ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

カテゴリ:佐藤みきひろ > ファイナルパートナーズ 評価

佐藤みきひろ 氏の「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」
について、クーリングオフのカラクリを暴露します。
※過去2回の記事を文末でご案内していますので、そちらも参考にしてください。


【目次】
1.2週間のクーリングオフが無意味と言えるカラクリとは
2.クーリングオフされても佐藤みきひろ 氏が痛くない本当の理由
3.佐藤みきひろ 氏は詐欺商材を販売したと言えるワケ
4.佐藤みきひろ 氏が白状した返金の実態


1.2週間のクーリングオフが無意味と言えるカラクリとは

佐藤みきひろ 氏の「THE FINAL(ファイナル)パートナーズ」は、
2週間のクーリングオフがあるからリスクが無い、
と言っています。


ところが、「THE FINAL(ファイナル)パートナーズ」
のサイトの最下部にある、
「特定商取引法に基づく表示」を見ても、
「利用規約」を見ても、
クーリングオフについての規定が書かれていません。


つまり、2週間とは、
申し込んでから2週間なのか、
支払いが完了してから2週間なのか、
商品を受け取ってから2週間なのか、
どれとも受け取れるのです。


「特定商取引法に基づく表示」と「利用規約」には、
返金について、下記のとおり同じことが書かれています。

原則として、本契約成立後は、デジタルコンテンツの性質上、
理由の如何を問わず、キャンセルその他返金の求めには
応じられませんので、あらかじめご了承ください。

ここでいう、「本契約」が成立してしまったら、
クーリングオフは効かないと考えられます。


では、いつ契約は成立するか確認すると、
『THE FINALパートナーズ利用規約』に
下記の様に書かれています。

第1条 契約の成立
当社は、お客様に対し、申し込み完了後、
2ヶ月以内に、お客様が指定するメールアドレスに対し、
本サービスの利用に必要な電子書籍を配布するものとし、
かかる送信手続が完了した時点もって契約成立とします。

つまり、参加者のメールに、
「THE FINAL(ファイナル)パートナーズ」の
コンテンツが届いてしまったら、
契約や成立するので、クーリングオフを受け付けない、
と解釈できます。


結局、佐藤 氏は、2週間のクーリングオフがある、
といって安心して参加できるように言っていますが、


参加者がクーリングオフを利用するには、
「THE FINAL(ファイナル)パートナーズ」の、
内容を確認する前に申請する必要があるのです。


内容も見ずに、キャンセルしてクーリングオフをする人は、
ほとんどいないと考えられますから、
2週間のクーリングオフ制度はほとんど意味が無い、
と言えます。


もし、参加申し込みをした人が、
私の検証記事を見て、キャンセルを決断し、
クーリングオフを利用するならすぐに手続きを行ってください。


なぜなら、「特定商取引法に基づく表示」には、
商品引渡し時期について、
『商品お申込後、1週間以内に電子メールで配信』
と明記されています。


つまり、実際にはクーリングオフが使えるのは、
1週間も無い、と考えられます。


2.クーリングオフされても佐藤みきひろ 氏が痛くない本当の理由

2週間のクーリングオフがあるからと言って、
「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」
に参加しようとすると、


名前・電話番号・メールアドレス・住所
の入力を求められます。


これらの個人情報について、
THE FINALパートナーズの利用規約には、
下記の様に書かれています。

第6条 個人情報の取り扱い
当社では、お客様からウェブフォームへの入力等により
ご提供いただいた個人情報を、お客様の本人確認、
お客様へのご連絡、当社の他のサービス等のご案内、
今後のサービス向上のための統計データの算出と分析、
アンケート等の依頼、アクセス情報の分析、
その他これらに関連する目的に使用いたします。

