ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

タグ:毎日3万円

ヒデカズです。

未来予知投資アプリを使って、
毎日最低3万円を確実に稼げる、
と謳う、佐藤将大氏の
スイッチプロジェクトを検証します。


1.毎日3万円稼げないカラクリとは

佐藤将大氏のスイッチプロジェクトは、
SWITCHアプリを利用して、
ブックメーカーに投資する内容になっています。

画像を見たところでは、
主にサッカーの試合に賭けるようです。

ブックメーカーでは、
1つのサッカーの試合でも、
チームの勝敗を対象にしたり、
合計点を対象にしたり、
と様々な賭けの対象があります。

ブックメーカーでは、
それぞれの賭けによって、
オッズが設定されています。

オッズとは、賭けたお金が何倍になるか、
という倍率です。

1.01倍なんていう低いオッズから、
10倍とか20倍なんていう、
高いオッズもあります。

オッズが低いほど勝ちやすく、
オッズが高いほど負けやすい、
という仕組みです。

佐藤氏のスイッチプロジェクトでは
『通知が来てから2タップするだけで
毎日最低3万円を確実に稼ぎ続けられる』
と言っています。

私はブックメーカーをやったことがありますが、
例えば1万円程度の資金で、
1日3万円の利益を上げ続けるのは不可能だと言えます。

佐藤氏に、毎日3万円を稼ぐために、
いくらの投資金をする必要があるのか?
毎回の賭けに、いくらのお金を賭けるのか?
何倍くらいのオッズに賭けるのか?
勝率はどれくらいか?証拠は?
という点を確認する必要があります。

また、通知は1日10回くらい来る、
と言っていますが、
3万円を稼ぐためには、
全部の通知に賭ける必要があるのか?
という点も確認する必要があります。

なぜなら海外サッーは、
日本時間の深夜に行われているからです。

深夜、寝ている間に通知が来ても、
2タップ出来ない可能性があります。

佐藤将大氏は、毎日最低3万円を“確実に”
稼ぎ続けられると言っていますから、
確実と言える理由を確認する必要があるのです。

2.SWITCHアプリを使用する危険性

佐藤将大氏のスイッチプロジェクトは、
視聴者にSWITCHアプリを、
すぐに利用できるようにしています。

過去の情報商材のプロジェクトにおいても、
体験版やデモ版のシステムを用意して、
いかにも稼げるように思わせておきながら、

本番環境のシステムを購入すると、
全く稼げない、という事例が多くありました。

消費者庁から注意喚起された、
というプロジェクトも実際にありました。

この記事の最後にリンクを貼っておきますので、
是非ご覧いただきたいと思います。

この様なプロジェクトでは、
デモや体験で利用できるシステムは、
販売者が作った自作である事がほとんどです。

ですので、販売者が都合よく、
画面上に表示される数字を作り出すことができます。

体験版のアプリやシステムで稼ぐ、
という内容のプロジェクトでは、
“体験版の画面上では”言ったとおりに稼げる、
というオチになっているものがほとんどです。

佐藤将大氏が、毎日最低3万円を“確実に”
稼ぎ続けられると言っているのは、
体験版のSWITCHアプリだからこそ出来る、
という可能性があります。

アプリの画面の上でいくら稼げていても、
実際に使えるお金として受け取れなければ、
全く意味がありません。

情報商材のプロジェクトには、
このように、一般常識とはかけ離れた仕掛けが、
随所に見受けられます。

デモ版で稼げる気分にさせられて、
実際に本番のシステムを購入したら、
デモ版とは全く違く結果になった、
という事例が実際に発生しています。

ですので、デモ版の結果は、
参考にしない方が良いと言えます。

3.私がブックメーカーで体験した事

佐藤将大氏のスイッチプロジェクトは、
ブックメーカーに投資する内容になっています。

私は実際に、
ブックメーカー投資の情報商材を
いくつか購入して、
1年ほど実践したことがあります。

それらの中には、
佐藤氏のスッチプロジェクトと同様に、
サッカーが賭けの対象となっていて、
LINEに通知が届いて、
通知どおりにベットする、
というものもありました。

