経営破綻寸前になっていることを告白しました。

その後、同年12月にシンガポールに移住し、
2016年には結婚し、ドバイに移住し、子供にも恵まれています。

現在も、たまに自身のコミュニティへの参加者募集を行っているようですが、
よくある情報商材の販売手法を使うことも無く、
ネットビジネスよりも、主に投資家としての側面が強いようです。

2.ネットビジネスの帝王だった与沢翼が詐欺師と評された理由

かつてネットビジネスの帝王と呼ばれた与沢翼 氏ですが、
そのビジネスの手法や内容から“詐欺師”と呼ばれることもありましたので、
その理由をお伝えします。

①情報弱者に訴えかける誇大広告

「無料で○万円相当の情報をプレゼント」と謳いメールアドレスを収集し、
「与沢塾」と称したアフェリエイトビジネスの情報商材を、
高額塾として売りつけるのが手口でした。

“10万円が1億円になった方法”などと煽って、
言葉巧みに情報弱者達を参加させてきました。

②情報商材という商品の特性

与沢 氏が販売したのは「お金持ちになる情報」でした。
情報という特性上、返品や返金には応じられない、
つまりクーリングオフの対象外でした。

クーリングオフとは、購入した商品などが詐欺だと感じた場合、
決められた一定期間内であれば、書面によって申込みの撤回、
または契約を解除できるという法制度です。

ただし情報商材は通信販売に該当し、
購入者に購入を検討する充分な時間があると考えられるため、
クーリングオフは適用されないのです。

③与沢塾のビジネスシステム

高額塾である『与沢塾』に参加すると、与沢 氏からは、
「フェイスブックを利用して友達5000人を作れ」とか、
「自分でアフィリエイトセンターを運営せよ」など、
与沢翼 氏だからこそできた、という内容ばかりを指示されました。

④サポートが無い

『与沢塾』は、一方的に情報を提供するだけで、
サポートなどは一切ありませんでした。

参加前には、「誰でもできる」「保証する」と言っていましたが、
実際に参加者が稼げないと、
「実現できないのは、提供した情報をやらないあなたが悪い。」
といった対応でした。

もちろん、やれることをやらなかったら参加者が悪いと言えますが、
与沢 氏だからやれたようなことを、
誰でもできる、と言って参加者を集めたので、
稼げなかった参加者たちは、与沢 氏を詐欺師だと言うようになったのです。

3.ネットの情報商材に詐欺案件が多い理由

与沢翼 氏がかつて詐欺師と呼ばれた情報商材の販売手法は、
現在も毎日のように、様々な人から仕掛けられています。

その販売手法が今もほとんど変わらない理由は、
現在のネットビジネス業界の大御所と言われる人たちは、
かつて与沢翼 氏と業界の仲間であったり、
ビジネスパートナーであったりした人達がほとんどだからです。

ですので、当時と同じほぼ変わらない販売手法を、
現在も相変わらず続けていて、

かつての与沢 氏の弟子や、現在の業界の大御所たちの弟子たちも、
同じ手法を繰り返しているのです。

つまり、今も色んな人から毎日のように仕掛けられている、
様々な情報商材のプロジェクトは、

かつて、与沢翼 氏が販売した情報商材の手法や中身と、
あまり変わらないと言えるのです。

先ほどお伝えした、詐欺的な販売手法が今も続いている、
という事なのです。

4.ネットビジネス業界の実態を暴いた与沢翼の発言

詐欺的な販売手法が続いているネットビジネスの業界について、
かつて「ネットビジネスの帝王」とも呼ばれた与沢翼 氏が、
下記の発言をYoutubeで行っていました。

世の中には魔法のような公式とかシステムとか、
そういうものがあるって思ってる人、
この人たちは絶対に今後もうまくいかないです。もう断言します。

見てて一発でこういう人たちってわかるんですよ。

あの稼げるシステム、とかって言うとそっちに行っちゃったりして、
あとは自分がそのマーケットのことを予測できないけど、
世の中にはどこかにマーケット正しく予測できる人がいる、
って信じ切っちゃってるんですけど。

