ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

タグ:暴落

こんにちは、ヒデカズです。


赤西勝人氏のシグナル配信システム「IODIS(イオディス)」と、
爆上げコインの大予言書「インフィニティファイル」について検証します。


【目次】
1.シグナル配信システムで稼げない理由を暴露
2.大預言書では稼げない理由を暴露
3.プロジェクトに参加する一番のリスクとは


1.シグナル配信システムで稼げない理由を暴露

赤西勝人氏の「IODIS(イオディス)」のサイトによると、
LINEに登録すると、2つの完全無料プレゼントがあります。


その1つが、シグナル配信システム「IODIS(イオディス)」です。


FXにおいても、売り時や買い時の配信サービスがありますが、
それの仮想通貨バージョンです。


「IODIS(イオディス)」を使う事で、
資産が5倍、10倍と増えると表示されていますが、
サイト内には証拠が全くありません。


証拠がないシステムに投資すること自体、
かなり危険なのですが、
さらに稼げないと言える理由があります。


FXの場合は、世界中の取引所によって、
オープンしている時間がそれぞれあるので、


各取引所の市場が開かれている時間を考慮した、
シグナル配信をされていますが、


仮想通貨には取引所のオープン・クローズがなく、
24時間365日世界中で取引が行われています。


つまり、24時間365日、
いつでもシグナル配信が届く可能性があります。


寝ている間や、仕事中、お風呂に入っている間や、
トイレに行っている時など、


いつ配信が来てもすぐに対応できるように、
スマホは片時も手放せません。


相場は刻一刻と動き続けていますから、
5分後に気付いていたら、完全に手遅れになっている、
という事がほとんどだと思われます。


さらに、トレードですから、
買ったら売る、売ったら買う、
という反対の売買をしなくてはいけません。


シグナル配信にすぐに気付いてエントリー出来ても、
決済のタイミングはますます見逃すことが出来ません。


決済のタイミングはいつ来るか全く予想が付きませんから、
仕事が手につかない、眠れない、といった状態になり、
とにかくスマホを気にしている必要があるのです。


2.大預言書では稼げない理由を暴露

赤西勝人氏がプレゼントする2つ目が、
仮想通貨の爆上げコインの大予言書である
「インフィニティファイル」です。


インフィニティファイルを受け取れるのは、
14日以内と書かれていますので、
おそらく14日後にLINEに配信されると思われます。


インフィニティファイルにどのような内容が書かれているのか、
現時点では確認できませんが、


サイト内の説明によると、
2018年爆発的に上昇するコインと時期が書かれているようです。


この予言書の内容に期待して投資する危険性と、
稼げないと言える理由を暴露します。


インフィニティファイルに仮想通貨の具体的な
爆上げ日が記載されている場合、


赤西勝人氏はLINE登録者に、
『インフィニティファイルによると、
〇月○日に△△と言うコインが爆上げします』
と言ってアルトコインの購入を勧めてくるはずです。


それを聞いたLINE登録者は、
期待して、そのアルトコインを買います。


マイナーなアルトコインは“草コイン”と呼ばれて、
ある程度の資金量があれば簡単に値上がりしますから、


仮に1000名が1万円分の△△コインを購入したら、
その草コインに1000万円分の“買い”が入るので、
値上がりする、というカラクリです。


“爆上げ”と書かれていますが、
インフィニティファイルの方には具体的に何倍という記載はありません。


「IODIS(イオディス)」の説明にある、
5倍とか10倍を期待するかもしれませんが、
何倍なのかは表示されていませんから、
たとえ2倍でも“爆上げ”と言うかもしれません。