サッカーの通知はほとんどが、
深夜の寝ている間に届きました。

昼間にLINEに通知が届くのは、
日本でJリーグの試合がある時くらいでした。

海外サッカーのシーズンに入ると、
寝ている間に何度も通知が来ます。

寝ている時に届いた通知に、
何度も起こされて、
眠い目をこすりながら、
何とかベットする事を繰り返しました。

それでも、スポーツにおいて、
『番狂わせ』なんて頻繁に起こっています。

コツコツと勝ち続けて利益を重ねていたのに、
1回の『番狂わせ』でそれまでの利益が吹き飛んだ、
なんてことはよくあることです。

実際に私もブックメーカーをやっていた時には、
何度もそんな目に合い、
その度に大きく資金を失いました。

4.未来予知投資アプリの欠陥を暴露

佐藤将大氏はスイッチプジェクトで、
未来予知投資アプリ「SWITCH」を開発した、
と言っています。

天気予報の的中率が90%以上、
という例を引き合いに出して、
データを収集して解析する事の
重要性を説明しています。

SWITCHアプリについても、
ありとあらゆるデータを
収集して解析する事が出来るからこそ、
未来予知投資が出来る、
と言っています。

ですが、気象の過去のデータと、
サッカーの過去のデータでは、
質が全く違います。

サッカーは人間が行います。

あるチームに去年いた人間が、
今年はいないなんて事はよくあります。

おまけに、同じ選手でも、
去年と今年ではレベルが変わっていたりします。

人間ですから、調子が良かったり悪かったり、
というデータでは測れない要素が、
その選手の活躍に大きく影響していたりします。

私は実際にブックメーカーをやっていたので、
試合終了間際まで勝っていたのに、
立て続けに失点して逆転負けした、
という事が何度もありました。

ブックメーカー投資の攻略法として、
オッズの数字を見ながら賭ける手法もありますが、

数字だけを見ても判断できない要素が、
現場の試合では起こっているのです。

ブックメーカーの胴元は、
その辺りも検証してオッズを調整しています。

過去のデータをあてにしたり、
その時々のオッズで判断したりしていると、
思わぬ番狂わせにやられてしまうと言えるのです。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓


【佐藤将大 スイッチプロジェクト  関連記事】

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

南栄作氏が「Tech Frontier(テックフロンティア)
プロジェクトを始めましたので、
大切なことをお伝えします。

【目次】
1.アプリ「Tech Box(テックボックス)」のカラクリを暴露
2.無料体験アプリでは稼げない、と言える理由を暴露
3.過去の類似のプロジェクトからわかる落とし穴とは
4.南栄作氏の言葉を信じることの危険性とは

1.アプリ「Tech Box(テックボックス)」のカラクリを暴露

南栄作氏の「Tech Frontier(テックフロンティア)」プロジェクト
について、今日から無料で使える視聴者体験型プロジェクト、
とサイトには書かれています。

南栄作氏によると「Tech Box(テックボックス)」という
アプリを無料で体験することで、
毎日最低3万円を稼げる、と言っています。

この言葉を聞いて、
「Tech Box(テックボックス)」というアプリを、
ダウンロードしてインストールした人は多いと思います。

過去の高額の情報商材のプロジェクトでも、
今回の「テックフロンティアプロジェクト」のように、
商材を販売する前に、
システムやアプリの無料体験を行ったものが、
いくつかありました。

過去のそれらのプロジェクトでは、
確かに体験版の画面上では、
稼ぎ続けて、利益が生まれ続けるのですが、

その画面はデモ口座であったり、
体験版だったりして、
画面に表示された利益を、
実際に手に出来たことは、一度もありませんでした。

南栄作氏の「テックフロンティアプロジェクト」で、
無料体験できる「Tech Box(テックボックス)」というアプリについて、
画像で見る限りでは『出金』ボタンが確認できませんでした。

つまり、いくら「Tech Box(テックボックス)」というアプリの、
画面では稼ぐことが出来たとしても、
実際にその金額を手元に受け取ることが出来ない、
というカラクリになっているのです。

南栄作氏などのアプリの開発者からすれば、
実際に出金ができないのだったら、
アプリの画面上で、どれだけ大きな金額が稼げた、
と表示しても全く問題ありません。

どうせ引き出せない金額ですから、
いくらでも好きなように画面に表示させることができるのです。

2.無料体験アプリでは稼げない、と言える理由を暴露

南栄作氏の「テックフロンティアプロジェクト」で、
無料体験できる「Tech Box(テックボックス)」という
アプリでは全く稼げないと言えるもう一つの理由があります。