また、この目的に使用するために、
お客様の個人情報を口頭、書面、メールその他の方法により
第三者へ提供させていただきます。

THE FINAL パートナーズ 利用規約より転載
http://lp.the-final.jp/80j3pm/webn/so/policy.html


たとえ、クーリングオフが認められて、
無事に返金されたとしても、
入力した個人情報は佐藤みきひろ氏や、
佐藤みきひろ氏の会社が利用する事が出来るのです。


おまけに、どこの誰かもわからない、
第三者にまで提供されるのです。


佐藤みきひろ 氏からすれば、
無料で個人情報を取得できるだけで大きな収穫です。


その個人情報は大いに利用する事ができて、
さらに高値で売ることも出来るからです。


3.佐藤みきひろ 氏は詐欺商材を販売したと言えるワケ

佐藤みきひろ 氏は動画の中で、
過去に詐欺商材の販売に加担したことについて、
まるで詐欺商材とは思っていなかった、
とでも言いたいような事を話していますが、


情報商材の業界で大物と言われるほどの
佐藤 氏が、詐欺商材だと事前に気づかないとは、
とても考えられません。


インタビュアーだけでなく、
販売者としても積極的に活動してきた人ですから、
商材を判断する目はあるはずです。


つまり佐藤 氏は、詐欺商材の販売者とグルになって
売り込みを行っていたと判断するのが、
自然であると言えます。


4.佐藤みきひろ 氏が白状した返金の実態

佐藤みきひろ 氏は動画の中で、
返金を希望する場合は消費者センターに言ってくれ、
消費者センターから言われたら返金する、
という事を発言していました。


なぜわざわざ、消費者センターを通さないといけないのか、
疑問に感じた人もいたと思います。


さらに、全国どこの消費者センターに行っても、
「FINAL(ファイナル) パートナーズは、
すぐに返金すると言われている」
とも発言しています。


つまりは、過去にそれだけたくさん、
全国的に返金の訴えを行った人がいた、
と白状しているのです。


結局、「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」
に参加して稼ぐことが出来るのは、
一部の人だけだと言えるのです。


そして、その一部の人とは、
稼げない情報商材を見ず知らずの人が購入し続け、
苦しんでいくことを平気に思っている人、


そんな苦しんでいる人たちから、
さらにお金をだまし取って、
そのお金で自分が稼ぐことに抵抗がない人、
と言えます。


その様な人生を歩んでいきたい人は、
参加を検討すればよいでしょうが、


そうではなく、自分にも家族にも誇れる、
堂々と人前で何をしているか話せる、
そんな事をして稼ぎたいのなら、


真っ当な、堅実なビジネスの方を、
選んでやっていくべきです。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
ヒデカズも実践しているような堅実なビジネスを、
地に足をつけて実践されることをおススメします。



【佐藤みきひろ THE FINAL(ファイナル) パートナーズ 関連記事】


ヒデカズが実践している副業
「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

佐藤みきひろ 氏の「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」
について、前回の検証記事では書ききれなかったリスクなど、
大切な点をお伝えします。


【目次】
1.JUGEMU-EXCHANGE(ジュゲム エクスチェンジ)の危険性
2.私が体験した海外投資の失敗談を暴露します
3.佐藤みきひろ 氏の話術にのせられた私の過去
4.追加費用が発生しない、を信じることが出来ない理由


1.JUGEMU-EXCHANGE(ジュゲム エクスチェンジ)の危険性

佐藤みきひろ 氏の「THE FINAL(ファイナル)パートナーズ」
のコミュニティに参加すると、
「2つの稼ぎ方」を行う様になっています。


1つ目は「自分のビジネスで収入を稼ぎ出す」
2つ目は「稼いだお金を使って、さらに投資で資産化する」
となっています。


1つ目の稼ぎ方については、
私の前回の検証記事でカラクリを暴露しましたが、
2つ目の稼ぎ方である投資にも危険性があります。


佐藤 氏は「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」
の参加者に提供するという投資案件について、


海外の仮想通貨関連のシステムである、
「JUGEMU(ジュゲム)シリーズ」を使うと言っています。


そのメインのシステムである
「JUGEMU-EXCHANGE(ジュゲム エクスチェンジ)」
について調べると怪しい状況になっています。


「JUGEMU-EXCHANGE(ジュゲム エクスチェンジ)」
に関するブログなどの情報が一斉に削除されたりして、
見ることが出来なくなっています。


「JUGEMU-EXCHANGE(ジュゲム エクスチェンジ)」
のホームページを見ると、
香港にある会社で、「サトウ コウタ」という、
日本人らしき人が責任者になっています。