そもそも一般的な投資を考えると、
資金が1.5倍になっただけでも“爆上げ”と言えます。


だからと言って、
インフィニティファイルの爆上げ予言に期待して、
予言書どおりにコインを買っても、


爆上げしてから、最初に利確するのは、
赤西勝人氏でしょうし、


その後に、コインの購入者が一斉に“売り”を行いますから、
そのコインは大暴落をします。


売り損ねた人は、暴落したコインを持ち続けるか、
購入価格よりかなりの安値で手放すしかありません。


結論を言いますと、インフィニティファイルは、
赤西勝人氏が儲けるための仕掛け、
だと考えられます。


予言に頼って資金を投資するのは、
典型的な騙されやすい人、詐欺師のターゲットにされやすい人、
だと言えます。


過去に、予言や占いなどに頼りきって、
成功した人なんて1人も存在しません。


むしろ、人生を破滅させた人ばかりです。


過去の予言者は、皆、たくさんの予言をして、
どれかが当たれば、その当たった予言ばかりを強調して、
いかに自分が優れた予言者なのかをアピールしてきました。


あのノストラダムスも、実は予言を外しまくっていますが、
いくつかの予言が当たっただけで、
世界一の大予言者になってしまっています。


赤西勝人氏は「IODIS(イオディス)」のサイトに、
『2018年9月予言』として、
5つの予言をしていますが、


“これから”とはいつ頃なのかわかりませんので、
いつかは予言通りになるのかもしれません。


3つの予言は今年や来年の予想ですが、
例え外れても、予期せぬ事態が起きた、
とでも言い訳するのが予言者の常套句です。


3.プロジェクトに参加する一番のリスクとは

赤西勝人氏の「IODIS(イオディス)」のように、
ツールを無料でプレゼントする、
という内容でLINE登録者を集めるプロジェクトが、
最近次々と仕掛けられています。


動画などでの説明もなく、本人が登場しないので、
販売者が実在する人物なのかも確認できません。


LINE登録者を集めるこれらのプロジェクトは、
どれも、具体的な実績を全く公開していません。


予言書やツールに頼って投資した結果、
大損失をしてしまってから訴えようとしても、


その人物がいなければ、訴える事ができないかもしれません。


赤西勝人氏の「IODIS(イオディス)」のサイトにある、
特定商取法に基づく表示を見ると、
販売業者として「株式会社バリューブレイン」とありますが、
赤西勝人氏の名前はありません。


会社に訴えても、赤西勝人氏は既に退職していない、
とでも言われて責任逃れをされる恐れもあります。


さらに、特定商取引に基づく表示には、

本商品に示された表現の受け止め方には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

と明記されています。


予言書やツールに頼って投資した結果、
大損失をしてしまってから訴えても、


“表現の受け止め方”が人それぞれ違う、
と言われて、必ず誰でも稼げる、
と受け止めた方が悪いとでも言われる可能性があります。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


収入は「積み上げ式」に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
ヒデカズも実践しているような堅実なビジネスを、
地に足をつけて実践されることをおススメします。



【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
派遣のアルバイトをやってみて感じた備えることの大切さ
自営業の私が始めた副業が、本業に与えた意外な効果とは
私が考える本当の人生のリスクと副業のリスク


【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠
情報商材の詐欺ニュース 「写真を選ぶだけ」で被害者続出のワケ



ヒデカズが実践している副業 ※実践して1年経ちました!
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
確認よろしくお願いします


また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

松宮義仁氏の「フリーダムライフクラブ」の内容について、
前回の検証記事で、
私は仮想通貨の自動売買と推測していましたが、


第2話で、仮想通貨のICO情報の提供が、
「フリーダムライフクラブ」の
内容である事が明かされました。


そこで改めて、プロジェクトの内容を検証します。


【目次】
1.松宮義仁氏が紹介するICOの信頼性を検証
2.フリーダムライフクラブはどう考えても無謀なプラン
3.松宮義仁氏の“焦り”を感じる発言とは


1. 松宮義仁氏が紹介するICOの信頼性を検証

松宮義仁氏は、
『仮想通貨の開発者には、
開発者しか手にすることがてきない、
決して一般には出回らない
完全非公開の極秘情報が入ってくる』


と言っています。


イーサリアムやリップルなどの開発者同士は、
裏で繋がっていると言っていますが、


松宮義仁氏がそのような開発者とも
繋がりがあるかは明言していません。


松宮義仁氏がどのような開発者と繋がっているか、
全く説明していませんから、
情報源が信頼できるものなのか、
という確認が出来ません。


仮想通貨の開発は、はっきり言って誰でも出来ます。
インターネット上には、
「オリジナル仮想通貨の作り方」
というサイトもある程です。
ビットコインのソース(プログラム)は
全て無料で公開されており、
誰でもダウンロードして改良や再配布を行えます。
それをもとに新しい仮想通貨を作成する事ができます。