もう宗教の信仰状態なんです
そういう人も投資では勝てないですね。ビジネスもうまくいかないです。

将来のことはわかんないっていうのは、
莫大な財産を稼いだ人たちが共通して言っていることなんですよ。

今日からそういうどこかに神様な人がいるって思うこと自体は、
本当に封印した方がいいです。本当にです。

そしてそれに関連してるところで、そういったシステムとかですね。
何かのテクニカルの理論とか 、なに勉強しろとかね。

そうなる時とならない時がある。
なる時とならない時があるんだったらもはや意味がないんですよ。

自分が学んだ理論に典型的な何かサインが出てるというところで、
全部のお金をかけるとかね。
それがすごく愚かだっていうこと。こう人たちは上手くいかない。

ビジネスとかでも、何かのものに加入さえすれば稼げるとか、
自動的にエレベーターで、みたいな話がありますけど、

そういうのは絶対ないので。
絶対ないです。絶対です。絶対です。絶対です。
本当に100億かけていいっていうくらい絶対ないです。

それぐらいなのに分かってないんですね、そのことに。

だからわかってないことをわかってないから、
そういうところにどんどん行っちゃうんだろうなって思うんですけど。

本当に目を覚ましたほうがいいですよ。
システムでビジネスが稼げるとか、あるいはそのトレードに関しても 、
AI だけで行けるとか。

これからAIが出てくるから勉強する必要ないんじゃないかとか、
そういう人がいますけど、本当に馬鹿の極みだと思いますよ。

これははっきり言わせてもらいます、遠慮なく。

そういうので全ての相場を解析できるシステムとかAIとかコンピュータないですから。

そもそも最初にそういう信仰みたいな。
あのね例えば宗教的なものを相場とかに持ち込む人もね、みんな負けてますよ。

システム信仰とか、予言者がどっかにいるとか、
魔法のようなものとか、テクニカルとか、
技術とか知識を誰かが生み出して、それを聞きさえすれば、

自分は成功できるって思っていたりとか、
自分自身がこうなるって思い込むとか、
本当にこれがバカの典型というか極みです。

一生忘れた方がいいです。
どんなビジネスにあってもそんな、これを導入すればとかね。
システムを買えばとか、このチームに入ればとか、
そんなのないんですからもう目を覚ました方がいいです。

はっきりこれだけは言っておきます。

「投資で勝てない人の致命的欠陥」より抜粋
https://youtu.be/fEgYn7kwk30

ネットビジネスの隅々まで知っていて、投資家としても成功している与沢翼 氏です。
ネットビジネスも投資も、その知識と経験の豊富さについては、
誰もが認めざるを得ないと思います。

ですので与沢 氏のこの言葉は、ビジネスと投資の本質をついている、
と言えるのではないでしょうか。

5.ネットビジネスの必要性と稼ぐための考え方

勘違いしないでいただきたいのですが、
ネットビジネスには大きな可能性があります。

先日、ソフトバンクのネットワーク回線がつながらなくなった際には、
たった数時間の出来事だったのに、大きな混乱を引き起こしました。

つまり、インターネットは社会や生活に完全に根付いています。

その一方で、ホテルの受付やスーパーのレジなど、
従来のアナログな仕事はどんどん無人化が進んでいます。

今後もその流れは加速していきますから、
インターネットを利用したビジネスで稼ぐ力をつけておくことは、
もはや必須のスキルとも言ってよいくらいだと思います。

ネットビジネスに対して、怪しいとか詐欺ではないか、と連想させるのは、
ネットに蔓延している詐欺商材が大々的な紹介活動をしているので、
その誇大広告に騙される人が後を絶たないからです。

与沢翼 氏も、先ほど紹介した言葉の前には、お金を稼ぐためにまず必要なのは、
「自分が知らないことを知ること」だと言っています。

一番マズいのは、自分が何を分かっていないか、
ということを分かってすらいない人であって、

ビジネスやるにせよ、副業をやるにせよ
自分がそれを分かってないっていうことをまず自覚していないので、
本当に無茶苦茶なことをやるので、ほとんどその下で富を失う、
とも言っています。

