ヒデカズの副業ブログ

自動車修理業をしている40代の自営業です。 安定した生活のために、3年以上ネットビジネスに取り組んできました。 私の体験やプライベートも交えながら、副業探しに役立つ情報をお届けしていきます。

カテゴリ: 渡 秀明

渡秀明(HIDE)氏のTHE STARTプロジェクトについて、
HIDE氏が公開しているリアルタイム配信の、
問題点をお伝えします。

※前回の検証記事のリンクをこの記事の最後に貼っておきますので、
そちらも参考にしてください。


1.リアルタイム配信の問題点

渡秀明(HIDE)氏の「THE STARTプロジェクト」は、
STARTUPというシステムを使って、
原油のトレードを行います。

FXでも仮想通貨でも、
トレードで稼ぐというプロジェクトでは、
そのシステムやノウハウで、
本当に稼げるのか、
という証拠を確認する事が非常に重要です。

渡秀明(HIDE)氏は、
STARTUPというシステムで、
“毎日2万5千円を目指せる”証拠として、
リアルタイム配信を行っています。

HIDE氏が公開した、
リアルタイム配信の動画を見て、
STARTUPは稼げそうだ、
と思った人も多いと思います。

ですが、HIDE氏が公開した、
スマホの取引履歴の画面では、
左半分にモザイク処理がされています。

この左部分には、
トレードした商品が何なのかが表示されています。

原油のトレードを行っているのなら、
「OIL」という文字があるはずです。

HIDE氏が公開した、
スマホの取引履歴の画面では、
トレードした商品が確認できません。

原油のトレードをしたのかもしれませんが、
外国為替のトレード(FX)を行った結果とも受け取れます。

原油のトレードを行ったのだとしても、
公開された画像だけでは、

STARTUPというシステムを
使っている証拠がありません。

他のシステムかもしれませんし、
手動の裁量トレードを行っても、
このような画面になります。

さらに、公開された口座は、
誰の口座なのか確認する事が出来ません。

HIDE氏の口座かもしれませんが、
全く他人の口座を見せてもらっているだけ、
という可能性もあります。

渡秀明(HIDE)氏が公開している、
リアルタイム配信についてまとめると、
・原油トレードをしているか確認できない。
・STARTUPを使っているか確認できない。
・誰の口座なのか確認できない。
となります。

つまり、HIDE氏のリアルタイム配信では、
STARTUPというシステムが、
毎日2万5千円を目指すことができるのか、
についての判断材料にはならないと言えます。

2.STARTUP使用前に必要な事

渡秀明(HIDE)氏は「THE STARTプロジェクト」で、
STARTUPというシステムを使って、
毎月50万円の収入を目指せる、
と言っている理由を2つ説明しています。