また他のサービスやプラットフォームなどを
利用する事でも簡単に仮想通貨を作成する事ができます。


個人が自由に自分の通貨を発行できる時代になった
ということは大変画期的な事だと思います。

「オリジナル仮想通貨の作り方まとめ」より抜粋
https://nandemo77.com/2017/10/20/make2ndbtc/

何が言いたいかというと、
松宮義仁氏は「仮想通貨の開発者同士は裏で繋がっている」
と言っていますが、


例えば、仮想通貨について何の実績も知識も無い私が、
仮想通貨「ヒデカズコイン」なんてものを開発したからといって、
それだけでイーサリアムの開発者と裏で繋がれるはずはありません。


松宮義仁氏は仮想通貨「NAGEZENI」の開発者ではありますが、
「NAGEZENI」はまだ上場もしておらず、
何の実績もありません。


そのような仮想通貨の開発者と、
イーサリアムやリップルの開発者はもちろん、
名の知れた仮想通貨の開発者たちが、
裏で繋がり、一般的に出回らない情報を共有し、
共に莫大な富を生み出すなんて事は、
常識的に考えて難しいと考えらえます。


2.フリーダムライフクラブはどう考えても無謀なプラン

松宮義仁氏は「フリーダムライフクラブ」に参加して、
毎月何らかのICOに参加して、
毎月1.78倍に増やすと言っています。


つまり、毎月毎月、その月のうちに上場して、
さらに毎月1.78倍以上になるという、
ICO案件がずっと続くようなことを言っています。


その様に都合の良いICO案件が続く事は期待できません。
さらに、他の情報商材のICO案件では、
日本では6月からICOに参加できない可能性がある、
といって参加を煽る案件もあるほどです。


もし本当に、過去に、毎月毎月、その月のうちに上場して、
さらに毎月1.78倍以上になるという、
ICO案件が12ヶ月にわたって続いたのなら、


具体的に過去の事例として紹介してもらう必要があります。


もちろん、最低でも松宮義仁氏自身が、
それらのICO案件に参加して、
きちんと1.78倍以上で売り抜いた、
という実績も見せてもらう必要があります。


これから始まるICOについては話せなくても、
過去のICOの事例なら、
話せない、なんて理由はあり得ませんし、


本当にそんな実績があるのなら、
自分から進んで見せるのが自然の行動です。


3.松宮義仁氏の“焦り”を感じる発言とは

松宮義仁氏は仮想通貨NAGEZENIを開発していますが、
ずっとプライベートセールをやり続けています。


予定では今年10月に上場すると言っていますが、
無事に上場出来たとしても、
上場してしまえば、市場の厳しい目が待っています。


価値があると認められれば価格は上がりますが、
価値が無いと判断されれば暴落し、
最悪、価値はゼロになります。


つまり、NAGEZENIを売るなら、
今年の10月までが勝負なのです。


そのせいなのか、
松宮義仁氏は動画の中で、
とにかく自分は凄い人なんだ、
という事をアピールしています。


松宮義仁氏は仮想通貨の開発者としても、
すごいとアピールしたいのか、
下記の、信じ難い発言まで飛び出しました。


『2年前につい最近起こった問題を知っていた。
なぜ預言者のようなことができたのかというと、
仮想通貨の開発者だからこそ入ってきた情報があった』


と言って、2年前に松宮義仁氏が語った動画を公開しています。
その中では、
『盗まれたりとか、無くなったりすることもあり得る』
と言っていることから、


今年初めに起こった、コインチェック事件を預言していた、
と言いたいようです。


ですが、仮想通貨が取引所から盗まれたりとか、
無くなったりした事件は、
2年前より以前にも何度も起こっています。


日本国内では2011年頃から仮想通貨取引所に対する
サイバー攻撃が確認されています。
国内でも有名なのは2014年の「マウントゴックス事件」です。


翌年の2015年にも、
スロベニアと英国に拠点があった取引所「ビットスタンプ」、
中国に拠点を置いていた取引所「BTER」、
といった海外の取引所が不正アクセスやハッカー攻撃に遭っています。


つまり仮想通貨は、
『盗まれたりとか、無くなったりすることもあり得る』
という松宮義仁氏の預言なんてものでは無く、


仮想通貨=暗号通貨なのですから、
インターネット上に存在する限りは、
常に存在する暗号通貨特有のリスクなのです。


それを開発者の自分だから預言できた、
とまで言い切ってしまうあたりに、
松宮義仁氏の“焦り”を感じてしまいます。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