私がかつて、数々の情報商材のプロジェクトにお金を払い続けて、
全く稼げなかったのに、また新たなプロジェクトに期待してしまっていた時には、

副業について、ネットビジネスについて、情報商材について、
何も分かっていませんでしたし、
まさに何をわかっていないかも分かっていませんでした。

なので、誇大広告や販売者が言う言葉を疑いもなく信じ、期待し、
希望をもってお金を払って参加し、そしてお金を失ってきました。

ネットビジネスでお金を稼ぎたいなら、まずは自分は何も知らない、
という事を自覚することから始めることが必要です。

与沢 氏も音声の中で、
その物事に関する見識を持っていないんだということを自覚している人、
これはすごく成長する可能性があります。

これは全ての成功する人が必ず通らなきゃいけない最初のスタート地点
と言っています。

私は1年以上前から実践している今の副業に出会って、
本当に自分が何もわかっていなかったという事に気づくことが出来ました。

そして、学び、実践していく中で、徐々に結果を出すことができ、
今では稼ぐ力を身に付けることができています。

稼ぐ力が付くと、さらに上の可能性が見えてきました。

来年早々には、次の段階にステップアップするので、
そのための準備もしています。

私が副業で実践しているネットビジネスで、
稼ぐ力を身に付けたい方はヒデカズまでご連絡ください。

【参考記事】
ネットビジネスで稼ぐために知っておくべき情報商材の実態
副業の必要性を感じた私の体験
私のプライベートな日記

ヒデカズの副業 ※実践して1年3ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは、ヒデカズです。


元マラソン日本代表だった原裕美子さんが、
2度目の万引きをして有罪判決を言い渡されました。


その後の会見で、原さんは自らの万引きについて語り涙の謝罪をしました。


私は原さんが会見で語った “早く楽になりたかった”という言葉を聞いて、
自分も過去に同じ気持ちで失敗を繰り返したことがあったので、
思わず感情移入してしまいました。


そこで、私が原裕美子さんの涙の謝罪会見を見て感じた事と、
私の過去の失敗が、ネットビジネスを探す誰かの役に立つと思いますので、
書いてみたいと思います。


【目次】
1.元マラソン日本代表が万引きで涙の謝罪のワケ 
2.私が感情移入した原因を作った過去を暴露
3.犯罪者になりそうだった私を思いとどまらせたもの
4.私が地獄から抜け出すことが出来たきっかけ
5.原裕美子さんの今後に期待すること


1.元マラソン日本代表が万引きで涙の謝罪のワケ 

原裕美子さんは、2005年の名古屋国際マラソンで優勝し、
世界選手権でも6位入賞を果たすほど、日本を代表するマラソンランナーでした。


そんな輝かしい経歴を持つ原さんは、
2017年に万引き事件を起こし有罪が確定しました。


ところが、その執行猶予中の2018年2月に再び万引きをしてしまいました。


当時財布には2万円以上入っていて、預金も1000万円以上あったのに、
万引きしたのは、キャンディーなどおよそ380円分相当だったそうです。


原さんは会見で、万引きの原因について、
マラソンのトップアスリートとしてのプレッシャーや、
厳しい体重制限から、摂食障害などに悩み、


ある日コンビニに入った際に、
『これを盗ったら捕まる。捕まったら、この苦しみから解放される…』
『早く楽になりたい…こんな苦しい生活から離れたい…』
と思うようになり、万引きを繰り返すようになったと明かしました。


つまり原因は、慢性的な極度のストレスからくる、
窃盗症(クレプトマニア)という病気だったのです。


2.私が感情移入した原因を作った過去を暴露

私は原さんが会見で涙ながらに語った、
『早く楽になりたい…こんな苦しい生活から離れたい…』
という言葉を聞いて、つい数年前の私にも、
こんな思いをしていた時期が長くあったことを思い出しました。


私の場合は、アナログの自営業の収入が不安定だったこともあり、
約3年前に副業をネットで探し始めました。


そして、泉忠司氏が販売した「仮想通貨バイブル」の購入が、
その後の長く苦しい生活の始まりだったのです。


「仮想通貨バイブル」を購入した当時はまだ生活に余裕があったのですが、
その後に追加費用50万円を払って高額のコースに参加して、
さらに次々と泉忠司氏が紹介した海外の投資案件に計数十万円を投資しました。