南栄作氏のアプリ「Tech Box(テックボックス)」の画面を見ると、
仮想通貨の取引所の名前が、
表の縦と横に並んでいます。

つまり、南栄作氏の「テックフロンティアプロジェクト」では、
仮想通貨のアービトラージを行うと考えられます。

アービトラージとは、取引所間の価格差を利用して、
差益を得ようという手法です。

例えば、A取引所で1ビットコイン=70万円で売っていて、
B取引所では1ビットコイン=71万円の買取価格となっていた場合、

A取引所で1ビットコインを70万円で購入し、
B取引所でその1ビットコインを売れば、
差額の1万円が利益となります。

ただ、1年前なら仮想通貨取引所の価格差が、
5000円以上となることもありましたが、
最近では数百円ほどの価格差しか
発生しないことがほとんどです。

仮に今の時代に、先ほどの例に挙げたような
1万円の価格差が発生したとしても、
3万円の利益を生み出すには、

1ビットコイン=70万円なら、
3倍の210万円の資金を用意する必要があります。

アプリ「Tech Box(テックボックス)」
をダウンロードして使っても、
実際に210万円以上の投資金を入れて、
アプリを利用するわけではありませんから、

アプリの画面上では利益が発生していても、
資金を入れていないのですから、
現実にはアービトラージを行っていない、
と断言できます。

つまり、アプリ「Tech Box(テックボックス)」
の画面に出てくる利益は全くのデタラメである、
と言えるのです。

ちなみに私は、
電話番号の入力の必要がありましたので、
危険性を感じてダウンロードしていません。

3.過去の類似のプロジェクトからわかる落とし穴とは

南栄作氏が語っている
“ICOのほとんどが詐欺”
“ネットビジネスの情報は嘘が多い”
という言葉は本当です。

だからと言って、
南栄作氏は嘘をついていない、
「Tech Frontier(テックフロンティア)」プロジェクトは
詐欺ではない、と期待することは危険です。

南栄作氏はテックフロンティアプロジェクトのサイトで、
・アプリをダウンロードした「その日から」
すぐに最低3万円を稼ぐことができます
・知識や経験、スキルも一切必要ありません
・誰もがゲーム感覚で1日最低3万円稼ぐことが出来ます

と明記しています。

一般常識では3万円稼げると聞くと、
3万円が手元に受け取れる、
と解釈する人がほとんどだと思います。

ですが実際には、先ほど説明したように、
アプリ「Tech Box(テックボックス)」
をダウンロードして使っても、
毎日3万円を受け取ることはできません。

過去の情報商材のプロジェクトでは、
最後には、画面に表示される報酬を受け取るには、
高額の参加費用を払うように、
必ず誘導されました。

ところが、参加費用を支払っても、
画面に表示された報酬は受け取れません。

毎日3万円を受け取るのなら、
かなり高額な投資資金を用意するように、
指示される可能性が高いと思われます。

4.南栄作氏の言葉を信じることの危険性とは

ビットコインのアービトラージでは、
そんなに大きく稼ぐことはできなくなっています。

そのカラクリは私の過去記事
をご覧ください。

南栄作氏は100%稼がせると言っていますが、
特定商取引法に基づく表示には、
本商品に示された表現や再現性には個人差があり
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
と明記されています。

法律に基づく表示に嘘は書けませんから、
実際は、誰でも100%稼げるわけではない、
と言えます。

アービトラージで利益を出すには、
かなりの投資金を用意する必要がありますが、

この様にいい加減な、耳障りの良い事ばかりを言う、
南栄作氏を信じて多額の資金を運用することは、
かなりの危険があると判断します。

稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。

本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。

収入は「積み上げ式」に増やしていかなければなりません。

ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
ヒデカズも実践しているような堅実なビジネスを、
地に足をつけて実践されることをおススメします。


【参考記事】
ネットビジネスで稼ぐために知っておくべき情報商材の実態
副業の必要性を感じた私の体験
私のプライベートな日記

ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

このページのトップヘ