私は、その事に気付くまでに、
たくさんのお金と時間を
高額塾や高額商材の為に失ってしまいました。


最初は少ないお金でも、
地に足をつけて堅実に稼ぐことが、
遠回りに見えても、
実は、一番早いお金の稼ぎ方だったと
今は実感することができています。


荒唐無稽な億万長者よりも、
堅実で確実な収入を目指すことの方が
私にとって必要だったことがわかりました。


収入は積み上げ式に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
堅実なビジネスを、地に足をつけて実践されることをおススメします。



【松宮義仁 関連記事】
松宮義仁 フリーダムライフクラブ① 900万円分の仮想通貨プレゼントの条件

【仮想通貨 関連記事】
情報商材の危険なICOプロジェクトの見分け方


ヒデカズが実践している副業 
「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

ヒデカズです。


泉忠司氏が仮想通貨「オーキッド(ORCHID)」の紹介をしています。


泉忠司氏の仮想通貨と言えばノアコインですが、
本日(5月17日)時点で、
1ノアコイン=約0.85円にまで値下がりしていて、
ICOでの価格とほとんど変わらなくなっています。


そんなノアコインを激押ししていた泉忠司氏が、
今回激押しする仮想通貨「オーキッド(ORCHID)」を検証します。


【目次】
1.泉忠司氏から仮想通貨を購入するリスク
2.オーキッド(ORCHID)が目指すものとは
3.オーキッド(ORCHID)の将来性に疑問あり
4.オーキッド(ORCHID)のおススメの購入方法


1.泉忠司氏から仮想通貨を購入するリスク

泉忠司氏は、仮想通貨「オーキッド(ORCHID)」について、
『一般の投資家が、上場までに手に入れられる可能性はゼロ』
と言っています。


実際にOrchidの公式ツイッターを見ると、
下記の様に表示されています。

オーキッドはICOや一般公開を何ら行っていません。
Orchidからのものであると主張する多くの
Telegram、ウェブサイト、および電子メールがあります。
我々はこれらのいずれも支持していない。

下記Orchid公式ツイッターより日本語訳して転載
https://twitter.com/OrchidProtocol

しかし、泉忠司氏は
“イズミになら枠を用意しよう”
と言われたから泉忠司経由なら、
仮想通貨「オーキッド(ORCHID)」
を購入できると言っています。


つまり、泉忠司氏が購入枠を用意してもらって、
すでに購入した「オーキッド(ORCHID)」を
視聴者に転売するというのが、
今回のプロジェクトではないかと推測できます。


仮想通貨のICOを判断する基準として、
特定の人からしか購入できない、
というのは危険性があります。


公式サイトからの購入でないなら、
・その仮想通貨が適正な価格で販売されているのか、
・支払ったお金は誰が管理しているのか、
・ちゃんと金額に見合ったトークンが受け取れるのか、
といった点が明確でないからです。


泉忠司氏がお金だけを集める事はしないと思いますが、
一般販売されていなかった「オーキッド(ORCHID)」ですから、
支払った金額と、受け取るトークンの価値が適正であるかは、
確認する事ができません。


例えば、泉忠司氏が1ORCHID=1円で購入したものを、
10倍の1ORCHID=10円で販売しても、
それは別に違法でもありませんし、
商売としても真っ当な事をしています。


ただ、この場合、
ORCHIDが上場した際に、
いきなり10倍以上の価値をつければ問題ありませんが、
10倍以下という可能性は高いですから、
値上がりするまでは塩漬け状態となってしまいます。



2.オーキッド(ORCHID)が目指すものとは

「オーキッド(ORCHID)」が目指すのは、
『監視や検閲のない
インターネット空間を実現しよう』
というものです。


例として、動画の中でも何度も『VPN』という言葉が登場しました。
『VPN』とは、バーチャル・プライベート・ネットワークの略で、
FXの自動売買をしている人なら、
すでに利用している人も多いシステムです。