当時の私は、情報商材やネットビジネスに対しての知識が全く無かったので、
その巧妙な販売手法やカラクリなどについて全く気が付きませんでした。


ですので、泉忠司氏の「仮想通貨バイブル」を購入してから、
数ヶ月経っても1円も稼げていないのに、


いや、稼げていないどころか、紹介された投資案件が次々と飛んで行ったので、
損失だけが膨らんでいったのに、


相変わらず泉忠司氏が紹介してきた、他のネットビジネス仲間のプロジェクトにも、
高額の参加費を払って参加したのです。


実は、飛んで行った海外の投資案件には、
リスクが無い、という言葉を信じて、借金をして投資していました。


それなのに、借金だけが残ったので、取り返すために、
新たな借金をして、新たな情報商材のプロジェクトに参加したのでした。


ですが、泉忠司氏と同じネットビジネス業界の仲間が販売する、
情報商材のプロジェクトですから、
もちろん、稼げるはずもありませんでした。


つまり、借金だけがどんどん膨らんでいるのに、
返すだけの収入は全く稼げなかったのです。


借金を返すために、新たな借金をし、
おまとめローンを組んだりして、
苦しい苦しい借金地獄に気が付けばハマっていました。


そんな時の気持ちが、
今回元マラソン日本代表だった原裕美子さんが謝罪会見で話した、
『早く楽になりたい…こんな苦しい生活から離れたい…』でした。


3.犯罪者になりそうだった私を思いとどまらせたもの

借金地獄にハマっていた私は、
ようやく情報商材のプロジェクトの罠に気が付き始め、
それまで信じていた泉忠司氏との縁を切りました。


それでも、借金地獄の状況は変わりませんから、
どうにか新たな収入源を見つける必要がありました。


インターネットを探せばどこかに“本物”があるはずだ、
と信じていたのですが、


次々とメールやLINEで勝手に紹介してくるプロジェクトが気になり、
プロジェクトを見て期待してしまったものには、
また新たな借金をして参加してしまいました。


ですが、やはりそんな情報商材のプロジェクトで稼げるものはありませんでした。


そうなると、もう希望が見えなくなり、
本業のアナログの自営業のモチベーションも下がり、
月末が来るたびに資金繰りに追われていました。


『早く楽になりたい…こんな苦しい生活から離れたい…』
と何度も思っていた私は、


銀行強盗でもして、犯罪者にでもなれば取り立てはされないだろうし、
捕まらなければ、借金を返済できるから楽になる、
と何度も思ったことがありました。


それでも踏みとどまれたのは、大切な家族がいたからであり、
かわいい子供の将来を考えたからです。


犯罪者の子供にだけは、したくありませんでした。


4.私が地獄から抜け出すことが出来たきっかけ

家族や子供の事を思って、犯罪者になる寸前で思い止まれた私は、
“ちゃんと仕事をしよう”と思いました。


ですが、もちろん本業の仕事1本だけでは、
いつまで経っても借金は減りませんので、
何か副業による収入は必要でした。


そこで副業探しについても、
“ちゃんとまともに、少しでも着実に稼げる、堅実なビジネスを探そう”
と気持ちを切り替えました。


それまでの私は「一気に人生を逆転したい」とか、
「一攫千金で家族にいい思いをさせたい」とか、
「億万長者になって妻に良いものを買ってあげたい」
という考えに固執していました。


それしか、地獄を抜け出す方法は無いと本気で思っていましたが、
そんな荒唐無稽な夢を持ち続ける事がバカらしくなったのです。


現実を見ると、まずは、月に10万円でも副収入があれば、
それだけでも生活がずいぶん楽になる。


さらにその10万円が、20万円、30万円と
徐々にでも増やしていけたら、
それだけでも結構いい生活が出来るじゃないか、
と思うようになりました。


そんな時に出会ったのが1年3カ月前に出会った、
今の副業だったのです。


その副業を1年3カ月過ぎた今でも、
ずっと実践し続けています。


おかげで、借金はまだ残っていますが、
アリ地獄だったあの時の状態が悪夢のようになっています。


返済をした残りの副収入を使って、
妻や子供と小さな旅行をしたり、たまに外食に行ったりするだけでも、
大きな幸せを感じることが出来ています。


「一攫千金」とか「生活を大逆転」とか「億万長者」などという、
情報商材のプロジェクトの誇大広告にその気になって踊らされずに、


肩の力を抜いて、まずは堅実な一歩を積み重ねよう、
と考えるようになったのが、私を地獄から救ったのです。


5.原裕美子さんの今後に期待すること

今回、元マラソン日本代表の原裕美子さんに有罪判決が出ましたが、
執行猶予中の再犯だったのに、今回も執行猶予が付きました。


原さんの場合は、窃盗症という病気ですので、
そう簡単にはいかないと思いますが、


気持ちや考え方を切り替えるだけで、
状況が一変するという事はよくあることです。


判決の際に裁判官は、自分も市民ランナーだと話し、
「あなたとは当然レベルが違いますが世界選手権で優勝するなど
本当に並はずれた才能があって努力する才能もあると思います
その努力の才能を使って、それをしないことを実現してもらえることを期待します。」

