ヒデカズです。

1日数分で月収100万円とか、
素人71歳の女性が月に800万円以上を稼ぐ、
と謳っている、

佐藤孝法氏のマトリックストレード
を検証します。


1.佐藤孝法が販売した商材の被害者の声

「マトリックストレード」を仕掛けている
佐藤孝法氏は、昨年の今ごろに、
「FTE BEYOND」というプロジェクトを仕掛けました。

佐藤氏は「FTE BEYOND」の中で、
完全無料とか初期費用0円といっていましたが、
結果的に高額コミュニティの、
「モデスティクラブ」の入会を迫ってきました。

「モデスティクラブ」とは、
仮想通貨と法定通貨のFX自動売買システムを使って、
収益を狙うというものでした。

ところが、佐藤氏の「モデスティクラブ」について、
参加した方たちから続々と被害の声が上がっています。

集団訴訟プラットフォーム「matoma(マトマ)」では、
集団訴訟に向けた動きが始まっていて、
現在35名の参加者が総額4000万円近くの
被害額があったことが判明しています。

「matoma(トマ)」に掲載の、
被害者の声の一部をご紹介します。
「完全自動売買で元金3万円から
月300万円になり、年間1億円以上稼げる。

3ヶ月運用して駄目な時は返金する、
という熱心な電話勧誘もあり、
298,000円で購入しました。

結果は損失がでたので返金を申しでましたが、
1円も返金する気はない、
ということで弁護士に依頼したところ、
8万円を2回で返金を提案してきました。

弁護士は金額が小額なこともあり、
交渉から降りたがっており思案中です。」

「返金保証しているから購入している、
という人が殆どだと思いますが、
条件を満たしているのに
全額返金しないのは詐欺です。」

「ダイヤモンド会員とか言って高額なお金を要求!!
その後はプラチナ会員と言って高額なお金を要求!!
全然、儲かりません!!」

「私はプラチナ会員にもなっており、
80万を毎月カードローンで支払うことになっています。
資金は全く増えるどころか減っています。
もう泣きたい気分です。」

「マイナスが出たので返金のメールをしたら、
『こんなに下がったのだから必ず上がります。これからです。』
とはぐらかされたままです。

「募集内容と実際の運用の中身がちがう。
事務局と佐藤孝法に連絡するも、
はぐらかされている。
返金要請も行うが音沙汰なし」

他にも、「募集動画と事実が全く違う」とか、
「問い合わせしても返信がない」など、
多くの被害の声が上がっています。

佐藤氏の「FTE BEYOND」は、
自動売買システムを使っていますので、
参加者全員の結果は同じとなります。

つまり、被害の声を上げている人たちの背後には、
もっと多くの被害者がいると言えます。

2.マトリックストレード広告文の落し穴

佐藤孝法氏の「マトリックストレード」には、
いくつかのLPがあります。

LPは最初に目にする、
メールアドレスを登録するページです。

これらのLPには、
「素人71歳の女性でさえも
月に800万円以上を稼ぐ稼ぎ方」とか、

「1日数分のスキマ時間で
月収100万円~200万円が生まれる仕組み」
などの書かれています。

これらの広告文を見て、
“佐藤氏のマトリックストレードに参加すれば、
誰でも、月に数百万円を稼げる”
と期待した人は多いと思います。

ですが、「稼ぎ方」というのは、
方法に過ぎません。

東大に合格するための「勉強法」を
教える人や塾などはたくさんありますが、
その方法で全員が東大に合格する事はありません。

同様に、どんなに優れた「稼ぎ方」であっても、
全員が月に800万円稼げるとは言えません。

投資においては、
投資金に応じて得られる利益が全く違ってきます。

数億円の資産を投じることが出来る人なら、
月に800万円を稼ぐ事はできるかもしれません。

ただ、佐藤氏の「マトックストレード」にある、
月に800万円という金額も、
月収100万円~200万円という金額も、
“毎月”とは書かれていません。

さらに、“初月から”とか、“誰でも”
とも書かれていません。

例えば、数億円の投資を出来る人なら、
長くやり続けていれば、
いつかは、単月なら100万円とか800万円
という利益を出すことも可能だ、
という意味であるとも受け取れます。

資金の無い人が、
初月から、誰でも、必ず稼げる、
とは言っていませんので、
勘違いしないように注意が必要です。

3.投資の情報商材の注意点

佐藤孝法氏の「マトリックストレード」だけでなく、
投資系の情報商材を購入する際には、
販売者や、販売する会社について、
より慎重に調べる必要があると言えます。

なぜなら、投資を行う際には、
かならず投資金が必要だからです。

転売やアフィリエイトなどの、
ネットビジネスの場合は、
そこまで大きな資金は必要ありません。

ノウハウによっては、
多少の初期費用が発生する場合もありますが、
資金は全く不要で始めるノウハウもあります。

いずれにしても、
転売やフィリエイトなどのビジネスで、
例え稼ぐ事ができなくて、
途中で諦めても、
損失はそんなに大きくありません。

ところが投資の場合は、
実践途中で諦めるという事は、
大きな損失を出した後、
という場合がほとんどです。

投資系の情報商材のノウハウが酷い場合、
返金を求めることもあると思いますが、
酷い内容の商材ほど、
返金に応じることは無いと言えます。

弁護士を通して訴える事で、
多少の返金の可能性はありますが、
弁護士費用が発生します。

さらに、返金の対象となるのは、
商材の購入代金だけです。

投資ノウハウを実践する際に、
投資した自分の大切なお金は、
1円も返ってきません。

投資金としては、最低10万円から、
という商材が大半となっています。

つまり、投資系の情報商材を購入する際には、
見た目の商材の販売金額だけでなく、
さらに投資金の必要性も考えて、

最悪のケースでは、
商材の金額+投資金の全てを失う、
というリスクを覚悟するべきであると言えます。

投資系の情報商材を購入する際には、
販売者や、販売する会社について、
より慎重に調べて、

裏付けの無い期待ではなく、
裏付けのある証拠を元に、

信用できる人(会社)なのか、
自分の大切なお金を運用しても安心できるのか、
しっかりと確認する必要があると言えます。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。