ヒデカズです。

情報商材のプロジェクトでは、
文章や言葉を冷静に解釈しなければ、
勝手な思い込みをしてしまい、
後から後悔する人が後を絶ちません。

今回は、三矢田リョウ氏が仕掛けている、
「TENBUYプロジェクト」を検証します。


1.利益2000万円の落とし穴を暴露

三矢田リョウ氏が仕掛けている、
「TENBUYプロジェクト」には、
いくつかの紹介ページがります。

その一つには、
“稼がせた利益額、約2000万円”
と大きく書かれています。

この文字を見た人の中には、
三矢田氏の「TENBUYプロジェクト」
に参加すれば、
約2000万円稼げる、
と思った人も多いと思います。

この言葉が本当だとしても、
誰に2000万円稼がせたのか、
が判断できません。

1人に対してなのか、それとも、
三矢田氏の教え子全員に対してなのか、
どちらとも受け取れます。

教え子全員に2000万円稼がせた、
とは書いてありません。

教え子全員の稼ぎの、
合計額が2000万円かもしれません。

合計額だとすると、
教え子が1000人いれば、
1人当たり2万円しか稼いでいない、
という計算になります。

おまけに、2000万円という金額は、
年収なのか、それとも数年かけて上げた、
利益の総額なのか、
どのようにも受け止めることができます。

少なくとも、
『教え子全員に、年収2000万円を、
初年度から稼がせた』とは書いていません。

誰でも、初年度から、
2000万円をすぐに稼ぐことは、
期待できないと判断できます。

2.隙間時間で3万円が12万円にならない理由

三矢田リョウ氏が仕掛けている、
「TENBUYプロジェクト」には、
紹介ページの1つには、

“1日28分の隙間時間で、
3万円を12万円に増やしませんか”
と大きく書かれています。

この言葉を見た人の中には、
1日30分ほどの時間を取れば、
資金が4倍に膨れ上がる、
と期待した人も多いと思います。

ですが、この言葉は、
たまたま1つの商品が4倍で売れた、
という意味なのか、

それとも、1日28分の時間が作れれば、
誰でも資金を4倍にすることができる、
という意味なのか、
どちとも受け止めることができます。

どちらの意味であっても、
初年度から、毎月安定的に、
誰でも、資金を4倍に出来る、
とは書いてありません。

過剰な期待をすることは、
後悔することになるリスクがあります。

3.BUYMA(バイマ)転売とは?

三矢田リョウ氏の
「TENBUYプロジェクト」では、
海外ファッション通販サイト『BUYMA』
を利用した転売手法を教えると考えられます。

『BUYMA』を知らない人も多いと思いますので、
簡単にご紹介しておきます。

BUYMA(バイマ)とは、
日本にいながら世界中の商品を購入したい人と、
世界中の素敵な商品を紹介・販売したいという人、
をマッチングするショッピングサービスです。

海外でしか入手できない商品や、
日本国内では完売しているレアな商品などが、
販売されています。

基本的に、BUYMAでは、
世界中にいるパーソナルショッパーが商品を出品して、
現地で買い付け・発送をしています。

実は、このパーソナルショッパーは、
登録さえすれば誰でもなることができます。

つまり、日本に居ながら販売者となることが出来て、
そんな「国内ショッパー」は、
現地に行かずに、
海外の通販サイトを利用して商品を仕入れています。

または、国内にある販売店やデパートの店頭で、
直接購入して販売したりしています。

4.BUYMAならではのリスク

三矢田リョウ 氏の、
「TENBUYプロジェクト」では、
参加者はBUYMAの「国内ショッパー」になって、
海外の通販サイトを利用して商品を仕入れます。

BUYMAの「国内ショッパー」になると、
海外のショップから商品を仕入れることになります。

正規のお店から直接仕入れることができれば良いのですが、
間接的に仕入れると、偽物をつかまされる危険性があります。

海外ブランド品の偽物はよく問題になっていますから、
その可能性は十分にあり得ると言えます。

BUYMAには「4つのあんしん補償制度」があります。
・「本物保証制度」
・「初期不良補償制度」
・「紛失補償制度」
・「返品補償制度」

これらの補償制度は、
購入者の保護を目的とていますが、
全て商品が発送済みであることが条件となっています。

つまり、「国内ショッパー」は既に海外のショップで仕入れて、
そのショップに仕入れ代金も支払っている状態です。

もし、仕入れた商品の購入者が、
BUYMAの「あんしん補償制度」を利用し、
BUYMAから認められれば、
そのツケは販売者の元にやってきます。

偽物や不良品などが手元にやってきたり、
また、届かない商品のためにお金を払ったり、
という可能性もあり得ます。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓


三矢田リョウ 関連記事】
三矢田リョウ 転BUYセミナー BUYMA転売は稼げないと言える理由

ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。