「世界で活躍したあなたには努力できる才能があるはず。
マラソンとは違う領域ですが、同じような患者に努力する姿を見せてください」
と語りかけたそうです。


人間、肩の力を抜いた時に、
素晴らしいパフォーマンスを発揮出来たりすることが良くあります。


原さんが過去の輝かしい実績を重荷に感じずに、
逆にその実績を自信に思って、
困難を克服し、更に誰かの役に立てるような、
素敵な女性になって欲しいと思っています。


【プライベート 関連記事】
岩崎恭子さん不倫報道を見て思う情報発信の在り方
DA PUMP「U.S.A」の日本レコード大賞入選に思う評価のあり方


【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
派遣のアルバイトをやってみて感じた備えることの大切さ
自営業の私が始めた副業が、本業に与えた意外な効果とは
私が考える本当の人生のリスクと副業のリスク
私が福耳の会を1年間続けてきた生体験を告白します
消費税増税! 10%どころか、さらに増税されると言える理由



【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠
情報商材の詐欺ニュース 「写真を選ぶだけ」で被害者続出のワケ



ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年3ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

こんにちは、ヒデカズです。


石井道明氏が仕掛ける「MAGIC(マジック)転売」について、
セミナーに参加しても稼げないと言える理由を暴露します。


【目次】
1.MAGIC(マジック)転売は稼げないと言える理由を暴露
2.セミナーのカラクリと危険性
3.転売ビジネスは再現性が低いと言える理由
4.私が副業の1つとして実践している転売とは


1.MAGIC(マジック)転売は稼げないと言える理由を暴露

石井道明氏の「MAGIC(マジック)転売」は、
北欧のAmazonで販売している商品を仕入れて、
日本のAmazonで販売する手法です。


サイトの中でも、
『日本に在庫がなく、かつ需要のある商品を根こそぎ出品する』
『アメリカにあって日本にない商品で利益1万円・2万円と毎日注文が確定』
と書かれています。


北欧のAmazonと日本のAmazonの商品点数が、
約2億と書かれていて、


さらにサイトには、同じ商品でも数万円という価格差があることを、
紹介しているので、


なるほど、アメリカで売っていて日本に売っていない商品を販売すれば、
稼げると思う人も多いと思います。


ですが、サイトで石井道明氏が公開しているのは、
北欧のAmazonで販売している商品と、
その商品が日本のAmazonで高い値段で販売されている、
という画像だけです。


それぞれのAmazonで価格差があることは本当のようですが、
重要なのは、その商品が売れているのかという点です。


例え価格差があって売れれば高利益が見込める商品があっても、
実際に日本で売れなければ意味がありません。


その証拠として石井道明氏はサイトの中で、
『実際の注文画面はこちら』として、注文履歴を公開していますが、
商品名についてはモザイク処理をしています。


これでは、北欧と日本のAmazonで価格差がある商品が本当に売れたのか、
それとも他の商品が売れた履歴なのか、
どちらとも受け取ることができます。


そもそも、北欧のAmazonで仕入れて日本で売る、という手法は、
ネットを調べてみると実践している人が多数いますから、
特別なビジネスモデルではない、という事が明らかです。


そして、すでにライバルが多くいる手法ですから、
そう簡単に稼ぐことはできないと言えます。


また、実績にモザイク処理という画像加工をしている時点で、
何か見られると都合の悪いことがあると考えられますから、
その証拠は信ぴょう性がかなり低いと判断できます。


2.セミナーのカラクリと危険性

石井道明氏の「MAGIC(マジック)転売」のサイトを見ると、
石井氏の販売実績は公開していますが、
その実績が本物の実績だとしても、


他の人も石井氏と同様に稼げる、
と確信できるものはありません。


私は過去に、実際に転売のセミナーに参加したことがありますが、
(石井道明氏のセミナーではありません)


そのセミナーでは、過去に自分がこんな商品を売った、
こんな商品でいくら稼げた、という実績を次々と紹介して、


こんな商品で、こんなに稼げるんだ、
とセミナー参加者に期待させました。


そして最後には、稼ぐためには転売のノウハウやツールが必要、
という事を紹介して、そのノウハウやツールを手に入れるには、
高額の参加費が必要になる、というカラクリです。