クラウド上に自分だけの仮想デスクトップを持ち、
その中でFXの自動売買を24時間行うのです。


自宅のPCでもFXの自動売買は可能ですが、
自宅のPCを24時間ずっと稼働しておくことは、
停電や発火など、様々なリスクがあります。


VPNを利用する事で、これらの不安が無くなることと、
外出先からでもどこからでもアクセスできるので、
自動売買を管理する事も可能なのです。


「オーキッド(ORCHID)」はこのVPNをベースに
『監視や検閲のない
インターネット空間を実現しよう』
というのですが、


まだシステムはありません。


これから作り上げていくのですが、
いつになったら出来上がるのかが明らかにされていません。


「オーキッド(ORCHID)」の公式サイトを見ても、
またサイト内にあるホワイトペーパーを見ても、
ロードマップと言われる、
スケジュールを確認する事は出来ませんでした。


3.オーキッド(ORCHID)の将来性に疑問あり

泉忠司氏は動画の中で、

世界では75%以上のユーザーが
インターネットにアクセスすることを
制限されていると言われています。


中国や北朝鮮の
インターネット検閲は有名な話ですし、
アメリカも同様に国民を監視していると言われています

実は日本もどうかはわかりません。

「オーキッド」はこのような
インターネットの監視や検閲から

世界中の誰もが守られる
オープンソースのプロトコルを
作成することを掲げています。

と言っていますが、
システムがいつ完成するのかは、
ロードマップが明らかにされていませんので未定です。


また、もし完成したとしても
中国や北朝鮮をはじめとした、
インターネット検閲に力を入れている国家が
このような抜け穴を黙認するとは思えません。


結局は、あっという間に規制される可能性が高いと言えます。


そうなると、「オーキッド(ORCHID)」の価格は暴落することは確実です。


実際、今年(2018年)に入ってすぐに、
中国政府によるビットコインの規制によって、
ビットコインの価格が大暴落しました。


「オーキッド(ORCHID)」は、確かに、
開発陣も著名なメンバーで、
多くの投資家も参入している注目プロジェクトです。


だからといって、
このプロジェクトが成功するかは確実ではありませんし、
例えシステムが完成しても、
そのシステムが広がり続けるという保証はありません。


4.オーキッド(ORCHID)のおススメの購入方法

泉忠司氏が販売してくる「オーキッド(ORCHID)」について、
最低販売価格がいくらからなのかは、
今後明らかにされますが、


例えば、1口10万円から購入できたとしても、
お金を払っても、替わりに受け取るのは、
トークンと言われる数字を知らされるだけです。


ウォレットもありませんから、
そのトークン自体も販売者が持っていることになります。


つまり、
「オーキッド(ORCHID)」のシステムが完成し、
「オーキッド(ORCHID)」コインが上場されるまでは、
その10万円は完全に塩漬けで、
何の価値も生み出さないのです。


その期間についても、全く不明です。


「オーキッド(ORCHID)」に可能性を感じて、
本気で購入したいのであれば、
様々なリスクを負って、
今、泉忠司氏から購入するよりは、


システムが完成して、上場してから、
公の取引所で購入しても遅くはないと思います。


実際、泉忠司氏は動画の中で、
「オーキッド(ORCHID)」の未来について、
世界を代表するベンチャーキャピタルやヘッジファンドは、
巨額投資を成功に導くために、
自分たちの持てるリソースをどんどん使うに決まっています。

と言っていますから、
今購入して、長い期間、
資金を塩漬けにして不安になるより、
上場してからの値上がりに期待する方が、
格段にリスクが少ないと言えます。


株式相場格言の一つで
「頭と尻尾はくれてやれ」というものがあります。


最高値で売ろうとか、最安値で買おうと思うな、
という戒めの言葉です。


仮想通貨の投資においても、
出来るだけ安く買って、出来るだけ高く売ろう、
とリスクを負った投資をすると、
とんでもない失敗をする可能性があるのです。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


私は、その事に気付くまでに、
たくさんのお金と時間を
高額塾や高額商材の為に失ってしまいました。


最初は少ないお金でも、
地に足をつけて堅実に稼ぐことが、
遠回りに見えても、
実は、一番早いお金の稼ぎ方だったと
今は実感することができています。


荒唐無稽な億万長者よりも、
堅実で確実な収入を目指すことの方が
私にとって必要だったことがわかりました。


収入は積み上げ式に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
堅実なビジネスを、地に足をつけて実践されることをおススメします。



【関連記事】
ノアコイン 上場しても考えられるリスクを暴露


【副業 関連記事】
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
初めて副業で30万円達成!記念に初めて種子島に旅行しました!
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
妻から「ありがとう」と言われるようになりました
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
母子家庭だった私がサラリーマンを辞めて自営業を始めた理由
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!


ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp


※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

ヒデカズです。


泉忠司氏がプロモーションを行った仮想通貨ノアコインが、
3月12日にイギリスの取引所Hit BTCに上場しました。


一時は約10倍まで上がり、
先週は約8倍の1ノアコイン=約5.7円になっていましたので、
ノアコイン購入者は喜ばれていたようですが、
本日(3月26日)は約1.5円となっています。


仮想通貨市場全体が下がっていますので、
問題視していない人もいると思いますが、
問題はこれから値上がりするかどうかです。


そこで今回は、ノアコインの今後について、
考えられるリスクを挙げておきます。


【目次】
1. 初年度20%の配当を受けとるための不都合な条件
2.ノアコインに値上がりの可能性はあるのか
3.配当20%の出所は?
4.1年後に考えられる暴落のリスク
5.今も不確実なノアファウンデーションの実態



1.初年度20%の配当を受けとるための不都合な条件

ノアコインを上場前のプレセールやICOで購入した人限定で、
ノアコインを持っているだけで受け取れる20%の配当があります。


この配当に魅力を感じてノアコインを購入した人は多いと思います。


泉忠司氏は、ノアコインの上場に合わせて
配当を受け取る条件についての説明動画を公開しました。


初年度20%の配当を受け取るには、
①上場前に購入したノアコインを1年間持ち続ける必要がある。
②そのノアコインを少しでも取引所やウォレットへ動かすと
配当を受け取る権利を失う。
という驚きの説明が行われました。


通常、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を購入したら、
すぐに自分のウォレット(財布)に移動します。


そうしないと、実質的に自分の手元には無いので、
購入した仮想通貨を預けている取引所などが
ハッキングされたり、場合によっては持ち逃げされたり
といったリスクを防ぐためです。


泉忠司氏は動画の冒頭で、
ノアコインを売買するにはまずウォレットに移すように言っていますが、
ウォレットに移した時点で20%の配当を受け取る権利は失います。


つまり、ノアコインを上場前に12万円分買った人も、
100万円分買った人も、1億円分買った人も、


1年後に20%の配当を受け取るためには、
例えノアコインが値上がりしても、暴落しても、
ずっと持ち続ける必要があるのです。


2.ノアコインに値上がりの可能性はあるのか

ノアコインを1年間何もできずに塩漬けしておいても、
1年後に大きく値上がりしていたら、
それだけ受け取る配当も増えるので、
ノアコインの値上がりに期待して、
1年間は我慢して持ち続ける人も多いと思います。


ノアコインが値上がりするためには、
たくさんの人がノアコインを購入し、
市場でたくさん流通することが必要です。


そこでノアコインの必要性を考えますが、
今ノアコインを買っても配当はありませんし、
ノアコインしか使えないような店や施設もありません。


事前の説明では、フィリピンへの送金手段
というのがノアコインの利用価値でしたが、
フィリピンでノアコインが使えないのであれば、
結局は送金されたノアコインを取引所に送金し、
取引所でビットコインに換金して、
また自分のウォレットに送金してもらう必要があります。


つまり2回の送金手数料が発生しますから、
それなら直接ビットコインで送金してもらった方が、
手数料を払う必要がないので、
わざわざノアコインで送金してもらう必要はありません。


ビットコインなら日本でも
「ビットコインを使えるお店」といったタイトルで、
ビットコインが使えるお店や施設が紹介されています。


フィリピンでノアコインが使える店や施設について、
ノアコインやノアファウンデーションのホームページにも
紹介はありませんし、現時点では何のアナウンスもありません。
「ノアコインが使える店」の様なウェブサイトもありません。


ノアシティやノアリゾートでノアコインが使えるという事でしたが、
ノアコインのホームページを確認すると、
ノアリゾートでノアコインを使えるのは2022年、
ノアシティでノアコインを使えるのは2023年
となっています。


それまでどうやってノアコインの価値を高めていくのか、
ノアコインのロードマップには、
何も計画が書かれていません。


3.配当20%の出所は?