サイトを見ても具体的な実績が不明で、
信用できる材料が皆無です。


1口1000ドルの投資資金を預けるには、
危険性を感じてしまいます。


ちなみに新規登録をしようとすると、

現在システムメンテナンスのため
・新規ご登録
・追加ご入金
を停止させていただいております

メンテナンスの終了時期に関しましては
メール等で改めてご連絡させていただきます

メンテナンスによる配当への影響はございません

会員さまにはご不便をおかけ致しますが
何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます

という表示になって、新規登録は出来ない状況です。

メールで連絡すると書かれていますが、
メールアドレスを登録することは出来ません。


「JUGEMU-EXCHANGE(ジュゲム エクスチェンジ)」が
今現在も、果たして健全に運用されているのか、
疑問に感じざるを得ません。


2.私が体験した海外投資の失敗談を暴露します

「JUGEMU-EXCHANGE(ジュゲム エクスチェンジ)」
は海外の投資案件です。


海外の投資案件は、私も過去に何度か投資した経験があります。


その一つは、ブラジルで13年の運用実績があって、
有名サッカーチームのスポンサー企業との取引実績もある、
誰もがリスクが限りなくゼロに近い、
といって勧められた投資案件「D9」というものでした。


東京でも有名芸能人を司会にした大規模なコンベンションを行い、
友人や知人に紹介した人も、かなりの数に上りました。


過去に数々の詐欺まがいの情報商材を販売した業界の人たちも、
こぞって参加した投資案件でした。


ですが、ある日から配当がストップし、
最後には運営者は集めた資金を持って行方不明となりました。


世界中から投資資金を集めていたので、
世界中に被害者が発生し、
日本でも被害者団体が立ち上がりました。


ですが、海外の案件ですから、
返金されることはありませんでした。


海外の投資案件で騙されてしまっては、
日本の法律が及ばす、どこに相談しても、
解決することは期待できません。


3.佐藤みきひろ 氏の話術にのせられた私の過去

佐藤みきひろ 氏が9月2日に行った、
「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」の
WEBセミナーの録画放送を見ましたが、
トークの巧みさはさすがです。


動画の前編では、
「僕はこのセミナーで何も売らない」と言っていたのに、
結局最後には、自分自身のコミュニテイーである、
「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」を
98,000円(税込105,840円)の参加費で販売しました。


将来の不安を煽り、他の情報業界関係者の批判をし、
さらには佐藤 氏自身も、
過去には詐欺の情報商材の販売に加担した、
と白状しています。


視聴者の同情も誘うような話の展開と、
僕は良い人だと思わせるような話は、
佐藤 氏のお家芸とも言えるものです。


最初に「何も売らない」
と言っていたことを忘れさせるような、
見事な話のテクニックでした。


実際に私も過去に、
佐藤 氏の話術にのせられて、
いくつかの情報商材を購入し、
結局は稼ぐことが出来ませんでした。


佐藤 氏は過去の情報商材のプロジェクトにおいても、
最初は視聴者を安心させておいて、
後から自然にひっくり返すことは何度もありました。


4.追加費用が発生しない、を信じることが出来ない理由

今回の「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」の
WEBセミナーにおいても、動画の後半では、
98000円以外には費用が発生しない、
といったことを言っていました。、


佐藤みきひろ 氏は“追加で1円もかからない”
と言っていますが、“僕が現役でいる限りは”
という言葉を付け足しています。


前回、佐藤 氏が行った、
「「THE FINALプロジェクト」においても、
最初の参加費は98000円でしたが、
後から50万円近い高額コースの案内をしています。


今回の「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」でも、
追加で費用が発生する可能性が全く無い、
とは言えないと考えられます。


例えば、「THE FINAL (ファイナル)パートナーズ」の
利用規約第2条「本サービスの提供」には、
下記の様に書かれています。

3. 本サービスを利用するための当社のウェブサイトの
利用期間は、契約日から3か月とします。
但し、弊社から契約終了日の2週間前までに
契約を終了する旨の通知がない時には、
利用期間を1か月延長するものとし、以後同様とします。

佐藤 氏は、口では1円も発生しない、
と言っていましたが、
利用規約には、延長する際に料金が発生するのか、
無料で永遠に更新されるのか、
という点が明記されていません。


つまり、「THE FINAL (ファイナル)パートナーズ」の
最初に支払う参加費は98000円でも、
4ヶ月目からは追加費用が発生する可能性もあるのです。


佐藤みきひろ 氏が前回行った
「THE FINAL プロジェクト」では、
佐藤 氏は引退する、
と言っていました。


今回の「THE FINAL (ファイナル)パートナーズ」
においては、その件については全く触れずに、
引退したはずなのに再登場しました。


また現役を引退すると言って、
結局は追加費用を請求する、
という可能性もあると考えられます。


【佐藤みきひろ THE FINAL(ファイナル) パートナーズ 関連記事】
佐藤みきひろ FINAL(ファイナル) パートナーズ① 参加者は詐欺に加担する可能性
ヒデカズが実践している副業
「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