石井道明氏のセミナーも同様の流れになると思いますが、
いくら石井氏が稼げたという実績を紹介しても、


そして石井氏がセミナーで販売するノウハウやツールが、
どれだけ魅力的に見えても、


転売ビジネスは再現性が低いビジネスですから、
誰でも簡単には、稼げないと言えます。


次に、転売ビジネスは再現性が低いと言える理由をお伝えします。


3.転売ビジネスは再現性が低いと言える理由

先に誤解の無いようにお伝えしておきますが、
再現性が低い=稼げない、ではありません。


再現性が低い=誰でも稼げるわけでは無いが、
稼げるようになると、将来にわたって稼げる力が身に付くのです。


逆に再現性が高いビジネスは、誰でも出来るのですから、
全く稼げないか、たとえ稼げても、
一瞬で飽和して、すぐに稼げなくなります。


さて、転売ビジネスにおいて、
稼げるか稼げないかの違いは、
商品リサーチ力にかかっています。


商品リサーチ力とは、
売れる商品、稼げる商品を見つける力です。


ライバルがいなくて、自分だけが独占的に販売できて、
いくつも販売できて、それでいて高利益率の商品、
を見つけることが理想です。


そんな商品はそう滅多に見つかるものではありませんが、
どれだけその理想に近い商品を見つけられるかが、
転売ビジネスで成功するカギとなります。


理想を言えば、売れ筋商品があったら、
その商品を自分だけが独占して、
売り続ける事ができることです。


つまり、他の人が気づかない稼げる商品を見つけるリサーチ力が身につけば、
「稼げる力」が身に付いているという事ですから、


例えその商品で稼げなくなる日が来ても、
次の稼げる商品を見つけることが出来ます。


リサーチ力は簡単に身につくものではありませんから、
誰でも身につくものでは無い=再現性が低い、
という事です。


もし、稼げる商品が誰にでもすぐに簡単に見つかる、
つまり、再現性が高いとどうなるかというと、


椅子取りゲームの様に、早い者勝ちになったり、
パイの奪い合いが起こります。


誰でも仕入れる事が出来るようなものなら、
価格競争が起こって稼げなくなります。


転売ビジネスで、ツールを参加者全員で使ったり、
同じノウハウを多くの人が実践したり、
売れる商品リストなどを大人数に公開されるという事は、


再現性が高くなりますから、
お伝えしたように、稼げないと言えるのです。


4.私が副業の1つとして実践している転売とは

私は副業の1つとしてebayを使った転売もやっています。


私が販売しているのは、普通に日本で売っていて、
誰でも仕入れる事が出来る商品ですが、
ebayの中では、誰も売っていない商品です。


ただ、かなりマイナーな商品なので、
たまに売れる程度ですが、
そんな商品をいくつか見つけて出品しています。


たまにしか売れませんが、利益率は60%ありますので、
転売ビジネスでは“おいしい”商品です。


そんな商品を他の人が知れば、売れなくなったり、
価格競争が起こって利益率が下がったりします。


ですから、私が売っている商品は絶対に教えません。


それが転売ビジネスというものですから、
石井道明氏の「MAGIC(マジック)転売」セミナーに参加しても、
誰でも、すぐに稼げることはあり得ないと言えます。


転売初心者なら学ぶことはあると思いますが、
セミナーで公開できる程度のノウハウは、
ネット上に無料で公開していることがほとんどです。


転売で稼ぐために必要なのは、
ノウハウを知った後の、実践と努力です。


転売のツールというものは、
自分の作業の補助として活用する目的なら使えるツールもありますが、


ツールに全面的に頼るというのなら、
稼ぎ続ける事は不可能と言えます。


なぜなら、同じツールを複数人が使うわけですから、
同じ結果が出ることが予想されます。


そうなると、商品の奪い合いや、
価格競争が起きるのは当然の流れです。


ツールに頼って、楽して簡単に稼ぎたい、
という人はセミナーに参加しても稼げない、と言えますし、


逆に、稼ぐためには最低限の実践と努力が必要、と理解している人なら、
わざわざセミナーに足を運ばなくても、
ネット上の無料の情報でも結果を出すことが出来ると言えます。


稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


収入は「積み上げ式」に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
ヒデカズも実践しているような堅実なビジネスを、
地に足をつけて実践されることをおススメします。



【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
派遣のアルバイトをやってみて感じた備えることの大切さ
自営業の私が始めた副業が、本業に与えた意外な効果とは
私が考える本当の人生のリスクと副業のリスク
私が福耳の会を1年間続けてきた生体験を告白します
消費税増税! 10%どころか、さらに増税されると言える理由



【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠
情報商材の詐欺ニュース 「写真を選ぶだけ」で被害者続出のワケ



ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年3ヶ月経ちました!
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

このページのトップヘ