私はプレセールでノアコインを一度は購入しましたが、
返金しましたので今は持っていません。


同様に返金した人はたくさんいますから、
ノアコインがプレセールで売れた量と金額は
正確には確認できません。


ICOでは、追加販売分も合わせると
1億3000万ドル分のノアコインが販売されました。


ICOで販売された1億3000万ドル分のノアコインだけを対象に、
1年後に受け取れるという20%の配当について検証します。


ノアコインを運営するノアファウンデーションは、
ノアコインの価格が1年後に全く変わらない場合、
ICOでの販売価格の20%=2600万ドル分の配当を、
約1年後に支払う必要があります。
1ドル105円で計算すると、27.3億円です。


ノアコインの価格が10倍になっていれば、
2億6000万ドルが配当金です。
1ドル105円で計算すると、273億円です。


このお金はどこから出てくるのかが確認できません。
この点について、泉忠司氏がまだプロモーションを行っている時に、
泉忠司氏の直接LINEと、
ノアコインの公式LINEに、
20%の配当の出所について質問しましたが、
回答をもらえませんでした。


株でも配当を出すには、
会社が業績をアップさせる必要があります。
もしくは投資などによる運用益が考えられます。


しかしノアコインを運営する
ノアファウンデーションのホームページを見ても、
どのような営利活動をしているかが確認できません。


ノアシティやノアリゾートが完成するのは
まだ数年かかりますが、
その間にどこから配当金を捻出するのか、
明らかにされていません。


4.1年後に考えられる暴落のリスク

巨額の配当金の出所が確認できないのですが、
配当をノアコインで受け取る場合は、
見た目の数字を増やすことで対応する事は可能です。


しかし受け取った配当分のノアコインを売却する人や、
配当を受け取った事を機に、所持していたノアコインを売却する人が、
1年後には続出する可能性があります。


すると一気にノアコインが暴落する可能性があります。


5.今も不確実なノアファウンデーションの実態

上場前に購入したノアコインは、
購入者が自分のウォレットに移すまでは
ノアファウンデーションが持っていると考えられます。


ノアコイン購入のために支払ったお金も全て
ノアファウンデーションが持っていたり、
運用していると考えられます。


そのノアファウンデーションについて、
その所在を調べましたが、
ホームページにも記載がありません。


どこにノアファウンデーションがあるのかが、
確認できないのです。


以前、フィリピン大使館が
『ノア・グローバルは、
証券取引委員会に登録されている住所に実在していません。』
と発表したことがありました。


その際に泉忠司氏は、ノアシティ内に置く予定と言っていましたが、
ノアシティの具体的な建設計画が明らかになっていませんし、
ノアファウンデーションがどこにあるのかが明記されていない以上、
今、どこの誰がノアコインや集めた資金を
持っているのかが確認できません。


ここまで書いてきたようなノアコインの実態を見て、
ノアコインを新たに購入する人がどれだけいるのか、
ノアコインを購入する理由がどこにあるのか、
今後のノアコインとノアプロジェクトの動向が気になります。



稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


私は、その事に気付くまでに、
たくさんのお金と時間を
高額塾や高額商材の為に失ってしまいました。


最初は少ないお金でも、
地に足をつけて堅実に稼ぐことが、
遠回りに見えても、
実は、一番早いお金の稼ぎ方だったと
今は実感することができています。


荒唐無稽な億万長者よりも、
堅実で確実な収入を目指すことの方が
私にとって必要だったことがわかりました。


収入は積み上げ式に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
堅実なビジネスを、地に足をつけて実践されることをおススメします。



8.泉忠司 ノアコイン 中心メンバーの経歴に疑惑が発覚!
9.泉忠司 ノアコイン ノアシティは再び「絵に描いた餅」の可能性あり!

10.ノアシティ フィリピン航空の無関与の事実と泉忠司氏の言い訳とは


【職人ヒデカズおススメの記事】
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
妻から「ありがとう」と言われるようになりました
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
母子家庭だった私がサラリーマンを辞めて自営業を始めた理由
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
情報商材の批判記事を見ても私が買ってしまった理由とは?
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!


ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓


「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp


※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

このページのトップヘ