こんにちは、ヒデカズです。


佐藤みきひろ 氏が「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」
の募集を始めました。


結論から言うと、稼げる可能性はあります。


ですが、稼ぐ人が増えるほど、
被害者が増える可能性が高いプロジェクト、
と考えられますので、
その危険なカラクリを暴露します。


【目次】
1.参加者は詐欺に加担する可能性があると言えるカラクリ
2.引退宣言した佐藤みきひろ 氏が復活した理由とは
3.ネット上の高評価を信用できない裏事情を暴露
4.ネット上の悪い評判を参考にできる理由とは


1.参加者は詐欺に加担する可能性があると言えるカラクリ

佐藤みきひろ 氏が今回仕掛けている、
「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」は、
昨年の夏に行われた、
「THE FINALプロジェクト」の2次募集と言えるものです。


佐藤 氏の「THE FINAL(ファイナル)パートナーズ」
のコミュニティに参加すると、
「2つの稼ぎ方」を行う様になっています。


1つ目は「自分のビジネスで収入を稼ぎ出す」
2つ目は「稼いだお金を使って、さらに投資で資産化する」
となっています。


前回の「THE FINALプロジェクト」からわかる、
1つ目の稼ぎ方は、情報商材のアフィリエイトです。


『マスターシステム』というツールを使って集客し、
集めたリストを利用して情報商材を紹介し、販売につなげます。


そのやり方について、「THE FINAL(ファイナル)パートナーズ」
のサイトには下記の様に流れが書かれています。

・商品購入のための興味付け
・商品の販売ページへの誘導
・商品のプレゼンテーション・販売


私自身、身に覚えがありますが、
この様なやり方で、実際には稼げない、
高額の情報商材を購入させられた人が、
過去に無数と言えるほどたくさんいます。


「THE FINAL(ファイナル)パートナーズ」において、
佐藤みきひろ氏が紹介してくる情報商材の案件が、
本物の商材で、本当に稼げる商材であるなら、


「THE FINAL(ファイナル)パートナーズ」の参加者よりも、
参加者からアフィリエイトされた商材を購入した人、
の方が稼げるようになり、
あっという間に、売る相手がいなくなってしまいます。


情報商材のアフィリエイトが続けられるのは、
「結局は稼げない情報商材を売り続ける人」がいて、
その一方では、
「稼げないから何度も買い続ける人」がいるからです。


つまり、「THE FINAL(ファイナル)パートナーズ」に参加すると、
永遠に稼げない情報商材のプロジェクトばかりを紹介する、
詐欺まがいの人たちに加担することになる、
と言えます。


2.引退宣言した佐藤みきひろ 氏が復活した理由とは

佐藤みきひろ 氏が今回仕掛けている、
「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」の前に仕掛けた
昨年の「THE FINALプロジェクト」では、


“参加者全員に毎月20万円を分配する”
と謳って参加者を集めました。


ちなみに、佐藤 氏は、
昨年のプロジェクトを最後に引退すると言っていました。


佐藤 氏は情報商材ビジネスの世界では、
かなりの実績がある人なので、
引退なんて言っても、必ずまた出てくるだろう、
と思っていました。


そんな佐藤 氏が再び登場して、
前回のプロジェクトの第2弾を行うということは、


①前回の参加者の評判がとても良かったか、
もしくは、
②佐藤 氏がかなり稼ぐことが出来たか、
それか、
③誰かから再募集を仕掛けるように依頼されたか、
のいずれかだろうと考えらえます。


②と③については真相は確認できませんが、
①であれば参加を検討する価値はあります。


そこで前回の「THE FINALプロジェクト」の評判を、
ネットで検索すると、
稼げたという情報と、
騙された、詐欺だった、といった被害情報の
両方があります。


情報商材のプロジェクトで稼げた、
という声がネット上に複数あることは、
異例とも言えるのですが、
そこにはカラクリがありました。


3.ネット上の高評価を信用できない裏事情を暴露

佐藤みきひろ 氏の昨年のプロジェクトで稼げた、という情報は、
わざわざ「THE FINALプロジェクト」専用のブログを作って、
色んな関連記事を書きながらも、
結局は「THE FINALプロジェクト」のサイトに誘導しています。