1つ目は、
ドバイの友人ムハンマドから受け取る、
アラブのオイルマネー情報です。

2つ目は、
天才プログラマーの技術によって、
AIが搭載されたシステムだから、
というものです。

過去の情報商材のプロジェクトでも、
「外国人からの有力情報」とか、
「富裕層からの極秘情報」など、

限られた情報を得ることができる、
と謳った内容は何度もありました。

ですが、その情報の信ぴょう性については、
全く未知数である場合がほとんどでした。

情報の提供者についても、
信頼できるような証拠が無い人ばかりで、
過去には架空の人物であったこともありました。

「天才プログラマー」や
「天才エンジニア」などのキーワードも、
システムやツールを販売した過去のプロジェクトで、
何度も使われてきたキーワードです。

天才が作ったシステムやツールなら、
期待できると思ってしまう人も多いと思います。

ですが、そんな天才は実在しなかったり、
架空の人物だった、という事は何度もありました。

渡秀明(HIDE)氏のドバイの友人ムンマドや、
天才プログラマーについても、
実在する証拠はありません。

たとえ実在したとしても、
情報の信頼性や、システムの実力については、
STARTUPの実績から判断するしかありません。

『論より証拠』ですから、
渡秀明(HIDE)氏のSTARTUPの、
過去の取引履歴を確認する事が必要です。

「THE STARTプロジェクト」の第2話まででは、
HIDE氏はSTARTUPというシステムの、
過去の取引履歴を公開していません。

HIDE氏は、
『全5回の番組視聴でSTARTUPを提供』、
と言っていますから、

それまでに、過去の詳細な取引履歴を、
最短でも1年分は公開してもらう必要があります。

3.STARTUPのデメリット

渡秀明(HIDE)氏は、
STARTUPというシステムの、
リアルタイム配信の動画の中で、
5回のトレードを行ったので、
5回のスマホタップを行った。

要した時間は1分も無い
と言っています。

つまり、
トレードを行う度にスマホを操作する必要がある、
と考えられます。

何らかのサインがSTARTUPの利用者に届き、
利用者はそのサインに従って、
スマホをタップする、
という流れになるようです。

「THE STARTプロジェクト」の動画では、
“何の作業も無く収益が得られる”
と言っていたので矛盾するようですが、

STARTUPとは、
原油トレードのサインツールである、
と考えられます。

サイが届いたら、
スマホかPCの画面を見ながら、
トレードを行います。

原油トレードは、
土日を除く平日のほぼ24時間行われています。

STARTUPでは、24時間いつでも、
シグナル配信が届く可能性があります。

寝ている間や、仕事中、お風呂に入っている間や、
トイレに行っている時など、

いつ配信が来てもすぐに対応できるように、
スマホは片時も手放せません。

特に原油は、値動きの大きい商品です。

相場は刻一刻と動き続けていますから、
5分後に気付いていたら、
完全に手遅れになっている、
という事がほとんどだと思われます。

4.原油トレードのリスク

渡秀明(HIDE)氏の「THE STARTプロジェクト」は、
STARTUPというシステムを使って、
原油のトレードを行います。

原油トレードは値動きが大きく、
国際情勢に大きく影響を受けます。

中東各国をはじめとする産油国の
生産動向や情勢はもちろんのこと、

紛争やテロといった有事にも敏感に反応しますし、
世界景気や為替にも影響を受けます。

つい先日も、ホルムズ海峡近くで、
日本の会社が保有するタンカーが攻撃を受け、
原油価格が急伸しました。

HIDE氏のドバイの友人ムハンマドが、
そんな情報を持っていたとは考えられません。

つまり、一部の人が持っている情報だけで、
トレーで勝ち続ける事なんで出来ないと言えます。

原油は、値動きの大きい商品です。

大きく稼げる可能性もありますが、
一気に資金を失う危険性もあります。

渡秀明(HIDE)氏のSTARTUPの、
信頼性や実績については、
もちろんしっかりと証拠を確認する必要がありますが、

そもそも原油トレードは、
ハイリスクハイリターンな投資である、
という事も、プロジェクトの判断材料に
する必要があると考えます。


ヒデカズの副業
↓  ↓  ↓


渡秀明(HIDE)  関連記事】
渡秀明(HIDE) THE STARTプロジェクト “毎月50万円を目指す”の落とし穴


ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

渡秀明(HIDE)氏のTHE STARTプロジェクトが、
“毎月50万円を目指す”と謳っている落とし穴をお伝えします。


1.“毎月50万円を目指す”の落とし穴

渡秀明(HIDE)氏は、
「THE STARTプロジェクト」で、
“毎日2万5千円を目指すことができる”とか、
“毎月50万円の収入を目指す”と謳っています。

この言葉を聞いて、
毎月50万円を稼ぐ事ができる、
と期待している人は多いと思います。

ですが、渡秀明(HIDE)氏は、
一言も“稼げる”とは言っていません。

サイトを見ても、動画を見ても、
渡秀明(HIDE)氏も、インタビュアーの女性も、
ひたすら“目指す”とか“目指せる”
という言い方しかしていません。

目指すだけなら、
どんな金額でも目指すことは出来ると言えます。

私だって過去には、
副業で年収1000万円を目指して、
情報商材を探していたことがあります。

ところが、
実現性の低い情報商材ばかりを買い続けても、
私が目指した金額には到底手が届かない、
ということに気付きました。

副業で毎月50万円を稼ぎたいのであれば、
50万円を“目指す”商材よりも、
50万円を“稼げる”という商材の方
期待ができると言えます。

渡秀明(HIDE)氏も、インタビュアーの女性も、
一言も“稼げる”とは言っていませんから、
簡単に稼げるとは言えない、と判断できます。

2. STARTUP利用前に確認すべき点

「THE STARTプロジェクト」のサイトで、
渡秀明(HIDE)氏は、
“毎月50万円を目指すことができるツールを用意し、”
と書いています。

そのツールが『STARTUP』という名前です。

『STARTUP』は400名以上が、
毎月50万円以上を達成したシステム、
と紹介しています。

400名以上が毎月50万円以上を稼いでいるシステム、
と聞いて魅力的に感じている人も多いと思います。

ですが、400名が『STARTUP』を使った、
という証拠はありません。

『STARTUP』を使った人が、
本当に400名以上いるとしても、
毎月50万円以上稼いでいる、
という証拠がありません。

400名以上が毎月50万円以上を達成した、
というのが本当だとしても、
“達成した”=“稼げた”
ではありません。

達成したのが、
50万円以上の“利益”とも受け取れますが、
“損失”とも受け取ることができます。

利益だとしても、
月に50万円以上の利益を出すために、
いくらの投資金が必要だったのか、
ここでは確認できません。

また、毎月と言っても、
何カ月間なのかもわかりません。

2ヶ月でも毎月と言えます。

ともかく、
毎月50万円以上を稼いでいるという400名の、
実績などの証拠が全くありませんから、

『STARTUP』で、
いくらの投資金を用意すれば、
毎月50万円以上の利益が得られるのか、
確認する必要がありま

3.リアルタイム配信の落とし穴

渡秀明(HIDE)氏は、
「STARTUP」の実力について、
リアルタイム配信で確認できる、
と言っています。

過去の情報商材のプロジェクトにおいても、
システムの実力を、
リアルタイム配信することで、
確認してもらうという企画は何度かありました。

ですが、その配信内容は、
全然不十分な証拠だったり、
偽造の疑いや手作りのデータであったりして、
本当に信用できる様な証拠を
公開した人はいませんでした。

リアルタイム配信といいつつ、
LINEに結果だけを報告した人がほとんどで、
実際にトレードしている様子を、
リアルタイムに配信した人はいませんでした。

LINEの画面に文字だけで配信するのなら、
本当にトレードをしたのか確認できません。

渡秀明(HIDE)氏が本当に、
リアルタイムで配信をするというのなら、
実際にシステムがエントリーした直後や、
その後に決済した時点で、
すぐに配信してもらう必要があります。

トレードした様子が確認できないものや、
結果だけを文字で見せるだけでは、
証拠としては信ぴょう性が無い言えます。


ヒデカズの副業 
↓  ↓  ↓



ヒデカズへのメールはこちらから
↓   ↓   ↓

hidekazu_fukugyo@yahoo.co.jp

※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
ご確認よろしくお願いします。

このページのトップヘ