「THE FINALプロジェクト」のメインのビジネスモデルは、
情報商材のアフィリエイトですから、


「THE FINALプロジェクト」の参加者が、
同じプロジェクトの参加者を募集する
アフィリエイトブログをつくるのは、
当然の流れです。


アフィリエイトブログで悪い評判を、
わざわざ書いていては報酬は発生しませんから、
一方的に良く見えるように書いていると判断できます。


つまり、「THE FINALプロジェクト」の
アフィリエイトブログを書いている人は、


たとえ全く稼げていなくても、
稼ぐためには嘘でも良い事を書くのですから、
そんなブログの記事は参考になりません。


4.ネット上の悪い評判を参考にできる理由とは

佐藤みきひろ 氏が仕掛けている
「THE FINAL(ファイナル) パートナーズ」の
前身である「THE FINALプロジェクト」について、
悪い評判は下記の様な内容があります。

THE FINAL参加して分かったこと。
プロの詐欺師集団だったってこと。
マスターシステム自体、個人情報搾取の違法でしょう。

マスターシステムは、要はネズミ講ソフトですよ。
人を紹介すると1件7万円の報酬が入る仕組みになっています。

今更ながら騙されました、詐欺でしたね。
無し無しのお金を、入金しました、
本日、警察に被害届け出をします。

アドバイザーからの電話が一度有った以外何の連絡もなかったので、
確認のメールを入れてみましたが返事は有りませんでした。

THE FINALとバックエンドの商品(合計約60万円)を
買ってしまった後、ようやく目が覚めたのですが後の祭り。

悪い評判を見ると、実際に参加してから気付いた、
生々しい声がたくさん見られます。


これらの声は、検証ブログや2チャンネル
などから集めていますから、
アフィリエイト目的ではありません。


つまり、良い評判を書いているアフィリエイトブログより、
よっぽど信ぴょう性があると言えます。


稼げる本物の情報や、本物のノウハウは確かに存在しますが
「楽して稼げる」とか、
「何もしなくてもお金が入る」とか、
そういうものではありません。


本物のノウハウとは、
「最低限の知識の勉強」や「最低限の実践」があって、
結果が出るものです。


収入は「積み上げ式」に増やしていかなければなりません。


ヒデカズの考えに共感してくださる方は、
ヒデカズも実践しているような堅実なビジネスを、
地に足をつけて実践されることをおススメします。


ヒデカズが実践している副業
↓  ↓  ↓



【佐藤みきひろ THE FINAL(ファイナル) パートナーズ 関連記事】
佐藤みきひろ FINAL(ファイナル) パートナーズ② 投資で稼げないと言える裏事情
佐藤みきひろ FINAL(ファイナル) パートナーズ③ クーリングオフの危険なカラクリ



【情報商材 関連記事】
私が購入して稼げなかった情報商材を暴露!
私はなぜ情報商材で被害にあったのか?その手法と反省点
私の仕事の価値観を疑わせた情報商材ビジネスの実態
私が「楽して稼ぎたい!」「スキル不要!」を目指した結果
情報商材に騙され続けた私に言いたいこと
自己啓発系の情報商材、本やセミナーで稼げないワケ
子どもの靴を洗って感じた、騙される事への慣れと怖さ
情報商材にまた詐欺確定のニュース「毎日〇万円受け取れる」の罠



【副業 関連記事】
″イクメン″パパになるにはどうすればいいか?
ダマされ続けた私がようやく稼げた副業と稼げたワケ
本当に稼げる副業を見つけるために知っておくべきこと
副業するなら絶対に必要な存在「メンター」とは?
妻から「ありがとう」と言われるようになりました
初めて副業で30万円達成!記念に初めて種子島に旅行しました!
子供を幼稚園に入れて感じる、副業の必要性
“副業する時間がない私”が稼げるようになったワケ
防災のプロが言わない、最も重要な“もしもの備え”とは
今度は、家族で種子島に行ってきました
派遣のアルバイトをやってみて感じた備えることの大切さ



「福耳の会」への会員登録はこちらから
↑ 別ページで表示されます。


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
確認よろしくお願いします


また、副業に関する悩みや相談も受け付けています。
私の経験に基づいたアドバイスができるかもしれません。
お気軽にメールしてください。

このページのトップヘ